読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『みんなのえいが』「忍びの国」プロデューサーからの追伸

忍びの国

みんなのえいが(大野智「忍びの国」プロデューサーからの追伸)


まず、ほかの映画が紹介されてから……。


杉山アナ「そして、同じく夏公開です。嵐の大野智さん主演の『忍びの国』です」
「前回ご好評いただきました、プロデューサーからのお手紙ありましたね」
佐藤アナ「あ、ありました!」
杉山アナ「何と今夜、追伸が届いております!」
佐藤アナ「ありがとう、忍P(しのP)~(拍手)」
杉山アナ「忍Pって誰?(笑)」
佐藤アナ「『忍びの国』のプロデューサーで、忍Pです」
杉山アナ「その略し方は大丈夫なの?(笑) 偉い方ですよ」


ナレーション「来年夏公開、忍者バーサス侍」


杉山アナ「嵐の大野智さん主演、戦国エンターテインメント超大作『忍びの国』です。伊賀の忍者対織田軍の戦いを描いた作品なんですよねえ」
佐藤アナ「おもしろそう~」
杉山アナ「伊賀最強の忍び、無門を演じるのが嵐の大野智さん。ほか共演者たちもほんとに豪華で話題になってますよ!」
佐藤アナ「そうなんですよねえ~」


佐藤アナ「私はね、大野智さんと鈴木亮平さんの忍者対決が楽しみなんですよ!」
杉山アナ「いや、楽しみ!」
佐藤アナ「どんなアクションになってるのか!」
杉山アナ「アクションねえ~」


杉山アナ「それから私は個人的に」
佐藤アナ「はい」
杉山アナ「鬼嫁を演じる石原さとみさん! ねえ? 楽しみ」
佐藤アナ「もうそればっかりじゃないですか(笑) 毎回言ってますよ」
杉山アナ「楽しみなんだもん、だって」
佐藤アナ「わかりますけどね~」


杉山アナ「そして、前回の放送で『忍びの国』のプロデューサーから、我が『みんなのえいが』宛てに手紙が届きましたよね?」
佐藤アナ「はい! 忍Pの手紙ねえ?」
杉山アナ「そう、忍Pの手紙ね(笑)」


杉山アナ「あの手紙がネット上で評判になっていまして」
佐藤アナ「えっ!?」
杉山アナ「映画への期待が高まったと、反響いただいたそうです」
佐藤アナ「おお~。やるじゃん、忍P~」


杉山アナ「はい。で、その反響に気を良くした『忍びの国』のプロデューサーから、何と今夜は追伸が届いております」
(テーブルの下から白い封筒を取り出す杉山アナ)


佐藤アナ「偉い(拍手) 偉いぞ、忍P」
杉山アナ「や、だいじょぶ? 忍Pで(笑) だいじょぶ?」
佐藤アナ「セーフです(笑)」
杉山アナ「はい(笑) ですので、私ここで読ませていただきます」


(BGM:『ニュー・シネマ・パラダイス』テーマ曲)

『みんなのえいが』をご覧の皆さん、杉山さん、佐藤さん。
映画『忍びの国』をいつもお気にかけていただき、ありがとうございます。
先日の放送のつたない手紙にも、たくさんのリアクションをいただいたということで、とても感謝・感激しております。
大野さんを始め出演者にとって挑戦の連続だった過酷な撮影が、無事に終わりました。
現在、編集作業中ですが、監督始め制作スタッフは熱い思いとともに、確かな手ごたえを感じております。
特にアクションシーンは、これまでの邦画の常識を覆すような完成になりそうです。
大野智さん演じる無門の、切れ味鋭いアクションにも圧倒されます。
それでいて恐妻家で、石原さとみさん演じるお国との夫婦のやり取りが、とても魅力的なものになっています。
来年夏の公開まで、これからも折にふれ、できれば映像を含めた情報をお伝えしたいと思います。
よろしくお願いいたします。
(映画『忍びの国』プロデューサー)


(智くんの挑戦と過酷な撮影、邦画の常識を覆すような完成度、無門の切れ味鋭いアクション、お国とのやり取りと、映画『忍びの国』に期待しかない!! 『みんなのえいが』も忍Pもありがとうございます^^)


佐藤アナ「いや~、待ってますよ!」
杉山アナ・佐藤アナ「ありがとうございます」


佐藤アナ「挑戦の連続ってほんとに、大野さんの新しい一面が見られそうですねえ」
杉山アナ「そうですよ、しかもアクションシーンはこれまでの邦画の常識を覆す!! ような完成になりそうだと」


佐藤アナ「期待大だ」
杉山アナ「クオリティが高そうですよね、期待大ですよね」


杉山アナ「映画『忍びの国』公開は来年の夏です」
佐藤アナ「これからもね、忍Pから最新情報ゲットしていきますので」
杉山アナ「大丈夫?(笑)」
佐藤アナ「皆さん、お楽しみに~」
杉山アナ「怒られない?」
首をかしげる佐藤アナでした^^