青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『メレンゲの気持ち』「世界一難しい恋」番宣

今回の『週末一句』のお題は「人気番組祭り」で、しむどうやしやがれなど4番組の紹介されました。
句は、「春の味 豪華4品 フルコース」でした。


メレンゲの気持ち(大野智「世界一難しい恋」番宣)


番組冒頭に智くんのお姿はなく、久本雅美さんから「嵐の大野くんがですね、ドラマの撮影現場からこのスタジオに向かっております」との報告が。


番組が始まってからしばらくしたところで、同じく久本さんから「たった今、ドラマの現場からこの方が駆けつけてくれました。どうぞ~!」と紹介され、スタジオに智くんが登場。


智くんは濃いめのグレーのスーツに淡いパープルのクレリックシャツと、ややくすんだ紫色のペーズリー柄のネクタイをご着用。
こちらはZIP!コラボのときと同じ衣装です。


智くんは同じくゲストの夏木マリさんに挨拶してから、その夏木さんと久本さんの間へ。


久本さん「嵐の大野智くんで~す」
(´・∀・`)「よろしくお願いしま~す」


久本さん「どうした、今日、今日スーツ姿」
(´・∀・`)「はい、今日あの~、ドラマぁ、撮ってまして。で、来ました」
智くんから『世界一難しい恋』番宣がありました。


久本さん「役柄はどんな役柄でしょうか」
(´・∀・`)「ホテルの、経営をしてる社長、若社長役をやってます。ええ」
「で、まあ、あの、仕事はできるんですけど、恋が、苦手。1mmの才能もない、やつです」
久本さん「仕事バリバリやってるのに恋愛下手って人いるからねえ~」
(´・∀・`)「はいぃ」


久本さん「何かまた大野くんに何かキャラがかぶるっていうか。イメージあるよね。どうなの? 本人的には」
(´・∀・`)「えっ(笑)、そんなイメージあるんすか? 僕」
いとうあさこさん「何かちょっとピンと来ない感じ」


久本さん「夏木マリさんとの2ショットみると何かもうCMを思い出してしょうがないのよね」
夏木さん「アレグラCM」
いとうあさこさん「お薬、いただいております」
夏木さん「ありがとうございます」


サトシーラとマリーグラの顔が急接近しているシーンの静止画にて。
久本さん「近い近い、ほんとにもう~」
いとうあさこさん「近いな(笑)、これ!! こんな場面ありましたっけ(笑)」


夏木マリさん「すごいの。あの、振り付けとかダンスがあったんですけど、もう一発で覚えて。すごいね~」
久本さん「やっぱそういうのね、才能だよね」


両サイドの年上女性からベタ褒めされて若干照れた感じの大野さん。
久本さん「いいや、大野くん、ほんとほんとほんと」
思わず照れ笑いを^^
久本さん「おばちゃんに囲まれてびっくりしてる? だいじょぶ?」
(´・∀・`)「ええ、だいじょぶです。だいじょぶです」


メレンゲ新MCのJUMP伊野尾くんが改めて紹介されました。


(´・∀・`)「伊野尾くんはだから、去年」
伊野尾くん「そうですね、去年がほとんど、初めてというか」
(´・∀・`)「嵐と、急接近みたいな感じで」
いとうあさこさん「急接近(笑)」


伊野尾くん「一応それまでは、あの、後輩なんですけど、バックについたりもほとんどなくて。一緒にお仕事する機会ってなかったんですよ。去年の、『嵐のワクワク学校』で」
(´・∀・`)「そうですね」
伊野尾くん「初めて一緒にお仕事させていただいて」
(そうだねえ、思えばあのあたりが始まりでしたね)


久本さん「どうですか、この印象的には、伊野尾くん」
(´・∀・`)「(ちょっとしかめっ面して)僕ねえ、髪型がねえ」 
久本さん「あんまり好きじゃないですか?」
(´・∀・`)「ええ。耳が、見えないしぃ」


