青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐『Japonism』鑑賞

こんばんは。
昨日フラゲした嵐さんのニューアルバムについて、3種の比較や感想など簡単なレポをしています。
個人的な記録の意味合いもありますのでどうかご容赦を~。
冒頭にレポの要点も掲載しておきます。


・初回はDVDとCD、よいとこ盤と通常はCD2枚組。3種のディスクを並べるとDVDは白、CD5枚は青赤緑黄紫の嵐カラー。


・ブックレットの奥付にビデオクリップスタッフのコレオグラファーとして大野智くんのお名前が。また、Hidaliの梨本威温さんのお名前もあり。



※Cut編集部日記
嵐『Japonism』の美しさについて - Cut 編集部日記 (2015/10/21)| ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト



【Japonism「暁」大野智ソロ曲】


智くんのソロ曲『暁』は、百人一首にもなっている「心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな」の和歌を歌う智くんの声がイケボ過ぎて、詠み人の三条院にも聴かせてあげたいぐらいです!!


智くんの美声の透明感、伸びと響きがいかんなく発揮されている良曲だと思いました。
いくら言葉を重ねても足りないぐらい。


「ダンス」や「踊り」というよりもむしろ「舞い」という言葉が似合いそうなこの『暁』に智くんはいったいどんな振り付けを考えられるのでしょうか。


刀! 刀使ってみよう、さとっさん!!


それにこれはぜひ、ソロの前後の五人の曲の衣装を兼用したりせずに、和を取り入れた専用の衣装でよろしくお願いします_(._.)_


イントロから始まる壮大さと歌詞の世界観から、私は和もののアニメのオープニング曲をイメージしてしまいました。


和歌にある平安時代を舞台に、主人公が刀をさげてさすらいまくりますよね、きっと。
ぜひ声優を智くんに♡


智くん主演の映画やドラマのテーマ曲だったらさらに素敵だけど、『暁』のスケールの大きさを実写で映像化するならハリウッドから逆輸入しないとな~……なんて、想像が広がります^^


Japonism


【パッケージ】


ジャケ写は初回限定盤、よいとこ盤、通常盤ともに嵐さんの衣装はJaponismアー写と同じ和テイストを取り入れられたデザイン。


中でも智くんの衣装が目を引きますね!
青いシャツに袖なしのジャケット(ベスト)、幅広なパンツに帯のようなベルトは、まるで剣道の胴着のよう。


アー写もジャケ写も並びは全てSOMANの順。


よいとこ盤の表の写真のみが目線をはずしており、その裏と残りのアー写も含めて全てカメラ目線です。
アー写と初回盤の写真は正面を向き、よいとこ盤と通常盤の写真はやや立ち位置が波状になったり間隔を空けたりしていて、一見それぞれの写真はそっくりですが別物。


セットは床に砂の枯山水。
嵐カラーを思わせる細く押さえめな彩度の虹色ストライプの正方形のパネル(?)
グレーの壁にこれまた正方形の黒い額縁みたいな枠が重なるように配置されていました。


3つ折りのスペシャルパッケージ仕様の初回盤、ジャケ写の裏は虹色ストライプが全面に。
これがよいとこ盤、通常盤でも中側にあります。


中側のCDをセットする場所には嵐さんのいない背景のみの写真と、パッケージの裏にも枯山水がデザインされていました。
枯山水は通常盤のジャケ写の裏にも。


また、3種全てそろえてみるとディスクにも気づくことが。
いずれの盤も枯山水の波紋がデザインされていてディスクは2枚ずつですが色が全て違います。


初回盤のCDは銀色の地に青のライン、DVDは白地に銀色のライン。


よいとこ盤のCDは銀に赤いラインの枯山水デザイン、白地に黄色いラインの重なった正方形のデザインになっていました。


これが通常盤のCDでは銀に緑の枯山水、白に紫の正方形と、嵐カラーになっています。


【ブックレット】


初回盤の「歌詞フォト・ブックレット」は84ページ。
嵐さんのいないジャケ写の背景が表紙です。


ソロカット、5ショットとありますが、ダンスの振りをポーズにしたものなのかモノクロの写真がとっても雰囲気があって素敵です。
智くんが腕を後ろにグッと引いているショットや、重ねた手の形にもこれは注目♡


