読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』翔ちゃんが資格の勉強をしている姿は楽屋では1回も見ていない

 

BAY STORM(2016/5/15)

 

オープニング


(.゚ー゚)オープニンングの一言「1000万人!」


(メッセージ)4月24日放送のベイストで今までどのくらいの人に会ったっていう事実があるのかというお話をされていたので、個人的に興味もあり嵐の今までのコンサート動員数を調べてみました。
ニノは100万いくかいかないかと言っていましたが何とファーストコンサートからJaponismの動員数だけでも917万人。100万どころか1000万人目前でした。
今の日本の人口が1億3000万前後なのでニノはその13分の1と会ったことがあるという結果になりました(三つ子のれいさん)


(.゚ー゚)「へえ~。あ? え、あ? あ、俺がどれぐらい会ったかっていう話をしてたってこと? こないだ? あっ、そういうことだったっけ」


(.゚ー゚)「ああ~! なるほどね? ああ、俺~のこと(紙をめくる音)だったか。ああ、俺だけ俺じゃないと思ってたわ、そしたら」


(.゚ー゚)「会ったっていうことで言ったらそうだよね。だってこないだ1000万超えたっていう話をしてたもんね、嵐が」


(※アリーナツアー発表のときのですね^^)
嵐・9年ぶり全国6会場17公演アリーナツアー「ARASHI "Japonism Show" in ARENA」決定!・単独公演総動員数1000万人超え!史上最速17年目 - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


(.゚ー゚)「ライブとかあ、ワクワクとか全部含めて、1000万超えた、っていう話してた、そうそうそう、確かしてたわ」


(.゚ー゚)「数字だけで言うと確かにすごいよねえ~。どれぐらい、どれぐらいなんだろうね。今まで、死ぬまでね、人に会うってのは。その平均的な人で言うとね」


(.゚ー゚)「1万人ぐらいいくのかなあ? いっかないなあ~。いかないなあ」


(.゚ー゚)「やあ、そっかあ、そういうことなのね」


オープニンングナンバーはkokuaの『夢のゴール』です。
(ニノさんの選ぶ曲は詞が効いているものが多いですね。洋楽をよく聴く智くんとは対照的な音楽の方向性を感じます)


我こそオンリーワーク


(メッセージ)私のおじいちゃんは布団を作る仕事をしています。なのでおじいちゃんからの初めてのプレゼントは手作りの座布団でした。その座布団は17年経った今でも破けたり糸がほつれたりすることなく使われ続けています。17年間壊れることなく使える座布団を作れるおじいちゃんの仕事はオンリーワークだなあと思ったのでメールを送らせてもらいました(カタカナ苦手さん)


(.゚ー゚)「すごいっすなあ。やっぱそっかあ、ざぶ、座布団ってのはまたちょっと違うのかなあ~。クッションとかすぐダメになりません? ペッタンコなりますよねえ!? あれ何でなんだろう?」


(.゚ー゚)「どうがんばっても戻らないっすもんね。もうさあ、普通の、お、ま、ま、サイズの、想像し得るクッションあるじゃない。あれもう5個ぐらい積んでる、俺」(←笑点!?)


(.゚ー゚)「それでも、ケツ痛いもんね。もう、5段ぐらい積んでるもん、ほんとに」


(.゚ー゚)「や、だからもうペッチャンコよ、それでやっと1個分ぐらだもん」


(.゚ー゚)「やあ~、あれほんとに何であんなにすぐつぶれるんだろっていうぐらい、つぶれるねえ。うん」


(.゚ー゚)「そもそもそんなに厚くないのかもね、座布団自体が。なんじゃない? つぶれるって感じしないもんねえ」


(メッセージ)春から新入社員として印刷業界で働いています。ポスターや名刺、チラシとさまざまな印刷物を作っています。ただ、商品なので少しでも折り目がついてしまうと作り直すためとても神経をつかう仕事です。
印刷物ということで紙が主原料なのですが、色々な重さや種類があります。ベテランの先輩は街に飾ってあるあらゆる広告を見てるだけで紙の重さや質までわかってしまうそうです。
日頃意識せず当たり前のようにふれていた紙が繊細で奥が深く、その紙と仲良くなれる仕事は私にとってオンリーワークだなあと思いました。1日でも早く先輩のように紙を操れるような紙博士になれるようがんばります(レモン味のお菓子が好きさん)


(.゚ー゚)「なるほどね(紙をめくる音) 紙ね」(←発音が『神』?)


