読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くん『ベイスト』誕生日企画お祝いメッセージ

 

BAY STORM(2016/6/19)

オープニング


(.゚ー゚)オープンニングの一言「今年は誰からのメッセージかな!?」


(メッセージ)毎年、誕生日企画のメッセージとても楽しみにしています。二宮さん今年は誰からのメッセージだと思いますか。私はDVDの発売もあるし吉永小百合さんからのメッセージだと嬉しいなあと思うんですが、大物すぎてコメントをもらいにいくスタッフさんがたいへんかなと思ったりします。今年も素敵なメッセージ期待しています(浩二くんの「絶対にやだ」の切ない表情が好きさん)


(.゚ー゚)「吉永さんじゃないんですね。フフフ! いや、どうでしょう。そこで、え? 長嶋茂雄のものまねですか? 急な。どうでしょうって」


(.゚ー゚)「いや、だってもう、ほんとに吉永さんからもらえたらね? これ読まないでしょう、一番最初に。あ、出ました(笑) どうでしょう。フフフ! ん~、どうでしょう
。おお~」


(.゚ー゚)「でも? 私は? 17日に誕生日を迎えたそうで。何と二宮さん33歳になり、もう2日が経った、いうことでございます」


(.゚ー゚)「今週の『BAY STORM』のね、でのお祝いということで誕生日メッセージが届くということでございますのでね」


(.゚ー゚)「こらもう毎回僕も、ねっ、誰からお祝いしていただけるのか知らないので、皆さんもね、え~、一緒に楽しんで聞いていただきたいと思います」


オープニングナンバーは『I seek』です。


 

我こそオンリーワーク


(メッセージ)私のオンリーワークだと思う仕事は私の父の仕事です。私の父は貸し切りバスの運転手をしています。普通の仕事だと思いますが休日も使ってお客さんに少しでもいい思い出ができるようにコースを考えたりして実際に目的地まで行ってルートを確認したり、ここに行ったほうがいいなあ~などコースに乗ってないところもいいと思ったところはお客さんを連れていったりしていて、とてもお客さん思いの仕事だと思ったからです。なので、この仕事は父の優しさが生きるオンリーワークだと思います。私はこんな父が大好きです!(数学の先生と二宮くんの共通点がたくさんあってびっくりしたせーなさん)


(.゚ー゚)「いい家族なんだろうなあ~、でも。13歳ですよ。反抗期が来るような、ときに、父が大好きだって言えるんすよ。いい家族でしかないよなあ。やっぱ親が良けりゃ子もいいんだよ。ねっ」


(.゚ー゚)「そんなメール送れました? 13歳の頃。いや、めちゃめちゃ反抗期でしょ、絶対。う~ん、すごいと思うなあ、やっぱりそういうのって」


(.゚ー゚)「仕事が何をしているかわかっている、人ってやっぱりこう、あんまいやがられないもんなあ」


(.゚ー゚)「いやいや、サラリーマンとかさ、『お父さん何やってんの?』と聞かれて『サラリーマンだよ』って言ってさ、全てを理解するわけじゃないじゃない、子供って」


(.゚ー゚)「『サラリーマンって何だろう』じゃん。だって子供が一番出会わない職種がサラリーマンですよ、絶対。どうがんばっても」


(.゚ー゚)「例えば何か、『ラジオの番組作ってるんだよ。これほら、お父さんが作った番組だぞ!』っていうのはさ、あの~、こう発表じゃないけどわかるじゃん、何してるか。お父さんこのラジオ作ってる人なんだとかって。テレビとかもそうじゃない。サラリーマンてさ、見えないくない? なかなか」


(.゚ー゚)「『お父さん、部長なんだよ』ってとこでさ、それが偉いのか偉くないのかも、全然、やっぱわからないじゃない。だから、そう、プロ野球選手とか、サッカー選手、スポーツ選手はそうだけどやっぱりこう、早くに結婚してこう子供ができたときに子供が、の記憶に残るぐらいまでは、プレーしたいってのはそういうところなんだろうなあ」


(.゚ー゚)「それは何か、やっぱわかる気がするもんね? 自分がそういうスポーツ選手だったらやっぱり自分が、一番、がんばってる仕事している姿を、見せれる職種、なかなか珍しいから、やっぱりそこまでは、やっぱり現役でいたいって思う人もいるんだろうなあ~。っていう気持ちはよくわかるな」


