青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くんラジオ『レコメン』大野さんの顔がプリントされたデニムはいてましたよ

こんにちは。
連日続いている嵐さんの歌唱、今夜はしやがれで『I seek』が披露されますね!
こちらのパフォーマンスもとても楽しみです♪


しやがれと言えば、昨日放送の相葉ちゃんのレコメンにて、誕プレの智くんの顔つきジーンズの話題がありました!!


相葉ちゃん、ちゃんと智くんからもらったジーンズはいててくれたんですね^^
しかも手作りゆえに履きづらい箇所も自ら直したりして……。


こういうメンバー間の話を聞くと嬉しくなります!(^^)


波瑠、民放連ドラ初主演が来た!2つの顔を持つ刑事役に挑戦 (1/3ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)


波瑠さんは夏クールのフジテレビ系連ドラに主演決定ですか!
朝ドラからセカムズ、そして次の連ドラへと多忙ですね。


次の連ドラの撮影が6月上旬からだそうで、『世界一難しい恋』もひょっとしたらそのあたりのクランクアップなのかな?
智くんも心配されていたけれど、どうぞ体調管理に気をつけてがんばってください。



・松本幸大くんと5~6kmのマラソンを走った。
・ちっちゃい頃からネギトロが好き。
・シラス大好き。
・『嵐にしやがれ』でリーダーからもらった誕プレの大野さんの顔つきジーンズはちゃんとはいていた。
・でもファスナーの上の「主役のボタン」が取れてしまったので今ははいていない。
・ジーンズについていた鋲の突起がすごかったのでマネージャーと一緒に全部削った。鋲の突起で車のシートもやられている。
・ボタンの修理が終わったらまたはきだす。


嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(2016/5/20)

オープニング


(‘◇‘)「お、発売されましたねえ、ニューシングルねえ~」
近さん「『I seek / Daylight』」
(‘◇‘)「ぜひぜひ、あのまだ聴いてないという方、聴いていただけたらと、思います。お願いします」
近さん「はい!」


(‘◇‘)「やあ~、あれです。僕ねえ、最近マラソンしましたよ」
近さん「ほう!」
(‘◇‘)「5km」
近さん「5km」
(‘◇‘)「6kmかなあ」
近さん「ほう、これは全く、自宅周辺でですか?」
(‘◇‘)「自宅周辺っちゃ自宅周辺なんですけど、あの~、前ほら、皇居まで行ってさあ」
近さん「ええ」
(‘◇‘)「1周しようと思って、あれ1周5kmだからあ、5kmから始めようと思って、走ってえ、1~2kmでタクシー拾って帰った、ってのあったじゃないすか」
近さん「はい(笑)」
(‘◇‘)「あそこからだから成長したんすよね」
近さん「ほうほうほう」


(‘◇‘)「皇居じゃないんだけどお、3~40分、は走れるようになりました」
近さん「ええ、ええ」
(‘◇‘)「こっからどんどん伸ばしていけば、夢の、フルマラソン」
近さん「あれっ、『24時間テレビ』でしたっけ?」
(‘◇‘)「あ、僕ですか? 次ですか? そんなお話は一切来てないですけど。勝手にだから一緒に24時間走るってことはできますけどね、プライベートで」


近さん「何かそういう、仕事の準備とかではなく」
(‘◇‘)「じゃなくてじゃなくて、全然、だ、ゆってるじゃないですか、いつもほら、フルマラソン出たいんだ。どっかの市民マラソンに、エントリーするって言ってるじゃないすか」
近さん「はい」
(‘◇‘)「だから、いきなりフルやったらたぶん次の日使い物になんないから」
近さん「そうですよね?」
(‘◇‘)「無事、ゴールもできないかもしんないから、ちょっとずつ始めてるんですよ」
近さん「うん」


(‘◇‘)「3~40分、でもそんなにきつくないっすね」
近さん「う~ん、そうねえ? まあ5kmはねえ」
(‘◇‘)「30分! かかったのね。そのだから1時間走ったら、10kmでしょ? で、2時間で? 20km。3時間……」
「ただ4時間以上かかっちゃうんだ」
近さん「や、4時間でフルマラソン走れたら結構なもんですよ」
(‘◇‘)「あ、結構なもんすか」
近さん「結構いいほうじゃないすか?」
(‘◇‘)「あ、そうなんだ」
近さん「初で、うん」


