青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くんラジオ『レコメン』弟の結婚式でカクテルを作ったことがある・小学生ぐらいのとき毎日のように寿司屋の親父に怒られていた

【お知らせ】


 ・9/27(日) 9:30-10:00
 JAPAN COUNTDOWN(テレビ東京)
《【1~9月の総合シングルチャート】嵐、AKB48、関ジャニ∞(他)》




おはようございます。
今日はしやがれもしむどうお休みですね。
寂し過ぎますー( ;∀;)



ところで皆さん、以前智くんがラジオでチラッとお名前を出していた同じ年の生まれの画家、大野智史さんのことを覚えてらっしゃいますでしょうか。


智くんが「会ってみたい」と仰っていて、私も作品を見たいと思っていたもののなかなか機会がなくて見逃していたのです。


それが今度、渋谷ヒカリエで大野智史展「Beautiful Dreaming.」が開催されるとか。
会期は9月30日(水)~10月19日(月)までで入場料は無料だそう。
ご興味ある方はいかがでしょうか。


(当然かもしれませんが英語表記だと全く同じ「SATOSHI OHNO」なんですね。字面にドッキリさせられました)


大野智史展「Beautiful Dreaming.」渋谷ヒカリエで開催、原生林を背景にする絵画の数々 | ニュース - ファッションプレス


8/TV/082 IN THE ARTIST'S STUDIO | SATOSHI OHNO on Vimeo


嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(2015/9/26)


(‘◇‘)「カジ―、髪伸びたねえ」
カジー「ああ、そうですね(笑)」
(‘◇‘)「何か雰囲気違うなあと思ったら、だいぶ伸びたねえ」
カジー「そろそろ切らなきゃなあって」
(‘◇‘)「どれぐらい放置してんの?」
カジー「2ヶ月ぐらいです」
(‘◇‘)「やっぱ2ヶ月はダメだね。1月に1回はいかないとねえ」


(‘◇‘)「近さんていつ見ても伸びないけどそれ、本物?」(←あはは!!)
カジー「はははっ」
近さん「本物だよ」
(‘◇‘)「本物? いつ見ても伸びないから」
近さん「いやいやいや、こないだ切ってきましたよ。メールをご紹介しましょう!」


(メッセージ)『ミュージックステーション』で披露された『愛を叫べ』のダンス、すごくかわいかったです。その放送の中で、翔くんはお友達の結婚式でピアノを演奏したり、松潤は歌を歌っことがあると話をしていましたが、相葉ちゃんはお友達の結婚式で歌を歌ったなどのエピソードはありますか? 教えてください(くしなさん/東京都)


(‘◇‘)「ないですねえ」
近さん「ないですね~」
(‘◇‘)「あんまり結婚式自体出ないんでえ。最後に出たの弟のやつだったしぃ」
「そのときはあ、あのねえ、テレ朝でねえ、『バーテンダー』っていうドラマをやっててえ、で、それ~が、終わった直後ぐらいだったの」
「でえ、その結婚式のぉ、ま、そ~んなおっきくない結婚式だよ? 身内とぉ、その、新郎新婦のお友達ちょっとと家族、ぐらいな感じだったんだけど。終わってすぐだからあ、『バーテンダー』んときにぃ、ずっと俺に、カクテルを教えてくれてた人が、その弟の誕生日に来てくれて、でえ、カクテルをふるまうっていうのがあったんだけど」


(‘◇‘)「それで! 俺、も、何か新郎新婦、のぉ、2杯は、作るみたいになっちゃって」
近さん「ほう!」
(‘◇‘)「すごい、空気の中、カシャカシャカシャカシャ(笑) ウヒャヒャッ! 俺作った、思い出があるね!」
近さん「へ~っ!」
(‘◇‘)「ザーッ、カラン、みたいなやって。はい、どうぞって、2杯を新郎新婦に、渡したっていう、思い出がありますね、僕の、結婚式、では」
近さん「そんとき聞かなかったですねえ(笑)」(←私も初めて聞いたかも。葉担さんなら知ってたのかなあ? 弟さんの結婚式の話だからしてないのかな?)


