読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐『I seek / Daylight』鑑賞

昨晩フラゲした『I seek / Daylight』を鑑賞しました。
個人的な感想など簡単に書き記しておきたいと思います。


 

I seek / Daylight

ジャケット


嵐さんの『I seek / Daylight』は白と黒をイメージ。
これは智くんが主演している『世界一難しい恋』の恋愛の明暗や、松潤が弁護士を演じていることからジャッジを意味する白黒もあるかもしれませんね。


初回限定盤1の『I seek』、2には『Daylight』のビデオクリップとメイキングが収録されたDVDがついていますがこのDVD、今後BDに変わる日は来るのでしょうか!?


今回は3種売り、3パターンのジャケ写の嵐さんは全て同じ黒衣装。
皆さんデザイン違いですが、智くんの衣装が首元のすっきりとした黒Tにスーツなことが嬉しいです♪


初回盤のジャケ写は歌詞ブックレット(16P)の表紙を兼ねたもので、『I seek』版ではセットに大きな花が活けられていました。
孔雀を思わせるような生け花で、この花の写真はジャケットの裏にも、内側にもありました。
でも全体的なトーンは黒っぽく、暗い夜を感じます。


並びはASNMO。
端っこで棚か何かに腰かけている智くんの座り方がとってもスタイリシュで流し目も素敵です///


ブックレットには嵐さんのバストショットが1枚ずつ掲載されていました。
表紙の花を背景に、智くんの目元がとても色っぽく写っている写真でした(*ノωノ)


『Daylight』版のジャケットは空に見立てて白い空を大きな余白として使っています。
嵐さんはその下にOAMNSの並びで小さく写っている形。


こちらも智くんの立ち姿が美しいですねえ!
ジャケットの裏には同じ並びですがもっと間隔を空けて立っている嵐さんの姿が。


ブックレットの中には各メンバーひとりにつきバストショットと全身ショットが1枚ずつ掲載されていました。
腰かけている智くんの足を組んだときのポーズのかっこ良さ。
バストショットはこちらも流し目です(/ω\)


ディスクのデザインはCDとDVDともに『I seek』が黒半分、『Daylight』が白半分に塗り分けられています。
ブックレットの裏も同じく『I seek』が黒、『Daylight』が白1色。


それでは通常盤のCDはと言うと……こちらは半分グレーでした(笑)
ジャケットの背景もグレーと徹底しています。


その通常盤ジャケットの嵐さんの写真はバストショットで、前列に智くんと松潤という春クールのドラマ主演の二人。
中列に翔くんとニノ、そして後列に相葉ちゃんという並びでした。


通常盤ジャケットの嵐さんだけが唯一にこやかです。
歌詞カードの中は『I seek』盤の生け花とつながりがあるのかシルバーと青の花柄。


載っている写真5枚は嵐さんのバストショットで、智くんはここでもやっぱり流し目♡
智くんの写真だけなら目を大きく見開いているこの通常盤が一番好きかもしれません///
眉毛の形も綺麗だなあ~。

DVD

「I seek」ビデオ・クリップ


いきなり智くんのアップにやっぱりドキッ。
CDをセットする手つきにもゾクゾクしました。


そしてこの『I seek』の何がいいって、智くんの衣装が黒スーツに赤いシャツというほぼほぼ『truth』と同じスタイルだということー。
しかも腕まくりですし///


ネクタイは『truth』PVだと赤と黒の斜めストライプだったのが、『I seek』では黒に白の柄入りになってますね。
あと赤いシャツも『I seek』は1色ではなくて黒の大きなチェックが入っていました。
「I seek truth」って1つの文章にしてみても何だかつながりを感じます。


WSなどで出された情報によれば『I seek』MVは「ホームパーティーが終わったあとの五人」という設定だそうですが、なぜそうなんでしょうね?
ニノもテレビ誌で不思議がっていましたが何かドラマとつながりでもあるのかしら……。


音楽に乗せて自然と踊り出すシーンの智くんが素敵♡
後ろ髪~(≧▽≦)
あと、窓越しの智くんも。

「I seek」メイキング


撮影はハウススタジオでの撮影だとこれまたテレビ誌の翔くん情報。
場所が狭くて、ほんとたいへんそう。


あれっ、大野さんライチをイチジクと間違っちゃって、ライチ好きだったんじゃないですかあ?(笑)
そして釣り雑誌を読むという(みんなその雑誌買っちゃうね^^)


