青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くん『スタジオパークからこんにちは』「グッと!スポーツ」番宣

相葉ちゃんのスタパでは、懐かしい嵐さんの映像が流れたりもして見所ありました。
ざっくりとしたレポですが、テキストとして残しておきますね。


「相葉流 稲庭うどん 冷麺風」のレシピが載っています↓
ゲストプロフィール 相葉雅紀 |NHK スタジオパークからこんにちは
 

 

スタジオパークからこんにちは(相葉雅紀「グッと!スポーツ」番宣)


相葉ちゃんはグレーのカーディガンに、(克服した?)黒のハイネックで登場です。
髪型はちょっとフワッとさせています。


司会は真下貴さんと清水ミチコさん。


「相葉雅紀さんへの質問・メッセージ」募集のテロップが出ると、そこを自ら両手で指さす相葉ちゃん。
清水ミチコさん「いい人ですねえ~」
(‘◇‘)「いやいやいやいや(笑)」


席につき、まずは挨拶。
ガラス張りの公開スタジオの周りには団扇を持ったファンの人たちが大勢押しかけていました。


(‘◇‘)「やあ、嬉しい。あの、こうやって公開で、こう番組撮るのってあんまりないので、ちょっと緊張してますし、生放送ですし」


(‘◇‘)「でもやっぱり何より、ね、この、お時間作って見にきてくださった皆さんにこう楽しんでいただければと! 思っておりますんで」


(‘◇‘)「今日はもう全部! 全部出します。何にも隠さず!」


話題は年齢の話へ。


(‘◇‘)「33(歳)です。嵐ん中だとちょうど真ん中~になるんですけどお、上二人いて、下にもう二人いてっていう」


(‘◇‘)「でもまあ、事務所に入ったのは、僕が一番、後輩なので」
「先輩、ですね、みんな」


・相葉雅紀の悩み「朝寝坊しない方法を教えてください!!」


(‘◇‘)「やあ~、あの~、わかっていてもやっちゃう、二度寝」
「二度寝のほうが深く入っちゃうことがあってえ。それをしないように……」


(‘◇‘)「今日危なかったです! ぎりぎり、ぎりぎり危なかったです」
ギャラリーからエ~という声が。


(‘◇‘)「大人なんで、もう」
清水ミチコさん「頼むよ、ほんと」
(‘◇‘)「フフフッ」
「大人なんで、一番やっちゃいけないじゃないですか、社会人として」


目覚ましを布団から出なきゃいけないところに置いておくといいと言われて。
(‘◇‘)「あの、2個、2個はやってるんですけど、何かもう、電池が飛び出て、落ちてるときがあるんですよ」
「投げてんのか(笑)、あ、何で止まってんのみたいなときもあったり」


目覚ましを嫌いな音にするという清水ミチコさん。
(‘◇‘)「もも、ビーッとか、バーッとか、ベルの音とかは、ああいうのは、びっくりするかもしれないですねえ。う~ん」


スタジオにはメールの応募が山積みに。
清水ミチコさん「うわ、すごい! 始まって以来じゃないすか、これ」
(‘◇‘)「嬉しい~、そんなに」
真下さん「まあ、よく印刷したなあというのもあるんですけど(笑)」


(‘◇‘)「やあ~、嬉しい。もうできる限り行きましょう。はい」


投稿されたイラストも紹介されていました。
(‘◇‘)「上手い! みんな味あって」


その中には『グっと!スポーツ』の予告で吉田沙保里選手に相葉ちゃんが持ち上げられている場面を描かれたものが。


(‘◇‘)「すごい、見てくれたんだあ」
真下さん「これね、持ち上げられたときの気持ちどうでしたか? って書いてあります」
(‘◇‘)「ああ、怖いです。怖いですよね、それは(笑)」

テーマ「グッと!スポーツ」


(BGM:Do my best)



(‘◇‘)「これ、『Do my best』っていう曲なんですけど、、これが、あの、主題歌的な、感じで流れてるんですけど」
(マナブくんもだけれど相葉ちゃんの冠番組はどれも嵐の曲の選曲いいよねえ~)


(‘◇‘)「アスリートの方、に、来ていただいて、じっくりこう話を聞いていく、番組でして。あんまりこう競技に寄り過ぎてないので、その初心者、スポーツ初心者、の方でも、もうスポーツ嫌いでも、もしかしたら。いっちゃいましょう、そこまでいっちゃいましょう」


(‘◇‘)「ぐらい、その、選手の、奥にグッと入っていくというか」
清水ミチコさん「人間性というかね?」
(‘◇‘)「はい、はい、そういう番組なんですけどね」


真下さん「結構、その、素顔をね、見られるというのが、ま、魅力の1つということなんですけれどもねえ」
(‘◇‘)「そうですねえ」
清水ミチコさん「相葉さんならねえ、何か適役な感じがしますよね、ほんと」
(‘◇‘)「あ、ほんとですか(笑)」


(‘◇‘)「ほんとに初めてなんですよ、そういうトークの」
清水ミチコさん「話すことはあっても聞くほうは」
(‘◇‘)「初めてですねえ、MCっていう立場は」


(‘◇‘)「ま、ロケとかに行ってえ、そういう風に色々、っていうのはあるんですけど、スタジオでずっとっていうのは、初めてなので」


真下さん「もう、単にインタビューするだけではなく、体当たりで! いどんでいらっしゃる」
(‘◇‘)「そうです」
真下さん「番組上では『グッと!マスター』」
(‘◇‘)「マスター、一応、形式マスターなんですけども。こないだの放送でマスターって呼ばれたの1回ぐらいしかなかったです。ふふ(笑)」
清水ミチコさん「定着してないんですね」
(‘◇‘)「まだ、これからです」


