読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん月刊テレビ誌『TVfan』・『TVnavi』・『月刊ザテレビジョン』・『月刊TVガイド』各10月号

こんにちは。
こちらは今日発売の月刊テレビ誌の雑誌レポです。
これからぼちぼちと隔週週刊テレビ誌のレポも投下していく予定です。



Japonism Showライブレポが各月刊テレビ誌に掲載されていますが、naviと月ジョンと月ガイドはJストから提供された全て同じ写真。
でも写真自体は嵐さん全員が素敵で良かったです^^
月ガイドが一番大きく智くんの個人ショットを掲載していました。
fanの写真も既出で、昨日発売されたポポロと同じものでした。



雑誌のシゲとのぞ兄のインタビューには智くんのお名前がよく飛び出しますね!
皆さんもご存知の通り、NEWS加藤くんとWEST小瀧くんが共演する24時間テレビSPドラマは、出演者が事件を起こしたために撮り直しとの報道がありました。
あとたった数日しかないのにとてもたいへんなことです。
出演者の皆さんとスタッフさんのお気持ちお察しします。



『TVnavi』は先月号でも今月号でも「ドラマ・オブ・ザ・イヤー」の募集がなく、もしかして見落としたのかも~と焦ってしまいました。
でもHPを確認したら「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2016休止のお知らせ」という告知が出ていて納得。


《ハガキによる投票という形が時代のニーズに合わなくなりつつある現状を踏まえまして、今年1年休止した上で新たな形を模索することとなりました》
とあったので、もしかするとWeb投票に切り替えるつもりなのかもしれません。


ジョンアカの一件もありますし、Web投票を開始するにしても同じ人が何度も投票できないように氏名住所の入力は必須だと思われます。
HPには「本賞に関するご意見&ご要望もお待ちしております」とあるので、その旨メールで伝えておこうと思いました^^


月刊TVnavi [テレビナビ]/ドラマ・オブ・ザ・イヤー
 

 

TVfan 10月号


fanは表紙の見返しに映画『暗殺教室』DVD&Blu-rayの広告がありました。

加藤シゲアキ×小瀧望 24時間ドラマスペシャル「盲目のヨシナリ先生~光を失って心が見えた~」グラビア&インタビュー


シゲとのぞ兄の対談では、こちらでも智くんのお名前が登場していました~。
ちなみにこのときの二人の衣装は目の覚めるような智ブルー!(笑)


前々から加藤くんに話しかけたかったけれど、なかなか勇気が出せなかたっという小瀧くんは……。
小瀧くん「でも僕が仲良くさせてもらっている先輩と、加藤くん仲いいんですよね」
「大野くんとか丸山くんとか」


同じ7月生まれということで盛り上がるお二人。
シゲ「しっかりしてるから9個年上の感じしないよ。でかいし」
小瀧くん「大野くんにも言われました。僕の16個上ですけど『後輩感がない』って」
シゲ「大野くん、俺の7つ上だけど、あの人がしっかりしてないから(笑)」
(後輩から「しっかりしてない」と言われる智である。笑)


基本的には人見知りじゃないけれど、会って2~3回目までは緊張するという小瀧くん。
4回目ぐらいで「いける!」と思ったタイミングで懐に入るそう。
小瀧くん「大野くんのときもずっと緊張してたんですけど、知らない間に懐に入り込んでました」(←懐に入り込んでる自覚のある後輩w)
シゲ「大野くんは優しいからね。俺はどちらかというと扉を自分から開けないから(笑) 来てくれたら拒まないけど」

「VS嵐」収録レポート(2ページ)


VS収録レポ2ページは丸ごと8/25(木)放送分、対戦ゲストに映画『真田十勇士』を迎えた回です。


今月のfanも小さいサイズの写真をたくさん掲載しています。
智くんは前髪を大きくウェーブさせてサイドに流している映画撮影中の仕様。


智くんが活躍している場面の写真は少ないものの、カメラに向かってガッツポーズしたり、変なポーズしている大宮がいたり^^
嵐さんがスタジオ入りするときの写真を捉えているのも貴重です。


この回のOPでは、まもなく迎える松潤の誕生日が話題に。
(‘◇‘)「サプライズパーティーされるでしょ?」
ノノ`∀´ル「仕事です」(←わかんないよ~。だってサプライズだもの^^)


一方、サプライズパーティーを1度もされたことがないというニノに翔くんは、
(`・3・´)「そういうの苦手でしょ?」
(.゚ー゚)「うん、機嫌悪くなるからね♪」


バウンドホッケーではゴール前のゲッター担当になる大野さん!
(´・∀・`)「ここ新鮮」
バルーンシューティングでは活躍も見られるようです♪
(´・∀・`)「すげえ俺!」


