青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くんラジオ『レコメン!』露天風呂でどっちを隠すかって言ったら上を隠したい

こんにちは。
今朝、ようやくAmazonでLOVE魂DVD&Blu−rayの予約が開始されました。
1つ前の記事と、あとこのブログの1つ上の記事にもリンクを載せております。
『死神くん』DVD&Blu−ray BOXの予約もいっぺんに始まり、ほんとアラシゴトがまとめてやってきましたね。


今朝のWSでは相葉ちゃんのミスド新商品発表会のようすが流れていました。
ミスド新CMは6/25(水)よりOAだそうですので、公式HPで動画が公開された際にはお知らせいたします。


CM発表会については各メディアが詳しく伝えてくれるのでいつもお任せしていますが、今朝のズムサタにはニノさんが生出演し、今夜の『弱くても勝てます』最終回の番宣をしておりますからそちらのレポをば。
と、あと、よわかての『週末一句』は……「それぞれの 道の上には 同じ空」でした。



ズームイン!!サタデー


(.゚ー゚)「久々にやっちゃいますよ、二宮相談室。1日限定復活で、キャプテン(山粼賢人くん)も参加しますよ」
上重アナ「爽やかですね、今日も」
(.゚ー゚)「フフフ!」


(CM明け)


(.゚ー゚)「ズムサタっつたらね? やらなきゃだめなんじゃないか、二宮相談室をってことで。1日限定で復活します」
とニノさんと山粼くんは黒板の前に移動。


(.゚ー゚)「相談がある人! モッチー行きましょ」
モッチー「くだらないことでも……(笑)」
(.゚ー゚)「いい。何でも、何でもいい」


階段を下りるときにがに股になる、とモッチーは相談。
(.゚ー゚)「だいじょぶ、何でも答えるから」
と話を山粼くんへパス。


山粼くんは横向きになってカニ歩きすればいいとアドバイス。
(.゚ー゚)「それ、それやったらどうすか? それじゃやだ? はい、もうそれ決定! はいっ、決定でーす」
上重アナ「答えてないです、答えてない!」


(.゚ー゚)「いやっ(笑)、いんじゃないの、もうがに股でも。個性派」
上重アナ「個性を活かしていきましょうということで」
(.゚ー゚)「いいと思うけど」


上重アナ「私ちょっと質問いいですか?」
(.゚ー゚)「何すか?」
上重アナ「『弱くても勝てます』、今夜最終回、見どころどんなところですか?


(.゚ー゚)「見どころね。見どころあります? えばっちゃん」
緊張気味の山粼くんが見どころを紹介。


上重アナ「初めての教師役ということでしたけども、いかがでした?」
(.゚ー゚)「いやっ、何かすごく楽しかった。新鮮でしたね。やっぱり僕自身も3年、ぶり、ぐらいに、の連ドラだったんでえ。何かそういう積み重ねていって物語が進んでいくっていうのがすごい新鮮に感じましたねえ」


上重アナ「私あの、ベンチで腕を組んで、あの姿が、監督のあの姿が結構好きですねえ」
(.゚ー゚)「あっ、そうですか。良かったあ。何かこういうシーンもね、やっぱりすごい多かったのでえ、何かね、皆さんにこうなじみができたらいなと思ってやらせていただきましたね」


上重アナ「そして、感動のラスト15分は、二宮さんのほぼ一人しゃべりということで、生徒の皆さんへのメッセージと。すごいシーンでしたね、あれはね」
(.゚ー゚)「そうですねえ。何かこう、やってくうちに、ま、そういう風になってったんですけどお。何かまあ、それはほんとにこう3ヶ月みんなと一緒にいて、の、中から生まれてきた言葉だったので、何かそういう感じになりましたね、最後はね」