 


(‘◇‘)「え~、あの、そのときは言わなかったですね」
近さん「今、電波で初公開ですか」
(‘◇‘)「ですね」
近さん「え~」


(‘◇‘)「あれって、ワア~! キャ~!(拍手)ってみるもんじゃないじゃん。シーンとした中で(笑)、カシャシャだけ響くっていうさ笑」
近さん「みんな、ヒューヒューじゃないですもんね?」
(‘◇‘)「う~ん、じゃないからあ、何か静か~に見てるからあ。もう微妙な空気の中やりましたよ」
近さん「いやあ、でも、きっとそれはもう、ねえ? いいもの見たんじゃないですかあ? 参加してた方は」
(‘◇‘)「いや~、いやちょっと、恥ずかしかったなっていう思い出です。そういうのはやったことある。ただ歌ったり踊ったりはない!」
近さん「はい」
(‘◇‘)「はい」
近さん「ありがとございます」
(‘◇‘)「いいですか?」
近さん「はい」


1曲目は『愛を叫べ』です。


 


【TDFK47】


(メッセージ)(近さんが大好きなちさとさん/中学二年/埼玉県)


近さん「いやいやいやいや、そういうこと言われるとちょっと困るんですけど」
(‘◇‘)「いやいやいや(笑) はい!」


(メッセージ)先日の『VS嵐』、チーム埼玉がゲストとして出ていましたね。私は埼玉県の暑い街、熊谷市について紹介したいと思います。私が住む熊谷市は良いところもたくさんあります。
例えばジュニア議会があることです。熊谷市にある、中学校から各2名の代表者が、市議会議員も使う会場を使って、市長に熊谷市について質問するものです。
私も今年ジュニア議会に参加します。


(‘◇‘)「え~、すごいじゃない!」


(メッセージ)少子高齢化が進む中、中学生の意見を聞いてくれるこの熊谷市はとても良い街だと思います


(‘◇‘)「思います」
「何を聞くんだろ?」
近さん「そうですよねえ、やっぱり、市、っていうのは、それで独特の条例とかね? 決まりとルールとかあるのでね? あと中学生に関わることとかもあると思うんでね」


(‘◇‘)「何かさあ、どこの市か忘れちゃったけどさあ、学校のさあ、水道ひねるとジュースが出てくるとかさあ、そういうのあるよねえ? あったよねえ、何かねえ」
「そういう何か変わったことを、やってくとさあ、もっともっと注目されんじゃないの?」
近さん「なるほど。あ、じゃ、質問だけじゃなくアイディア出す」
(‘◇‘)「そう(笑)、お願い(笑)、お願いして、すいません~つっ(笑)」


近さん「でも、各中学校から二名の代表者、いいっすねえ。ジュニア議会」
「ぜひ、また参加したらそのね? レポートなんか教えて……」
(‘◇‘)「何を聞いたのかとかさ」
近さん「そうですね、教えていただきたいですね」
(‘◇‘)「はい」


(メッセージ)私は木更津市に住んでいます。翔くんがやっていた『木更津キャッツアイ』が舞台なのはもちろん、こないだは「やっさいもっさい」という踊りのお祭りと、花火大会がありました。「やっさいもっさい」には氣志團が来てくださったりと、とても楽しです。
また、木更津の海側には中の島大橋という恋人の聖地と呼ばれるところがあり、たくさんの恋人が来ています。その近くには嵐の皆さんが『ひみつのアラシちゃん!』で来てくださった厚生水産もあります。
相葉くんも今度「やっさいもっさい」や花火を見に来てくださいね(ゆめかちゃん/中一/千葉県)


(↑房総ロケで翔くんがオリンピックでいなかったときのアラシちゃんかな?)


