読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん『婦人公論』8/9号

雑誌 コンサート

【お知らせ】


※スポーツ報知
www.hochi.co.jp


※スーパーNANOX 公式Twitterアカウント
《【新CM放映情報】みなさん、ニュースです!『トップ スーパーNANOX』の新CMが完成しました! 最も早くチェックできるのは8/1(月)TBS系列『白熱ライブ ビビット』内にて! この夏も、ニノがナノで #受けて立つ!※放送は予告なく変更、または中止となる場合がございます》



婦人公論 8/9号

嵐「五人の"研究発表"で、日常が動く」湯山玲子(6ページ)


『婦人公論』にて、著述家・ディレクターでもある湯山玲子さんが描く「嵐のワクワク学校2016」レポートは6ページ。
目次には特集と同じ嵐さんの顔写真がモノクロで、上からSMOANと並んでいました。


嵐「五人の"研究発表"で、日常が動く」レポートの1ページ目はフロートに乗って挨拶している五人の写真が大きかったです。
ほかにもメンバーの写真が1枚ずつ計5枚、それにステージセットの写真も載っているのがバランスいいなと思いました。


2~6ページまでは嵐さん一人ひとりのページがAONSMの順で1枚ずつ。
それぞれページいっぱいに大きな写真が1枚使われていて、各授業の内容が短く添えられていました。


智くんの写真はスーツの上から青いライフジャケットを着込み、釣り船に乗っている場面。
目力が入っていてキリッと素敵な写真でした!!♡


湯山さんのテキストのほうはワク学の概要のようなものから始まっていました。
「嵐って"学校感"があると思うのです」と文章にありましたが、同じことを感じているファンの人も多いような気がしました。


高校生ぐらいの男子が休み時間などに集まっておもしろそうにしていると、ついこちらは目で追ってしまう感じ……。
嵐さんってそういうキラキラした青春を、光を失わさせずに持ち続けることのできる五人だなあと。


例えばHEY!×3のテレフォンボックスのコーナーで、電話しているメンバーよりも後ろでずっと何かやってる四人のほうが気になったり(笑)
歌おにメイキングでふざけるチョコボール……もといドングリ(智)とドジョウ(マル)に見入ってしまったり。
そんなのを今パッと思い出しました。


また嵐としてのグループだけではなくて、メンバーそれぞれの印象もテキストでは語られていました。
取材した公演で天体観測を行った磁石にはコンビとしての感想が(笑)


相葉ちゃんには男性タレントにありがちなナルシストな部分があんまりない、松潤については「恋人」のイメージを描ける人、とも。


智くんには、「誰しも前に前にと出ていく芸能界で、『前に出なきゃいけない』という強制力に負けない強さ」がある、と。
「不動だから、返って視線がいきます」とも綴られていました^^


湯山さん的にも嵐を家族に例えるならやっぱり智くんはお父さん役になるんですね!
相葉ちゃんがお母さん、翔くんが長男、松潤が次男で、ニノはときどきフラッとやってくる風来坊の親戚だそうです(笑)


ほかにも、嵐のコンサートやイベントを「女の野球」、女性にとっての野球観戦のようにファン同士で交流の持てる場と結んでいるところもなかなか興味深く読ませてもらいました。


婦人公論 2016年 8/9 号 [雑誌]



●嵐さん雑誌情報


○7/27(水)
「TV LIFE」17号(学研プラス)
櫻井翔 表紙 グラビア&インタビュー
大野智×二宮和也 「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない?~」


○7/27(水)
「TVstation」16号(ダイヤモンド社)
櫻井翔


○7/27(水)
「TVガイド」8/5号(東京ニュース通信社)
櫻井翔 表紙 SPグラビア&インタビュー
相葉雅紀×二宮和也 連載「週刊VS嵐ガイド」


○7/27(水)
「週刊ザテレビジョン」31号(KADOKAWA)
櫻井翔 表紙 SPグラビア&インタビュー


○9/1(木)
「Eye-Ai」October 2016(リバーフィールド社)
「嵐のワクワク学校2016」
(表紙 山下智久)

Eye-Ai [Japan] October 2016 (単号)