そのバルーンシューティングではトーク中にいきなりオークションが!?
《櫻井&二宮が仕掛けて松本・相葉が乗り、最後に大野が落として……という息の合った嵐ならではの盛り上がり術が、何とも楽しい》


始まる前に誰よりも吹き矢の点検をしていたのに、クジでゲームに参加できない相葉ちゃんがすねてます(笑)

櫻井翔「櫻井・有吉THE夜会」収録レポート(1ページ)


夜会の収録レポは1ページ。
9/8(木)OAのゲストは、さまぁ~ずのお二人です。


新しい宣材写真を撮ってもらいたいというさまぁ~ずさんの要望に、翔くんは現在と過去の嵐の肩の組み方を説明。
過去スタイルと現在スタイルの2枚の写真が並んでいますが、現在スタイルのほうがグッと近いような!?(笑)


合間にお茶を半分ほど一気飲みする姿が激写されていますが、撮られていることに気づいたのか翔やんは取材カメラ目線ですw

二宮和也「ニノさん」収録レポート(1ページ)


ニノさんの収録レポ1ページでは、9/11(日)放送の「ポジティブ女子の皆様!人生の楽しみ方教えてください」を紹介。
何と、この回には翔くんが飛び入り出演!?


OPにて、
(.゚ー゚)「俺はあっち(ポジティブ席)だと思ってた(笑)」
と語っていると、スタジオ脇に突然翔くん登場!


(.゚ー゚)っ「あ!」
ニノさんが指さすと、翔くんはADさんのカンペを奪って指示を出し始めるという(笑)
ずっとカンペを出し続ける翔くんにニノは棒読みで台詞を読み上げますww


翔くんは別のスタジオでリオ五輪特番の収録中だったんですって( *´艸`)
ニノにカンペを読んでもらうと満足し、大きく手を振りながら走り去る翔さんでした~。


《軽快に場を回す彼を見つめる櫻井はニコニコ。さらに自分が二宮に見つかった際には、ニヤッとかなり嬉しそうな表情に》


さて、番組収録ではニノが朝から運動に励む女子に感心しきりだったそうで。
一方で自分はあまり体力がないというニノは、
(.゚ー゚)「自然に出ちゃってさ」
と以前のドラマ撮影中に起きた体の異変について明かしています。


騒がしい女性には、
(.゚ー゚)「ケンカしないっ!」
とニノがツッコむ場面もあるとか(笑)

嵐「ARASHI "Japonism Show" in ARENA」ライブレポート(2ページ)


Japonism Showのライブレポが2ページ。
前述したように写真は昨日発売された『ポポロ』と全て同じものでした。


テキストにはセトリの内容も一部記載されています。
《また、『Disco Star』『Rain』『秘密』『Shake it!』『T.A.B.O.O.』といった名ソロ曲も披露。ほかの四人がサポートする演出もある豪華バージョンで、会場の歓声は大きくなるばかり》


TVnavi 10月号

嵐「ARASHI "Japonism Show" in ARENA」ライプレポート(2ページ)


Japonism Showライブレポは2ページ。
naviでも他誌と同じ写真が使われていますがこちらはサイズ小さめで、セトリの1曲1曲に添えられた説明文が見開きを占めていました。
内容には嵐さんの言葉もしっかり含まれています。


ソロメドレーにはこんな記述が。
《セクシーな腰振りパフォーマンスで客席を魅了した伝説の"ディスコスター様"が降臨! さらにあの「ディスコスター走り」も五人で披露!》
《続いての大野の『Rain』はイントロが流れた瞬間に会場に大歓声が上がるほどの盛り上がり》


さらにアンコールの『愛を叫べ』では……。
《今ツアーで恒例となった、松本キューピッドが放つエア"矢"に、"エア"で撃たれ倒れ込む四人(大野だけ、最後まで倒れるか倒れないかバリエーションあり)の冒頭の小芝居からトロッコでアリーナを縦断。最後もまた同様の展開に……なるはずが、最終日はエア"吹き矢"に変更。まさかの攻撃に「やられた……!」とばかりに倒れる大野に会場も爆笑》


続く『感謝カンゲキ雨嵐』にて。
《冒頭の「♪I’m smile again」のフレーズで、これまた恒例の大野のエア吹き矢で四人が倒れ込む光景が繰り広げられる……はずが、誰も倒れず、大野が膝をついてがっくり(笑)》

ARAnavi(1ページ)