上重アナ「生徒の皆さんを、通してどうですか。成長していった部分っていうのはあるんじゃないですか?」
(.゚ー゚)「成長していった部分はあると思いますよ、やっぱりみんなねえ。でも何かこうー、ちゃんと出会う前からしっかりしていた子たちだったのでえ、何かそれがまたよりしっかりなっていったって感じはしますけどねっ」
上重アナ「人生にも通ずるメッセージがたくさん込められた作品でありますのでね」
(.゚ー゚)「ぜひともね、見てね、感じていただきたいなと、いう風に思っております(ペコリ)」


最後は皆さんでズームイン! のポーズ。
初めてズームイン! するのか、ニノさんを見てポーズをまねし、ワンテンポ出遅れる山粼くんが初々しかったです(ニノさんは構えの段階からもちろんバッチリ^^)



嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(2014.6.21)〜


(‘◇‘)「こないださ、大雨ん中さあ、俺、ま、都内の、都心の、温泉があってさあ、そこ行ったんすよ。露天風呂入ろうと思ってえ」
「そしたらさあ、雨の中の露天とか俺好きなんすよ」
近さん「屋根とかついてない? その上に」
(‘◇‘)「いや、俺はついてないイメージ。だって初めて行ったんだもんね」


(‘◇‘)「で、もう、ずぶ濡れになりながら入りたいイメージでさ、行ったらさ、ま、屋根はついてたんだけど、まあ、コンパクトでえ。ま、都心だからそんなにお風呂の数も多くなくてさあ、スーパー銭湯っていうよりも、昔ながらの銭湯みたいな、場所だったんだけどお」
「もうすごい大人気でえ、やっすいからあ、そこ。で、全然露天、空かなくてさ、ずっと雨ん中端でこう待ってたんだけど、全然空かなくて!」(←風邪ひいちゃうよ〜)
(‘◇‘)「風邪ひきました」(←ほらあ。風邪の噂は露天が原因だったのかあ)


近さん「これあの、みんな不思議に思うと思うんですけど、相葉さんそういうときって何かこう、変装していくんすか?」
(‘◇‘)「あの〜、そのときはあ、変装というか、タオルあるでしょ? タオルを、かけるわけ、頭の上から。で、何つーの? ちびまる子ちゃんの髪形みたいになるじゃん、タオルで、白いタオルで。わかるでしょ?(笑)」(←わかんないよー)
近さん「ん〜ん〜ん〜、はい」
(‘◇‘)「ね? こうパサーってなって、目まで隠れてるからあ、まあ、ばれないですよ。ばれたことない」
近さん「ばれないけど(笑)、変わった客ではありますよね。だって、普通腰に巻くよね」
(‘◇‘)「下は一切、こう……。アヒャヒャヒャヒャッ!!」
何かジェスチャーしたのか一同爆笑ですww


(‘◇‘)「どっち隠すつったらもうねえ、上隠したいの俺。だから、それでずっと外で待ってたんだけど全然空かなくてさ、寒かったあ、雨ん中」
「で、内風呂ーはあ、内風呂で、ま、温泉だからそのそこで入って体あっためて、行ったり来たりしてたんだけどねえ。結局露天風呂入れず、そのまま帰りましたよ」


(‘◇‘)「都心にあるんだなあと思ってさ、そういう温泉がさ。また今度トライしてみますけど」


【心理テスト】


(問題)あなたがかわいがっていたお気に入りのお花が枯れかかっていたら、どうしますか?(らんさん/愛知県)