(‘◇‘)「いやいや、俺デビュー戦で3時間出そうと思ってるから」
近さん「あ~」
(‘◇‘)「3時間で」
近さん「なるほどね~」
(‘◇‘)「4時間は切りたいなって」
近さん「へ~、4時間切りたい。そうですかあ」
(‘◇‘)「相当練習しないとでしょ」
近さん「そうですよねえ~」
(‘◇‘)「いや、でもちょっとやってみるわ」


近さん「でも最近ほんと多いですよねえ。文化放送の中にも、いますもんねえ。フルマラソンとか走ってる人ねえ」
(‘◇‘)「文化放送の中にってどういうこと」
近さん「アナウンサーのね」
(‘◇‘)「あ~、そうなんだ」
近さん「斉藤一美さんとかもそうだし」
近さん「へ~!」
(‘◇‘)「(砂山)圭大郎(けいたろう)とか」
近さん「圭大郎はどうかわかんないけど」
(‘◇‘)「へ~」
近さん「もうマラソンを趣味としている人、結構いますねえ」
(‘◇‘)「あ、そうですか」
近さん「う~ん」
(‘◇‘)「じゃ、ちょっと聞いてみよう、会ったら、ねえ?」


(‘◇‘)「ちょ、そんなことがありました。それ松本幸大とね、走ったんだよ」
近さん「ほうほう」
(‘◇‘)「Jr.の子の。で、あいつも全然普通に走れてたなあ」
近さん「だから、ね? そのどういうケアが必要なのかとかね? あと普段の食事とかでね、どういう物が必要なのか、だんだんこう……」
(‘◇‘)「確かに確かに」
近さん「ほんとにフルマラソン走るためには、ね、色んな先輩の知識をもらうといいと思いますよ」
(‘◇‘)「そうですねえ~。じゃ、また進展あったらお伝えしますんで」
近さん「ええ」


1曲目は『Daylight』です。


 

ラブラブあいばーちゃんの知恵袋


(‘◇‘)< 恋の魔法使いあいばーちゃんが、みんなに恋のマジックを授けようと言う企画


(‘◇‘)「ですね(笑)」
近さん「はいはいはい」
(‘◇‘)「ああ、そういう企画だったんだ」
近さん「そうなんですよ。ええ」
(‘◇‘)「やりましょう」
近さん「やりましょう」


(メッセージ)(あやなちゃんは信州で嵐さんを待ってるよさん)


(‘◇‘)「あらっ、あやなちゃん、待っててね」


(メッセージ)中学生のあやなです。私は結構前に彼氏と別れました。でもその彼氏とは未だに連絡を取っています。こないだその元彼に「やり直さないか」と言われ、「いいよ」と返事をしたはいいものの、その30分後に「やっぱりさっきのことなしにして」と言われました(笑)
理由を聞いたら、「実は片思いしてる人がいるんだ」と言われ、挙句の果てに「俺とその片思いの人、応援して」と言われました。何だか失恋ドラマのヒロインになった気分でした(笑)


近さん「ということなんですが」
(‘◇‘)「はい」
近さん「どうですか? この彼氏」
(‘◇‘)「いやいや、これは、これ残念だよね。ウフフフフ。ねえ?」
近さん「『俺とやり直さないか』といった30分後に、『やっぱりさっきのなしにして。実は片思いしてる人がいるんだ』」
(‘◇‘)「じゃ、その30分の間にできたのかな? 好きな人が」
近さん「いや、片思いしてる人がいて、で、それ無理かな~と思って、あやなちゃんに『やり直さないか』って言ったけど、『いいよ』って言って、いよいよそのやり直しが現実になると、『あ、やっぱ、さっきの片思い……』っていう風に、逃げたわけですな」
(‘◇‘)「う~ん……ねえ!?」
近さん「ねえ~」


近さん「どうしますか、こうゆう人」
(‘◇‘)「中学生だからなあ~、どう、どうするつってもなあ~」
近さん「ねえ? あやなちゃん」
(‘◇‘)「あやなちゃんはほんとにかわいそうよ、これは」
近さん「『失恋ドラマのヒロインになった気分でした(笑)』ですけど、この失恋ドラマでこの彼氏の役やるの難しいですよね」
(‘◇‘)「いや、こん~な最終回だったらちょっと視聴者怒るよ、これ。おいおいおいと(笑)、苦情殺到のどういった、どういうことだよ? これ、みたいな」