(.゚ー゚)「こういう特殊なことをやればやるほど、やっぱり、お父さんのことを考えるんだろうな(紙をめくる音)」


(メッセージ)私は地方の小さな遊園地でアトラクションの運転手をしています。今年で開園60年のボロボロにも見える遊園地ですが精一杯できることからこつこつと営業しています。
春にはお花見、夏はプールと花火、釣りが始まって、冬にはイルミネーションと1年中イベントだらけの仕事ですがやりがいがあって素敵な仕事です。
乗り物を運転するには乗り物の運転免許証が必要となり、免許取得には実技試験があったりと色々たいへんなことも多いのですが素敵なこともあるのです。
お子様の笑顔はもちろんほかの遊園地に無料で視察に行けたり、芸能人の方が撮影で来園したり、お客様の反響やスタッフのモチベーションも上がるので二宮くんも機会があったらぜひ来てください(ぺごりんちょぐーさん)


(.゚ー゚)「どうですか? 遊園地、行きます? 最近行ったのいつですか? 遊園地」
「2年前に、たまたま目の前に花やしきがあったんすか? アッハハハ。あ、迷子になってたんすね?」


(.゚ー゚)「迷子になってて、花やしき見つけて、入ったんすか? へえ~! でもいい遊園地ですよねえ。俺もたぶん人生で一番行った遊園地って花やしきだと思うな。たぶんそうだと思うなあ。家族、そうそうそうそう」


(.゚ー゚)「あのぉ~、左っかわにぃ、迷路みたいなのあるじゃないすか。で、その迷路の、隣がマンション、じゃないっすか。うん。だ、いつもこっから全部が見えるんだろうなって思いながら、何か迷路やってた記憶が」


(.゚ー゚)「もう変わっちゃったのかな、あそこの街全体が。ああ、あそこ一番行ってると思うなあ」


(.゚ー゚)「お化け屋敷、とかもさあ、何か乗っていくやつじゃなかったでしたっけ。花やしきのお化け屋敷って。何かあったのような気がすんだよなあ」


(.゚ー゚)「今行っても楽しいんだろうね。楽しいよ」


2曲目は『Daylight』です。

裏嵐


(.゚ー゚)「すごい人なんだ、誕生日企画の前にだなんて。ちょっと引っ張るような文句入れちゃって。引っ張ってやるぜと、こんだけすごい人がお祝いしてくれたんだったら引っ張ってやるぞと。ああ~そうですか」


(メッセージ)嵐さん49枚目のシングル『I seek / Daylight』がオリコン週間ランキングで2週連続1位を獲得したということでおめでとうございます(小学生時代のあだ名はトマトさん)


(.゚ー゚)「ありがとうございます!」


(メッセージ)嵐さんが2週連続1位を初、男性アーティストでは7年8ヶ月ぶりだそうです。発売直後はファンがほとんど買っていると思いますがが、2週目以降はファン以外の人も多く手に取ったのではないかなと思い嬉しく思います。これも智くん潤くんのドラマが好調でより多くの人の耳にふれる機会が増えてからかもしれませんね。にのちゃんドラマ見ましたか?


(.゚ー゚)「ですって。私は今この人の、この人のおかげで知りましたよ。2週連続1位を獲得したということを」


(.゚ー゚)「これね、教えてもらえないもんなんだねっ。これでもやっぱそうね、あれなんだと思いますよ……こうやってすごい売れている、ねっ? もちろんそれはね、こう買っていただいた人がいるからそういう現象になったわけだけどお、売れてるときってあんまり情報くれないんですよね。レコード会社っていうところは、おそらく」


(.゚ー゚)「あのときから! 比べて! 売れなくなってきた! っていうときはすごい情報を共有してくるんだと思うんですよ、私」


(.゚ー゚)「2週連続1位取って、だって男性で7年8ヶ月ぶりなんだそうですよ? いや、すごいことですよ」


男性スタッフさん? の声。
(.゚ー゚)「知らない知らない。(トントンとペンで机を叩くような音)7年8ヶ月ぶりってだって、すごくない(笑) 言いたくなりません? 俺だったらすごい言いたくなるけどね」


また男性スタッフさんの声がかすかに。
(.゚ー゚)「へえ~」


(メッセージ)先日、福士蒼汰くんのバースデーイベント(ラッセンが好きさん)


(.゚ー゚)「ってのがあるの」


(メッセージ)そのイベントで、「この1年で一番嬉しかったこと」は? と聞かれ、福士くんは「二宮さんがアカデミー賞の最優秀主演男優賞を取ったこと。共演したことがある人が受賞しているのをテレビで見ていて自分も感動した」と答えたそうです。嬉しいですね。嵐さんのバラエティー番組などでも『弱くても勝てます』の生徒の方々がたくさん出演していて、ニノもそのときは一段と嬉しそうで、今でも師弟関係が続いているのかなあ~なんて思いながら見ています。
最近は生徒役の俳優さんたちとプライベートなどで会うことはあるのですか? 何か彼らのエピソードがあったら教えてください。