1. ハサミで切る
2. ゴミ箱に捨てる
3. 加工してドライフラワーにする
4. 諦めずにお水をあげる


(‘◇‘)「よしっ、じゃ、行こうか。せ〜の」
「4番」
近さん「ドライフラワー」
(‘◇‘)「俺はねえ、4番、水あげる。ちょっと1回水あげてみますよ」


(診断)この心理テストでは、恋の終わりにあなたが取る行動がわかってしまいます。


1. 恋の終わりにとんでもないことをしでかしてしまうかもしれない。


(‘◇‘)「別れたくないがゆえに気持ちが強いゆえに」
カジー「だだをこねたり、とか、かもしれないですね」
近さん「『僕は死にましぇん!』みたいな(笑)」


2. さっぱりと別れ、未練を残さない方。


(‘◇‘)「すごいいいですね」


3. 未練たらたらのままお別れ。


カジー「いつまでも忘れられない、ってことなんでしょう」


4. 必死になって相手を引きとめる。


(‘◇‘)「ウヒャヒャヒャヒャッ! 一番ダメじゃん」
カジー「頼むから別れないでくれと」
(‘◇‘)「もう地面をね、はいずり回ってね(笑)」
近さん「すがりつく感じ(笑)」
(‘◇‘)「あ〜、恥ずかしい。何これ(笑)」


(‘◇‘)「ほんとはどうでしょう。そのへんはご想像にお任せしましょうっ」


1曲目は『誰も知らない』です。


 


【TDFK47】


近さん「ちょっと方言シリーズ」
(‘◇‘)「お、いいですね」


(メッセージ)宮城県民が「だから」を連発しました。どういう意味でしょうか?(きょうかさん/宮城県


近さん「例えば、『嵐の新曲出るの楽しみだよねえ』、『だからあ、だから』みたいな」
(‘◇‘)「だから〜だから〜。だから〜、だから〜。だから〜、だから〜。どういう意味か。ま、この前に来る文は何でもいいわけか」
「あ、わかった! 『んだんだ』みたいなこと」
近さん「正解です(拍手)」
(‘◇‘)「だろうね(笑)」
近さん「これは、まあ禿同(激同)みたいなね。激しく同意するみたいな」


(メッセージ)三重県の方言を教えたいと思います。三重弁はかわいい方言だと言われているみたいです。ぜひ覚えて欲しいです(ひろきゃんさん/三重県


近さん「例えば『好きやに〜』とか、『心配したんやに〜』。これはね、『何とか、だよ』っていう」
(‘◇‘)「好きやに〜、心配したんやに〜」
近さん「かわいいですね」
(‘◇‘)「近さんやに〜。やに〜ってことなのかなあ。やに〜」(←相葉さんが言うと、語尾に特徴のあるアニメキャラの台詞に聞こえなくもない)
近さん「何か、『だよー』みたいなことですね」
(‘◇‘)「は〜あ」


近さん「あとは、否定の意味でつける語尾なんですけども、例えば『来ないね〜。あれ、相葉くん来ないね〜』っていうときに、『来やんやん』」
(‘◇‘)「いいじゃん! 『来やんや〜ん』、『めっちゃ来やんやん』。ウフフフフッ」
近さん「『待てないよ〜』は、『待てやんやん』」
(‘◇‘)「待てやんや〜ん、待てやんや〜ん。絶対待てやんや〜ん。ウフフフッ!」
「ウウ〜ン、待てやんや〜ん」
「いいじゃないすか、これ」


(メッセージ)長崎方言クイズばしたいと思います。「いっちょん」という言葉なんですが、例文「あの人、最近いっちょん来んねえ、寂しかばい」(相葉さんに長崎ばPRして欲しか〜と思ってるジーちゃんさん/長崎県


(‘◇‘)「いっちょん来んねえ、一切来んねえ」
近さん「あーあーあーあー、ほぼ正解ですね。『ちっとも』」
「あの人、最近いっちょん来んねえ、寂しかばい」
(‘◇‘)「待てやんや〜ん。ウフフフフッ! 違う違う(笑)」


(メッセージ)私が相葉ちゃんに紹介したいのは、千葉県鎌ヶ谷市です。私の地元というか高校がある場所なんですが、梨が有名なんです。梨といえば船橋(市)のイメージが強いと思いますが、鎌ヶ谷市も有名なんですよ。私の高校の制服も梨をイメージして、セーラー服のスカートとラインが梨色なんです。なので船橋ばかりでなく鎌ヶ谷市も気にしてみてください(はるちんさん/千葉県)