(‘◇‘)「2を期待するね、これはね」
近さん「う~ん」
(‘◇‘)「そう、そうしようよ(笑) もう俺あやなちゃん幸せになって欲しいよ、これ」
近さん「『応援して』って言われてるんですけど、どうします?」
(‘◇‘)「う~ん、これはもう、片手間に応援してください(笑) ウフフ。何となくでいいです、これは」
(相葉ちゃん、何て答えるかと思ったけど上手いな! 応援はするけど片手間ってww)


近さん「あやなちゃんに、勇気の出るラブラブマジックを、お願いします」
(‘◇‘)「んん~!? どうしよう、これ。難しいけど、でもお、これは、だいじょぶよ。次に期待だよ。あやなちゃんはだいじょぶ。素直にこう、堅実にまた、まだ若い! ねっ? そんなとこかな」
近さん「そんなとこかな(笑)」


(BGN:Magical Song)


(‘◇‘)「全然だいじょぶだよ。うん」
近さん「じゃあ、その、彼氏がね? こうバタバタして、また、いつやり直さないかと言ってくるかもしんないけども。ま、まあまあ、30分後には変わってんじゃないの!? と」
(‘◇‘)「ゆうぐらいの余裕を見せて欲しいですね」


(メッセージ)私がうかがいたいのは、恋の悩みは思いを伝えるべきかということです(わりとちゃんとミルクティーさん)


(‘◇‘)「どういうことでしょうか」
近さん「これ男子なんですよ」
(‘◇‘)「あっ、男子なんですか?」
近さん「ええ、男子から来てるんです。わりとちゃんとミルクティーさんは男子なんです」
(‘◇‘)「はいはい」


(メッセージ)2年間同じクラスでよく話をしていた女子がいました。今はお互い高校を卒業してそれぞれの道に進んでいます。友達の関係を崩したくないし、向こうは僕に気があるのかどうかわからないので、思いを伝えるべきか迷っています。


(‘◇‘)「ええ~!? ちょっと待ってね? え?」
近さん「まあ、高校で、2年間クラス一緒で、好きだったんだけれども、それを伝えないまま卒業して、それぞれの道、まあ、お仕事しているのか、学校に通っているのかわかりませんが。そういう関係なので、まあ、たぶんね、メールとか連絡はできるんでしょう」
(‘◇‘)「うんうん」
近さん「で、いい友達という関係は、崩したくないのだが、この思いを、そのままにしていいんでしょうか? と。わりとちゃんとミルクティーくん」


(‘◇‘)「これ~はさあ、う~ん、今も好きってことだよね、たぶんね」
近さん「そうですね」
(‘◇‘)「だったら言うべきじゃないかなあ?」
近さん「ほう!」
(‘◇‘)「いや、だって友達のかん……言ったところで崩れるかね!?」
近さん「うん」
(‘◇‘)「友達、崩れる? 最悪の場合」
近さん「あのぉ~、それまでとちょっとこう雰囲気変わったりとか、あの、恥ずかしくなるかもしんないですけど、でも、ま、それは、それくらいはしょうがないんじゃないですかね」
(‘◇‘)「う~ん」


近さん「あと、もう、同じ学校だと毎日顔を合わせるんであれですけど、もう卒業してるんで、結構リスクは少ないんじゃないかと」
(‘◇‘)「ウハハハハハ! 確かに(笑) 大人の意見ねえ」
近さん「ええ」
(‘◇‘)「おじさんの意見」
近さん「おじさんとしては」
(‘◇‘)「うん。リスク少ない、確かにそうだねえ、毎日会わないもんね」


(‘◇‘)「いや、俺もこれは言ったほうがいいと思うなあ~。何かこう、この文からか読み取ることはできないですけど、これ好きだよねえ? まだねえ」
「だったらこう、そっから発展する~にしてもしないにしてもやっぱり、区切りとして、けじめとして」
近さん「そうですね、あと、まあ、これまた大人な話かもしれないですけど、今、顔合わせることなくなったじゃないですか。ってことは顔合わせるためには、アポ取らないといけないですよね? 『一緒に、どっか行こうよ』とか。そういうところから始めてみたらどうなんでしょうか? それさえも、そのチャンスもなければ。『あっ』ていうことですよね?」
(‘◇‘)「ああ、なるほどね。会う、時間がない」