伊野尾くん「見えたほうがいいんですか? 耳(笑)」
そこでちょっと耳を出してみる伊野尾くん。
(´・∀・`)「いやあ、あんま変わんない」
久本さん「何だ、それー!」


伊野尾くん「耳じゃなくて俺がやなんすよ、それ!」
(´・∀・`)「いやいや。そういわけじゃない」


伊野尾くん「Hey! Say! JUMPにダメ出しとかってあります?」
(´・∀・`)「そうだねえ、人数が多いね!」


久本さん「休みとかったら例えばどうしてんの?」
(´・∀・`)「今は何か、京都とか行きたいっすけどね、何かひとりで」
(わあ、大阪個展を見させてもらったときに智くんゆかりの京都に行ってきたばかりです♡)


久本さん「何で京都?」
(´・∀・`)「あの僕、16~18(歳)まで京都、住んでて」
「ジャニーズが、舞台、劇場でやっていて、それで、あの、約、約2年ぐらい」
サバンナ高橋さん「あった! 京都駅のところで」
サバンナ八木さん「あ~!」


(´・∀・`)「当時は何かあまり京都の魅力ってのは、たぶん10代だからあんまりよくわかってなくって。だから改めて行きたいな~みたいな」


久本さん「そのときはひとり暮らしだったの? それ共ご家族一緒だったの?」
(´・∀・`)「あっ、ほぼひとりで、共演者がひとり。ま、二人暮らしみたいな感じで」


久本さん「未だにあの、お母さんともすごく仲良しなんだってね、大野くん」
(´・∀・`)「そうですね。この世界入ってからずーっと、寝ない日はないっつうか、僕が、い、いつ帰ってきても起きてるみたいな」
久本さん「優しいなあ~。何時間でも、何時でも起きて待っててくれる」
(´・∀・`)「そうですね。実家、暮らしのときは。はい」


久本さん「お母さんの愛情だな。怒られたこととかないの? じゃあ」
(´・∀・`)「1回だけありますね」
久本さん「あった。1回だけ!?」
(´・∀・`)「ちゃんと、すごい怒られたのは1回だけですね」


(´・∀・`)「まだ、子供んときに、夕食の支度ができたんです、テーブルに。で、僕、何でか知んないんですけどぉ、テーブルの上で、こう逆立ちを、しちゃって」
出演者から一斉にエ~! という声が。


いとうあさこさん「何そのハラハラする感じ」
(´・∀・`)「何っかわかんないけどやっちゃってえ、何でかわかんないけどそのまま、倒れたんです」
「で、味噌汁とかバッシャーンってなってえ」


(´・∀・`)「怒られたというか、あの3000円を渡されたんです」
久本さん「ええ、何で3000円?」
(´・∀・`)「これ持って、出て行けと」
エ~ッ! と出演陣。


(´・∀・`)「でも当時3000円ってえ、大金。こんな大金持ってどこも行けない! と思ったんすよ。たぶんどこも行けないだろうと思ってそれをやったみたいです」


久本さん「お母さんの怒り方がまた」
(´・∀・`)「何か(笑) は☆彡」
久本さん「何やってんの、智、ダメじゃないの~! じゃなくて。(お金を差し出すそぶりをし)出てけって」
いとうあさこさん「しかも何かお金ちゃんと渡してね(笑)」
久本さん「すごいなあ~」
いとうあさこさん「すごい!」


久本さん「へ~。ま、不思議な内容でどう答えていいやら(笑)」
(´・∀・`)「難しんすよ」
いとうあさこさん「独特なね、エピソードですけど(笑)」


・大野智 幼少期の貴重な写真


窓から外を眺めている写真が公開されました(^^♪


いとうあさこさん「でもこの顔、今でもしますよねえ(笑) クチャッと笑ってる感じ」
久本さん「な、何だろ。クシャクシャクシャ~ってしたくなる、かわいい」


久本さん「ジャニーズを辞めたいって思ったことがあるって聞きましたけど」
(´・∀・`)「……そうですねえ」


(´・∀・`)「1回目は……」
久本さん「1回目ってことは2回3回ある」
笑いながら頭を下げる智くん。
(このメレンゲの回では智くんが笑うときのこの癖が何度も見られました)