(.゚ー゚)「紙使いますね、我々もね、いっぱいね(ゴソッという音)」


(.゚ー゚)「へえ~、チラシねえ~! ポスターや名刺かあ。だって、その紙だってまた違う、名刺と、これ(紙の音)と、違うもんなあ、台本もなあ(紙をペラペラとめくる音)」


(.゚ー゚)「あ、紙自体が? ああ~。あるんだろうねえ。大事なんだろうね、やっぱ名刺ってね? 名前を、覚えてもらう」


(.゚ー゚)「そうだよね、あれって大事だよねえ? でも日本の文化だって言いますよね、名刺って。ねえ? うん。独特だって聞いたような記憶がある」


(メッセージ)私のオンリーワークは資産運用のご案内です。お客様のお金を投資信託で国際外貨預金、生命保険など、さまざまな金融資産をご案内し、販売する仕事です。お金持ちのご年配の方からこれから運用を始めようとする若い方までさまざまな年代の方とお話をし、その方に一番合った納得のいく商品を選んでいただくお手伝いをしています。
毎日多くマーケットを見ているのが楽しいですし、色々なお客様とお話ができるので毎日新しい発見があります。毎日毎日オンリーワークだと思って取り組んでいます。お金が大好きなニノも来店してもらえたら嬉しいです(仕事のあとは一番搾り!さん)


(.゚ー゚)「これねえ、たいへん、気ぃつかう仕事だよなあ! こうゆうパーソナルにふれる仕事っていうのは」


(.゚ー゚)「黙ってらんないもん、絶対。絶対言っちゃう、こんなことやったら。ねっ? こんなん絶対向いてないと思うもん。うわあ~、たいへんだなあ」


(.゚ー゚)「でもしないんだろうなあ。うん、投資とか。それこそ株とかさ。もう勉強したことない。踏み入れようとすらしたことない」


(.゚ー゚)「いや、何か1日中そればっかりになるって言いません? うん」


(.゚ー゚)「や、でもさあ、それを仕事にするんだったらいいよ。片手間でやるようなものじゃないでしょ。それ、それでさ、生活、していくってことでしょう? 怖いね」


(.゚ー゚)「怖いな、まだ思うぐらいのレベルだよ、私なんか」


(メッセージ)私のおじいちゃんのオンリーワークなのですが、私のおじいちゃんは江戸切子の職人さんです。20代の頃からその仕事を始めて80代になってもまだ続けています。私もたまにグラスの磨き作業や箱詰めのお手伝いをしております。
そして家の中には江戸切子のグラスや花瓶などがたくさんあります。年も年なので体のことを心配して、「いつまで続けるの?」と聞くと、本人は自分の限界までこの仕事は続けると言い張っています。
仕事中のおじいちゃんの熱心な背中を見ていると自分の仕事に誇りを持ってるのがかっこいいなあと思いました(あゆみんさん)


(.゚ー゚)「職人さんのね、話ですよね。ま、そうだうなあ~。こういう、職人だよなあ! ねっ? ものが違うよ。そういう人たくさんいるからなあ~」


(.゚ー゚)「ま、長く続けている、とか、いく、とか、そのもの自体に携わっている時間が長ければ長いほど、こう、貢献、している、みたいなことなのかなあ? やっぱりねえ」


(.゚ー゚)「広く、広めるっていうことも大事なのかなあ」
「あ、後継者? まあ、少ないだろうねえ! こんだけ色んなものが出てきてさあ、やっていくってことに関して言うとねえ」