近さん「とりあえず何かどっか、遊びに行こうよって誘いになるかどうかっていうような、そういうところから探る?」
(‘◇‘)「いや~、探るっていうのは何か大人だなあ~。いやだなあ~」
近さん「あ、そうですか? いきなり告りますか?」
(‘◇‘)「いや、でもだから、会ってだよね。会って、うん」
近さん「え、じゃあもう、実はもうずっと高校生のときから、思ってたっていうことを、フルで。フルスイングしたほうがいいんじゃないか」
(‘◇‘)「フルスイングでしょうね。あの、だからあ、『ずっと高校生のときから、言いたかったんだけど、なかなか言えなかったんだけど、ちょっと話があるからあ、会って欲しい』っていうメールをして。それであの、いやだって言われたら、『ああ、そういうことか』と。『あ、わかった~』ってなったら、だ、いったらもう、もうもうフルスイングでいいんじゃないですか?」


近さん「フルスイングでねえ?」
(‘◇‘)「マン振りですよ」
近さん「もう三振覚悟でねえ?」
(‘◇‘)「うん。いいですいいです」
近さん「中途半端なバッティングではなく」
(‘◇‘)「三振かホームランかいきましょう」
近さん「あ、わかりました!」
(‘◇‘)「はい」
近さん「じゃ、わりちゃんに、言ってください」


(‘◇‘)エコー「わりちゃん、三振かホームランだよ(笑)」


(BGM:Magical Song)


(‘◇‘)「いいじゃないんすかあ?」
近さん「そうね。そう、かもしんない。たぶんそのほうがあとあとまたね? ちょっと時間かかるかもしんないけど友達に戻ったときにも、まあ、あの明るくね?」
(‘◇‘)「そんなときがあったよねえ~! なんてさ」
近さん「あんとき俺思いっきりふられたんだよなあ~って」
(‘◇‘)「そうそうそう。それでいんじゃない? だって、何かポテンヒットみたいなのだとさ、え? どっちなの!? みたいなので何年も何年も続いたら何か」
近さん「そうね。あの、さっきのさ、『やり直さなないか』って30分後に、あ、なしなしとか言う、その軽さとかよりも、もう、フルスイング」
(‘◇‘)「そうですよ。バットを長く持ってね!」
近さん「バットを長く持って」
(‘◇‘)「一番長く持っていこうよ」
近さん「そのほうが結局友達としてもいいかもしんないしね」
(‘◇‘)「うん、そう思う」
近さん「わ~かりました。OKです」(←録れ高出ました^^)

教えて相葉ちゃん!


(メッセージ)私は魚介類が苦手で一切食べられません。このまま食べられないのは良くないと思うので克服したいのですがなかなかできません。何か相葉くんなりの克服できる方法はありませんか?(はなえさん?/19歳/大分県)


近さん「へ~、魚介類が苦手」
(‘◇‘)「ん~」
近さん「生ものが苦手ってことなんですかねえ? 焼いてもダメなんすかねえ」
(‘◇‘)「あ~、どっちでしょうかねえ。生ものっていう人は多いですよねえ」
近さん「うん。その可能性ありますね」
(‘◇‘)「何だろ」


近さん「でも、生がダメでも、だいじょぶですよね?」
(‘◇‘)「焼けばいい」
近さん「焼けばいいし」
(‘◇‘)「何から入ればいいですか?」
近さん「何からですかね。シジミ汁ですか?」
(‘◇‘)「フフ、シジミ汁、もいいですけどねえ。何だろうねえ? ちょっと難しいなあ、これは」


(‘◇‘)「海鮮、ん~!? 何かさ、やっぱ採れたてのさあ、ものを、何か食べにいくっていうほうが、よくないっすか、そのフレッシュな、す~げえフレッシュなやつだとさ、あんまりこう、臭さを感じないじゃない。だからあ~、何、九十九里のほうに焼きハマを食べにいくとかさあ」
近さん「そうですよね」
(‘◇‘)「火の入ったやつね」
近さん「うん。だから海に近いところでね」
(‘◇‘)「海の家みたいな感じのさ、ところで出してくれる、定食屋みたいな感じのところから、攻めていくっていうのは」
近さん「そうね。あと、魚ダメでも、貝はだいじょぶとか、ねっ? 貝はダメでも魚はだいじょぶとか、何かね? 引っかかりをね」
(‘◇‘)「好きな物を見つけ~ればなあ」