「ARAnavi」1ページの上半分以上が、8/25(木)放送のVS収録レポになっていました。


放送日が松潤の誕生日前ということでその話題になったのですが、
ノノ`∀´ル「今年は仕事。みんなと一緒にいます」
とのこと。


ピンボールランナーではニノが、プラスワンゲストの菊地亜美さんではなく、
(.゚ー゚)「ピンクボールの担当は相葉くんがいい」
と指名を~。


誌面では大宮のツーショットに「隙あらば遊んでいる大宮コンビ」との文面が添えられていました(笑)
そんな大宮はバウンドホッケーでニノが智くんを「先生」呼び。


ツアー中だったこともあり収録の合間に振り付けの確認を行っていた……というのは相葉ちゃんかな?
そうコメントの添えられている写真には相葉ちゃんと松潤のツーショットがありました。


菊地亜美さんのムチャぶりによってクリフクライムを担当する松潤は3面を担当することになったようですが……。
また、対戦相手の中村勘九郎さんからは松潤のプライベートも暴露されるそうで。


バルーンシューティングでは嬉しそうにガッツポーズしている智くんが活躍したらしくメンバーも注目を^^


ほか、下のほうには『ニノさん』と夜会の紹介もあり。
9/11(日)の『ニノさん』ではニノが健康のためにやっていることについて「嵐!」と回答。
(.゚ー゚)「嵐じゃなかったら、俺死んでる」
との発言が飛び出しています(笑)

相葉雅紀「相葉マナブ」収録レポート(1ページ)


『相葉マナブ』収録レポでは「マナブ東京湾シリーズ」第5弾を特集。
これまでの放送済みの回がまとめられていました。


月刊ザテビジョン 10月号

相葉雅紀×松本潤 連載「2/嵐 アラシブンノニ」(4ページ)


今月の「月刊嵐」4ページの担当は相葉ちゃんと松潤。
テーマは「ランプ」ということで、1ページ目では綿のランプシェイドの柔らかな光を二人が見上げています。


衣装は相葉ちゃんが白シャツにオレンジのカーディガン、松潤がグレーの長袖Tにベージュのカーディガンというスタイル。
2~3ページ目の手作りランプ制作の場面では二人ともカーディガンを脱いで、それぞれカーディガンの色と同じオレンジとベージュのエプロンをしています。


和紙でランプシェイドを作る際には、切り込みを入れて紙を広げてみるも松潤が失敗。
グシャグシャにして「はい次、行こう!」と気分を切り替えていました。


慎重派の松潤に対し、相葉ちゃんはサクサクと進行。
紙をハート型に切り抜いて、
(‘◇‘)「やっぱ今ならブラジルでしょ」
とブラジルの国旗カラーのセロハンを切り抜いた部分に貼ったつもりのようですが……。
(‘◇‘)「ん? 若葉マーク!?」
緑と黄色の組み合わせがそう見えたみたいです(笑)


円形の板に和紙を張りつける作業では紙が柔らかく松潤が苦戦。
さらに松潤は和紙にストライプ模様の切り込みを入れ、そこに色とりどりのセロハンをチョイス。
本当は全て青色にしたかったけれどセロハンが足りなくなってしまったようです。
下からランプシェイドの仕上がり具合をのぞいてみています。


ビニール素材で作ったランプカバーが出来上がると、松潤がしばらくボーッと見つめる場面も。


相葉ちゃんはもう1つサイズの小さなランプシェイドも作りましたが、なぜか傾いてしまうみたい。
やっぱりブラジルカラーにこだわってます(笑)
ランプシェイドの制作中もお二人は五輪の話題で持ちきりだったそうで、ほんとに楽しく見ていたのでしょうね^^


ほかにも部屋作りの情報交換を二人はしていたそうで、相葉ちゃんは今ライトを探しているのだとか。


テキストではインテリア選びの失敗談も話題に。
ひとり暮らし始めたときは、かっこいい感じにしたいと寝具を黒にしたけれどすぐに白に替えたという相葉ちゃん。
理由は黒のほうが返って汚れが目立ったからとのこと。


相葉ちゃん、色々失敗して今は最初から部屋作りの準備をできるようになったそうです。
つまり部屋の模様替えを徐々にしていくのではなくて、引っ越すときにきっちり準備して決めてしまう、と。


ノノ`∀´ル「でも、相葉さんちはテレビの位置がイマイチでしたよね(笑) ニノが『相葉さんちのテレビの位置はすこぶる悪い』って(笑)」
(‘◇‘)「アハハハハ(笑)」
ノノ`∀´ル「でも、相葉さんとしては、ちゃんと考えた位置に置いたんですよね?」
松潤も相葉ちゃんと全く一緒で、最初にサイズとか好みとかに合わせて収納なども準備するそう。


松潤の家の照明の中に蛍光灯は一切含まれていないという話も。
(‘◇‘)「うちもそうだ」
松潤の家はオール暖色の基本ダウンライトのみだそうです


ノノ`∀´ル「仕事から帰ってきて、部屋が明るすぎるのって、疲れるからね」
(‘◇‘)「そうなんだよね。柔らかい光の照明がいいよね」
(お二人とも普段仕事で強い照明を浴びていることが多いからでしょうか。自宅で作業することの多い私は逆に白色系のライトでないとダメで。柔らかい光だと頭が働かない気がしてしまうのです)