(‘◇‘)「いいとこだねえ、木更津は、きっと」
近さん「海ほたる、とかね?」
(‘◇‘)「川崎からこう、もう1本で行けちゃうからねえ。めっちゃ近いですよねえ」


(‘◇‘)「そうそう。あれでしょ? 海ほたるが、ま、もう何年も前だけどさあ、ちょっと値段、海ほたるじゃないあの、アクアラインがさ、値段下がってさ、土日とかすごいみたいね?」
近さん「そうですねえ」
(‘◇‘)「海ほたる」


(‘◇‘)「あそこでもあんまり行ったことないんすけどお、何があん、だろ?」
近さん「まあ、その東京湾の真ん中に、浮かぶ、何ていうんでしょうか」
(‘◇‘)「サービスエリア?」
近さん「パーキング、そう、サービスエリア、なんですね。ちょっとこう、船のねえ、何かこう、デッキみたいな感じなんですよ。そこに船が浮かんでいるような、イメージ、で、上のほう、の、食事するところとかあって、デッキがあって」
(‘◇‘)「ホタルがいるわけじゃないんだよね? 川じゃないもんね?」
近さん「そうですね。ま、名称なんでね(笑)」
(‘◇‘)「お~」


近さん「そこからこう、見晴らしがいいですよ」
(‘◇‘)「そうですか! ぜひぜひ、じゃ、今度。『やっさいもっさい』もね」
近さん「『やっさいもっさい』も、おすすめです」


(メッセージ)私は新潟県に住んでいますが、新潟と言えばやっぱりお米。相葉ちゃんももしかしたら食べたことがあると思いますが柿の種(シロツメクサさん/17歳/新潟県)


(‘◇‘)「いや、あります、あります」


(メッセージ)これは新潟が起源です。それ以外にもお酒や枝豆、イチゴやスイカ、梨に柿。新潟に来たら、「ル・レクチェ」という西洋梨を食べてみてください。ものすごく美味しいです。


(‘◇‘)「梨美味いよなあ~」


(メッセージ)食べ物以外にもビッグスワンスタジアムという、収容人員4万2300人のでっかいスタジアムもあるんです。


(‘◇‘)「へ~」
近さん「これあれですよ、2002年のワールドカップで、会場になったね? 新潟の、ビッグスワン」
(‘◇‘)「普段はあ」
近さん「普段はアレビレックス新潟のホームグラウンドなんですね」
(‘◇‘)「あれびれっくす」
近さん「アレビレックス新潟、J1のね。はい」


(メッセージ)4万2300人というのはヤフオクドームや名古屋ドームよりも収容人員多いですよ~。


(‘◇‘)「ゴホンッ!!」
と相葉ちゃんの大きな咳の音。
(‘◇‘)「なるほど」
かすれた声でマイクから遠ざかっていきます。


近さん「だいじょぶですかあ!?」
(‘◇‘)「でも新潟はさ」(←何か飲み物で喉を潤したのか即座に復活)
近さん「はいはい」
(‘◇‘)「あと花火大会も有名じゃないすか」
近さん「長岡の」
(‘◇‘)「ね?」
近さん「はいはい」
(‘◇‘)「でっか~い花火が上がるっていう」
近さん「5尺玉とか2尺とか4尺玉とか何かねえ? すっごいおっきいのがありますよねえ」
(‘◇‘)「1回見に行ってみたいんすよねえ~」
近さん「今年は終わっちゃったんでまた来年ですねえ」
(‘◇‘)「そうっすねえ、はい」


(メッセージ)今年もお盆がやってきましたが、私たちが住んでいる長野県はお盆には天ぷら饅頭というのを食べます(いちさん/高校二年生/長野県)


(‘◇‘)「えっ、何それ」


(メッセージ)名前の通り饅頭を天ぷらにしたものです。私は饅頭はあまり好きではないのですが、天ぷら饅頭は食べます。とても美味しいですよ。


(‘◇‘)「天ぷら饅頭?」
近さん「天ぷら饅頭じゃないけど、揚げ饅頭っていうのありますよね? 饅頭をちょっと揚げたやつ」
(‘◇‘)「揚げ饅頭ってさ、中華で……あれ、饅頭じゃねえか」


近さん「まあ、でもあれですよね」
(‘◇‘)「ゴマのさ」
近さん「そうそうそうそう」
(‘◇‘)「いっぱいバーッてついたさあ」
近さん「あれ、何て言いましたっけ」
(‘◇‘)「ゴマ団子、ゴマ団子」(←美味しいよねえ~♪)