久本さん「まず1回目はいつよ?」
(´・∀・`)「いや、その京都時代ですかねえ」
久本さん「ああ、やっぱり」


(´・∀・`)「ま、京都で踊り、が好きでえ、んで、踊りぃが、自分の中で極まったんでしょうね」
久本さん「ああ、極まったんだ(笑) 俺、これ以上学ぶことないみたいな。もうやり切った」


(´・∀・`)「で、『よし、辞めよう』と思ったんですよね」
久本さん「潔いなあ~」


(´・∀・`)「ほんで社長に電話して『辞める』つってえ」
高橋さん「いや、そこまでいったんや。社長に電話して『辞める』って言ったの?」


(´・∀・`)「で、『You、とりあえず来ちゃいな』みたいな言われ方して」
「わかった、と。ちょっと、また来てくれと(笑) で、『レコーディングを手伝ってくれ』と。レコーディング、を手伝うってどういうこと? と思って。行ったら、デビュー曲の嵐の、『A・RA・SHI』」
エエ~ッと一同。


いとうあさこさん「そんな決まり方で嵐が始まってんの!?」
久本さん「『おまえは今日から嵐のメンバーだ!』って?」
(´・∀・`)「いや、違う。何も言われてないんですよ」


久本さん「どういうこと!?」
(´・∀・`)「『これ、とりあえず歌っちゃって』って言われて」
久本さん「You、歌っちゃいな?」
(´・∀・`)「とりあえず、歌っちゃったんです」
久本さん「歌っちゃったのお?」


(´・∀・`)「ほんで終わったら、『来週ハワイ行くから』って言われて」
「んで、ハワイで記者会見」
夏木マリさん「有名なね?」


高橋さん「そんならそのとき辞めようゆうぐらいの勢いやったんや。すごい話や」
(´・∀・`)「でも相葉ちゃんに関しては、3日前に聞かされて」
「『パスポート持ってる? You』って言われて(笑) 『持ってる』っていうのを3日前に聞かされて」
高橋さん「持ってて良かったなあ~!!」
八木さん「持ってなかったら……!」


久本さん「結成された、嵐になった」
(´・∀・`)「なってえ、ま、続けていって、まあ、10周年前ぐらいっすかねえ、で、個展をやらせてもらったんです」
久本さん「大野くん、すごい才能あるからなあ~! うんうんうん」


(2008年2月の大野智作品展「FREESTYLE」より、グラフィックを描いているときの映像が流れました)


(´・∀・`)「それをやって、『あ、辞めたいな』って思った(笑)」
自分で言って笑い出す智。
伊野尾くん「何で思ったんすか(笑)」


久本さん「You、今度何? 何?」
(´・∀・`)「やりたいことがもう、なくなっちゃってえ。で、何か、この世界じゃない、ものに、興味がわいてきちゃった」
久本さん「例えばどういうの?」
(´・∀・`)「いや、何か、世界放浪だとか」
久本さん「ああ~!」
高橋さん「今のスケジュールやと絶対できないことをやりたい」
(´・∀・`)「そこをどんどん」


久本さん「で、また言ったの? ジャニーさんに」
(´・∀・`)「いや、それは言ってないです」
久本さん「そんときはもう自分の中で」
(´・∀・`)「そのときはもう、抑えて。ま、これはダメだと」
高橋さん「そりゃそうや、そりゃそうや」
(´・∀・`)「こりゃダメだと思って」


久本さん「今はだいじょぶ、今はもう辞めたいと思ってないの?」
(´・∀・`)「あ、今はだいじょぶです。ドラマやってます」
久本さん「ああ、良かったあ~」
ジャケットの襟元を正すポーズをし、観覧席にアピールする智くん(ちょっぴり「斎藤さんだぞ」っぽい感じ)
いとうあさこさん「良かった~。それやりながら思ってたらちょっとねえ、もう」


・嵐のメンバーが最近始めたこととは?