(『グッと!スポーツ』の前回の放送内容が紹介されました)


(‘◇‘)「何かあの、そのアスリートの、ユニフォームじゃない姿っていうのもすごく新鮮で」
「で、なおかつそのすごい技も見せてくれるっていう、何か両方楽しめる番組だと思います。はい」


実際に司会をやってみて。
(‘◇‘)「あの、司会って感覚でのぞんでないというか、ほんとに、その場その場でVTRを見せてもらって、気になることを質問していけばいいんだっていう考え方にしてて。そしたら、ちょっと楽になりました」
「うん。そう、気負わず」


(‘◇‘)「番組~、も、そんなにキツキツの番組じゃないので、緩~い感じで、やらしてもらってます」


司会をやることをメンバーに話したりしたんですか? と聞かれて。
(‘◇‘)「メンバーはね、知ってますよ。でも、どうなんだろう? 見たのかなあ」


急にカメラ目線になり……。
(‘◇‘)「見ましたか?(真顔)」
「どうでしょう(笑) どうなんだろうなあ~?」
清水ミチコさん「私的に扱わないでください(笑)」


(‘◇‘)「でも、まあ、こういう番組やるっていうことは、お話して、がんばってねって話はいただいたんですけど」
「先週、放送されたばっかなので、まだ、その反応はないですね。はい」


グループの中でも櫻井さんはキャスターをされていますが。
(‘◇‘)「ああ、いやあ、すごいっすよ。尊敬してますよ、いつも」
清水ミチコさん「仲良さそうなグループですもんねえ、また」
(‘◇‘)「ああ、ほんとですか? 嬉しい。はい」


もともとスポーツは得意だった? と聞かれて。
(‘◇‘)「好きでしたね。野球をずっとやってて、あとバスケットやったり。草野球も、最近はやれてないんですけど、やったりしてます」


清水ミチコさん「え~、モテたんでしょうね?」
(‘◇‘)「いや、全然全然全然(笑)」
清水ミチコさん「全然ですか?」
(‘◇‘)「全然ですよ」
真下さん「モテないわけがない」
(‘◇‘)「いや、全然です」
真下さん「そりゃそうでしょ」
清水ミチコさん「ああ、そう。どっち信じたらいいんだろう」


スポーツ好きでこういう番組の司会になったことは「よしっ」という感じ?
(‘◇‘)「う~ん、あの……すぐ『よし』とはいかなかったですね。どういった番組で。だってできんのかって不安もあったので」
清水ミチコさん「そうなの! 腰低いねえ~」


清水ミチコさん「何か、人の悪口も言わないし、人に悪口も言われないしって聞いたことあります、相葉さんてね?」(←大野さんがゲスト出演した『しゃべくり007』を見てたみたいですね^^)


(‘◇‘)「あんま、あんま、悪口言いますか? 言わないっすよね?」
清水ミチコさん「言うときあるよ!!」
(‘◇‘)「あ、ほんとですか?(笑) あ、あるんだ(笑)」
真下さん「それ、テレビで言っちゃいます?(笑)」


(『グッと!スポーツ』4/1収録風景が流れました。ボルダリングに挑戦する相葉ちゃん。足を上げるときに目的のポジションの手前にあるでっぱりに「あ、いたっ!」とつま先をぶつけてしまいます~)


清水ミチコさん「ちょっとおもしろすぎる(笑)」
(‘◇‘)「そんな出っ張ってると思わないからあ」
「あ、(VTR)そこで終わりなんだ」


(さらに、ボルダリングの野口選手にならって3本指での懸垂に挑戦しようとしているところでVTRは終了。こちらを含めて続きは『グッと!スポーツ』本編にて放送とのこと^^)


(‘◇‘)「みんな、見てね、これ、見てね。放送見てください、ほんとに」


(‘◇‘)「どうなったかはちょっと見て欲しいんですけど、あのあとね、ここの(手の)腱がすげえ痛かった」
「いや、普段使わないじゃないですか。懸垂はやるんですよ。やるんだけどこう(順手で)握るんで、僕いつも。3本で……。野口さん2本でやってましたからね」

テーマ「プロフィール」


相葉ちゃんの幼少の頃の写真とプロフィールが紹介されました。


どんなお子さんだったんですか? との質問に。
(‘◇‘)「そうですね、何か、親から言わせるとよく、泣き虫だったみたいなことは言われますけどねえ」


赤ちゃんの頃の弟さんを抱っこしているチビ相葉ちゃんの写真が^^
清水ミチコさん「あら、かわいい~」
真下さん「でも何か、表情が」
(‘◇‘)「できてますね。ウヒャヒャ」
清水ミチコさん「優しい感じ(笑)」


(‘◇‘)「弟とはでもよくケンカしましたねえ~」
「今はしないすけどお、もうその当時は」
「4つ違うんですけどお、体格も僕と同じくらいで。中学生くらいからもう勝てなくなったんでケンカやめたんです。ウフフッ。弟が中学生なったぐらいで」


