読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』スポットCM放送!&映画『忍びの国』ロケで色んな虫を見ている「カミキリムシもさわれない」〔大野智・ラジオ〕

おはようございます。


『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』DVD&Blu-rayのスポットCMが流れ始めましたね!
発売まであと1週間。
この手にできるのが楽しみです(^^♪


私は映画でも何でもそうなんですが最初から順番に見ないと気が済まないタイプなので、まずは一通り全体を見て、それから『暁』などを思う存分にリピしたいと思います!!


そして、今日からドームツアーの申し込みも始まるんでしたね。
皆さんのもとにも幸せの青い封筒が届きますように……!


ARASHI DISCOVERY(2016/8/17)


(始まりの挨拶)


("今日の一言")「昼からは ちと影もあり 雲の峰」(←若干たどたどしいです)


(´・∀・`)「……はあ!」


("今日の一言"の説明)「これは江戸時代を代表する俳人、小林一茶さんの言葉です」


「え、茨城県のリスナーじゅんじゅんさんから教えていただきましたあ。メールを読みますと」


(メッセージ)「(スー)大野くん、おはようございます。ええ、私の会社には夏になると、蚊・ハチ・カエル・セミ・ヘビ、ええ、トカゲなど、色んな生き物が出没します。そのようすを表す言葉を探していて見つけたのがこの俳句です。え!? 生き物なんて、どこにも、出てこないって? いいえ、ひらがなにしてつなげて書いてみてください。何と一茶さんのこの俳句の中に、7種類の生き物を! え~、隠していました」


(メッセージ)「大野くんが今映画のロケで訪れる場所も、たくさんの生き物が生息する自然豊かなところだと思いますが、え、撮影中どんな生き物に遭遇しましたか」


(´・∀・`)「ちょっと待って、どういうことだろ。(ガサゴソと紙の音)ここに、ちょっと(ガサゴソ)、ひらがなになってんのが」


「『ひるから』、あ、ほんとだ!」(←『ひるからはちとかげもありくものみね』)


「ヒル! ヒルもいんだ、これ。『ひる』、『か』! で、蚊。で、『ら』はなくて、『ひるからは』! 『わ』がもう『は』で、ハチ、『と』っ『かげ』だからトカゲ」


「『も』っ『あり』。あ、アリも入ってんだ、これ。で『くも』、『くものみね』でクモ、ノミ!」


(´・∀・`)「すげえな! おもしろ俳句だねえ。江戸時代に、ね? いたんだね、もうそんなときからあ。ちょっと隠れたお遊びとかが、好きだったのかなあ。うん」


「まあでもそうですね、今映画撮影しててえ。映画今あの~『忍びの国』って映画撮ってて。忍者役ではあるんだけども、あの~ロケとかが、あのほんとに、田んぼとか、そういうとこで撮ってるんですけど」


「だから久々、み、見てるかも、色んな虫を」


「ちょっと前でゆったらあ。ひっさびさにカミキリムシ見たし。うわ~、もう正直、まだいるんだって感じだった。ふははは!☆彡 はは!☆彡 そりゃいるわ!(笑) うん」


「あとひっさびさトカゲ見た。ちょっとぉカメラアングル待ちとか色んなのでえ、待ちがあるときに、ああ、木とかずーっと見てるとよーく見れたら(てたら)、オッ、トカゲじゃん! とかね。うん、いっぱい見た」


「何これ!? っていうのも見た。名前知らないんだけど。ふふ☆彡 う゛ん。おもしろいですよ、だから」


「でもねえ、さすがにねえ、もう変わっちゃったんだろうな、大人になっちゃったんだよ。さわれない、さすがに」


「何っかねえ、どう、何だろうねえ!? カミキリムシもさわれない。怖い! ちょっと」


「何で子供んときってあんなさわれてさあ、大人になって、いつしかわかんないけど、ウワ~!! ってなるようなっちゃったんだろうね」


「子供んときなんかもう何っの虫でもさわってたじゃない! 子供偉大だよねえ~。あんとき、噛まれないようにさわってたし。う~ん」


「やあだからねえ、ちょっとぉ~ちょっと寂しくなりましたけどね、自分でもね。う~ん」


「まあでも、ああやって見るとやっぱ、子供んとき思い出しましたね。うーん」


(´・∀・`)「ま、これからも、また、色んな虫見てくんだろうけども。ハハッ!☆彡 ええ、撮影最後までがんばります!」


(終わりの挨拶)


DJ栗原さん「は~い。さわれな~いなんて言ってますけど、でも嫌いじゃなさそうな感じですよね。魚釣り、え、今回においてはこう陸での、田んぼの田園風景にいる大野くんみたいな。え、何か共通点があるような勝手な感じがしました」


――小林一茶の「おもしろ俳句」に智くんもテンション上がってた感じでしたね^^
考えてみれば昔は日本のいたるところにそんな田園風景が広がっていたんだろうな~。


映画『忍びの国』ロケ地もほんとに自然豊かな場所なようなので、景色を眺めている智くんもちょっとはリラックスできる時間を持てているでしょうか。


『怪物くん』のときもそうでしたが、映画だと1カットを時間をかけて撮影するという話をしていましたから、待ち時間も長そう。


カミキリムシってフレーズさえも久々に聞いた気がします(笑)
私は子供のときからあれにはさわれなかったー。
何かカシャカシャしてて今でもやはり怖いです(;^ω^)


今回の小林一茶の俳句など、智くんのラジオを毎朝聴いているだけで心が豊かになっていく気がします♪
撮影がんばってください♡


BGMは『太陽の世界』、リクエスト曲は『ついておいで』でした。


 



●嵐さん雑誌情報


○8/17(水)
「TVガイド」8/26号(東京ニュース通信社)
大野智×松本潤 連載「週刊VS嵐ガイド」