(´・∀・`)「そうですね。あの、グループメールをやってますね」
いとうあさこさん「すっごいなあ、それ!」
(´・∀・`)「五人で」
久本さん「うわ~! その中入りたいわ~!」
(五人の中には恐れ多くて入れないけれど、さし障りないやり取りがあればちょっと披露していただきたい~)


(´・∀・`)「うちの二宮がアカデミー賞を取ったんですけど」
久本さん「素晴らしいねえ~、素晴らしかった」
(´・∀・`)「マネージャーが一斉送信メールを、送ってくれたんです。取り、『二宮が取りましたあ』」


(´・∀・`)「うちの櫻井翔が、入ってきて、すぐ。『おめでとう、ニノ』みたいの。で、僕も送ったんです。ほんで、ニノから何も返事ないんですよ」
久本さん「あら、どうした? 普通はだって『ありがとう』来るだろう?」
高橋さん「そりゃそうですよ」


(´・∀・`)「ほんであの、ある番組(VS嵐)で、五人集まるときになって」
「で、ニノが、『二人から来てない』。翔くんと僕から、来てないと」
「で、翔くん、『え!? お、送ったよー』みたいななって。『や、来てない。あの、ほかの三人は来たけど』っていう」
「で、よく考えたら、マネージャーが……そう」
ああ~と観覧席から声。


(´・∀・`)「ニノ以外! ニノには送っ、以外に、一斉、そう」
八木さん「あ、そうか」
いとうあさこさん「お知らせだからね」


(´・∀・`)「知らず、僕はニノも気づいてると思って(笑)、入ってると思って送ったんです。だからマネージャーが悪いんですよ!」
一同(笑)


久本さん「そうだよ、そりゃそうだ」
いとうあさこさん「まあ、確かに返事来たときに、『ニノいないですよ』って言えば」
(´・∀・`)「逆に僕も、ニノから全く返事こなかった……」
久本さん「お互いがお互いね、ほんとだよ~。おもしろいなあ」


(´・∀・`)「まあ、でもそんくらい、や、やりやってますね、でも」


久本さん「ご飯とか最近食べに行ったりとかしました?」
(´・∀・`)「メンバーとはないですね、最近は」


久本さん「やっぱプライベートはそれぞれ色々好きなことやってて」
(´・∀・`)「やってますね」
久本さん「パッと会ったとき1つになるみたいな」
(´・∀・`)「はい」


JUMPの中で仲がいい子はいるかと久本さんから聞かれた伊野尾くんは……。
伊野尾くん「やあ、あんまいないっすよねえ(笑)」
(´・∀・`)「え、嫌われてんじゃない?」
(伊野尾くんには当たりの強いさとっさんw)


いとうあさこさん「小さい声で!(笑)」
伊野尾くんはプライベートでメンバーと一緒にどこかに行くことはないそうでう。


久本さん「大野くんはこの、嵐の中でリーダーですけども、振り付けも、やってるんだ? すごいねえ!」
(´・∀・`)「たまに、1~2曲やらせてもらってますね、ライブでは」
(アートのほうの映像は流れますが、なぜか本業のダンスのほうの映像は流してもらえないのです……)


久本さん「へえ~、すご~い、どうどう? どうやって作るの? イメージは」
(´・∀・`)「いや、もう何か五人を、五人の(笑)、妄想でしかない。あ、想像! 妄想はしない(と左手を振って打消し)」
「想像して」