(‘◇‘)「俺、ちっちゃい頃からネギトロが大好きでえ、今でも大好きなんだけど、それをただただ、あのネギトロとご飯、あっついご飯にネギトロちょっと乗せて、食べてっていうのだけでめちゃめちゃ美味いけどねえ!」


(‘◇‘)「とか、あとシラス大好きなの。普通に釜揚げのやつね。生じゃなくてね、釜揚げのシラスを、ちょっと大量にご飯にかけて、醤油ちょっと垂らして食うとめちゃ美味いですけどね」
「そういう何か、生臭くないところから攻めていくっていうのはありかもね」
近さん「そうだね、あの~、佃煮系のやつもあるし」
(‘◇‘)「海苔?」
近さん「あの、魚の佃煮とかあるじゃないすか」
(‘◇‘)「あ~! ありますね」
近さん「あと、みりん干し的なものとか」
(‘◇‘)「うんうん」
近さん「そうね」
(‘◇‘)「そういうところからね。ゆっくり攻めていったほうが」
近さん「ゆっくりと」
(‘◇‘)「いきなりさ、その、ウニイクラとかエビとかいくと、またちょっと、生苦手な人は辛いと思うんでね」


(メッセージ)以前、『嵐にしやがれ』で大野さんから誕生日プレゼントでもらっていた大野さんの顔がプリントされたデニム、あれからはいてますか?(まりなさん)


(‘◇‘)「はいてますよ、はいてた」


(メッセージ)はいていた場合、どんなコーディネートではきましたか?


(‘◇‘)「いや、普通にね、そんなに目立たなくてえ、顔が。はいてたんですけど、ちょっと問題が発生して」
近さん「ほうほう」
(‘◇‘)「あのぉ~、一番、何ですか? 一番この先端にある」
近さん「股間のね?」
(‘◇‘)「この、ボタン、これ何て言うの? 一番上のボタン。主役のボタン」(←主役のボタンww でも何となくわかる。ウエストの真ん中にあるのでしょう)
近さん「ええ、ファスナーの上のね? この」
(‘◇‘)「あれが取れちゃってえ、はいてないです。フフ」
近さん「あ~、じゃあ……」


(‘◇‘)「取り、取りつけがちょっとね、甘かったんすよねえ~」
近さん「ああ~。じゃ、こらまた、大野さんに」
(‘◇‘)「ん~、つけてもらうしかない。か、だからどっかのそういう、何? 工場に持ってって、そのボタンだけつけてくださいって言わないと」
近さん「ええ、ええ、1点ものなんでねえ」
(‘◇‘)「そうなんですよ」


(‘◇‘)「あとねえ! あのねえ、何つうの? ポッケとかを留めてるこういうボタンあるじゃないすか」
近さん「その鋲っていってね」
(‘◇‘)「鋲、突起がすごくってえ、色んなとこ傷ついちゃってえ。それをぉ(笑)、俺全部やすりで、マネージャーと一緒に削ったんすよ」
近さん「え、それ家の家具とか?(笑)」
(‘◇‘)「家具、家もそうだし、スタジオとか。こういう網なんて切れちゃうぐらいの」


近さん「じゃ、車のシートとかも」
(‘◇‘)「も、傷いってますよ。やってますやってます」
近さん「レザー系だったりすると」
(‘◇‘)「もうやってます、やってます」
「で、やばいぞ、これ! つって、これすげえ突起だなって言って削ったのね」
近さん「なるほどね、そのジーンズの突起のほうを削った」
(‘◇‘)「そうそうそう」
近さん「そりゃそうですね」
(‘◇‘)「鉄やすりみたいなやつで、マネージャー大汗でしたよ。ウフフフフッ!」


(‘◇‘)「そうそう。でもそういうとこまでしてはいてますからね!」(←ありがとう~^^ ファンとしても嬉しい話です)
近さん「そこまでしてねえ」
(‘◇‘)「なので、その、ボタンの修理が終わったらまたはきだします」