(‘◇‘)「鎌ヶ谷市ってあれでしょ? 大仏のほうだよね? 結構行ってますよ、俺。車で免許取ったばっかときぐらいんときかなあ」
近さん「鎌ヶ谷大仏
(‘◇‘)「そうです。10年以上前ですけどお、鎌ヶ谷大仏、わあこれか、鎌ヶ谷大仏ー、と思った」
鎌ヶ谷といえば日ハムだという近さん。
ファイターズタウン鎌ヶ谷があるそうで。


(‘◇‘)「それは何? 1軍の?」
近さん「2軍ですね」
(‘◇‘)「あ、ファーム?」
ファームのイースタン・リーグをやる球場と合宿所があるとか。


(‘◇‘)「ってことはやっぱり、街をあげてファイターズを応援してる人が多いんだ。あの、熱いっすね(笑) フフフッ!」
ハムファンなので鎌ヶ谷を応援している近さんなのであった(私も地元が北海道だからファイターズは密かに応援してるよ〜)


(メッセージ)神奈川県は山も海もあって、いいところ尽くしですが、私が住む横浜市には、何と横浜市の歌があるんです。曲名はそのまま『横浜市歌』というんですが、この曲は横浜市の小学校中学校の入学式始業式卒業式などの式典で、国家の次に歌われるぐらい横浜市では有名です(ま〜いまいさん/神奈川県)


横浜市歌』の作詞は文豪の森鴎外森林太郎)だそう。
(‘◇‘)「『舞姫』でしょう?」(←しやがれ情報ww)


横浜市歌』の歌詞を読み上げ、さらに節つきでちょっと歌う近さん。
(‘◇‘)「なるほどね。横浜に来た際にはこれ、どこかで流れているかもしれないので、聞いてみてくださいと、いうことなんですね?」


市営地下鉄の駅ではこのメロディーが流れているそうです(へ〜、今度注意して聞いてみよう)
(‘◇‘)「あっ、じゃあ市営地下鉄に行きゃあ、これ聴けちゃうわけだ」
近さん「おそらく、歌詞はないと思いますが。あの発車メロディーみたいなやつですね」
(‘◇‘)「扉閉まるやつとかね?」


(メッセージ)私が住んでいる滋賀県には日本一大きな湖、琵琶湖があります。県内の小学校五年生は毎年学校行事としてフローティング・スクールという1泊2日を琵琶湖を上で過ごす体験をします(かんなさん)


琵琶湖の上で浮いている船か何かに泊まると、曖昧な説明をする近さん。
(‘◇‘)「え、でもさ、小学校の五年生ってことは、かなりの数じゃないすか。五年生みんなでしょ」
近さん「交代でやるんじゃないですか? たぶん日程をずらして、こう、今度はあっちの学校、今度はこっちの学校ってやるんじゃないすか?」


また、鳥人間コンテストも毎年琵琶湖で行われているそうです。
近さん「ああ、相葉さんゆかりの」
(‘◇‘)「いやいや、俺ゆかり、うん、そうだね、好きだよね」
近さん「ああいうのね(笑)」


織田信長安土城跡、世界遺産比叡山延暦寺江戸幕府大老井伊直弼彦根城など建造物もたくさんあるとのこと。


(‘◇‘)「ちょっとフローティング・スクールっていうの参加したいですねえ。小学校五年生かあ(笑)」
「どういうことなんだろうな〜、琵琶湖の上で。水上コテージみたいなことお?」
近さん「もしくは泊まれるお船さんなのかねえ?」
(‘◇‘)「ねえ? いいなあ」


