読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『1月3日はアラおめ!~拍手の嵐~』(4)

こんにちは。
こちらは深夜放送の『1月3日はアラおめ!~拍手の嵐~』4回目の文字起こしです。
この回は『君に捧げるエンブレム』の紹介で、嵐からは翔くんだけが登場していました。


詳しい番組紹介を見ると、翔くんも言っていましたが、『君に捧げるエンブレム』は青春ドラマの要素が強いですね。


主人公が車椅子に乗っているということもあり、どうしても『24時間テレビ』のSPドラマと比べてしまう節が自分にはあったのですが、思い直すきっかけになりました。


昨日のベイストのレポは夜にも投稿します。
翔くんの朝まで夜会も、だいぶ倍速かけましたが一応録画チェックしました^^


NEWS小山くんと加藤くんのサシ飲みには、今回も目がウルウルしちゃいました。
特にNEWSは小山くんがリーダーに名乗り出てから変わってきたと感じています。
今後のNEWSの活躍に期待しています^^



※ ニュースウォーカー

大野が演じるのは"伊賀最強の忍び"と謳われる主人公・無門。出演に際して大野は「史上最強と呼ばれるほどの忍者の役なので、アクションや格闘シーンが出てきますが、久しぶりにご一緒する中村監督の描く世界観に応えられるよう、精一杯頑張りたいと思います!」とコメント。ダンスを得意とする彼の身体能力が、本作で存分に発揮されることは間違いない!

news.walkerplus.com



※マイナビニュース
news.mynavi.jp


1月3日はアラおめ!~拍手の嵐~(4)


今回は嵐から翔くんのみ登場。
ゲストに市原隼人さんと長澤まさみさんがいます。


(`・3・´)「さあ皆様、あけましておめでとうおめでとうございま~す(お辞儀)」


(`・3・´)「ええ、今夜はですね、いよいよ明後日1月3日夜9時から放送されます。私も出演させていただいております。ドラマ『君に捧げるエンブレム』の見どころを、共演の長澤まさみ、そして市原隼人さんとともに紹介していきたいと思います。よろしくお願いします」


(`・3・´)「さあ、さっそくですけれど、まずはストーリーをご紹介したいと思います」


(『君に捧げるエンブレム』の紹介VTRが流れました)


(`・3・´)「じゃあ、まさみちゃんから聞いていこうかな?」
長澤まさみさん「怖い(笑)」
(`・3・´)「こういう番組だから(笑) 今しゃべる番組だからね? 怖がってちゃダメよ(笑)」


(`・3・´)「印象に残ってるシーンあります?」
長澤まさみさん「あの、櫻井さんが事故に遭うんですけど、自分を受け入れられず、こうリハビリが上手くいかない。でも上手くいき始めたときにこう、ちょっと夫婦ゲンカをするシーンが、屋上のシーンが」
(`・3・´)「ああ~」
長澤まさみさん「印象に残ってます」


(`・3・´)「さあ、そして隼人くんですけれども、まあ我々車椅子バスケの選手として、まあチームメイトということですけれど、ちょっとメイキングVTRがあるということなんで、こちらご覧いただきます」


(メイキングVTRが流れました。メイキングを見ながらお三方がトークを)


クランクイン前、体育館での車椅子バスケ、全体練習初日の映像を見て。
(`・3・´)ワイプ「あ、こんなの撮ってんだ~」


(`・3・´)ワイプ「こんときまだ隼人くんいないんだ」
市原隼人さん(ワイプ)「そう。みんな練習してるんだー」


長澤まさみさん(ワイプ)「この車椅子、難しいですよね」
(`・3・´)ワイプ「そうそうそう、競技用のやつね」


(`・3・´)ワイプ「楽しんだよねえ」
翔くんは車椅子バスケの練習を楽しんでいるようすです^^


練習開始から3週間、翔くんは車椅子に座ったままでのシュートも決められるように。
(`・3・´)ワイプ「こうやってみると、やっぱ上達してるんだな……」


(VTR終了)


(`・3・´)「練習結構だから隼人くん個人的にもやってたんだよねえ?」
市原隼人くん「少しでも休みがあったら自分で電話して、あの探して、ちょっと『コート借りてもいいですか?』、先生にも直接お願いして」
(`・3・´)「うん!(びっくり)」
長澤まさみさん「自分でコートも借りたってことですか?」
市原隼人くん「そうですね」
(`・3・´)「マジで!? すげえ!(笑)」


市原隼人くん「それだけあの、充実した日がずっと続いてたので」
「言っていいかどうかわかんないすけど、クランクアップのときにスタッフから聞いて、翔くんが号泣してたっていう話を」
(`・3・´)「号泣はしてないけど(笑)、まあまあ、ちょっとね、グッときてましたけど」
市原隼人くん「まあ、それだけ、その作品に対しても色んなものを背負いながら、あの~丁寧に向き合ってtたんだなって思うと」


(`・3・´)「『大人の青春だね、これ』なんて誰かが言ってたんだけど、ちょっとほんとにこう部活みたいな」
「すごい楽しかったですね」
市原隼人くん「ほんとに作り手がみんな、スタッフも演者も全部含めて1つになってたんで」


(`・3・´)「ちょっと、ぶつかったりするシーンがハードだったりするんだけど」
「やあ、ねえ、まさみちゃん、俺隼人くんに殺されんじゃねーかなあって(笑)」
一同(笑)


(`・3・´)「隼人くんが僕に車椅子で、もう出会いのシーンかな? 当たってくるシーンがあるんですけど、カットかかるたびまさみちゃんのとこ戻って、『俺これ殺されるんじゃねえかな?』 フフフフフフフ!(笑)」
長澤まさみさん「すごかったですね(笑)」
(`・3・´)「まあ、ちょっと迫力のある、あの熱いドラマになってるんで楽しんでいただきたいと思います」


(`・3・´)「さあ、というわけで今夜は我々が演じてそのすごさを感じました車椅子バスケの選手の皆さんに拍手を送りたいと思います。拍手!」


(CM明け)


(`・3・´)「ええ、そしてですね、このあと二人にもご登場いただきますBABA嵐の収録ですけれども」
「まさみちゃん一言意気込みをお願いします」
長澤まさみさん「絶対に勝ちます」
(`・3・´)「ほんと? そんな自信あんの?(笑)」
長澤まさみさん「自信ないけど、さっさと勝ちたいです」
(`・3・´)「残りたくないよね、それはそうだ」


(`・3・´)「隼人くんも一言」
市原隼人くん「絶対勝ちます」
(`・3・´)「やっぱり」
市原隼人くん「はい」


(`・3・´)「それではまた明日~(拍手)」