(.゚ー゚)「ま、そうなんだろうなあ。難しいとこなんだろうなあ~。1つの文化でもあり得るわけだからねえ」


(.゚ー゚)「そうね。難しいとこだね、こういうのってのは。若けりゃいいってもんじゃないわけでしょ? う~ん」


(.゚ー゚)「どうにか、こうにかならないものなのかな、こういうものってね? う~ん。難しんだろうなあ」


2曲目は『ただいま』です。


裏嵐


(メッセージ)先日の『NEWS ZERO』で櫻井さんがユニバーサルマナー検定2級を満点合格されたと放送されていてすごいなあと驚きました。そこで質問なのですが櫻井さんが楽屋などで勉強されている姿を見たことありますか? またニノさんは新しく勉強したことありますか? 今年私は受験生なので参考にしたいです。ぜひ教えてください(ちゃんふーさん)


(.゚ー゚)「1回も見てないです、勉強している姿。うん。何か、番組でやってたってゆうやつでしょ? 1回も、見てないなあ。うん。あんま楽屋でやらないんじゃないの? そういうこと。たぶんね」


(.゚ー゚)「新しく勉強したことですって。あるわけないじゃんねえ、そんなの。ええ? ほんとにさあ、ありますぅ? 新しく勉強したいなっていう風に思うこと自体」


(.゚ー゚)「あんまりその、何かを探すっていう作業しないね。何かしなくなった。しなくなったんだと思う! フフフフフ」


(.゚ー゚)「いや、生活環境変わんない限りね、やっぱしないと思うね。たぶん」


(.゚ー゚)「でも仕事で新しいことなんかしないもん。絶対しない。ずっとやってんだよ、この仕事」


(.゚ー゚)「だから何か資格を取るっていう企画、だったらやるよ。たぶんね。でもしないだろうなあ~。もう勉強なんかしたくないよ。大人、せっかく大人になったのに。せっかく大人になったのにさあ(笑)、また勉強すんの? って」
(嵐さんが持ってる資格というとすぐにチャイルドマインダーが浮かんできますね^^)


(.゚ー゚)「それに苛まれる人生送るだろうね、勉強なんて。今年受験生、の人とかたくさんいると思うけど、ほんとに、ほんとにね、たいへんだなって思うもん。俺ついてるなあ~って思うもん。毎年受験生、が、こう必死にがんばってるの見てると。もう、良かった、もうすぐ大人になって良かったって思うもん」


(.゚ー゚)「たいへんだよ、これから」
「で、受験で合格したところからまた始まるわけでしょ? ね? 地獄だなあ。ほんとたいへんだよ(紙をめくる音)」


(メッセージ)こないだの『嵐にしやがれ』でオリエンタルラジオさんと『PERFECT HUMAN』を一緒に踊っていた回を見ました。めちゃかっこ良かったです。振り付けをその場で覚えていましたが、あのくらいの長さのダンスはすぐ覚えられるものなのですか? 私の学校は体育祭でダンスがあるのですが、なかなか覚えられなくて手こずっています。早く覚えるコツなどがあったら教えてください(二宮生まれの女子高生さん)


(.゚ー゚)「あんのかなあ? でもコツなんて。でも、もうだって、13歳ぐらいから、やり続けてることだから、そりゃ、普通の人よりは早いんじゃないの? と思っちゃう」


(.゚ー゚)「だって、もう20年ぐらいやってんだよ。20、うん、だから、だからじゃない?」


(.゚ー゚)「たぶん体育祭でダンスを踊る、けど、なかなか覚えられないってのはあ、それが普通なんだと思うけどね? 覚えられるほうが怖くない? だって。覚えられる自分に怯えてこない? だんだん」


(.゚ー゚)「何か、前世で何だったんだろう、とかさ。早く覚えることなんてたぶんないよ! ないんじゃない? やり続けること以外。うん」


(.゚ー゚)「何か別に、批判するつもりはないんだけどお、うん、体育でダンスの授業が、入ったってあるけど、あんま変わんないだろうなあとは思うけど。それでダンス、どうなんだろうねえ?」


(.゚ー゚)「あれって何で入ったんだろうね? ダンスを覚えるみたいなやつ。全体的に、まんべんなく体動かせるっていうことなのかなあ。想像性を豊かにするとかそういうことなのかな」


(.゚ー゚)「やっぱそれだったら難しいよねえ。先生だって教えられないじゃんねえ。たいへんだよ」


(メッセージ)先日の『BAY STORM』で185階に住んでいると仰っていましたが、世界で一番高いビルは162階らしいです。二宮さん家は地下にダンスホールもあるんですよね。さすがだなあと改めて惚れちゃいました(99.9からベイストに瞬間移動さん)