琵琶湖は大きいので湖だけれど波がある、と近さん。
(‘◇‘)「風で?」
近さん「風とかで、波が起こる。ザザザザザと」
(‘◇‘)「だってさあ、鳥人間コンテストなんてさ、行って戻って、みたいな。何kmみたいな話だもんねえ。そうだよね、すごいよねえ」
「僕30cmぐらいでしたけどね、記録ね」
近さん「難しいっすねえ、なかなか(笑)」
(‘◇‘)「難しいっす、はい。それも難しいと思いますよ、30cmを出す」
近さん「ほぼ真下です」
(‘◇‘)「真下です(笑) フフフッ!」


【教えて!相葉ちゃん】


(メッセージ)この間、部屋の片づけをしていました。すると小学校の教科書とノートが出てきました。私は捨てたらいいものかどうか悩んでいます。相葉くんだったらどうしますか?(あやなさん/千葉県浦安市


(‘◇‘)「捨て……ます。フフフッ! いや、俺は捨てちゃうけどな〜。悩むかあ」
近さん「僕も、ある程度取っといたかもしんないけど、最終的には捨てましたねえ」
(‘◇‘)「何かさ、何か小学校一年生のときに書きました、とかいう絵とかさあ、作りましたっていう、何か、そういうものだったら取っといてもいいかなあと思うんだけど、教科書は。何か、毎年毎年変わるでしょ? 毎年っていうか何年かに1回は、その。同じ学校でも教科書って変わっていくんでしょ?」


教科書は同じ学校でも変わるから、お兄さんが使っていたものを弟に……ということはなく、新しいものをもらえると近さんが説明。


(‘◇‘)「俺だったら、ですよ。俺だったらあ……」
近さん「♪処分処分」(←『笑っていいとも』の歌)
(‘◇‘)「フハハッ、♪処分処分かもしれない」
「何か思い出はね? 頭にね」
子供が描いた絵などはもったいないけど、写真に撮って処分すると近さん。


(‘◇‘)「わかんない。その気持ちは僕わかんない、親の立場になってみないと。でも想像するに、もし俺が親だったらあ、捨てれないと思う、絶対。自分の物は捨てれても、何か、ね、それはある」
お父さんありがとう、お母さんありがとうと、父の日や母の日に作ってきたものは拙い出来でも捨てられないという話に。
(‘◇‘)「俺わかんないけど(笑)」


(メッセージ)突然ですが、相葉ちゃんがいつもラジオの終わりにいう『ということで、"嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス"、お相手は嵐の相葉雅紀でした。また来週、バイバイ』という台詞は、毎回録音してるんですか? 前録ったのを繰り返し使ってますか? ちなみに、智くんは毎回録音して、毎回同じ声のトーンで言うように心がけているそうです(りこさん/18歳/静岡県)


(‘◇‘)「フハハハハハッ!(手を叩いて爆笑)」


(‘◇‘)「俺はねえ、全然、あの、気にしてなかったけどお、毎回同じになっちゃってんだろうねえ。毎回言ってんじゃん、俺」
近さん「同じですね」
(‘◇‘)「同じですか?」
近さん「で、毎回言ってますよね。録音したことはないですね」
(‘◇‘)「録音したことは一切ないです」
「へ〜、全然意識してなかったけど一緒なんだね」
近さん「確かにそこまでどんなくだらないことしてても、締めんときには同じスピードで同じ強さになるかもしんないですね」


近さん「ちょっと、たまに変化つけてみますか? このあと」
(‘◇‘)「そうですね、そう言われたらねえ」
近さん「いやいや(笑)、でもいつものがいいかもしんないです」
(‘◇‘)「ちょっとやってみようかな」


(‘◇‘)「『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』、お相手は嵐の相葉雅紀でしたあ。また来週、バイバイ。あ、一緒だねえ! 変わんないねえ」
近さん「何か、流れるような。いつもの」
(‘◇‘)「そうかも。今ほんとに終わっちゃうとこだった」
近さん「危ない危ない(笑)」
(‘◇‘)「まだ時間あるんでしょ?」