久本さん「でも振り付けとかやっててさ、ワ~ッてやったときに誰かが間違えたら、『あ、何、間違えてんだよ』って思っちゃう?」
(´・∀・`)「いや、思わないっすね。メンバーが、そうなっても」
「逆に、あぁの、僕がもう間違えていいやって思っちゃうんですよ」
久本さん「ええ!? 自分でつけといて⁉」
(´・∀・`)「自分でつけたから間違えてもいいやって感じなんす」


久本さん「ええっとね、大野くん、おかしいよ、それ。自分でつけたからこそ責任持って自分がちゃんと踊るってのが、まあ、一般常識だと思うんだよね」
(´・∀・`)「ああ~、いや、僕がつけたから、誰にも言われないだろうなっていう」
久本さん「ああ、う~ん、自分がやったから、うう~ん、そういうことねえ~」


・大野智 ミステリアスな私生活


久本さん「極力しんどいことを避けるっていう風に」
(´・∀・`)「はい。だから楽しくしようって思うんです」
久本さん「た、楽しくしようと思う」
話が飲み込めない久本さんがおもしろいのか、前かがみに笑う智くん。


(´・∀・`)「いや。毎日風呂入るの正直しんどいじゃないすか。あれっ?」
これにはMC陣も観覧席からもエ~という声が(笑)
いとうあさこさん「しんどくない!」
高橋さん「邪魔くさい日もある、邪魔くさい日もある」


(´・∀・`)「毎日何で入んなきゃいけなのかな……?」
久本さん「って思っちゃう」
(´・∀・`)「でも入んないと、頭かゆくなったり何かいやだし」


夏木さん「それさ、60(歳)過ぎたらさ、ほとんど動かなくなるね」
久本さん「そうだね。もう何か日向ぼっこして、ボーッとしてるおじいちゃんいる、縁側で。あれっ、おじいちゃんだいじょぶ? 3時間前と同じ格好だけど」


(´・∀・`)「だからもう、だぁ、歯磨きとかも正直めんどくさくないすか?」
高橋さん「いや、わかるよ」
いとうあさこさん「気持ちいいけどね」


(´・∀・`)「あれ喜んでやる人います? こうやって(と右手で歯磨きするそぶり)」
いとうあさこさん「喜びは違うけど」


(´・∀・`)「だからもうこれが疲れてきちゃうんです」
と歯ブラシで色んな角度から歯を磨くジェスチャー。
久本さん「え、どうすんの、じゃあ? 」
(´・∀・`)「そうすっと、あの、止めるんです! これ」
とエア歯ブラシを持つ右手を止めます。


(((´・∀・`)))「で、こうやってやるんです」
と頭を左右に振って歯磨き~(笑)
(智くん、お風呂でお尻を洗うときにもスポンジを動かすんじゃなくってお尻を動かして洗うことがあるって言ってたよねえ~。同じ原理⁉)


いとうあさこさん「そっちのほうが疲れるって! 絶対そっちのほうがしんどい」
(´・∀・`)「こっち疲れたから」
「何かそうやって楽しむ感じですね」


久本さん「みんな、『ああ~』って言ってるけど、心の中で『ついていけない』って」
いとうあさこさん「たぶん誰もやらない(笑)」
久本さん「大野くん、もう~」
(´・∀・`)「マジか」
って、智くんは言ったかな?
(私は智の言いたいことは何となくわかるんだけどなあ。こう、生活を楽しむというか、ユーモアを持たせるというか。私の周りにはそういう人がいっぱいいる。もしかしたらだけど、それはクリエイターに共通の何かかもしれない。一般的に「変わってる」と言われる人が多いんだよね)


・大野智 プライベート初公開


久本さん「そんなん大丈夫? ジーッとしてる画じゃないの? ジーッしてる画じゃないのか?」


ビデオは白い壁、フローリングの床が見えているだけ一角にて撮影されたもの。
智くんは固定カメラを設置。
左手をカメラの前で振って、ちゃんと映っているかどうか確かめているようです。