(‘◇‘)「小学生時代の夢は、社長になりたいって夢があったんですよ」
清水ミチコさん「漠然としすぎてる」
(‘◇‘)「漠然と(笑)」


相葉ちゃんが小学生の頃、海で撮影した写真が紹介されました。 


(‘◇‘)「何かやっぱヒゲの生えた、かっこいい社長、の、イメージ」
「パター磨いて、みたいな(笑)」
「何かそんな、何か、ドラマの見すぎだったんでしょうね」
清水ミチコさん「あんまそんな社長はいないんだけどね」
(零治さんが社長室でパター磨いたりしたりして? 笑)


(‘◇‘)「僕、野球やってて、プロ野球選手にもなりたかったし、バスケやってるときは、もう、マイケル・ジョーダンの、世代で、もうずっと、夢見てました。NBA。う~ん」


中学生の頃の相葉ちゃんの写真が。


清水ミチコさん「かわいい」
「で、だけど、家業継ぐのかなあ~って思ってたんですってね?」
(‘◇‘)「そうです、僕は、そうですね。家が中華料理屋だったので、このまんまいったら、ま、長男だし、僕、料理やろうかなって思ってたんです、漠然と」


(‘◇‘)「でも中学二年生のときに、ジャニーズJr.になり、なったっていうか、研修生として入らせていただいて」


清水ミチコさん(ナレーション)「それは1996年のこと。14歳になった相葉さんは、SMAPと一緒にバスケットをやりたいという気持ちから、ジャニーズ事務所に応募しました」
(‘◇‘)「バスケやってて、あの番組で3on3をSMAPのお兄さんたちがやってて、うわ、僕も、そのSMAPさんたちとバスケがしたいと思って、バスケット始めたんですよね」


真下さん「アイドルになりたいからっていうんじゃなくて、一緒にバスケットがやりたいから事務所……」
(‘◇‘)「そうですよ、何か、ハチャメチャなやつですよね(笑)」
真下さん「おもしろいですよねえ~」
清水ミチコさん「動機が明るすぎますよねえ」
(‘◇‘)「動機が明るすぎる(笑)」


(クイズ)オーディションのとき持っていったものは?
 青:スケートボード
 赤:御守り
 緑:バスケットボール


(‘◇‘)「やっぱSMAPさんは、スケートボードもやってましたし。ちょっと、一番流行ってた、僕、中学生ぐらいのときすごい流行ってました」


(‘◇‘)「(御守り)僕、おばあちゃん子なんで、そういう何か、受かって~みたいな、お願い! みたいな」
清水ミチコさん「似合うかもしんない」


(‘◇‘)「バスケットボールね」
清水ミチコさん「一緒にやりたいってことでね」
(‘◇‘)「そうですね」


もちろん答えを知っているギャラリーからは笑い声も?
清水ミチコさん「謎の爆笑やめて!」
(‘◇‘)「僕のたぶん、表情で、すぐ、出ちゃってるのかな?」
真下さん「もうね、外の方がさっきからずーっと笑ってるんです」
清水ミチコさん「そうか、答えわかってるからだ(笑)」
「視聴者が主役なの!」


ここで視聴者メッセージが読み上げられました。


『グッと!スポーツ』を見た感想を聞くと……。
(‘◇‘)「わあ、嬉しいですねえ。ほんとにその、来ていただくと、色々知るから、よりファンになるというか、石川佳純選手の」


(‘◇‘)「いい子ですよねえ、ほんとがんばって欲しいなと思ってます」


シインガポールの高校に通っている女の子からの投稿も。
(‘◇‘)「そうですよねえ、日本だけじゃないですもんねえ、それはすごいわあ」


クイズの集計が出ました。
青「スケートボード」771票、赤「御守り」775票、緑「バスケットボール」5707票。


(‘◇‘)「プッ! あれ?(鼻をさわる) やっぱ出てたかなあ、顔。圧倒的ですねえ」


(‘◇‘)「正解は、バスケットボールです」
「顔出てたわあ。すごい! でも」


(‘◇‘)「わかってる人いる(笑)」(←ファンなら絶対知ってることだからねえ~)
清水ミチコさん「私も何か、わかってるときとき、顔が、硬くなられたかな? って感じがしたんですよね(笑) 」
(‘◇‘)「そこをついてきたんですね」


(‘◇‘)「バスケットボール持ってっちゃったんですよねえ。ほんとにだから、会えると思ったんでしょうね、少年は」
真下さん「もう一緒に、バスケットできるんじゃないか」
(‘◇‘)「いると思って。そりゃいないですよね。当たり前ですよね」


(‘◇‘)「でも行ったらあ、その、まあ、リハーサル室だったんですけどお、そこで、椅子を並べて、くれてる人がいて。あ、じゃ、座って~って言われて。座ったら、その並べてた、おじさんが、『どうも、ジャニーです』つって」
真下さん「ええ~」
(‘◇‘)「えっ、そうなの!? みたいな、何か。そういうことって社長するんだ、みたいな」
真下さん「パター磨いてると思ったのに」
(‘◇‘)「パター磨いてると思ったのにねえ(笑)」
清水ミチコさん「だからいないんだって(笑)」