(.゚ー゚)「ん~、あんまないかなあ。『お迎えデス。』を撮ってるスタジオで『ニノさん』1回撮ったことあってえ、そのときにはあって、チョロッと話したぐらいで、プライベートで会うって、それこそ、そうたぶん時間がないんじゃないかなあ~」


(.゚ー゚)「う~ん。時間がね、そう、合わないんだよなあ。あいつもちょっと似てるところがあって、今日何やってますかとか、今なにやってますか、インターバルがすごい少ない感じで誘ってくるから」


(.゚ー゚)「リハだわとか、収録してるわとか、なって噛み合わないことがあるけど」


(.゚ー゚)「でも最近はほんとみんな、(本郷)奏多もそうだし、(山﨑)賢人もそうだけど、がんばってますよねえ~」


(.゚ー゚)「間宮(祥太朗)もこないだ、映画でVS来てたし。そう」(←映画『高台家の人々』チーム)
「びっくりしちゃったよ。すげえみんながんばってるんだなって」


(.゚ー゚)「10(歳)ぐらい違うでしょ? たぶん。そうだよねえ(かすかに紙をめくる音) びっくりだなあ、それって」


(メッセージ)この前の『嵐にしやがれ』で綾瀬はるかさんにダンスを教えていましたね。その前には『笑点』の皆さんに。それを見て思ったのですが、二宮さんダンスを教えるのが上手いなと思いました。何かのランキングでダンスを教えてもらいたい芸能人で嵐が1位でした。二宮さんを見て1位になる理由がわかりました。教えるとき何か心掛けてることがあるのですか?(二宮さんがさん)


(何年か前の『オリスタ』のランキングですよね^^ 1位が嵐、智くん個人でも3位にランクインしています♪)
ダンスを教えてもらいたい男性アーティスト1位は嵐! EXILEが2位、大野 智が3位に! ニュース-オリ★スタ-


(.゚ー゚)「気になりません? 何のランキングか。"ダンスを教えてもらいたい芸能人ランキング"ではないんですよ、おそらく。何かのランキングでダンスを教えてもらいたいのが、嵐だったんですよ。何のランキング……」


(.゚ー゚)「何かを心掛けていることありますかだって」
「でもね俺そんなに、自分で上手いとは思わないすけどねえ。教えることなんてないし、だって、俺がね?」


(.゚ー゚)「何でそんな上手いって思えるんだろう」


(.゚ー゚)「だって、俺ずっと教わってる身なわけじゃん。おそらくこれからもずっとね? で、教えるっていうことは、やったことがないというか、何か興味を持たない、とこだったんですよ。やらない、どうせやらないだろうし。それで飯食うわけじゃないしさ」


(.゚ー゚)「だから、あんま考えてなかったけど。そう見えるもんなんすねえ」
(今の学生の子たちは授業でダンスがあるから、踊り慣れてない先生に教えてもらうということもあるのかもしれないですものね)


(.゚ー゚)「どうでしたか?(どういう顔に映ってた? どういう顔でした?) おお! ほんとですかあ!? 出ちゃうんすよね、でもテレビって結局。出したくなくても。そういう優しい感じ、今ね? 死神(女性スタッフさん)『優しい感じがテレビに出て新鮮でしたよ』て言ってたけど、結局出ちゃうんすよね、それは。怖い。テレビって怖いねってこと、俺が言いたいのは(笑) ねえ~」


(メッセージ)私は写真を撮ることが大好きで、ペンネームにもあるようにライブカメラマンのような人を撮る仕事がしたいです。先日の体育祭でみんなの写真を撮っていて、みんなの自然な顔を撮るのがとても楽しくて、改めてこれを仕事にしたいと思うようになりました。
とても体力のいる仕事ではありますが絶対やりがいがあるだろうし楽しいだろうなと思いました。でもカメラマンさんと言ったら男性のイメージが強いです。そこでニノさんに質問です。嵐さんのライブカメラマンはやはり男性が多いですか。女性には難しい仕事なのでしょうか(ライブカメラマンになりたいゆり宮さん)


(.゚ー゚)「ライブカメラマンて何すか? ああ、ライブの写真を撮ってる人たちってことすか? ああ、女の人ですよ? これ、うちはもうずーっと、もうそろそろ10年近くなるんじゃないすか? 10年ぐらいずっと、ライブんときに、楽屋から、楽屋の準備から、ずーっと写真撮ってる人がいるんすよ。で、その人がライブも撮ってるし、ハワイも行ってるし、っていうのでずーっとついてる人は、女の人」


(.゚ー゚)「だから、『女性には難しい仕事なのでしょか』、う~ん、難しいのかなあ。難しくないと思いますけどねえ。そこは、ねっ、才能ですから。だって蜷川実花ちゃんとかもそうでしょ、だって。あの人も、写真でしょ? うん」


(そうよね、カメラマンさんになったら嵐さんにあんなポーズやこんなポーズしてもらうことできるのよね。智にシャツのボタンをはずすように言えるのよね!! こんな邪な思いじゃ私には到底カメラマンになれるわけないけれどもっ!!)


