青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くん「HOME'S」新CM発表会WS&「ARASHI DISCOVERY映画を作りたい」〔大野智・ラジオ〕

【お知らせ】


 ・8/18(火) 10:25-11:30
 PON!(日本テレビ)
《二宮和也がPON》




おはようございます。
今朝はニノの「HOME'S」新CM発表会のようすが各WSで伝えられています。
朝日新聞には広告も載っているようですね。


二宮和也、自宅は寝る部屋と作業部屋の2L「趣味とかするため」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)



昨日の『しゃべくり007』のゲストはV6井ノ原くんでした。


井ノ原くんは仲の良い後輩として「嵐のみんな」と名前を挙げ、松潤と飲みに行ってコンサートや昔の話をすると語っていました。
この収録の前日も松潤と12時ぐらいまで飲んでいたそうで。


さらに井ノ原くんが昔Jr.に怖がられていた時代があり、トイレに入ろうとした相葉ちゃんがイノッチから「どけ!」と言われて先を越されたエピソードなどもご本人が話していました。。
「みんなその後輩たちがどんどんどんどん成長して、番組とか持って僕を攻撃してくる」とイノッチ(笑)


恒例のZEROサッカーコーナーの嵐語録は、ラルフさんが夏休みのためにありませんでした~。


ARASHI DISCOVERY(2015/8/18)


(始まりの挨拶)


("今日の一言")「人生は私たち一人一人が、それぞれのっ、目を通して観ている映画です。そこに何が起こっているかはっ、たいした、違いはありません。それをどのように受けとめるかが重要なのです」


(´・∀・`)「いい言葉ですねえ、これえ」


("今日の一言"の説明)「これはっ、アメリカのっ、人間行動学、博士、デニス・ウェイトリーさんの言葉です。悪い状態のときでもっ、ちょっと見方や、受け取り方をっ、変えてみると、え、事態が好転するとき、ありますね? ええ、ものの見方、受け止め方のバリエーションが多ければ、より、幸せな、人生が送れるのではないでしょか」


(´・∀・`)「ということですけど、確かに」


「やあ、僕の人生はどうなんでしょうねえ? じゃ、大野、智の人生としてねっ。今、映画はできるのかって言ったら、できませんよ!」


「やあ、できますよ? できますよ、そりゃあ。それはねえ? あのぉ、今ぁ、この世界、一人一人できますよ、映画は。だって、やっぱりそれぞれぇ、色んな経験して、は、ますからねえ」


「ただ、ちゃんと自分の満足いくような映画ができるかつったら、どうですか? 皆さん。それはまだでしょ! どこにクライマックスを置くかですよ。も、過ぎ去っているのかあ、ま、これから起こるのかあ。それはもう自分しだいですよね」


「あ、でもそうやって考えてったほうがおもしろいかもね、人生。自分は映画と、映画の監督としてえ、今、この辺だから、クライマックスをどこに設定するかですよ。何年後、何十年後にするかによって、どんな最高なね? 映画が作れるかっていうことですからあ」


「ちょっとそう考えたらおもしろいね。僕は今まだだからあ、何がクライマックスなんでしょうか」


「ん、まあ、じゃ、例えば、じゃあじゃあ、この、『ARASHI DISCOVERY』を、クライマックスとしましょうよ。クライマックスっていうかね、始まりですかね、その」


「で、今何年目? 何十年目? 13年目、途中辛い時期もありました。えっ!?(笑) ふっ☆彡」


「あのお~、ねえ? 舞台やってるときちょっと喉がつぶれたりしてねえ、全然出ないときもありましたよね。うん」


「あとあのぉ、『魔王』やってるときは辛そうだったと、スタッフさんが言ってます。そりゃそうですよ。ねえ? あの、1日中~、何だ、シリアスなあ~、シーン撮ってえ、ラジオで『おはようございます!』ってえ、ゆってるんですから」(←ラジオでは普段よりテンション高めの明るい声を張っております^^)


「ええ、たいへんでしょう!? ねえ、クライマックスよ、それも。ラジオ『ARASHI DISCOVERY』映画としてのクライマックスはそこですよ」


「一番最初は、どっかの、何だっけえ? カフェか何かでさあ、打ち合わせしたよねえ!? 番組始まる前に、夜! 面接みたいな感じな、雰囲気じゃなかった? 顔、何かあ、ねえ? 向き合って」


「ほんでそっからあ~、始まってえ、で、最初はもう『がんばりまーす』しか、言ってないような。んふっふ!☆彡」


「うん。そこで! スタッフは何を思っていたのか、っていうこの映画のね? ドキュメンタリー映画ですよ。『ARASHI DISCOVERY』映画作りたいねえ」


「さあ、何人の方が(笑)、っはっは☆彡 観に来てくれるのでしょかね? ええ。約4時間つったら、来んのかな? んははっ☆彡 長あ、つって(笑) まとめられなかったつってね」


「まあ、でもねえ、15年目、目指したいね、15周年ね、これねえ。ええ~」


(´・∀・`)「さあ、がんばっていきましょう!」


(終わりの挨拶)


DJ栗原さん「いやあ、今日はありがたい話満載でしたねえ。ええ、このコーナーのドキュメンタリー映画を作ってもみたいし、15年までは最低でも目指したってことは、あの~、ちょっと安泰ですねえ。良かったあ」


――ARASHI DISCOVERY映画、4時間だろうと5時間だろうと、ぜひぜひ観に行きたいです!!


一番最初の打ち合わせが面接みたいでちょっと緊張気味の智くんや、舞台で喉がつぶれたときのショック、『魔王』でシリアスな役柄とラジオのトークでのギャップに悩んでいるようすなども収録されるということでしょうか。


続けるってたいへんですよね。
でもラジオも15年目と言わず、ずっとずっと続けてもらいたいです。
毎朝楽しみにしていますもの(^^♪


智くんの演技のお仕事も心待ちにしているので、映画の話題というだけでワクワクしてしまいますよ!(笑)


BGMは『愛を叫べ』、リクエスト曲は『身長差のない恋人』でした。