(‘◇‘)「何かそういったことをやられる社長さんってかっこいいなって思いましたけどね、何か」


(‘◇‘)「ま、ボールは、あの、周りの空気を見て、隠しときました。はい」


(‘◇‘)「オーディションではですね、やったことないダンス、を、ダンス、あの、先輩Jr.みたいな方々の、後ろでちょっと踊ってみてって言われたり」


(‘◇‘)「そうですそうです。いきなり見てやってみてって言われて」
清水ミチコさん「まあ、でも運動神経良さそうだから」
(‘◇‘)「いや~、でも、難しいです。やったことないことだったんで」
「体育にもなかった、時代なので。はい」


ハワイでの嵐五人、デビュー当時の写真が公開されました。
(若智くんも♡)


清水ミチコさん「これは嬉しかったんじゃないですか?」
(‘◇‘)「奇跡的に、デビューできましたねえ」


(‘◇‘)「何か僕ぅが一番最後だったんですよ。あの、グループに呼ばれたのが」


(‘◇‘)「で、それが、このデビューの当日の三日ぐらい前でえ」
「社長に、Youはパスポート持ってんのかって言われて」
清水ミチコさん「やっぱYouなんですね(笑)」
(‘◇‘)「そうです。え、俺は持ってるよ、パスポート。ああ、じゃ、三日後にハワイ行こうよ」
真下さん「ええ!」
清水ミチコさん「いきなりですね、いつも」


(‘◇‘)「で、行って。じゃあ、Youたちは嵐だから」
真下さん「それまで、行くまで知らなかった」
(‘◇‘)「ほっとんど、何にも知らないです」
清水ミチコさん「(写真を指さして)やっぱりちょっと心配そうな顔ですね(笑)」
(‘◇‘)「ですよね!?」


(‘◇‘)「僕一番わからないです、何にもわかってないの(笑)」
真下さん「真ん中なんだけど」


(‘◇‘)「でも、よくよく考えたらその、『You、パスポート持ってんの?』ってのが、何人目に、何人か、ゆって断られて俺来たのか、わかんないんだけど。聞いたこともないし、聞きたくもないんだけど」
清水ミチコさん「聞きなさいよ(笑)」
真下さん「良かったですねえ、パスポート持ってて」
(‘◇‘)「ねえ!? 奇跡的。奇跡です、これは」
(相葉ちゃんはつくづく持ってる人だよねえ~^^)


(‘◇‘)「記者会見で、その前日に、ジャニーさんと、ホテルの、一室で練習するわけですよ」

 
(‘◇‘)「で、ジャニーさんが記者やってくれて。何々、何々新聞のジャニーですけど、みたいなことを、言いながら、どうして嵐の名前なんですか? 由来は何ですか? みたいなやってくれて。『遅いよ、You、もっと早く答えなきゃ』とか、そういうのを前日に、やり取りして」
清水ミチコさん「さすがプロの世界ですねえ」
(‘◇‘)「練習、しましたねえ」


(‘◇‘)「で、で、その練習したのが、僕が、その嵐は『A』から始まるし、日本語でも『あ』だし、その一番に呼ばれるじゃないですか。だから何でも一番になりたいから、っていうのを、ずっと、言いました。『世界中に嵐を巻き起こしたいと思います』っていうところまでがワンセットで」


(‘◇‘)「だから何聞かれてもそれしか出ない(笑)」
清水ミチコさん「かわいいなあ~」


(1999年のデビュー当時、『ミュージックジャンプ』に出演した嵐さんの映像が流れました。『A・RA・SHI』の衣装はスケスケ、白T着用バージョンです。若智の色気が……///)


(‘◇‘)「ああ、流しちゃいましたねえ、これねえ。あらららら」
清水ミチコさん「若干謎の衣装でしたけど」
(‘◇‘)「ウヒャヒャヒャッ!」
清水ミチコさん「暑いのか寒いのか(笑)」
(‘◇‘)「あれ曇るんすよ、汗でやっぱり」


(2014年の『天才!志村どうぶつ園』の静止画が紹介されました。相葉ちゃんが水の出るホースを片手にライオンにブラッシングしています)


真下さん「やっぱり、私たちの印象に深いのはこの番組」
「これでもライオンでしょ?」
(‘◇‘)「そう、これ最近なんですよ~。'14年」
「これ、よく、事務所NG出さないですよねえ!?」
清水ミチコさん「ほんとですよね、だって、万が一ってことあるもん~」


アイドルとして第一線で活躍しているのだから、ここまでしなくていいのでは? という質問には。
(‘◇‘)「ん~、でも一番最初に、この、志村さんが、そういう、ロケってのはこういうもので、とか、教えていただいたんですよ。で、やっぱり志村さんの番組では、『これやって』というか、こういう仕事が来たら絶対断んないですね、僕は」
清水ミチコさん「大人になりました」
(‘◇‘)「大人になりました(笑) はい」

相葉雅紀のお悩み「朝寝坊しない方法を教えてください!!」1


視聴者からの投稿が紹介されました。


カーテンを少し開けておくとのアイディアには、
(‘◇‘)「あ、それ、すぐできますね、明日からやります」
「ちょっとですね。全開じゃないですね?(笑)」


美味しい朝ごはんを用意してから寝る、との投稿も。
真下さん「食べないと、ちょっといたんじゃうような食べ物がいいかもしれない」
清水ミチコさん「その考え方がいや!(笑)」
(‘◇‘)「怖いな、刺身とかってことでしょ?(笑)」
清水ミチコさん「命かけないでもいいでしょ? 起きるでしょ?(笑)」


