読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『みんなのえいが』戦国エンターテインメント「忍びの国」大・大・大特集SP

忍びの国

深夜放送の『みんなのえいが』では「戦国エンターテインメント 忍びの国 大・大・大特集SP」が放送されました。
内容はほぼキャストとストーリーの紹介で新しい情報はなく、出演者のコメントなども既出のものを使用。
映画を観る前にあらすじを知りたくないという方はスルーされたほうがいいかもしれません。


みんなえいが「戦国エンターテインメント 忍びの国 大・大・大特集SP」


今回放送の『みんなのえいが』は、"戦国エンターテインメント 忍びの国 大・大・大特集SP"ということで、MCの杉山アナと佐藤アナの後ろには映画タイトルや「忍者×侍」と書かれた『忍びの国』のポスターが何枚か貼られていました。


杉山アナ「今年の夏はリオ。じゃあ来年の夏は何が熱いのか。もちろん伊賀が熱いんです!」


番組では『忍びの国』の文庫が、続いてキャストの人物相関図はめくりで紹介がありました。


伊賀最強の忍びと呼ばれる無門については、「普段は金の亡者で無類の怠け者」との説明が。


佐藤アナ「ちょっと曲者なんですよね(笑)」
杉山アナ「ダメ感。どうなるかちょっと楽しみだよね~」
佐藤アナ「大野さんて普段はふわりしたキャラクターというかイメージがあるので、ここはね、ぴったりとハマるんじゃないかな~と思うんですよねえ」
杉山さん「しかも、やるときはやる忍者ですよ」
佐藤アナ「そのギャップ感というのを楽しみた~い!」


ほか、お国役の石原さとみさんのときは『シン・ゴジラ』の映像が流れたりもしました。
『シン・ゴジラ』の中でゴジラのことを「ガッズィーラ」と発音する場面です^^


石原さとみさんについては「超大作連続出演」していることや、今までの男性受けするかわいらしいイメージがから「強い女性像」の役柄を演じることも多くなってきていることなどの紹介が。


杉山アナ「実はこのお国という女性はまさにそうなんです。強い女性なんです。かっこいい」
「もともとはね、武家の娘だったんですけども、無門がその美しさにやられてしまって、何とさらって嫁にしちゃった」
佐藤アナ「人さらいですか!?(笑)」
杉山アナ「でも、それだけ絶世の美女だったということですね」


石原さんとみさん2015年「世界で最も美しい顔」日本人最高の19位を獲得しているのだとか。


杉山アナ「じゃあ何でこのお国が強い女性かと言いますと、実はズバリ鬼嫁なんです!」
佐藤アナ「イメージない(笑)」


石原さとみさんのコメントが紹介されました。
《無門の心の真ん中にはどんなときも必ずお国がいます。怠け者の無門に対ししかって尻を叩くと同時に大きな愛情を注ぐ母のような女性》


佐藤アナ「素敵。鬼嫁の中にもやっぱり愛情があるんですね。かっこいい~」


さらに石原さんのコメントより「時代劇でもあり恋愛物語でもある」との言葉が引用されていました。
佐藤アナ「夫婦の愛」
杉山アナ「時代劇の部分も、この恋愛の部分もどっちも楽しめる作品になってます」


さらに百地三太夫役の立川談春さんの際にはドラマ『下町ロケット』のときの映像が。
下山甲斐役のでんでんさん、音羽の半六役のきたろうさんとともに「悪の匂いがする実力派」として紹介がありました。


「最大のキーマン」として下山平兵衛役の鈴木亮平さん。
平兵衛の弟、下山次郎兵衛役の満島真之介さんが紹介されました。
佐藤アナ「おお、最高の兄弟です」


杉山アナ「鈴木亮平さんといえばデニーロ・アプローチですよ。ストイックな役作りで有名なんです」
とドラマ『天皇の料理番』では病の男性を演じるために20kgも減量したということで「限界まで挑む役作り」とテロップが。
佐藤アナ「これはほんとに見てるほうもほんとに病気なんじゃないかって心配しちゃうぐらいでしたよ」


杉山アナ「そこから映画『俺物語!!』の主人公を演じるために、今度はね、プラス30kg体重を増やしている。原作ファンも納得ですよ」
佐藤アナ「役者魂ですね~」


杉山アナ「鈴木亮平さん演じるこの下山平兵衛という人はね、実は伊賀の忍び軍の人間なんだけど、ある事件をきっかけに忍びに失望してしまうんです」
「そしてこの下山平兵衛が、実はこの伊賀・忍び軍と伊勢・織田軍の戦いの引き金になるキーマンなんですねえ」


杉山アナ「しかもね、忍びに失望した事件というのは、大野さん演じる無門が大きく関わってる」
佐藤アナ「え~、ということは無門対平兵衛が対立になるっていうことですか?」
杉山アナ「どうなるんでしょうね~」
佐藤アナ「忍び対忍び!?」


伊勢・織田軍の大将、織田信長の次男、織田信雄を演じているのは知念侑李くん。
佐藤アナ「これ、先輩後輩共演になりますね~」
杉山アナ「そうですよ。しかもHey! Say! JUMPの知念さんはジャニーズに入ったきっかけが嵐の大野さんに憧れてだそうなんで、憧れの先輩と対立する男同士ですよ。こ~れは楽しみでしょう」


杉山アナ「ただ知念さんてほんとにかわいらしい顔してるじゃないですか」
佐藤アナ「だってお殿様ですよね。王子様だったら似合うけどチョンマゲ?」
杉山アナ「しかも信雄はそんな優しい人物じゃないの!」


現在の三重県にあった伊勢の国を収めていたの伊勢・北畠家の人物からは北畠具教役の國村隼さん、そして北畠凛役の平祐奈さんを紹介。
織田信雄は北畠凛と政略結婚。
そのあと北畠一族を殺害して自軍とし、伊賀・忍び軍へと戦いを挑みます。


佐藤アナ「知念さん、めちゃくちゃ怖い人物じゃないですか!」
杉山アナ「やり手ですよ、ですからね~」
佐藤アナ「戦うためなら何でもする」


さらに伊勢・織田軍の家来、長野左京亮役を演じるマキタスポーツさん。
そして織田軍の侍大将で剛力で名をはせた日置大膳役の伊勢谷友介さんが紹介されました。


伊勢谷さんは「敵にしたら怖い男」として『劇場版MOZU』の役柄の映像が流れました。


杉山アナ「今回は日置大膳という役どころを演じています。このね、日置大膳はすごく剛力で名をはせた弓の名手なんですよ」
「何とね、五人がかりでしか引けないような弓を扱う、ものすごい力の持ち主」


杉山アナ「ですから、いったいどのようにこの無門と戦っていくのかというのも注目ですよね」
佐藤アナ「忍者対侍、どっちが強いんだろ~」
杉山アナ「いや、どっちも強そうでしょ、このメンバー見たらねえ」


佐藤アナ「軍勢でいえばやっぱり侍のほうが強いのかなあ」
杉山アナ「いや、でも忍び軍だって負けてませんよ~」


伊勢谷さんからのコメントも紹介。
《よくある勧善懲悪の時代物ではなく現代にも通じる設定がおもしろい》


杉山アナ「時代劇はちょっとな~という女性だったりとか若い方にも入っていきやすいかもしれませんね」
佐藤アナ「逆にこの作品を見て時代劇にハマっちゃうかもしれないですよね」


また、この作品は歴史上で実際にあった1579年の「天正伊賀の乱」が題材になっていて、実在する人物が多いことも説明がありました。
忍者や「草」と呼ばれる忍びの解説も。