初回盤のブックレットは特に紙質が和紙のような風合いを持っていました。


よいとこ盤は32ページ、通常盤が36ページのブックレットの表紙はジャケ写を兼ねています。


中身は通常盤には5ショットがありますが、よいとこ盤にはなし。
ソロカットのバストショットと全身ショットはどちらにもありますが、写真はもちろん全て異なっています。


智くんのアップはよいとこ盤のうつむき顔と、通常盤の斜め横向き顔の写真が好き♡ ほかのも好きだけどっ!!(≧▽≦)


(また、どの盤のブックレットにも歌詞語表記の紙が入っていますね。こういうのって差し込むのたいへんだったろうなあ……)


ブックレットの奥付のところ、ビデオクリップスタッフのコレオグラファーのところに大野智くんのお名前が!
また、『心の空』では間奏など智くんが一部振り付けした以外の部分は、やはりHidaliの梨本威温さんが手がけられたようでお名前が並んでいます。


【DVD】


・心の空「ビデオ・クリップ」


オケとはまた違うかもしれませんが、演奏家の方々と共演したPVということで『truth』を少し思い起こしました。


これは嵐さんの衣装が黒と赤を基調としているジャケットとパンツのせいもあるかも。
智くんの衣装は特にジャケットの襟と首からさげた紐の赤が効いていますね。
そのハードめの衣装は金色も入っていることで鎧のようなデザインにも見えて。


和風なセットはコンセプトがしっかりしていていいなあと思いました!
格子柄の床に枯山水が敷かれていたり、船の骨組みのような天井に伸びる赤い梁も。


始めの振りのほうで智くんが唇を噛みしめているところを発見(^^)
日舞の振り付けのところは何度見ても智くんの動きが流れるように美しくしなやかでうっとりとしてしまいます♡


メイキングでも話題の智くんが振りつけた部分はとっても力強いので、その対比などからも日本の持つ文化の豊かさが見えた気がします。


今回の振り付け、日本をテーマとした『心の空』にはよく合っていたんじゃないでしょうか。


さあ、ここから嵐さんのダンスがどんな風に発展していくのかに注目したいですね。
ぜひまた『まだ見ぬ世界へ』やクレムンみたいな振り付けが見たいですし、ご多忙とは思いますが智くんにもまたぜひリード曲をフルで振り付けしていただきたいです。


・心の空「メイキング」


仁王立ちしてじっとカメラを見つめる武者のようなさとっさん^^
終わったとたんに上を見て、天井が気になるのかな?
かと思うといつもオフにしているように自分の手をじっと見つめだしています。


メイキングでの「大野くんソロパート撮影」では智くんのソロダンスには魅せられました!!
あれでもかなり抑えてるとは感じましたが正面からばっちり撮られていたのがいいですね!


PVよりもむしろここだけ何回もリピしてしまいました♪


何を確認しているのか、ニノが指さす冊子の上をご自身でも指さして、顔を近づけて見つけている智くん。
眉間のシワとか、うつむくことでつり上がって見える眉毛や目の真剣さ、そしてほっぺ(*ノωノ)


その横でひとり、首のこりをほぐしている相葉さん。
智くんもトライしてみるものの一瞬でやめてましたね(笑)


にのあいに強制的に首のコリをほぐされるときの智の眉のラインもやばいなあ~。
髪のサイドが刈り上がってるけども!(笑)


ニノからひとり首のコリをほぐされてるとき、器具を押さえてる手の美しさがファンを殺しにかかっとる……!!
(智くんは神経の伝達が人より発達してそうだから痛覚が敏感なのかしらん???)