目覚まし時計を洗面器に置いておくと音が反響する、起きたときに手足を動かすと血流が良くなってすっきりするとの提案も。
(‘◇‘)「洗面器に置いて、こう(手足を小刻みに振りながら)やりながらいく(笑)」
「早く、早くいかないと隣から苦情きそう。ウフフフッ」

相葉くんの喜怒哀楽


真下さん「いつもニコニコ元気いっぱいの相葉くん。怒ることとかあるのかなあ~、ということで、あえて、この喜怒哀楽それぞれのテーマでうかがっていく、ということなんですね」

相葉くんの「喜」


(‘◇‘)「第60回の、NHKの紅白の歌合戦に、初めて、出たとき。初出場。あれは嬉しかったですねえ。全然、出れると思ってなかったんで。急にお声がけしていただいて」
(あの頃の紅白のジャニーズ枠はほぼ固定されていて、ずっと変動なしの印象が視聴者としてもありました。ファンとしても嬉しかったです^^)


(‘◇‘)「いや~、あれは嬉しかったなあ~」
清水ミチコさん「遅くなりましたがおめでとうございます」
(‘◇‘)「いやいやいや、ありがとうございますー」


(嵐さんが初出場したときの2009年の紅白『Love so sweet』の映像が流れました。もうあれから7年ですか……)


(‘◇‘)「取り巻いてるスタッフも、もう何かちょっと涙出ちゃうみたいな。『よくやった~』みたいな。それですごいよく覚えてるんですよね」


(‘◇‘)「その次の年から5年間、司会をやらしていただいたんですけど。それもそれですごい、嬉しかったですけどね」


グループでの司会は紅白初!
(‘◇‘)「す~ごいっすね、嵐。ねえ!?(笑)」
清水ミチコさん「我ながら思うでしょ、でもねえ」
(‘◇‘)「すごいっす、改めて。色んな人に支えられてんなと思いますよ、ほんとに」

相葉くんの「怒」


NHKのドラマで怒りの演技をしているのとのことで。
(‘◇‘)「え、知らないでしょ。知ってます?」
「ジャニーズJr.時代ですよ」
真下さん「1980年」
(‘◇‘)「やめませんか? それは」


真下さん「NHKのドラマ、初出演」
(‘◇‘)「その流れ、流す、流れでしょ?」
真下さん「父親に反発して暴走族に入ってしまう少年役! 何で笑ってるんだろう、みんな」
(‘◇‘)「イメージがないんですよ」


(1998年、NHKドラマ愛の歌『少年たち』の映像が流れました。このドラマ、私もだいぶ前にDVDをレンタルして見たことがあります)



VTRが終わると唇を噛みしめる相葉ちゃん。
(‘◇‘)「いや、もうすごい、ほんとに、長い台詞言ってましたねえ~」


(‘◇‘)「でも何かほんとに、萩原流行さんとかあ、上川(隆也)さんとか、もうほんとにみんなよくしてくださって」


(‘◇‘)「いやあ~、よく持ってますねえ、こういうのねえ~」


(‘◇‘)「いやあ、もう何にもわかってなくて。はい。何にもわかってなくてやってましたね、きっと」


(‘◇‘)「そのときはもう一生懸命、このドラマ山Pとか、も、出てたのかな? 一緒に」


(‘◇‘)「長尺すぎましたね(笑) たっぷり(笑) 汗かいた」


(クイズ)このときだけは怒る! どんなとき?
 青:眠いとき
 赤:空腹のとき
 緑:待たされたとき


(‘◇‘)「ある、あるんすよ。人が変わっちゃうというか」


(‘◇‘)「(待たされたとき)これ、何の、何の待ち時間ってことありますよね?」


真下さん「ちょっと何かヒントで、どんな感じになるか」
(‘◇‘)「これもう正解出ちゃうかもしれない」
清水ミチコさん「そうなんですよ。さっきからポロポロポロポロ何か出てるんですよ!(笑)」


真下さん「眠くて機嫌が悪くなる相葉雅紀、どうぞ」
清水ミチコさん「やってくれるんだ(笑)」
(‘◇‘)「んっ!! ですよ。ん! ん! ですよね。止めて(目覚まし)投げるみたいな」


真下さん「お腹がすいて機嫌が悪くなる相葉雅紀、どうぞ」
(‘◇‘)「ああ、もう~。頼みましたよね!? ラーメン! みたいな。全然俺のオーダーだけ通ってないみたい。みんな来ちゃって」


真下さん「待たされたとき、機嫌が悪くなった」
(‘◇‘)「ええ、マネージャーさん、これ何待ちなのよ、さっきから。全然いけるんじゃないの? これ」
清水ミチコさん「全然怖くない(笑)」
真下さん「かわいらしい、これだなあ~、やっぱり魅力は」


ここでさらに視聴者からのメッセージを紹介。
91歳になるおばあちゃんが相葉ちゃんのファンで、新聞高校の裏に「相葉雅紀」と漢字の練習をしているそう。
最近は「櫻井翔」も書いて喜んでいるとのこと。
ちなみにこの方の投稿ネームは「ニノLOVE」さん(笑)
(‘◇‘)「え、どういうことですか? え?」
真下さん「家族みんなで嵐ファン」


