青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』誕生日と500回おめでとう!!&「嵐のワクワク学校2012」東京ドーム


今日は「嵐のワクワク学校2012」2日目でした。
一度は落選した私でしたが、ご縁があって急きょ代打で受講させてもらうことができました!


大阪公演もまだ残っているので、今は詳しいレポなどは書きませんが、東京ドーム周辺のようすだけ……。
(こちらのブログではネタバレなどに関するコメントの公開は差し控えさせていただいております。ご了承くださいませ〜)


――進学できるのならと、自分でグッズ購入の列に並ぶことにした私。


昨日、早い段階でクリアファイルが売り切れたそうだけれど、今日は2公演あるんだし、きっと前日よりは在庫も用意されるているだろうと、無事入荷されることを願って登校したんですが……。
もうすぐ到着という電車の中、超早い段階でやはりクリアファイルが売り切れたと知って、軽くめまいを感じながら他のグッズを購入してドームへ。


ワクワク学校、昨年よりもさらにパワーアップしていました!!
智くんは、やっぱり榎本ビジュ♡
その後ろ姿、立ち姿、歌声、全てが美しかったし、しかも思う存分笑わせてもらいました^^


嵐さん、ありがとう。
――そして、二宮和也くん、29歳のお誕生日おめでとう〜!!



【お知らせ】


6月18日(月)『ZIP!』の番組詳細に「嵐のワクワク学校開催!」とあります(by 日テレ番組表)
(あと、「嵐なりきりダンス」ともあるけど、これは「なりきりDANCEシアター」のコーナーかな?)


6月20日(水)15:52〜16:50『チャンネルα・鍵のかかった部屋 傑作選』(エピソード3「盤端の迷宮」)とあります(by フジ番組表)
(↑「青砥さん、彼氏いますか?」の回は、やはり人気が高いようですね!^^)


  • 『鍵部屋』スタッフブログが更新されています↓


鍵のかかった部屋公式スタッフブログ 大ちゃん’s レポート


本日、チーム鍵部屋は、湾岸スタジオで最終話の法律事務所のシーンを中心に撮影したそう。
佐藤浩市さんがクランクアップされたとのことです!


浩市パパ、芹沢さんというオリジナルの役柄を思う存分自由に演じてくださって、ありがとうござました!
おかげさまでドラマもさらに楽しむことができました^^


ダイちゃん「芹沢走りは一生忘れません」
私の目にも焼きついてます!!



BAY STORM(2012.6.17)〜


『ベイスト』500回もおめでと〜!^^


オープニングの一言↓
(.゚ー゚)「色々おめでとうございます!」
「500回はね、テンション上がりますよね」
「だって10年かけて、500回でしょ?」


オープニングナンバーは嵐さんの『Face Down』通常盤カップリング『花火』です!



【カウントダウン500】


大楠さん「いや〜、ごぶさた……」
(みんな一緒にしゃべってるw)
(.゚ー゚)「渋滞しすぎて」
大楠「大楠です」


(.゚ー゚)「大楠さん、何年ぶり?」
大楠さん「3年くらいですかね」


大楠さん「いつの間にか二宮さんも金髪になってしまって」
(.゚ー゚)「そうなの」
大楠さん「ま、何やっても似合いますから」
(.゚ー゚)「そう、俺こういうことだと思うんだよ、たぶん」www


―――――――――――――――――――
・リクエスト【2005年3月25日 ゲスト嵐】(一番リクエストの多かった回)


(´・∀・`)(`・3・´)(‘◇‘)ノノ`∀´ル 2005「おじゃましま〜す」
(.゚ー゚)2005「嵐のメンバーが遊びに来てくれました!!」(←超ハイテンション)


(.゚ー゚)2005「スペシャル企画として、最初のね、友達をキーワードとしたこんなものをご用意しました。題して、" 嵐友達リサーチ 携帯電話を鳴らせ!"」


(.゚ー゚)2005「皆さん突然ですが、自分の携帯電話持ってるでしょ? ラジオやってるけど、電源オンにしちゃお!」
「この番組が終わるまでに誰の携帯電話が一番……」
(‘◇‘)2005「おおお〜!」(←相葉ちゃんの携帯が早くもフライングぎみに鳴る!)
(.゚ー゚)2005「えええっ!!」


(.゚ー゚)2005「このようにね、電話が鳴るかもしれない。これで一番多く来た人がね、あの〜、やりますから」
「で、ちなみに、緊急アンケートを取った結果、1位櫻井くん36%、2位二宮くん22%、3位が何と今電話かかってきた……」
(♪トゥルルル)
(.゚ー゚)2005「誰!?」
(‘◇‘)2005「かかってきた!」


(.゚ー゚)2005「あーれー!? すごいな、相葉雅紀19%。松本さんね、何かね、寡黙なイメージが強いんだって。だから、なかなかいねえんじゃねえか。一人狼みたいなところがあるわけです」(←一匹狼?)