写真撮影の場面も楽しい~。
並んでのけぞって見せる智くんと相葉ちゃんとニノ。


「合間の雑談」ではカメラの前にSNOAMと智くんを真ん中にし、椅子に座って一列に。


布袋さんとのコラボの場面では、定点での智くんのソロダンスが収められています^^


智くんの『心の空』の振り付け話もたくさん聞けたのが良かったです♪
話しながら智くんは衣装の帯を上げたり、足を開いたり///
そしてちょっとはける方向を戸惑うという^^


ほんとダンスPVのメイキングはいいですよねえ。
踊ってる嵐さんもオフの嵐さんも全部見られました。


【CD】


智くん以外のメンバーのソロでは、翔くんの『Rolling days』が良かったです。
『Japonism』の中ではダークな曲で。


テレビ誌でディスコスター様のライバルと言っていた相葉ちゃんの『Mr.FUNK』も気になる!
ファンキーダンスの『FUNKY』とも雰囲気の似た曲で、こちらのダンスではまたキャラが見られるのかな?^^


あと、ニノのソロの中では『秘密』が断トツに好きな私は『MUSIC』にかわいい振りがつくこと願いたいのですっ。
アラジャポ・トークでニノも踊ると言っていたので!
曲の最後にゲームっぽい音が入っていたところで思わずニッコリ(^^)


松潤のソロは今回も松潤らしいな~と思いました。
それぞれほんとにソロ曲に個性が出ていますね。


ソロ曲以外では『Bolero!』、『マスカレード』が私は好きかなあ。
どちらもノリのいい曲で、歌ってもコンサートで聴いてもテンションが上がりそう!!


(以下、シングルとソロ以外の感想です)


・心の空


ラップ前の間奏のメロディーとギターの音色に疾走感があってその部分がお気に入りです。
曲だけのときよりもダンスと一緒に鑑賞したりライブだとより一層楽しめそう。


・君への想い


冬をイメージしました。
木々が枯れて街から色の消える、ちょうど初雪の降る頃。
でも関東のじゃなくて、北海道の11月という感じがしました。


・miyabi-night


「♪タリラリラ~」が妙に耳に残るというか。
何となくデモのときのがそのまま残ったような、そんな気がした歌詞でした。
智くんがソロになったとたんの「♪生きているよ」が耳へ飛び込んできたときの気持ち良さ^^


・三日月


テレビ誌でメンバーが解説していたように、夜空と星の瞬きを連想する歌詞と曲。


・Bolero!


歌詞にも「ラテン」って出てくる通り、メンバーも全くJaponismとは関係なく、しかもボレロでもなくサンバに近いという曲(笑)
でもテンポが良くてコンサートだと盛り上がりそうですし、曲としても私も好きです。
ブラジルは日本の裏側、対比としておもしろいですね。


・イン・ザ・ルーム


これは自分で歌ってみたら楽しそうな曲かもしれないなあと少し感じました。
サビの嵐さんの言葉を伸ばして音を上げ下げする歌い方(専門用語で何ていったっけこれ……)が心地良かったせいかもしれません。


・マスカレード


『TVぴあ』で上甲薫さんがこの曲について「『仮面舞踏会』へのオマージュを匂わせた」と書いていましたが、私も歌詞やメロディなどそこかしこからそれを感じました。
『仮面舞踏会』を意識しているならダンスも気になりますね。
智くんに振り付けしてもらいたい気もしますが、智くん的にはどうかなあ~。


・伝えたいこと


嵐さんからファンへのメッセージソングとも取れますね。
でもきっと聴いているのが嵐ファンの私だからそう聴こえるのかも。
聴いた人によってメッセージを贈りたい人や思い浮かぶ人が色々と変わってきそう。