(‘◇‘)「あれとは違うのか」(←大きく鼻をすする相葉さん)
近さん「ああ、でも……」
(‘◇‘)「ちょっと近そうだもんねえ」
近さん「あんドーナツ的な」
(‘◇‘)「あんドーナツ的なね?」


(‘◇‘)「天ぷらを、あ、え? 饅頭を揚げる」
近さん「饅頭を天ぷらにしたもの」
(‘◇‘)「へ~、色々あるなあ、知らないことが」
近さん「色々あるなあ」
(‘◇‘)「ねえ?」


(メッセージ)私は福島県に住んでいます。福島の美味しい物と言えば「凍天」(しみてん)です。(松本ひなさん/14歳)


近さん「ご存じですか?」
(‘◇‘)「何それ。知らないっす」


(メッセージ)これ、何か丸いドーナツみたいなやつに緑のお餅が入ってるんですけど、美味しいです。でも売られている場所が限られているので私が住んでいるところでは売ってないのが残念です。
嵐の皆さんも、宮城でライブやるときはぜひ福島に寄っていってくださいな。


近さん「あ、ちょっと過ぎてしまいましたけど」
(‘◇‘)「ずんだ! かなあ? 違うかなあ」
近さん「緑の。『凍天』、わかりました。ちょっと調べて……」


(‘◇‘)「ずんだシェイクって飲んだんですよ、俺。美味かったですよ。向こうで」
近さん「ずんだってあれですよね? 要するに、あの、お豆の、え~、すりおろしたやつっていう、砕いたやつねえ?」
(‘◇‘)「そうそう。あれ美味かったですねえ」
近さん「ずんだシェイクねえ」


(メッセージ)私が住んでいるところは兵庫県神戸市なんですが、竹馬おじさんという人がいます(ゆうきさん/神戸市)


(‘◇‘)「あら! おもしろそう、それ」


(メッセージ)この人は道を歩くときに竹馬に乗りながら移動するんです。しかも、竹馬の足場の高さが3~40cmとかではなく、120cmぐらいあるんです。
見た目には、リュックを背負って帽子をかぶっている普通のおじさんですが、めちゃくちゃ高い竹馬に乗って移動してるので私の周りではとても有名です。
ぜひ来てください。


(近さんが話している間、毎回のように鼻をすすったりしていた相葉さん。このときは鼻をかんでいる音がマイクに)


近さん「神戸市北区に行くと竹馬おじさんてのが有名なんです。で、地上から120cmもあるところにこう、足を置いて移動して、リュックを背負って帽子をかぶって」
(‘◇‘)「何だろう。大道芸人の方かなあ?」
近さん「ああ、でもあの~、そういうえば、千葉市にも、チバットマンって人がいて。バットマンのかっこして、いつも。バットマンみたいなバイクで、走っている人がいるんですよ」
(‘◇‘)「チバットマン!? おもしろいっすね」


近さん「ま、そういうあの、何かこう、みんなに目立つというか、ちょっと、心和ませてくれる人ってのは、色んな地方にいるんですね」
(‘◇‘)「へ~、うちぃの、むか~し、だぁ、俺らが小学生ぐらいとのきぃ、の、うちの近所の周りはあ、いっつも寿司屋のおっちゃんに怒られてたね、俺」
近さん「ええ?(笑)」
(‘◇‘)「寿司屋の親父が、もういつも何かねえ、チャリンコでこう街を、パトロールしてんのか何なのかわかんないけどお、『おいっ! 5時過ぎたぞ! 帰れ!!』みたいなさ。『わ、また来た! 寿司屋の親父だ』つって」
「寿司屋やってねえんじゃないかなって、寿司屋のかっこしてるだけで。で、もう毎日のようにさあ、怒られてたからさ、寿司屋の親父に」


近さん「それ、ニックネームはなかったんですか?」
(‘◇‘)「だ、寿司屋の親父。ウヒャヒャッ!」
「『来た来た来た、やばいやばいやばい、隠れろ隠れろ』つって。そう、あったなあ~。そういうのいるんだよね? その町の何か名物おっちゃんみたいなさ」