次の機会は椅子を作ってみたいという松潤と、テーブルを作ってみたいという相葉ちゃん。
テーブルの素材は木がいいそうです、ガラスは指紋がつくから。


ノノ`∀´ル「うちのテーブルがまさにガラスなんだけど、指紋気になるね。でも、うちの親も気になったのか、ふと気づいたら、ビニールのシートみたいなのかけててさ」
布のテーブルクロスの上にさらにビニールのクロスをかける松潤のお母さん^^


ラスト4ページ目は再びカーディガンを羽織った二人の膝上のショットが誌面いっぱいに。
テキストではそんな二人が2016年上半期を振り返ったり、新曲『Power of the Paradise』について語り合っていました。


パワパラの振り付けはみんなで踊る曲になっているけれど、ちょっと難しい、と松潤。
ノノ`∀´ル「カウント4とカウント5の違いがね」
「サビの手を回すところの振りが、カウントが若干違うんだよね」
「そこ、みんなもがんばってマスターして欲しいよねー(笑)」
(‘◇‘)「でも、ファンのみんなできるから(笑) きっとつかむの早いよ!」
(が、がんばります!!)

嵐「ARASHI "Japonism Show" in ARENA」ライプレポート(4ページ)


月ジョンのJaponism Showライブレポは3ページ。
やはり写真は共通のものが使われていますが、ややサイズは大きめです。


1ページ目の個人ショットはどの嵐さんもかっこ良く撮影されていました。
中央の写真は智くんが感情のこもったようすで歌い上げているもの。


2~3ページ目の見開きにはセトリの解説もあり。
モノクロダンスに添えられている文章には、
《アリーナサイズの会場だからこそ導入できたというナトリウム灯によるライティングは幻想的》
とありました。


『Lucky Man』では前半の翔くんのラップを相葉ちゃんが担当するサプライズも。
『I seek』では智くんの、
(´・∀・`)「I seek祭りだー!」
が炸裂(笑)


4ページ目は智くんが列に加われないバージョンの『Troublemaker』の写真でした~。
ページの隅には松潤からのSPコメントとアリーナツアーでの挨拶も掲載されています。

嵐Switch(2ページ)


「嵐Switch」2ページの1ページ目は夜会の収録レポ。


9/1(木)の放送では、ゲストの浜野謙太さんと翔くんが共演した『ハチミツとクローバー』の裏話もあるようです。
浜野謙太さん「皆さん、色々話しかけてくれたんだけど、櫻井さんは『パソコン買っちゃった』って、初期設定ばかりしていた」
とのことで(笑)


松田翔太くんが2日酔いにきくスープを用意して登場すると、翔くんたちはその2日酔いのようすを再現。
ちなみに、この回の翔くんのスーツは茶色のペイズリー柄なんですが、すごく濃く見えるその衣装にはやはりツッコミがあった模様w


2ページ目は『ニノさん』、松潤の映画『ナラタージュ』とムロさんがゲストのしやがれのMJ企画。
さらにジュレーム新CM、日立冷蔵庫新CM、メルセデスベンス新CMの情報がまとめられていました。


9/4(日)の『ニノさん』では、ニノが「夢だった」と語るMr.マリックのハンドパワーを注入されています。


月刊TVガイド 10月号

嵐ライブ「ARASHI Japonism Show in ARENA」(4ページ)


Japonism Showライプレポ4ページ。
使用されている写真は他誌と同様なものの、前述したように月ガイドが一番智くん始め嵐さんの個人ショットを大きく掲載しています。


ほかのページに智くんのお写真がないので当ブログの雑誌レポでは最後に持ってきましたが、ライブレポのテキストも月ガイドはいいですね!
読み応えあります。


《ムービングで移動する大宮の二人が小刀と長刀の小道具を仕込んでチャンバラする姿も(笑)》
(コンレポでも話題になってました~^^)


ちなみに智くんの個人ショットにはこんな文章も添えられていました。
《(前略)大野は、二宮とのチャンバラ、圧巻のマスクマジックと、嵐の「楽しさ」と「スタイリッシュ」の両面を体現》

嵐TV収録リポート!!(2ページ)


「嵐TV収録リポート!!」2ページには、しやがれ、夜会、ニノさん、マナブくんの情報がまとめられていました。
9/3(土)のしやがれからはムロツヨシさんがゲストの「THIS IS MJ」のようすが。
こちらは夜会の翔くんと『ニノさん』のニノの写真が多かったです。