いとうあさこさん「暗いな!(笑)」
いとうあさこさんが言ったのは照明のことかな?
室内のライトで撮影されているために色が若干あせて見えます。


智くんは紺色のトレーナーにグレーのパンツ、素足という格好♡
(´・∀・`)「おしっ」
とビデオが回っていることを確かめてから、立ち上がると、後ろに置かれていたトレーニングマシンのところへ。



(´・∀・`)「おしっ」
とトレーニングマシンにまたがり……。
久本さん(ワイプ)「何これ、何これ」
(´・∀・`)ワイプ「最近買ったんですよ、これ」
久本さん(ワイプ)「やってんじゃん!」


智くんが購入したのは「レッグストレッチャー」という「簡単な操作でストレッチができるフィットネスマシン」だそう。
(これまた売り切れそうだなあ~)


大野さん、そのレッグストレッチャーの上で足を伸ばすとカメラを一瞬見つめ、静かに目を伏せ大きく息を吸い込み……ハンドルをグルグル回し始めました!!
いとうあさこさん(ワイプ)「何これ!?(笑)」


レッグストレッチャーによってだんだんさとっさんの足が開いていっています。
カメラを見つめ、痛そうな顔をする智。
(´・∀・`)「ク~ッ」
久本さん(ワイプ)「おもしろ過ぎる。おもしろ映像だよ、これえ~」
(うん、智が撮影したらシュールになるんだったね、そうだったね。笑)
いとうあさこさん(ワイプ)「全然しゃべんね~し(笑) ず~っと(ハンドル回してる) 何か、蕎麦職人とか」


スタジオの出演者が話している間も、ビデオの智はハンドルを回し続けています。
(´・∀・`)「ああ、いててててて………」
と、ときどき手を止め、痛さを我慢~。


ビデオは3倍速に。
久本さん(ワイプ)「3倍速にしちゃったよ、もう~」
いとうあさこさん(ワイプ)「え、まだ開くのぉ~!?」
智くんは太ももをトントン。


いとうあさこさん(ワイプ)「もう、やめていんだよ、もう‼(笑)」
「無理しちゃダメなんだから、こういうのは(笑)」
智くんは大きく開脚したままで痛みに耐えております!
(´>д<`)「す~っ、く~っ」


高橋さん(ワイプ)「開ききってるやん」
(´・∀・`)ワイプ「結構開いてますよ、これ」


(´・∀・`)「ああ~……」
と、ずっと足を開脚し、さらに痛みをこらえています。
いとうあさこさん(ワイプ)「何なの、もう~」


(´>д<`)「フ~ッ!」
と3倍速の中、息を大きくつく場面も。


(´・∀・`)ワイプ「これキープですね。キープ中です」


両手を水平に広げ、
(´-∀-`)「ふう~」
と一息。
いとうあさこさん(ワイプ)「完成」


これを合図にハンドルを回して緩め始めます。
(´・∀・`)ワイプ「逆回しですね。これが痛いんですよ」


智くん、ものすごい速さでハンドルを回してレッグストレッチャーを閉じ、開脚終了~。
まだ痛そうにゆっくりと立ち上がります。
いとうあさこさん(ワイプ)「何、このV(笑)」


いとうあさこさん(ワイプ)「しゃべるかな? 最後はしゃべるかなあ?」
智は再び固定カメラのほうへと歩いてきて……。
久本さん「まさかこれで終わり?」


ビデオスイッチオフ。
撮影終了~(笑)


カメラは再びスタジオへ。


久本さん「終わりかよ、もう~」
いとうあさこさん「何かしゃべりましょうよ、せめて」
久本さん「大野さん、なかなかでもゆっとくけど、おもしろ映像だったよ、あれは」


(´・∀・`)「あとあんまり、『今から、やります』とかあ、普段言わないじゃないすか」
久本さん「普段言わないけどさ、一応カメラ撮ってんだから、『いや、今から、じゃ、僕は体が硬いのでえ、ちょっともう股関節柔らかくします』って一言言えばいいのに」
(´・∀・`)「ああ、言えば良かった?」