(.゚ー゚)「だから何かそこはもう才能なんじゃないのかなあ?」


(.゚ー゚)「だからその才能! っていうのがこう、等しくねっ、ないわけだから難しいですかって言われると難しいと思うよ? みんなが同等にその能力を持ってないから、っていう意味では難しいと思うけど、物理の働きとしてはそんなこともないんじゃないのかなって思うけどね、うん」

誕生日企画お祝いメッセージ


(.゚ー゚)「そしてっ、ここで、誕生日企画のお祝いメッセージ紹介するわけですが、僕も誰から届いたかわかりませんけども。昨年Hey! Say! JUMPの山田くんということで、ねっ、もう身内の身内。メッセージもらうっていうもう、終末を迎えているような、去年でしたけど(笑)」


(.゚ー゚)「聞いてみます? 聞いてみましょっか。それではお願いします!」


【誕生日企画お祝いメッセージ】


照英さん「『BAY STORM』をお聴きの皆さん、そして嵐の二宮くん、こんばんは! 照英でございます」


(.゚ー゚)「ッハ!(笑)」


照英さん「ええ、二宮くん、このたびはお誕生日まことにおめでとうございまーす。素晴らしいと思います(拍手)」


(.゚ー゚)「ありがとございまーす。いや、ありがとうございます」


照英さん「あの~、ニノくんと最初に会ったのは番組でね、呼んでいただいて」


(.゚ー゚)「はい」


照英さん「お世話になって、初めて会話させてもらいましたが、その前から何やらあのラジオとか、あとはまあテレビ等々で、わたくし照英のことを、え、結構盛り上げてくださったようで、ありがたく思ってます!」


(.゚ー゚)「いえいえ」


照英さん「そして今、聴いてくださってるファンの皆様も、ありがとうございます。わたくし照英、いい親父になりながらもう40(歳)超えましたけども、一生懸命、日々邁進しながらがんばってます!」


(.゚ー゚)「や、私の誕生日だから」


照英さん「え、そんな中で、ジャニーズの二宮くんから、今をときめく嵐の二宮くんから、こうご指名いただけたりすることが非常に嬉しく思ってます」


(.゚ー゚)「私、ご指名しました?」


照英さん「誕生日ですけど、人生あのー、わたくしも今42になったんですけど、30のときは30で楽しい時期も過ごせるかもしれませんが、40になれば40でまた男として、あの磨きがいがあって、色んなことに興味が湧いてきます」


照英さん「まだあのー、仕事もね、役者の部分も歌手の部分も、そしてあのー、ま、エンターテインメントの部分でもね、忙しいと思いますけど、なるたけ自分のストレスをためないように、ニノくんあのー」


(.゚ー゚)「はい」


照英さん「自分の楽しみを日々見つけながら、30代をときめいて、また羽ばたいて欲しいなと思いますけれども」


照英さん「何やらあのー、パワースポットで、何か話題になった議題があったみたいなお話をスタッフさんから聞きまして」


(.゚ー゚)「え、そうなんです」


照英さん「じゃ、照英のパワースポットはどこなんだと、あの、ま、色々ね、普段ロケとかするので、ま、楽しいこともたくさんあるんですけど、色んなパワーもらってます。あの一番もらうのはね、あの~、人々に会ってね、優しさもらったり、喜怒哀楽を感じさせてもらった、それが一番の感謝しなきゃいけないパワースポットかもしれませんが」


(.゚ー゚)「まあまあ」


照英さん「ま、心ですよね。でも、照英的なパワースポットは、居酒屋でビール飲んでるときが一番幸せです」


(.゚ー゚)「フフフッ」


照英さん「なぜかと言うと、ま、ビールすごい好きで、ま、ニノくんも飲まれるかもしれませんが」


(.゚ー゚)「はい(笑)」


照英さん「世界のどこ行ってもね、ビールってあるんですねえ」


(.゚ー゚)「まあまあ」


照英さん「ロケで日本中旅したりするじゃないですか」


(.゚ー゚)「うん」


照英さん「どんなお店行っても、例えば焼酎はないワインはない、でも、ビールはありますよ。ああ、じゃあビール好きだからって思ってるうちに、ビールを飲んだら一番そこからパワーがいただける気がするんですよね」


