青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『死神くん』第六話


ファン的な目線かもしれませんが、これまでの『死神くん』の中では二話の演出が一番好きだったので、同じ常廣丈太監督が演出を手がける六話もとても楽しみにしていました。
予想通り、すごく満足できる演出でした!


  • 大野智くん主演『死神くん』HPの「新着情報」が更新されました。


嵐が歌うドラマの主題歌『誰も知らない』のCDを100名様にプレゼントいたします!|テレビ朝日



〜死神くん(第六話)〜


靴を示すポーズがコミカル、かつ絵になる死神くん(笑)


監死官にののしられ、いじいじとすねる場面も。
(´・∀・`)「そりゃそうだけどさっ」
この場面に限らず、やっぱり常廣監督の回は死神くんのコミカルな演技がふんだんですね。
詐欺に自殺と扱われているテーマは重く暗いですが、演出と死神くんの演技のおかげでドラマが憂鬱なものに陥ることがありません。


死亡予定者にものすっごいびっくりされてるし(笑)
やっぱ演出おもしろいなあ。
(´・∀・`)「花ぁ、ああ、実に、勉強になりますっ」


劇中に登場した『子うさぎましろのお話』はこちら。



特技の壁のすり抜けを披露してちょっと得意げな死神くんw
死亡予定者に哀れみの情を向ける死神くんの顔は美しいですね。


そして智くんが雨男じゃなく風男って言ってたけど、屋台ののれんを見てるとほんとに風が強いなあ。
智くん、逆さづりお疲れ様!
一回転してからの着地、姿勢も綺麗でお見事でした〜。


女性二人の飲みっぷりに。
(´・∀・`)「強い!」
(この常廣監督演出の一言シリーズ、私好きだなあw)


(´・∀・`)「謝るなら、最後のチャンスかもしれませんよ」
と、このささやき声にはジーン(と同時にドキドキ)


相変わらず雲の中へ飛び込む姿が華麗な死神くんの中の人。


結婚写真を撮影するようすを、じっと見守る監死官。
その横顔を見つめる死神くんには、微妙な表情の変化がありましたね。


死神くんと監死官のロウソクがどんどん短くなるよー!


そんでもって、おおお、常廣監督(と脚本の橋本裕志さん)マジでありがとー!!
『死神くん』でこんな大野さんの演技が見られようとは……。


(´・∀・`)「ダメでいいよ。あんたのこと、ちょっと見直したんだ」
と、監死官に花束を贈る死神くん。
(´・∀・`)「プレゼントだよ。二人の間の溝を、埋めようと思ってさ」


花を受け取った監死官をじっと見つめる死神くん///
カラス「カスが気持ち悪りいんだよっ!!」
と思いっきり花束でひっぱたかれてしまいましたがwww
(´・∀・`)「話が違う!!」


さらに、最後に悪魔が鏡の中から登場するシーン、秀逸だなあ。


そんでもってさらにっ、今回は大野さんからのプレゼント告知も!
(´・∀・`)「お届けにあがりました」
と名刺のように『誰も知らない』CDをジャケットの中から取り出す大野さん。


――次回の予告、一瞬Mステかと思いました。
そして本人役で黒柳徹子さんが登場!