久本さん「バッ(とビデオのボタンを押す)、ガサガサガサガサガサ、ガサガサガサガサガサ(と無言でハンドルを回す) いたた、いた、いたたたたた(と太ももを叩く)」


久本さん「あれ、毎日やってるの?」
(´・∀・`)「やってますよ」
「痛いですよ、あれ」
久本さん「あれ何のためにやってんの?」
(´・∀・`)「いや、何かねえ、体硬くて」
久本さん「ああ~、いやあ、完全、よく開いてたけども。体硬い?」


(´・∀・`)「何もない状態だと限界があって。で、携帯で調べてたらあ、あ、これだったら、勝手に広げてくれるわ、と思って。ほんで、思わず買っちゃったんです」


久本さん「ほんで聞いたら、今の私服も、お母さんが買ってきてくれるんだって?」
スタジオからエエ~! という声。


いとうあさこさん「今も?」
(´・∀・`)「今も買うんですよ」
久本さん「正直あの、まあ、大人になったときのお母さんの買ってくる服ってセンスもやだし、『いや、俺は自分で、着たい物着るんだ』ってなるけど、ならないの?」
(´・∀・`)「センスがいいんでしょうね!」
久本さん「あ、いいんだ~、お母さ~ん」
(´・∀・`)「ふふふふふふ☆彡」


(´・∀・`)「つうか、あと~、僕、あまりファッションにこだわりがない、から」
久本さん「普段どんな服着てたっけ?」
(´・∀・`)「いやあ、結構やばいっすよ」


久本さん「何か今、ファッション的に欲しい物があるって」
(´・∀・`)「そうなんですよ。ファッションがね、ほんとに、今年はがんばるぞがんばるぞ言ってもやっぱがんばれなくてえ、アクセサリーも、しなくなったしぃ。何か指輪とか、したいなって。キャップとかあ、おしゃ、おしゃれなキャップ」
「おしゃれになりたいなと」


いとうあさこさん「今日はですね、そんな大野くんのために、今回夏木さんがおすすめのアイテムをセレクトしてくださいました。お願いします」
夏木さん「私の好みでいいかどうかわかんないけどお」


夏木さんがまず選んだのは熊の爪のようなナックル状のリングなど。 
ロックに行きたいなら重ねづけもありとおすすめを。
(´・∀・`)「ああ~、重ねづけ」


凸凹としたゴツめのリングを2つ、左手の人差し指に重ねづけする智くん。
智くんの指が細いこともあってか、リングがブカブカしています。
(´・∀・`)「ところで似合います? 僕これ」
久本さん「何かちょっとゴーヤにしか見えない」
(´・∀・`)「デザイン(笑)」


次に先ほどの熊爪リングを左手に。
(´・∀・`)「これ、これは、何すか!?」
久本さん「大野くん、何か危険な人物に見えるんでやめよう」
(´・∀・`)「ちょっと不自由になります」


久本さん「シンプルならこれかっこいいわ」
とシルバーの太めの幅のリングを指に。


久本さん「帽子どうですか? 帽子」
(´・∀・`)「そういうの僕、あんまり似合わないんですよねえ、そのぉ……」
久本さん「そうだね、あんまかぶったの見たことないねえ」
(テレビでは)


最初に『スター・ウォーズ』に登場するストーム・トルーパー的なデザインのキャップをかぶってみます。
久本さん「でもさ、怪物くんのときかぶってた」
(´・∀・`)「ああ、あれ、かぶってました」