(.゚ー゚)「ドバイにあるブルジュ・ハリファ、が、162階建てなのかあ~。でもうち185階ですけどね。185階が? まあまあ、そうでしょうねえ。たぶん見上げればだから、うん、都内で見上げればたぶん、家が見えるでしょうね」


(.゚ー゚)「東京都にあります、東京都にあります」
「話題になってません? まあまあ、それはやっぱプライベート空間みたいなとこありますから。ねっ、だからやっぱそんなに注目、できない、テレビでもできないんじゃないかなあ」


(.゚ー゚)「いやいや、そりゃ、そりゃそうよ。商業とかさあ、そういう施設が入ってるわけじゃないから。完全もう、居住のみだから、そこはちょっとやめてくださいよってことでね、なってんじゃないのかなあ? たぶん」


(.゚ー゚)「でもまあ、東京都で見上げれば、あれかあってのが、相当高いっすからねえ。うん」


(.゚ー゚)「見たことないっすか? 都内であんま空見上げない? いや、スカイツリーのほうが高いでしょう。だって、あれ600いくつでしょう?」


(.゚ー゚)「だって、まあだから、そういことで言うとね、そっちのほうが高いんでしょうけど。でもまあ、うちはうちでね(紙をめくる音)、こう、ありますからねえ」


(.゚ー゚)「まあ、それはあるから。いや、あるからね! だって実際。うん。見たことないのかなあ。まあ。世界で一番高いビル162階とか言ってる。185階だからあ」


(.゚ー゚)「あ! 高さでゆったらなのかな? だから、これ162階建てが高い、っていうことなのかもしれないね。1階あたり、ワンフロアが」


(.゚ー゚)「だからうちはだって、ちょっと低いんだろうね、ワンフロア自体が。ワンフロアがだいたい、じゃ、仮にね、ワンフロアがだいたいくるぶしぐらいだとしても、185階建ては185階建てじゃない。そりゃ、そう、ほかの、そうやってでも20階建てぐらいですよねえ、普通のマンションにしたら、っていうこと。高さで言ったらそうだけど、階数の話を俺はしてるから。ねっ?」


(.゚ー゚)「だ、高いのは、162階建ての、が一番高い! ねっ? その階数の話をしてるから、俺は。昔っから、生まれたときから。高さのこと1回も口に出してないよね、階数のみの」


(.゚ー゚)「そうでしょ? 階段だってもしかしたら、1段で、1階の、1階の段だって俺は思ってるから。そういうことで言うと(笑)」


(.゚ー゚)「みんなは階段っていう、捉え方なのかもしれなけど。1階の段、段差だと俺は思ってるから。そういうことだよねえ?」


(.゚ー゚)「高いのはそういうことなんでしょうね? ドバイにあるやつなんでしょうね。うん」


(メッセージ)この前のしやがれで昔の武将の兜をかぶらせてもらってましたね。館長さんにグイグイいっていましたが、毎回初対面の人とすぐ打ち解けられてすごいなあと思っています。初対面の人と関わるとき気をつけてることやコツなどありますか、良かったら教えてください(麺は硬めが好きなひなさん)


(.゚ー゚)「(紙をめくる音)あります? いや、俺もう仕事だからなあ~。そうそうそうそう。そういうとき以外しゃべんないしな。だからかなあ」


(.゚ー゚)「あと、俺自体がそんなにぃ、自分のコーナー、しやがれのコーナーのことで言うとあんまり芸能人の人と一緒に何かやるっていう機会が少ない。あんまり、うん、芸能人の人と一緒に、やる、やるようなことをやらないっていうことが、何かテーマっぽくなってきてるから。初対面だから緊張しちゃうなこと言ってたら、もう、終わらないよね。うん」


(.゚ー゚)「まあ、あと行く時間とか、ロケできる時間限られてるからねえ。んなこと言ってる場合じゃないみたいな、ことになるんだなあ」


(.゚ー゚)「大人になると、そうなっていくんだなあ~」


3曲目は『I seek』でした。


 

エンディング


エンディングはニューシングルとアリーナツアーの告知でした。