(メッセージ)最近私は人から「天然だね」と言われることが増えてきました。だけど私は何が天然で、どういうのが普通なのかわかりません。あとそのときに、どういう対処をしたらいいかわからないので、メンバーから良く「天然だね」と言われる相葉ちゃん、「教えて!相葉ちゃん」(ゆうなちゃん/15歳/愛知県)


近さん「言われますか?」
(‘◇‘)「まあ、まあまあ、言われ、なくもないです。言われるっちゃあいわれますけど」
「俺もねえ、ちょっとゆうなちゃんと一緒で良くわかんないんだよねえ。フフフッ。天然て何? みたいなさ」(←自覚があったら計算だものね。自覚がないのが天然かと……)


(‘◇‘)「天然だよ、俺はみたいな。あの何つうの? 自然だよと(笑)」
近さん「加工してない」
(‘◇‘)「オーガニック」
近さん「ん〜」
(‘◇‘)「だからね、『あ、そう?』ぐらいしか心の中では思えないんだよねえ。『天然じゃねえよ!』っていうのもさ」
近さん「『狙ってんだよ!』とかね」
(‘◇‘)「それやらしいじゃん、何かねえ? 狙ってもないしさあ。天然だねって言われたとき、じゃあどうしようっか」
「そうだよなあ、何だろうなあ」
「100%です♪ フフフッ!」(←爽やか! w)


近さん「っていうかねえ、たぶんあの、愛されてると思うんですよ。天然だねっていう呼ばれる人って」
(‘◇‘)「っていうのは?」
「かまいたくなっちゃうっていうこと?」
近さん「そうそう、みんなが微笑ましく思ってたりとか。けしてそれはあの、悪いことじゃないんじゃないかと」(←癒されますよね^^)
(‘◇‘)「ああ、そういう感じなんだねえ、それに関してはねえ」


(メッセージ)最近学校の友達関係や部活の書道部で思い通りにいかなくて落ち込むことが多いんです。相葉さんは落ち込んだときに何をして気持ちを明るくしますか? ポジティブな相葉ちゃんにぜひ聞きたいです(あまねさん/16歳/北海道)


近さん「落ち込むことはありますか?」
(‘◇‘)「落ち込むことはありますよ。でもお……、ま、落ち込む、何だろうな、落ち込んで、とか、凹んで、立ち直ったときはあ、やっぱ強いよね、その前までに比べると」
「で、1回その、凹むこともだからさ、大切じゃないかなって思うわけですよ。凹んで立ち上がったときに見える景色っていうのがあ、わりとこう精神的に強くなってたりすると思うからあ、だからあ、凹むときは凹むよね、俺、だから」


(‘◇‘)「どう立ち直ろうじゃなくてさ、あ〜って、自分こんなダメだなあみたいな、を、ちゃんと噛みしめて、そっから」
近さん「向き合って」
(‘◇‘)「そう」
近さん「逃げないと」
(‘◇‘)「逃げないでね。で、そっから立ち直れるきっかけって、その、前向きに、前向きにっていうか何だろなあ。その凹んだことと、ちゃんと向き合ってれば、そのきっかけってだいたい見つかってくるからあ、良しって立ち上がったときは強いよね」
(相葉ちゃんて、素朴な言葉でまっすぐ語ってくるなあ)


近さん「だからその、忘れようとかしてごまかそうとしてると、また思い出したときに凹みますもんね。ちゃんと乗り越えないとね」
「なるほど。凹むときもあるよ」
(‘◇‘)「凹もうよ。凹むときは」(←いいこと言ってるのにアクセントが変w)
「立ち上がろう。凹んだ分だけこう、高く跳べるっていうのはあるかもしれませんよね?」


2曲目は『GUTS!』でした。


 


エンディングは『アラフェス'13』と『誰も知らない』の告知でした。
(‘◇‘)「また来週も聞いてください。嵐・相葉雅紀の……レコメン!アラシリミックス、お相手は、嵐のぉ、相葉雅紀でしたあ。また来週〜、バイバイッ!」(←抑揚をつけております。笑)