クイズの集計です。
青「眠いとき」2044票、赤「空腹のとき」3897票、緑「待たされたとき」1701票。


(‘◇‘)「空腹のときです。赤」


(‘◇‘)「機嫌が悪くなる。もうオーダー取ってないのが一番腹立つ。ゆったじゃん、書い、俺だったら書くよって思う」
真下さん「中華屋さんだから、やっぱその辺根幹にあるんですね。ちゃんと仕事しろよっていう」
(‘◇‘)「そうかなあ!? そうかもしれないですね」

相葉くんの「哀」


こちらでは相葉ちゃんの気胸の話に。
(‘◇‘)「そうですねえ~、自然気胸っていう、肺が破れちゃう病気なんですけどお。これ、最初に破れたの2002、かな? 1かな? ぐらいのときに最初破れて」


(‘◇‘)「でえ、この病気は、再発、しやすい、です、って言われて。え!? もう、嵐になったばっかなんですよ」


(‘◇‘)「で、歌って踊ってっていうのが、メインなのに、肺が破れちゃう、で、再発しやすい。あ、これもうダメだなあ~って思ったんすよね」


(‘◇‘)「もうだから病気だから、もう、どうしようもない。だからもう、嵐は、辞めるしかないのかなっていう、ところまで、考えちゃって」


(‘◇‘)「で、辞めてどうしようかなあ~。やあ、今から、料理って言っても、弟も、もう、その気でやってるし、そこにも帰れない」


(‘◇‘)「あ、どうしよう、ほんとに。仕事探さなきゃっていうぐらいまで落ち込んだときがあって。」


(‘◇‘)「でもやっぱり、メンバーだったり、その親だったり、それこそ応援してくださってる、皆さんが、いたから、すんなり戻れたんですけどお」


(‘◇‘)「で、2回目が、結構最近なんですけどお、また破れたんですよ」


(‘◇‘)「いや、でもねえ、最初右が破れて、で、2回目左だったんですよ」


(‘◇‘)「だ、再発でもないんだけど、逆側の肺が破れた。でも2回目のときはす~ごい気持ちが楽でした。1回目、復活できてるから、あっ、チョロイぞと。俺いけるぞと。すぐ治せるぞっていう、思いがあって」


清水ミチコさん「相当痛いもんですか?」
(‘◇‘)「気づかないぐらいですかねえ。最初サックスの練習をしてて、で、何か本番のぎりぎりまで、結構根を詰めてやってて」


(‘◇‘)「で、息を、浅く呼吸してると別に、痛くないんですけど。そのフ~って吐き切ると、グッて痛いんですよ」


(‘◇‘)「だから浅い呼吸で、ちょっとおかしいなって、たぶん2~3日練習したんでしょうね」


清水ミチコさん「サックスってまた特にねえ、肺を使う楽器だからねえ」
(‘◇‘)「(肺が)すごいちっちゃくなってました」
「だから管入れて、こう、おっきくしてっていうのやったんですけど。はい」


(‘◇‘)「ファンの皆さんと行くハワイのイベントがあって、その1週間ぐらい前に(気胸を)やっちゃって。で、ステージ、ハワイには奇跡的に行けたんですけど、そのハワイで、みんな四人で踊ってんのを、僕も、袖で見てたり」
清水ミチコさん「おろろろろ(笑)」


(‘◇‘)「何か、迷惑もかけたしぃ、このまま戻れない。どう、どうやってメンバーに説明しようかなあとか、っていう思いがあったんですよねえ」


15周年のハワイ公演の話へ。
(‘◇‘)「僕は、初めてのハワイなんですよね、そうすると。ステージっていうパフォーマンス。みんな1回やってるんですけど。


(『マイガール』のときの『ARASHI BLAST in Hawaii』の映像が流れました。さらにNHK『嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~』でも放送された相葉ちゃんの終盤の挨拶も。涙を隠すために後ろ向きで挨拶する相葉ちゃん)


 


(‘◇‘)「うわ~、何か思い出しちゃうなあ、思い出しちゃったなあ」
「デビューがハワイだったしぃ、何かそれ、もあったし、ハワイで、何か、みんなでやりたいねって、ずっと言ってたんで」
清水ミチコさん「思い出の地なんですね」
(‘◇‘)「できて良かったですねえ~」
清水ミチコさん「ああ、良かったですねえ、でもほんとに。うん~」
ちょっぴり清水ミチコさんも涙ぐまれたのか目尻を拭っているようでした。
(管理人もハワイの映像を見ると目がうるんできちゃいます……)

相葉くんの「楽」


(‘◇‘)「今楽しいこと。今の映像も見て、も、そうだけど、コンサート楽しいですよね、ライブ」
「たくさんこうやってメールくれたりとか、こうやって来ていただいたりっていうのもある、し。こうやって目で見てわかるんですけど、ライブのときもより感じるというか」


(‘◇‘)「みんながこう、応援してくれてるんだって、感じれるし」
清水ミチコさん「天職なんだねえ」
(‘◇‘)「好きですねえ」
真下さん「ほんとにその一体感のある、ステージっての魅力で、1度見ると、ほんとにね、虜になってしまうっていう方たくさんいる、嵐のステージなんですけどれども」


(次に『Sakura』のときの『ARASHI BLAST in Miyagi』の映像が流れました)