近さん「あれねえ、大野さん、遠くから見ると大野さんの顔でしょ?」
(‘◇‘)「顔が入ってるんだよね」
近さん「いいっすよねえ」
(‘◇‘)「うん」


(メッセージ)最近学校で嵐ブームが到来です(りーちゃん/東京都)


(‘◇‘)「おお、ありがとうございます」
近さん「ブーム、長いですねえ」
(‘◇‘)「いやいやいや、そんなこと……」
近さん「嵐ブーム!」


(メッセージ)嵐さんの歌を歌ったり踊ったりしています。今日は『復活LOVE』を踊って歌ってきました。そして嵐さん関連で今日話題になったのですが、相葉ちゃんの好きな女子のしぐさってありますか?


(‘◇‘)「フフッ、どういうこと?(笑)」
近さん「え~、これ女子小学生に聞かれてるんですね」


(メッセージ)それから近々運動会があるのですが、相葉ちゃん的に運動会で燃え尽きるまで一生懸命な女子のことどう思いますか?


(‘◇‘)「いいじゃん、素敵だと思いますよ」
近さん「おお」
(‘◇‘)「燃え尽きるまでやってくれたほうが」
近さん「ええ」
(‘◇‘)「よ~しよしって感じですよねえ。よくがんばったね」
近さん「運動会も汗まみれになって」
(‘◇‘)「もうナイスですよねえ。そっちのほうが僕は好きですよねえ、見てて感動するっていうか」
近さん「はあはあはあ」


(‘◇‘)「何事も一生懸命やったほうが」
近さん「ええ」
(‘◇‘)「気持ちいいよ、それは。抜かないで」
近さん「運動会、そう、あの、じゃ赤と白と青と何とかって得点発表のときにもう、キャ~! ってもう、女子盛り上がりますからねえ」
(‘◇‘)「いや、いいですねえ~。もうそれはもう全力で」
近さん「全力で」
(‘◇‘)「ぶつかってください」


近さん「じゃ、プラス」
(‘◇‘)「好きなしぐさ」
近さん「女子のしぐさ」
(‘◇‘)「もう気にしない、もうそういうだから」
近さん「ああ」
(‘◇‘)「もう全力でいけるってとこが、僕は好きですね」
近さん「そうですね。『全力少女』」
(‘◇‘)「いいねえ。何かそれ聞いたことあるな。何それ、映画?」
ねっち「スキマスイッチの」
(‘◇‘)「ああ~、『全力少年』」
近さん「少年だね?」
(‘◇‘)「ハハハ、もうちょこっとずつ間違えてる。フフ」


(‘◇‘)「はい、ということで以上『教えて相葉ちゃん!』でした。ここで1曲聴いてください。『スキマスイッチ』で『全力少年』」


 

エンディング


エンディングはニューシングルとアリーナツアーの告知でした。



●大野智くん雑誌情報


○5/23(月)
「SODA」7月号(ぴあ)
大野智「世界で一番難しい恋」現場リポ

SODA 2016年7月号



●嵐さん雑誌情報


○5/24(火)
「TVnavi」7月号(産経新聞出版)
大野智×波瑠「世界一難しい恋」
相葉雅紀「相葉マナブ」
「嵐にしやがれ」「VS嵐」


○5/24(火)
「TVfan」7月号(メディアボーイ)
大野智 表紙・巻頭グラビア・インタビュー「世界一難しい恋」



●嵐さんテレビ情報(今週の『天才!志村どうぶつ園』はお休みです)


 ○5/21(土) 22:00-22:54
 嵐にしやがれ(日本テレビ系)


 ・5/21(土) 25:30-26:05〔再放送〕
 グッと!スポーツ「吉田沙保里が6戦全敗?負けない女王の意外な原点」(NHK総合)
 相葉雅紀


 ・5/21(土) 26:05-26:40〔再放送〕
 グッと!スポーツ(NHK総合)
 相葉雅紀


 ○5/22(日) 12:45-13:15
 ニノさん(日本テレビ系)
 二宮和也


 ○5/22(日) 18:00-18:30
 相葉マナブ(テレビ朝日系)
 相葉雅紀 


 ○5/22(日) 21:00-21:54
 99.9―刑事専門弁護士―(TBS系)
 松本潤