(´・∀・`)「はっはは☆彡(失笑)」
前髪を上げてかぶってみます。
かぶるとカメラをじーっ(笑)
久本さん「かわいいけど何だろうな~」


次にかぶったのはC-3POっぽいデザインの帽子。
やはりかぶったあとはカメラをジーッw
久本さん「何か、オタク感が増すねえ」
(´・∀・`)「オタク感が(笑)」


続いて「カーブキャップ」と呼ばれる黒い帽子にチャレンジ。
(´・∀・`)「これ似合うかなあ」
同じく真顔でカメラ目線に(あ、かっこいい~♡)


久本さん「ええ、でも何か、若手の審判みたいになってない?」
いとうあさこさん「スーツがね」
d(´・∀・`)
智は無言でアウトのサイン(笑)


続いて手に取ったのは、チェーン模様の絵柄のついたラッパー風帽子。


(´・∀・`)「(似合うと)ほんとに思ってますか?」
と夏木さんを見る智。
帽子を何度もかぶったので、すっかり癖がつき前髪が上がったままです。
夏木さん「思ってる!」


ラッパー風帽子もかぶってみたものの、
久本さん「ファッションさえ変えればね、スーツじゃなければ」
(´・∀・`)「伊野尾くん似合うでしょ、こういうの」
と今度は伊野尾くんがかぶってみます。


久本さん「あ、似合うなあ~!」
いとうあさこさん「あ、意外に」
高橋さん「めちゃくちゃ似合うわ」
久本さん「ごめん! 大野くんより全然似合う!」


(´・∀・`)「似合う」
久本さん「やっぱ若い子だな」
(´・∀・`)「わ、若い、若い子⁉」


・大野智がハマる ミニセグウェイ


久本さん「最近何か家で、ハマってるおもちゃがある」
(´・∀・`)「はい、これです」
と智くんが示した先にはミニセグウェイ(V-BOARD#3)が。


久本さん「すごい~」
いとうあさこさん「家でハマる? これ」
久本さん「あれのこう、股開きながら、そのあとこれだろ? 大野氏」


智くんはお手本にそのミニセグウェイに乗って見せます。
わあ~、姿勢とっても綺麗です♪
以前に乗ったときよりも格段に上手になってる~。


智くんが手を後ろに組むと、「校長先生!」と呼び始めるいとうあさこさんw
智くんはスラロームしたりクルクルと回ったり、自由自在にミニセグウェイを操っています♡


久本さん「さすが~。もう何か、めんどくさがり屋にぴったりだよね」
高橋さん「家の中これで移動してんの?」
(´・∀・`)「そうそう。これだから、幅が狭いとことか、おもしろいんですよ」


(´・∀・`)「これあの嵐の番組で、1回マッチさんがゲストで来てくださったとき、マッチさんも、これを、してて。そんとき始めて乗ったんですけど」
「そんときは怖くて乗れなかった」
久本さん「やっぱりダメだった~」
(´・∀・`)「慣れです、これ、絶対」


ミニセグウェイに伊野尾くんも挑戦することに。
JUMPでは一番運動神経のない伊野尾くんだそうですが……?
(´・∀・`)「いや、どっちでも、大丈夫。でも……危ない、から……」
と智くんが両手で伊野尾くんをサポート。
いとうあさこさん「貴重なシーンだよ、これえ(笑)」


(´・∀・`)「あ、だいじょぶだ!」
と智くんが手を放しても、伊野尾くんは前に進んだり回転したりできました。
(´・∀・`)「あ、上手いね、ほんと」
伊野尾くん「これ、楽しい。あ、でも止まれ、止まれないっすね、これ」
「あ、やばい、こっち行っちゃう。危ない危ない危ない」


伊野尾くん「降りるときどうやって降りるんですか?」
(´・∀・`)「降りるのがね、危ないからね」
と、また智くんが両腕を支えてサポート。


(´・∀・`)「片足ずつ!」(←何かかっこいい~^^ 伊野尾くんいいなあ~)



●嵐さんテレビ情報


 ○4/9(土) 18:30-
 「オールスター感謝祭'16」(TBS系)
 松本潤


 ○4/9(土) 19:00-19:56
 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)
 相葉雅紀