手のアップ。
パーティーの小道具が気になりすぐにいじり出すその手は……やっぱり大野さん♡


大宮の絡みと大野さんのマジックを久々に見られました。
『魔王』を思い出したちゃうな~。


あ、やっぱり今度も振り付けは梨本威温くんっぽいですね。
メイキングにもしっかりと映っています。


おお、ジャケットを脱いだ半袖の智いた♡
黒ジャケット着ていると大人の色気が出ているけれど、脱ぐとかわいいファッションに見えちゃいますね(^^♪


何、あの五人でグルグル回る振り付けのとこは椅子取りゲームだったの?(笑)
曲終わりで自分の椅子に座った大野さんを無言で見つめる翔くんww
智くんは手で顔を覆って笑っています^^


フランスパンを華麗に操る智くんもこのメイキングで私の好きなところです(^^)


あ、ケータリングを食べる嵐さんが見られるのは嬉しい!!


撮影のためひとり残った智くん。
や~、かっこいい~。
髪の毛長めだし、足細いなあ……。
そんなイケメンが読む釣り雑誌(笑)


撮影が終わりカーテンを開けて何をするのかと思ったら、その奥にいるスタッフさんにも挨拶をされていてちょっと感動しました!

「DVD」ビデオ・クリップ


『Daylight』のセットは何だか私には絵の中の街のように見えてしまいます。
心象風景を描いたかのような。


ああー、このMVも智くんの座り方がおしゃれすぎてうっとりです///
床に座って片足を投げ出し、立て膝ついているポーズ。
細いし、足のラインがほんとに綺麗な人だなあ……。


アップも素敵♡
今回のMVはどちらも後ろ髪が長いのが個人的にとても嬉しいです。


衣装は皆さん黒っぽいものを着ていますね。
智くんはノータイ。
黒スーツの袖にはフリンジがついていて、それが何だかマントっぽくて。
振り向くシーンでスローになったときなど切ない表情も多く、ここにも成瀬さんを見た気がします。


あああ~!!
MVを見ながら思わす叫んでしまいました!
大野さんの前髪が風にそよいでるー!!(≧▽≦)
何て素敵♡ かっこいい~///
(テンション爆上がりでした^^)

「Daylight」メイキング


メイキングでも、撮影のシーンではもう大野さんがかっこいいとしか言えない……!!
前髪様様です^^


でもやっぱりセットが気になって、小さな入り口から中に入ってみようとする大野さんなのね(笑)


この収録の翌日だったんですね、智くんがまねき猫を作ったの(*^^)
あと松潤も夜会でいただいた盆栽の話を。


ふふ、『I seek』につづき『Daylight』メイキングでも撮影終了して帰るときにクシャッと顔をしかめて見せる智くんでした~。

CD

I seek


ラブコメにはぴったりの曲。
でも曲調はノリが良くて明るくても、歌詞に切ないところも……。


Mステのレポのときも書きましたが、『I seek』の智ソロは口を大きく開けて発声する「a」と「o」ではなくて、「i」や「u」などの口をあまり開けない母音が歌詞の末尾に多く含まれています。


だから普段と違って聴こえるのかな……と。
作詞家さん、今回はあえてこういう母音で歌詞を結んでみたかな?


あと、歌声に何となく零治さんも感じられました。
智くんの色々な歌い方をこれからも聴いていきたいです^^

Daylight


こちらも翔くんのラップ部分を含めてドラマに合わせたもので、全体的に切ない曲調に感じますけど歌詞は希望に満ちています。
そう考えると『I seek』とは逆の作られ方をされているのかな~とも思ったりして……。


ソロリレーは私は特に山のところが心地良く感じられました。
翔くんのラップとメンバーの歌が交わされるところに絆があって曲の世界観を確かなものにしています。

ただいま


冒頭がほぼアカペラのような曲。
智ソロとフェイクがたまらん……っ(≧▽≦)


これはぜひアリーナツアーで聴きたいですよねえ!!
「♪おかえり~」のところはぜひ観客の皆さんで合唱を^^
涙なくしては聴けない曲です(´Д⊂ヽ

supersonic


今回の通常盤のほかの曲とはやや異質な、スパイスかレモンのように投じられた疾走感のある曲。
いや~、この曲でめちゃくちゃガシガシ踊ってくれないかなあって思わず願っちゃいました!
そろそろまたがっつりダンスする嵐さんを見せてもらえたら嬉しいです。



I seek / Daylight(初回限定盤1)(DVD付)



I seek / Daylight(初回限定盤2)(DVD付)



I seek / Daylight



●嵐さんテレビ情報


 ○5/18(水) 22:00-23:00
 世界一難しい恋(日本テレビ系)
 大野智