(´・∀・`)2005「メール!」
(.゚ー゚)2005「嘘でしょ? リーダー8%だよ!」


サクラ咲ケ』のカップリング『手つなごぉ』が流れました^^



―――――――――――――――――――


(.゚ー゚)「相葉くんて全然声変わらないね」
「後にも先にも、この人たちだけですもんね、スタジオ来てしゃべったの」


―――――――――――――――――――
・リクエスト【2005年3月25日 ゲスト嵐】(つづき)


(.゚ー゚)2005「電話鳴んねえな、しかし」
ノノ`∀´ル 2005「ニノ鳴った?」
(.゚ー゚)2005「鳴ってない」
ノノ`∀´ル 2005「俺も鳴ってない」


(.゚ー゚)2005「ふあっ、あっ、メールが来たあ!! すげえ、嬉しい!!」
(`・3・´)2005「来たあ? 和くん和くん、来た!」


(`・3・´)2005「あっ、来た!」
「あのね、3件同じやつ。パソコンから送ってるから分割されてるだけなんだけど」
(.゚ー゚)2005「翔くんが今4、で、俺と相葉ちゃんとリーダーが1、で、潤くんは……」


(.゚ー゚)2005「じゃあ、最後に、リーダー何かおもしろいこと言って曲行きますか?」
「ものまねでもいいよ」


ノノ`∀´ル 2005「マジで?、鳴んねえかな、俺(↓)」
(♪トゥルルル)
ノノ`∀´ル 2005「いや、普通にあの着信音量……」(←自分で鳴らしたw)
(.゚ー゚)2005「何だよ、それ〜」www


(.゚ー゚)2005「みんな何鳴るの? リーダーは?」
(´・∀・`)2005「俺ね、俺ウエストサイドのあれだよ」
(`・3・´)2005「何? クール?」


(♪トゥル〜ッ、トゥッ!)
(`・3・´)2005「オープニングじゃねえかよ! わかりやすい曲にしろよ、何かもっと!」
(´・∀・`)2005「友達からもらったんだよ」
「でも、メールだからねトゥル〜で終わっちゃうの」


(`・3・´)2005「それ流して曲紹介しよう」
「大野ちゃんは自宅の番号入ってるんだけど」(←さすがwww)
(´・∀・`)2005「マジで? ちょっとかけて。母ちゃん出るぜ」(笑)


(`・3・´)2005「行きま〜す。大野さんメールかけま〜す。メール送信中、メール送信中」
(♪トゥ〜ルッ、トゥッ)←WSSオープニング
(´・∀・`)「嵐で『サクラ咲ケ』!」


―――――――――――――――――――


ニノへの今年の「おめでとうメッセージ」は『プラチナデータ』の共演者である豊川悦司さんとプロデューサーさん。


お宝音源は、ニノのソロ曲『痕跡』(かこ)でしたっ!!



※あ、そういえば、ちょっと前に近さんがSTBYの名前の由来についてツイってたのでご紹介しておきます。


「前に嵐レコメンでも紹介したけど、Mステのリハーサルが押してるとき、嵐のメンバーが『今、誰?(誰がリハやってるの?)』と聞いたら、JSTORMの彼が『STBYさんです』と答えた」
「そんなアーティストいねえだろーと思ったら、進行表のSTBY(スタンバイ)をアーティスト名と勘違いしてた。それ以来、そのJSTORMさんはSTBYと呼ばれるはめに」



パソコン>>三毛猫ホームズの推理 [DVD]
モバイル>>三毛猫ホームズの推理 [DVD]


パソコン>>三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray]
モバイル>>三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray]




    • 6/20(水)

anan(マガジンハウス)
大野智 連載「THE KEY OF SATOSHI OHNO 大野智の『カギ』」

パソコン>>an・an (アン・アン) 2012年 6/27号 [雑誌]
モバイル>>an・an (アン・アン) 2012年 6/27号 [雑誌]

    • 6/20(水)

non-no(集英社
嵐 連載『2/嵐 アラシブンノニ』

パソコン>>non・no(ノンノ) 2012年 08月号 [雑誌]
モバイル>>non・no(ノンノ) 2012年 08月号 [雑誌]

    • 6/20(水)

「TVガイド」6/29号(東京ニュース通信社
嵐 『24時間テレビ35』新連載スタート

    • 6/20(水)

「週刊ザテレビジョン」26号(角川マガジンズ
嵐 『24時間テレビ35』新連載スタート

  • 6月18日(月)放送の嵐さんテレビ情報
    • 6月18日(月) 21:00 - 21:54

 鍵のかかった部屋(フジテレビ系)
 大野智

    • 6月18日(月) 22:54 - 23:58

 NEWS ZERO日本テレビ系)
 櫻井翔


大野智雑誌祭まとめ - 榎本径『鍵のかかった部屋』