読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『news every.』「世界一難しい恋」番宣(日テレ電波ジャック)

世界一難しい恋

早朝の『ZIP!』から始まり、この『news every.』でセカムズの日テレ生出演が無事終了しました。
出演者の皆さん、お疲れ様でした!
(管理人もお付き合いさせていただいて、全ジャック番組レポいたしました~。笑)


出ずっぱりだった智くん、ほんとにがんばっていました。
波瑠さんも早く喉の調子が良くなるといいですね。
お二人とも少しでも休める時間がありますように……。


今夜のセカムズ楽しみにしています!!


news every.(大野智「世界一難しい恋」日本テレビ電波ジャック)


智くんはNEWS小山くんの隣の席。
(´・∀・`)「こんちはー。こんにちは」
と拍手で迎える出演者の皆さんに頭を下げていきます。


・ラブコメ初ということですが。
(´・∀・`)「初なんですよ、はい」


・演じられてみていかがですか?
(´・∀・`)「あ、でも、まあ、ラブ~ていうか、今の~とこではあのぉ、コメディが強いんで」
「そう、今んところは」


・これからもっとラブが……。
(´・∀・`)「変わってくんじゃないすかねえ」


・共演者の皆さんから大野さんに関する情報を仕入れてきました。


(´・∀・`)「えっ、うわっ」
カメラが智にズームイン!
(´・∀・`)「わっ!」


(横美で行われた制作発表会見のようすと予告が流れました)


【大野さんの印象について】


杉本哲太さん「コメディーってやっぱり狙ってっていく、撮っていくおもしろさもあるんだけど、大野さんの場合は、微妙なリアクションだったりとか表情が狙われることが多くて、それを監督がちょっと微調整したりつつ、大野さんのその何でしょうね、把握というか、出す感じってのはすごい絶妙」


小池栄子さん「母性をくすぐられる感は、演じられているときも普段もありますよね」
(´・∀・`)ワイプ「(小声)照れるし」(←って言ったかな???)


小池栄子さん「何か、ほっとけない感じで目で追ってしまうっていうのは。何か反応の良さみたいなところが、あの、今回の役にぴったりだし、天性のものなんだなあというのは今回ご一緒して感じましたねえ」


小池くんが画面に映ると……。
(´・∀・`)ワイプ「わ、出た! 出た出た(笑)」
小瀧くん「三浦家康役の、小瀧望です」


ジャニーズWESTのMVをを見て、
(´・∀・`)ワイプ「踊るんだ……踊ってる」


・大野さんの印象は?
小瀧くん「親近感があるというか、近所のお兄ちゃん、みたいな、感じかもしれないですね」


「先輩だぞ」って言ったのは小山くんの声かな?
小瀧くん「っとに、優しく、ふわ~んとした空気に包まれている」


・実は小瀧くんは現場での大野さんのようすをウォッチングしているそう。
(´・д・`)ワイプ「え、何? もうやめようよ~」


小瀧くん「おっちょこちょいというか、見てておもしろいですし、かわいらしい一面がある方だなと、いう風に。ま、19歳の僕が言うのもおかしいですけど」


小瀧くん「ちっちゃな事件が、ちょこちょこ起きてます」


カメラはスタジオに戻り、思い当たる節を探すように首を傾げている智くんのアップへ。
横顔も素敵♡


藤井アナ「まずね、杉本さんが」
(´・∀・`)「はい」
藤井アナ「表情が絶妙だと、仰ってましたが、意識してやってるんですか?」
(´・∀・`)「や、意識というか、もう監督に言われるまま、それに近づけようとして、やっててえ、一生懸命やってんすけどねえ(笑)」
「周りが、笑うから(ス~ッ)いや、俺間違えてんのかなあとか、色々、わかんなくなるときもあります」


(「共演者が演技をベタ褒め」とのテロップが^^)


藤井アナ「いや、でも笑うってことはコメディとしては大成功ですよねえ」
(´・∀・`)「してんのか、ええ、できなさすぎて笑われてんのかわかんなくなる」
藤井アナ「いやいやいや、違いますよねえ」


・小瀧さんが大野さんは撮影現場で小さな事件を起こしていると言っていましたが、ご自身で自覚は?
(´・∀・`)「……いや、ないですね。ええ」


フリップが現れ、藤井アナからは「気合い入ってる」との声が。
(´・∀・`)「フリップだ」


【大野さんが起こした"小さな事件"目撃情報】


1.高確率で雨……


・大野さんのせいかどうかわからないですけど、屋外での大野さんの撮影のシーンはほとんど雨が降っているということなんですが。


(´・∀・`)「いやいやいや、最初だけでした」
藤井アナ「最初だけ!」
(´・∀・`)「最初は降って、あ、やっぱり俺か(とうなだれる)、と思ってたんだけど、最近降らないんですよ。晴れ、晴れまでいかないんですけど、曇りで収まってる」


小山くん「ああ、じゃあ、もうね、事件としては」
(´・∀・`)「そう」


「ドラマの調子上向いてきてる」、「事件なし」ということに。


2.リハ中の表情


・リハーサルで大野さんが色んな表情でスタッフを笑わせているということなんですが?