近さん「でも相葉くんが小学生ぐらいってことは、まだ90年代ってことですよね?」
(‘◇‘)「90年代ですねえ」
近さん「ええ、結構それはもう平成なってたでしょ。いやいや、昭和みたいなおっさんがいたんだねえ」
(‘◇‘)「いたよ~。そうですよ」
近さん「すごいなあ」
(‘◇‘)「いるんだな~、そういう人」
近さん「名物親父、名物おばさんもね? 教えて欲しいですね?」
(‘◇‘)「そうですね」


【教えて相葉ちゃん!】


(メッセージ)私がテレビでやっていた『愛を叫べ』のミュージックビデオを見ていて、姉が「いいいなあ、姉ちゃんも結婚式、来て欲しいわ~」なんてことを言い、「嵐来てくれるわけないやん」なんて会話をしていました。そしてタイミング良く9月下旬に籍を入れる予定で(さきさん/15歳/大阪府)


(‘◇‘)「わ~!」
近さん「そろそろですね」
(‘◇‘)「おめでとうございます(拍手)」


(メッセージ)もう小さな命も宿っています。だから結婚式は赤ちゃんが生まれてからやりますので来年になります。私と姉は10歳離れていて、私が生まれた頃からお世話をたくさんしてもらいました。そんな姉に何かお返しがしたいです。結婚式でサプライズをしてあげたいのですがどんなサプライズがいいでしょうか」


近さん「ということで」
(‘◇‘)「え~! 何だろうねえ?」
近さん「もうあの、相葉さんのようにじゃあ、バーテンダー……」
(‘◇‘)「いや、やめましょう、やめましょう。それはもうほんとに、何かすごい不思議な空気になるから」


(‘◇‘)「何だろうねえ」
近さん「15歳ってことはもう、25歳。ま、でもね、25歳」
(‘◇‘)「そんなに奇をてらわなくても~、手紙ぃとかさあ」
近さん「そうそうそう、もうねえ」
(‘◇‘)「それが一番グッと来ちゃうからねえ」
近さん「それ一番っすよ! もうねえ、みんなサプライズとかねえ、そんなことじゃないのね」
(‘◇‘)「じゃないのね?(笑)」
近さん「ないの。もう、ただ、ほんとに、これはもうずっとね、そのお姉ちゃん、たくさんちっちゃい頃からさ、お世話してもらったお姉ちゃんへの、思いをね、正直に」
(‘◇‘)「手紙を書くっていうのが一番伝わる、と思うけどなあ~」
(『24時間テレビ』でのお手紙とか思い出すと、ほんとにそうだなあと思うよ、相葉ちゃん^^)


(‘◇‘)「歌、とかもまあ、いいと思うけどお」
近さん「いや、もう、歌でもいいし、『愛を叫べ』を踊っていただいても」
(‘◇‘)「いい、いい、もちろん嬉しいですけど」
近さん「最後やっぱり、もう」
(‘◇‘)「一筆あるとねえ? やっぱり」
近さん「お手紙を読むってのが一番、そらもういいですねえ」
(‘◇‘)「そう、俺もそう思う。感謝の気持ちをさ、綴るのが一番いいじゃないですか? って思うよ」


近さん「やっぱり、相葉さんも自分の、ねえ? 弟さんとか一番近い、存在、の結婚式っていうのは、ま、感動しますよね」
(‘◇‘)「いや、感動しますよ。本人より感動すると思うよ」
「本人より感動できる! 自信ある、俺」
近さん「相葉さん(笑)、結構、泣いた口ですか?」
(‘◇‘)「いや、もうすぐあの~、登場から、もうねえ、やばいみたいな」(←鼻をすする)
近さん「そうですか(笑) やはり感激屋ですね」
(‘◇‘)「いや、そうですね」


