読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『世界一難しい恋』金魚釣り・観覧車・クルージング(東京横浜ロケ地巡り)

世界一難しい恋

こんにちは。
昨日はセカムズ公式さんからも社長室の皆さんのオールアップのご報告ありました!


《社長が1人ずつお花を渡していったのですが、三浦くんには勢いよく投げつけるという愛のあるサプライズも‼️ 笑顔でやり直すツンデレ社長に、現場は笑いに包まれました》


あははは!
親しさが伝わってくるエピソードです( *´艸`)



社長室の皆さん、本当にお疲れ様でした!




さて、社長のオールアップと全体のクランクアップも差し迫っているであろうさなか、管理人は昨日、東京横浜とロケ地巡りをしてまいりました。


本来であれば撮影が全て終了してからお邪魔にならないようゆっくりと……と思っていたのですが、金魚釣りと観覧車とクルージング、この3つは本格的な夏が来てからだとちと辛いぞ! と日光アレルギーを持つ私は少し早めに回ることにしました。


まずは腹ごしらえをしようと思い、教えていただいたこちらの東京のお蕎麦屋さんで昼食に鴨せいろをいただいてきました。
予約した席の奥側は智友さんへお譲り。
お蕎麦とお出汁の風味が格別でした(^^♪





それから『天才!志村どうぶつ園』で志村園長と智くんが金魚釣りしていた「金魚坂」のお店へ。
金魚坂には色んな種類の金魚を始めヤドカリや亀などもたくさんいました。





金魚釣り30分(大人700円)で私たち二人で5匹ずつ、合計10匹釣り上げました。




昨日は梅雨時にしては天候も良く暑いくらいで、結構真剣に金魚釣りしていた私たちは喉が渇いたため併設されている金魚坂のカフェに避難。



私が注文したのは「桂花観音」というキンモクセイの香りの中国茶。
こちらはアイスのみで、ナッツがついてきました♪
(「桂花」というフレーズに惹かれて注文したんですが、千葉の中華屋さんの店名に使われている「桂花」という言葉もキンモクセイという意味なんですね。だからマークやキャラクターにお花が使われているのか~と今さら知りました)



金魚坂カフェのレジ前では金魚グッズが色々と販売されていました。
私は金魚模様がかわいいガーゼはんかちとガーゼてぬぐいを購入。



一息ついてから向かったのは横浜。
(同じ県内のほかの市から横浜に行くよりも、東京から横浜に行くほうがアクセスが楽で時間も短い……ということに超個人的ですが納得いかない管理人です。笑)


山下公園のそばにある和田社長のステイゴールドホテルの写真を撮ってから中華街を散策。




中華街のお土産屋さんにも『世界一難しい恋』マロンケーキが目立つところに陳列されていました!


こちらは「ありあけハーバー」の新商品 「ブルーベリーハーバー」です。
「ありあけハーバー」にブルーベリー最高に合います。
美味しかったですよ^^



中華街へと朝陽門から入って向かった先の中華屋さんにて少し早めの夕食。
私たちが座ったのは2階、写真にも写っているお店の出入り口のすぐ上の窓際の席でした。




予約時に智友さんがお店の人とそれとなくお話をしたところ、すいている時間帯だったこともあり、『世界一難しい恋』で零治さん始め社長室の皆さんがランチを取られた個室を見せていただくことができました!!
照明や扉がとても凝った造りをしています。




注文したメニューはこんな感じ。
エビアレルギーでもある私は料理に使われていたエビをことごとく智友さんに食べてもらいました(ありがとー!)






夕食を終えるとすっかり日も暮れて、鮫島ホテルズの上にはぽっかりとお月様も浮かんでいました♪



「よこはまコスモワールド」の大観覧車「コスモクロック21」では、床や壁が透明なシースルーゴンドラに乗りました。




観覧車のシースルーゴンドラはめちゃくちゃおすすめ!!
とにかく夜景が素晴らしく綺麗で私たちのテンションも上がりまくりでした(笑)






観覧車から降りるとそばの階段から「アニヴェルセルみなとみらい横浜」へと抜けられます。
汽車道を歩きながら撮影した「アニヴェルセルみなとみらい横浜」です。



観覧車は近くからだと上手く撮影できなかったので、みなとみらい側から全景を撮ってみました。



そのみなとみらいへ向かったのは社長室の皆さんが新入社員歓迎会を行ったクルーザーでナイトクルージングするため。


クルーザーはぷかりさん橋というところから発着しているんですが……。
ここの待合所で待っているときに私たち以外の全員がカップルという状態に気づきました(笑)



ナイトクルージングはワンドリンクつきで、ひとり1950円。
ノンアルコールカクテルを作ってもらいましたよ^^



波にちょっぴり揺れる船のへさき越しの鮫島ホテルズと観覧車。
(この緑色の状態のときに1秒ぐらいずつ白いライトが増えていくのを私たちは「タイムショック」と呼んでましたw)



そしてキャビンのテレビでは『世界一難しい恋』が流れていました!
ちなみにタラップの出入り口にもセカムズのポスターが貼ってありました。



――『世界一難しい恋』が終わりを迎えるのは寂しいですが、最終回のあとにはまたのんびりとロケ地めぐりをしてみようかな……と思っています。


ドラマの中で零治社長が『NEWS ZERO』での櫻井翔キャスターからインタビューを断ったという伏線がありましたが、そちらも無事回収されますことを祈ります!!