 


(‘◇‘)「わあ、ありがとうございます。ありがとうございます」


(‘◇‘)「何か、野外だとお、それこそ夕方ぐらいから始まるんですけどお、でえ、ちょっと明るいところから始まって。だんだんこう暗くなってて、照明がきくようになって。何かこうみんなで時間を過ごしてるって感じがすごいするんですよねえ」


コンサートやツアーにこだわって作り上げているのはどうして?
(‘◇‘)「何でしょうね。中心となって作っているのは松潤で、やっぱ松潤のこだわりもす~ごいですからあ。よりやっぱり、いいものを。もうA型中のA型なんですよね」
清水ミチコさん「血液? アッハッハッハ(とお腹を抱えて笑い出す)」
(‘◇‘)「みんなが気づかないところでもやっぱ松潤はねえ、ここもうちょいこだわりたいなっていう。きかない、絶対。すごいなあって思ってますよ」
清水ミチコさん「やっぱプロとして、尊敬する?」


真下さん「それはその、メンバーの皆さんで、そうすると話し合いになっていく」
(‘◇‘)「そうですね。こうしようと思うんだけど。そうしようよ、そうしようよって」


相葉さんの役割は?
(‘◇‘)「うんうんうん(と大きく何度もうなずく) う~ん! つって(両手でサムズアップ)」
清水ミチコさん「そうじゃなくてさあ、じゃないんだ(笑)」
(‘◇‘)「あんまり、そうじゃなくてさあが、あんまりいないですねえ。ほかの、四人で。あんまりいないかもしれない」


もめるとかケンカになるということもない?
(‘◇‘)「1回もないっすねえ。ケンカになったこと」
清水ミチコさん「わあ、いいグループで、良かったね(笑)」
(‘◇‘)「良かったっすよねえ。でも、でもやっぱり、熱くなると朝までその打ち合わせやったりとかっていうのは、あります、みんなで。気づけばこんな時間なんだ、みたいな。もうやめよやめよ! 帰ろ帰ろ! みたいな」

相葉くんのとっておきおもてなし料理!


カーディガンを脱いで黒い腰エプロンをつけた相葉さんです。


(‘◇‘)「これ、どこにでも、やったことないんですけど、僕ぅが、普段なんかちょっと、ちょっと小腹すいたときに、食べる、料理があって」
真下さん「初公開!」
清水ミチコさん「それ何か本とか何かで」
(‘◇‘)「ネットです」
真下さん「正直(笑)」


まずはおしぼりで手を拭いて……。


・稲庭うどん
(材料)白だし、豆乳、豚バラ肉、万能ネギ、大葉、ミョガ、ゴマだれ、ラー油


(れこはレコメンで話していた、「豆乳つるつる」じゃないっすか!!)


(‘◇‘)「稲庭うどん、僕大好きで。素麺とか細めの麺が大好きで」
鍋に麺を投入するだけで歓声が!?(笑)


次に万能ネギを結構ざっくりと切ります。
(‘◇‘)「これがちょうどいいんですよ、細かすぎず」


豆乳はひとり分だと200mlパックぐらい。
白だしは、
(‘◇‘)「1秒」
だけ垂らします。
清水ミチコさん「秒数初めて聞きました。斬新」


それからゴマだれも加えます。
清水ミチコさん「これ何秒ぐらい」
(‘◇‘)「4秒です。4秒でかき混ぜます」
真下さん「かき混ぜるのは何秒ですか?」
(‘◇‘)「かき混ぜるのはもうかき混ざるまでやってください(笑)」


大葉を刻むのを忘れる相葉ちゃん。
(‘◇‘)「やばいやばい。どたばたクッキングですね、すいません(笑)」
清水ミチコさん「新番組できますねえ、どたばたクッキング。めっちゃおもしろい。(平野)レミさんとやって、レミさんと。すっごいスリリング(笑)」
(平野レミさんと相葉ちゃんのどたばたクッキング、確かにおもしろそう~!! 毎回ものすごいこと起こりそう。笑)


大葉は丸めて切るという手慣れた相葉ちゃん。
しかし……。
真下さん「相葉さん、さっきから切ってくださるのはいいんですけど、ずっとねえ(笑)、まな板の上に残ってる」
(‘◇‘)「すいません(笑)」


茹でた麺を冷たい水で締めて器に盛ります。
(‘◇‘)「夏とかも最高。あと、もう豆乳だから、あの、たんぱく質なんで。大豆の」


あとは豆乳を器によそって、あらかじめ茹でておいた豚肉や薬味をトッピングします。
(‘◇‘)「これ味見してないけどね。秒数はばっちりなんで」
「ミョウガ美味いっすよね」
「そしてネギも」


清水ミチコさん「だんだん雑になってきたような気もしますが」
(‘◇‘)「大葉、ほぐしながら入れましょう、ほぐしながら」
清水ミチコさん「でもほんとに美味しそう。綺麗だし!」


(‘◇‘)「で、これラー油ねえ、入れないと僕は好きじゃないんですけど。結構僕はいっちゃうタイプなんで」
清水ミチコさん「いきますねえ。あらでも美味しそうになってまた、色合いが赤白緑で」