・Japonesque


このアルバムにふさわしいラストの1曲に思えます。
『心の空』が広く歌で日本を表現しているとしたら、『Japonesque』はひとりひとりに日本の良さを語りかけている感じ。


・僕らがつないでいく(通常盤)


智くんが力強く歌い上げたソロからの嵐さん全員のユニゾンが感動的でした。
勇気がわいてくるし、嵐さんの曲には励まされることが多いです。


・the Deep End(通常盤)


「♪蒼に染まれ」や「♪無限のPerfect blue」というフレーズから、つい智くんと智担を連想した私です。
メロディもいいし、Japonismの通常盤に収められている曲はどれもお気に入り。


・Make a wish(通常盤)


途中で曲調がガラッと変わり、タイトルもそうですが明るくて前向きになれる曲。
うん、明日からまたがんばろう!^^


・ふるさと(通常盤)


相葉ちゃんも言っていたと思うけれど、ようやくCDに収録されましたね!
何度も紅白で歌われて、一般の人がいい曲だと思ってCDを買おうとしたら売ってない……という事態が起こっていたのではないかと心配だったのでした。


・日本よいとこ摩訶不思議 covered by 嵐(よいとこ盤)


正直、『Japonism』のアルバムの予約が始まって、今の嵐さんがこの曲をカバーすると知ったときは驚きました(笑)


でもこの2015年の嵐さんが歌ってるのを聴いたら不思議とハマって聴こえるからもっと驚きましたよ^^
アラジャポトークで智くんの言っていた通り若く聴こえるというか。


そして何より、智くんの「♪摩~訶不思議! 摩~訶不思議! 摩~訶不思議! oh, yeah」を収録してくれてほんとにほんとにありがとう~!!


テレビやコンサートでのダンスにも期待したいです。


・オリジナル・トーク・トラック 「アラジャポ・トーク」(よいとこ盤)


48分を超えるトークをまずは収録してくれたことに感謝。
また、『日本よいとこ摩訶不思議』のラップ全員分を個別に聴けたのも結果的にラッキーだなと思いました。


相葉ちゃんの「♪ブンブクチャガマ」の甘噛みを「2個目ぐらい?」と場所までピンポイントで指摘する智くんの耳の良さ。


智くんのラップも何だかんだソロで聴けたのは良かったですねえ!!
ご自身はよく「苦手」と仰っているラップですが、なるほどスタッフさんにも褒められたとか^^


トーク中に嵐さんが『君への想い』は「夜空に」、『イン・ザ・ルーム』は「ルージュ」って呼んでいるので、仮歌の段階ではそのタイトルだったのしょうか。


ほか、各自のソロ曲の話題などアルバムの裏話も満載でした♪



Japonism【初回限定盤】(DVD付)



Japonism【よいとこ盤】(2CD)



Japonism【通常盤】(2CD)



●二宮和也くん出演映画『母と暮せば』小説版 12月4日(金)発売


小説 母と暮せば



●二宮和也くん雑誌情報


○11/12(木)
「Cinema★Cinema」No.60(学研マーケティング)
二宮和也×黒木華「母と暮せば」表紙巻頭特集

Cinema★Cinema No.60 2015年 12/26号 [雑誌]



●嵐さん雑誌情報


○10/23(金)
「オリ☆スタ」11/2号(oricon ME)
嵐 表紙巻頭
《ニューアルバム「Japonism」について五人がたっぷり語る。アルバム全曲紹介も掲載! クラシカルな洋館で撮影したナチュラルで仲良しなショットも素敵です》


オリ☆スタ 2015年 11/2号



●嵐さんテレビ情報


 ○10/22(木) 19:00-19:57
 VS嵐(フジテレビ系)


 ○10/22(木) 21:56-22:54
 櫻井有吉アブナイ夜会(TBS系)
 櫻井翔


 ○10/23(金) 20:00-20:54
 ミュージックステーション(テレビ朝日系)