(.゚ー゚)「うん。いや、俺の誕生日のお祝いメッセージ……」


照英さん「仕事がオンからオフになる瞬間を感じれる、これがあのー、僕ん中の心の、いや胃袋、いや肝臓のパワースポットです」


(.゚ー゚)「ああ、なるほど(棒)」


照英さん「これねえ、自分のストレスを解消する場所、それがパワースポットって言えるようになったら」


(.゚ー゚)「はい」


照英さん「男ん中の男だと思ってますよ! ま、ニノくんもちろんね、あの~」


(.゚ー゚)「ハッ(笑)」


照英さん「男のハート持ってるからかっこいいですしね」


(.゚ー゚)「はい」


照英さん「そういう気持ち持ってると思いますけど」


(.゚ー゚)「僕あの33になったっていう……」


照英さん「ニノくんのパワースポット、本当はいったいどこにありますか?」


(.゚ー゚)「はい、はい……」


照英さん「それを聞いてみたいですね!」


(.゚ー゚)「あ、はい……」


照英さん「ぜひあの~、またね、機会がありましたら、あのラジオでも呼んでもらいたいですし、テレビの番組で一緒にロケなんかいいなあ~なんて思いますよね」


(.゚ー゚)「そう、そうですね。はい」


照英さん「ぜひニノくん! よろしくお願いします」


(.゚ー゚)「最後売り込みで終わる」


照英さん「ということで改めまして、二宮くん」


(.゚ー゚)「はい」


照英さん「このたびはお誕生日まことにおめでとうございます!」


(.゚ー゚)「ありがとうございます!」


照英さん「いつの日かまた、お会い差せてくださいね~。応援してます。全力サポーター照英でした」


(誕生日メッセージ終了)


(.゚ー゚)「クククッ(笑)、すごいですね。よく捕まえましたね、あの照英を。あの照英を捕まえる、さすがですよ」


(.゚ー゚)「いやもう~、いないんだ、東京に。もうねえ、日本各地に行っちゃうんだ照英は、元気があり余ってるから。すぐ行っちゃう、どっかに。その照英を捕まえるってのはすごいっすよ」


(.゚ー゚)「それはほんとにすごいと思う、んだけどお、私1つ確認してもらいたいのは、私ご指名、しました? 今年の誕生日、照英でよろしくって。俺言いました? どうやって伝えたました? 二宮さんたってのお願いみたいな空気で伝えてます?」


(.゚ー゚)「サプライズでって言ってますよねえ。そうですよねえ。これ変換されちゃったのかな? そうですかあ……」


(.゚ー゚)「はい?(紙をめくる音) 照英さんは? 8月のリオデジャネイロオリンピックでの、え、テレビ東京のキャスターを担当すると。中継番組から現地の模様をお伝えすると。じゃ、いないんだね! もう8月は」


(.゚ー゚)「忙しい、日本各地かと思ったらもうリオも行く」


(.゚ー゚)「でもあの人、槍投げか何かですよね? ねっ? そうそう」(←元槍投げの選手だったらしいっすね~)


(.゚ー゚)「いっそがしいんだよなあ~。え、よく、捕まえてくれましたね、私の照英を。そうなんす、私の照英ですからね。みんなの照英だと思ってるかもしれませんけど」


(.゚ー゚)「違いますよ! 全力サポーターなんです(笑) ねっ? ありがとうございます。ほんとにね。わざわざね? ゆったらね? 作品をいっしょにしてるわけでもない! ねっ? 一緒にこう食事しったことがあるわけでもないのにね、こんな、おそらく一番長いメッセージであったでしょう、ね?」


(.゚ー゚)「ああ、ほんと感謝しかないですよ、ほんとにね。ありがとうございます」


(.゚ー゚)「ま、ね、リスナーの今聴いてくださってる皆さまからもね、ほんとにたくさんのお祝いメッセージいただきまして、ありがとうございました! わたくし33に? なったのかな? 33になったので、これからも、がんばっていきたいと思います」


(.゚ー゚)「とゆうことで照英さん、ありがとうございました!」

エンディング


(.゚ー゚)「昨日! と今日は、大阪で、ワクワク学校が。ワクワクしましたねえ~。あんなにワクワクするとは思いませんでした、私も。ええ~」


(.゚ー゚)「あれが、再び、東京で、25日26日にありますので、ぜひともね、来てくださる方楽しんでいただきたいと、いう風に思います」