(リハ中の映像が流れました~!! 智くんがちょっと変顔してみせていますが、これは? 笑)


(´・∀・`)「これでもぉ(と首を傾げる)、監督の、指示通りやって、るだけですからね?」
「そう、僕、アドリブやってないっすよ?」
藤井アナ「へ~、だから、ほんとにおもしろいんでしょうね」
小山くん「そうですよね」


陣内貴美子さん「でも、こう狙っている、表情とかないんですか? 例えばどんな、表情とか」


・今できるのありますか?


(´・∀・`)「いやいや、できないっすよ、ほんとに」
陣内貴美子さん「ですよね、すいません」
(´・∀・`)「指示通りですよ」


小山くん「僕、以前に、『嵐にしやがれ』に呼んでいただいたときに、大野さんが、このそらジローを、あのとらジローって言ってたんです」
と、後ろからそらジローのぬいぐるみを出す小山くん。
(出た!! とらジローネタ!!)


「え~、嘘でしょう~!」、「ちょっと!」とスタジオから声が(笑)


小山くん「そらジロー知らなかった? っていうことでいいんですかね、大野さん」
(´・∀・`)「知ってますよ。知ってます! 結構小山くん、見てるからね、俺」
小山くん「ありがとうございます」


小山くん「で、あの、大野さん、実は僕も知らなかったんですけど、実はそのとらジローって、ほんとにいるらしいんですよ」
(*´・∀・`)「ああ!」


小山くん「で、これ、木原さんに直接聞いたほうがいいかなって思って、力、入れてるんで、木原さんと結んでますから。良かったら、大野さん、いつもの、『木原さん、そらジロー』やっていただいてもいいですか?」
(*´・∀・`)「いいんすか? これえ」


(´・∀・`)「(パアアッ)木原さ~ん? そらジロー?」(←表情作ってますww)
小山くん「腹立つ(笑)」


野外の木原さんと中継がつながりました。
木原さん「こんばんは~! はい。 木原と、そらジローです」
小山さん「どうなんですか?」
木原さん「はい、実はこれ、とらジローなんです」
とイラストをカメラに向けます。


そこにはそらジローがトラの帽子と紋付き袴を着てる絵が。


小山くん「ああ、ほんとに!」
藤井アナ「ほんとにいるんだ」
(´・∀・`)「わあ、すげえ!」
木原さん「寅年のね、ときのイラストなんですけどね」


(´・∀・`)「ほら俺間違ってない」
「間違ってない!」とスタジオからの声。


木原さん「だからこれ、知ってたんじゃないですかねえ、大野くんは」
(´・∀・`)「知ってましたよお。みんなが知らないだけで」
小山くん「すいません(笑)」
(´・∀・`)「え」


(´・∀・`)「干支でやってるんだ」
木原さん「ほかにへびジローとかもいます」
(´・∀・`)「お~!」


小山くん「力入ってるな今日、何だこれ」
(´・∀・`)「何でもいるんだな」


・大野くんの呼びかけがすごく素敵でした。


(´・∀・`)「ええ~、見てますから」
小山くん「ありがとうございます」
藤井アナ「社長の言うこと間違いないですからー! 何言ってんですか!」


・とらジロー教えていただいて、ありがとうございました。
(´・∀・`)「いやいやいやいや、もう、学んでくださいね」


・大野さん、ありがとうございました。


(´・∀・`)「ありがとうございました」
藤井アナ「今夜10時です!」


(´・∀・`)「見てね!」(←はい♡)



●二宮和也くん『坊っちゃん』Blu-ray&DVD 4月13日(水)発売



坊っちゃん [Blu-ray]



坊っちゃん [DVD]


●嵐さん雑誌情報


○4/13(水)
「an・an」4/20号(マガジンハウス)
嵐 表紙
大野智 連載「社長DAYS!」


anan (アンアン) 2016/04/20号[雑誌]
予告>>今どきマナーと新常識 - フードニュース (Food News) マガジンワールド


○4/13(水)
「ザテレビジョン」16号(KADOKAWA)
大野智 表紙&グラビア&インタビュー「世界一難しい恋」


○4/13(水)
「TVガイド」4/22号(東京ニュース通信社)
松本潤 表紙SPグラビア&インタビュー「99.9―刑事専門弁護士―」連載スタート記念SPメッセージ!
嵐「VS嵐」公式連載スタート記念SPグラビア&インタビュー