「相葉流稲庭うどん冷麺風」の完成です♪


(‘◇‘)「できた、上手くできました」
清水ミチコさん「わかんない、わかんない。美味しそうです」


そのまま着席して実食。


清水ミチコさん「うん! 美味しい。コクがあるのにあっさりしてる」
真下さん「秒数ちょうどいい」
(‘◇‘)「秒数決まったからなあ」
清水ミチコさん「優しい。性格出るね」
(‘◇‘)「ほんとですか?」


(‘◇‘)「このゴマだれを、もっともっと入れると、コクが出てくる。はい。お好みで、秒数5秒6秒入れても美味しいかもしれません」
清水ミチコさん「秒数で言う、日本初」
真下さん「新しいタイプの料理番組、秒数クッキング」
清水ミチコさん「大成功ありがとうございました。ごちそうさま」
(‘◇‘)「ありがとうございます」

相葉雅紀のお悩み「朝寝坊しない方法を教えてください!!」2


またここで相葉ちゃんのお悩み「朝寝坊しない方法を教えてください!!」へのメールが。


インコを飼う、次の日に起きる時刻を枕に書くという投稿がありました。


(‘◇‘)「(紙に書いて枕に貼らないと)じゃないと毎日同じ時間に起きることになる」


「さとこ」さんからのメールは「櫻井翔くんに頼む!」といいうもの。
(‘◇‘)「朝、起こしてね? 電話してね? 後輩の僕が? 頼めるかなあ~(笑)」
真下さん「ちょっと、頼みづらい」
(‘◇‘)「ですね」


・相葉さんが毎日続けていること、ついつい癖でやってしまうことは?


(‘◇‘)「毎日続けてんのは筋トレですね。腕立てと腹筋は、家でやります」
「(腕立て)100、(腹筋)100ぐらいは」
清水ミチコさん「意外ですねえ、そうなんですか」
(‘◇‘)「やりますやります。好きですね」


・最近大人の魅力をかなり増した相葉さん。大人になったと実感することは?


(‘◇‘)「休みの日とかに、お蕎麦屋さんとか行って、もう今日飲んじゃおうっかな、みたいな、何か、昼間に、そういうのある。たまに休みで」
「ビールとかいっちゃったときは、ちょっと、あ、俺大人だなあと思います」
清水ミチコさん「ほんとにやったことあんの!?」
(‘◇‘)「あります、あります、あります、ありますよ!」


カレー蕎麦をつまみで飲むそうで。
(‘◇‘)「汁、こう飲みながら、いけちゃうタイプです」
「まだ、まだ、なり切れてないですね、大人に」


・嵐の相葉雅紀から普通の相葉雅紀に戻るとき、一番始めにすることは何ですか?


(‘◇‘)「家帰って、家帰って缶ビール開けた瞬間かなあ」
「家帰って、お風呂ためにいって、我慢できなくてとりあえずプシュッて開けて。テレビ見ながら、開放感」
「お風呂たまっても、こっち(ビール)が止まんなくなっちゃって、みたいな。いつもせめぎ合い。お風呂入ろうか、みたいな。はい、あります」


嵐の相葉雅紀とひとりの相葉雅紀は違う?
(‘◇‘)「違うと思ってたんですけど、メンバーに言わせると何も変わらない、らしいです」
「わけてるというか、ちょっとやっぱりスイッチ入るというか、よしがんばるぞみたいな」


(‘◇‘)「テレビでは、その、僕、AB型なんすけど、AB型の部分、出てないと思ってたんだけど、メンバーに言わせるとAB型の部分しか出てないよって」


・もし一般人としてアイドル以外の仕事ができるとすれば何がしたいですか?


(‘◇‘)「あ、僕レンタルビデオ屋さんやってみたかったんですよねえ」 
清水ミチコさん「え、料理じゃないの!?」
(‘◇‘)「料理は料理でやると思ってたんですけど、子供のとき憧れてました」
「何か、はい、まだ僕んときはビデオだったんですけど。好きなビデオ見れんのかなって思ってたんですよ。暇なときこうずっと見てられんのかなあって」


清水ミチコさん「あ、やっぱ映画好きなんだ」
(‘◇‘)「好きでしたねえ。アニメとか映画とか」


・2011年の東日本大震災の年の感動的な紅白歌合戦から大ファンになりました。この年でファンクラブに入ったほど。昨年は念願だったコンサートにも行くことができました。杖をついたおばあちゃんもいて本当にファン層が広いんだなと思いました。


(‘◇‘)「親子で見にきてくれたりとか、本当に、男性の方も、見に来てくれることが多いですね」


・4歳の息子が嵐さんの大ファンです。保育園から帰ってきたら毎日、必ず嵐さんのライブDVDを見ながら一緒踊っています。


(‘◇‘)「嬉しいなあ~、嬉しい!」


『スタジオパークからこんにちは』に出演した感想を。
(‘◇‘)「あの、料理成功して良かったです。ほんと懐かしい映像もたくさん流していただいてありがとうございます」


最後に観覧やギャラリーの皆さんに手を振って去っていく相葉ちゃんでした~。
(お疲れ様です^^)


清水ミチコさん「いっつもでも感謝を忘れない方なんだなあと思いましたね」
真下さん「もうほんっとに好青年っていう」
清水ミチコさん「そうですね、人柄が、すごい」



●嵐さんテレビ情報


 ○4/11(月) 19:00-20:54
 「謎解きバトルTORE!」2016春祭りSP!(日本テレビ系)
 大野智