近さん「えっ、そうそう、だからさきちゃんもきっとねえ、もうそんなねえ、サプライズ、っていうかもう、もう、そのほんとにね、一生に一度のね」
(‘◇‘)「気持ち、そう、気持ちを手紙に、書くってのが一番いいと思う」
近さん「いいと思う。がんばってください」
(‘◇‘)「がんばってくださいよ」


(メッセージ)(Japonism初回限定盤もよいとこ盤も買っちゃうよさん/鹿児島県)


(‘◇‘)「うお~! ありがとうございます」(←私も3種予約したよ♪)
近さん「よいとこ盤もね」
(‘◇‘)「すいません、ありがとうございます」


(メッセージ)体育祭の季節になりました。私たちの学校ではフォークダンスがあるんですが、私は手汗がやば過ぎてほんとに恥ずかしいです。


近さん「フォークダンスってことは、あの、手つなぐやつですね?」
(‘◇‘)「ああ~!」
近さん「男女で手をつなぐんですね?」
(‘◇‘)「みんなでこうクルクル、踊っていく」
近さん「♪タリラリラララ~みたいなやつ」(←オクラホマミキサー)
「今もあるんですね、そういうの」
(‘◇‘)「あるんだねえ。俺らの時代もあったなあ」


(メッセージ)気にせず楽しく踊ればって思うんですが、やはり高三ともなると男子がどう思うか心配です。男子って女子の手汗とかだいじょぶでしょうか?


近さん「っていうことなんですが」
(‘◇‘)「いや、俺も手汗かくほうなんでえ、別に気にしてないですけど(笑)」
近さん「あ、相葉さんも手汗だから大丈夫」
(‘◇‘)「だいじょぶだと思うよ、そんなの。それ何かこう逆に気にしてる、どうなんだろ。かわいいのかな。あ、かわいいな」
近さん「だいじょぶです。もうね、あの、たぶん、よいとこ盤も買っちゃうよさん、の、ことを好きだったらもう何でもいいです」
(‘◇‘)「いや、そうだと思う(笑)」
近さん「男は思いますよ、きっと。カサカサでも、手汗でも(笑)」
(‘◇‘)「うん、そうだねえ」


(‘◇‘)「楽しんでるほうがいんじゃない?」
近さん「うん、そうそうそう。だいじょぶです」
(‘◇‘)「楽しんで、ればあ、『ごめんね、手汗すごくて』って別れ際に言う、みたいなさ、のも行けるけどさあ。すごいちょっと、あのモジモジ、やばいやばい、って思いながら、『ごめんね、手汗がすごくて』ってゆったら結構本気になっちゃうじゃん。だから、突き抜けて楽しんでればあ、どう転んでも、気になんないというか、気がするけどねえ」
近さん「楽しく、やってくださあい」


(‘◇‘)「や、いいと思いますよ。だって、大人になったらないからね? こういうフォークダンス、みんな男女がこう一人一人と踊るとかさあ」
近さん「そうですねえ。増して、そのね? 共学だからこの、男子女子のドキドキ感もあるわけですからねえ」
(‘◇‘)「それもうぜひ楽しんでいただきたいと」


(メッセージ)相葉ちゃんは、こないだ伊勢に行ったと話していましたが、伊勢神宮にお参りに行ったのですか? 昔の風情のお店がたくさん並んでいる「おかげ横丁」には行かれましたか? 私は三重に住んでいるので嬉しいです(しろみさん/三重県)


(‘◇‘)「おかげ横丁は行ってないですね。そんなんあるんだったら先にね、聞きたかったなあ」
「結構弾丸ツアーだったんでえ(ズーッ) で、名古屋でえ、車借りて、行ったんで。うん」
近さん「お伊勢さんに」
(‘◇‘)「そうです」
近さん「そしてこう、あの、ま、櫻井さんじゃないですけど、相葉さんとは気づかれないうちにお参りしてきたんですか?」
(‘◇‘)「そう、俺は思ってますけどねえ。汗だくだった、あれもうすげえ暑いときだったからさあ」
近さん「ああ(笑)、タンクトップ」
(‘◇‘)「びしょびしょ事件。う~ん。そうでしたねえ。はい」


(メッセージ)8月で部活を引退しました。その部活のメンバーで最後の打ち上げをするということになってるのですが、その盛り上げ役を頼まれました。私はそういうのが苦手なので得意そうな相葉ちゃん、どうすれば盛り上がるか教えてください(わかなさん)


(‘◇‘)「え? 何? 何をですか?」
近さん「部活のメンバーで、最後の打ち上げをします」
(‘◇‘)「打ち上げ! カラオケじゃない?」
近さん「カラオケじゃない?」
(‘◇‘)「どう? か、ボウリング、からのカラオケ」
近さん「ボウリングからのカラオケ、どうでしょう?」
(‘◇‘)「だったら、一汗かいて、みんなで、歌って」
近さん「いんじゃない?」
(‘◇‘)「どの町にもあるし、いいでしょう」


(‘◇‘)「あと、あと何かある~?」
近さん「あと何かさ、ああいうのやりません? こう、何か、安いのでいいのでTシャツに、みんなでこう」
(‘◇‘)「メッセージ?」
近さん「はい! メッセージ書くとか、そういう」
(‘◇‘)「ああ~。で、みんな思い出にね?」


近さん「あの、調子に乗って顔にまで書いちゃいけませんよ? っていうことなんですけども」
(‘◇‘)「どういうことですか?」
近さん「ちょっとこう、はめをはずして、マジックで書いてそのうちこう……」
(‘◇‘)「あ! 着てる、着てる人に書いてくの!?」
近さん「そうそうそう」
(‘◇‘)「あ、それえ、やったことないや」
近さん「ああ、そうですか」
(‘◇‘)「Tシャツだけで回ってきてみたいなのはあるけど」
近さん「『楽しかったぜ! 相葉雅紀』みたいなこと書いてるんですけど、そのうちこう、ふざけて」
(‘◇‘)「顔に行っちゃう人ね?」
近さん「ヒゲ描くやつとか、それあの、ちょっとはめはずしすぎないようにしていただきたい」
(‘◇‘)「盛り上げ役だからそれぐらいしたほうがいいんじゃないすか? そういうのもいいかもしんないね。そのときにしか、できないやつをさあ、やる。写真撮ったらいいよね、いっぱいね?」
近さん「そうですね」
(‘◇‘)「うん、思い出に」


近さん「何部なのかな?」
(‘◇‘)「バスケ部じゃないすか?」
近さん「あ、バスケ部って感じですねえ」
(‘◇‘)「書いてある?」
近さん「書いてないです」
(‘◇‘)「勝手な想像ですね?」
近さん「はい。ま、たぶん、あれですよ、運動部系ですね」
(‘◇‘)「でしょうね」


2曲目は『途中下車』です。


いざッ、Now (初回生産限定盤)  


エンディングはニューアルバム『Japonism』の告知でした。


(‘◇‘)「これ3パターンあるので、ま、それぞれまた違った、良さがあったりする」
近さん「初回盤と通常盤と、よいとこ盤」
(‘◇‘)「よいとこ盤、コアなやつです、ちょっと、はあい(笑) どれを選ぶかはあなたしだいでございます。よろしくお願いします」



●二宮和也くん雑誌情報


○9/28(月)
「Screen+プラス」vol.52(近代映画社)
二宮和也×吉永小百合×黒木華×浅野忠信×加藤健一「母と暮せば」


Screen+プラスvol.52



●嵐さん雑誌情報


○9/28(月)
「MORE」1月号(集英社)
二宮和也 連載「It(一途)」


MORE(モア) 2015年 11 月号 [雑誌]


○9/28(月)
「MORE」付録なし版 11月号(集英社)
二宮和也 連載「It(一途)」


MORE(モア) 付録なし版 2015年 11 月号 [雑誌]: MORE(モア) 増刊



●嵐さんテレビ情報(今週の『天才!志村どうぶつ園』と『嵐にしやがれ』はお休みです)


 ○9/27(日) 12:45-13:15
 ニノさん(日本テレビ系)
 二宮和也


 ○9/27(日) 18:00-18:30
 相葉マナブ(テレビ朝日系)
 相葉雅紀