読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

「最近和づいてる」『暁』を最初に聴いたとき耳に残ったのはカルタで読んでくれてたおじいちゃんおばあちゃんがいたから〔大野智・ラジオ〕

【お知らせ】


 ・1/20(金) 20:00-21:48
 ミュージックステーション 2時間スペシャル(テレビ朝日)
《またVTR企画では「いま聴きたい!ラブソングベスト10 20世紀vs21世紀」を発表! 嵐、SMAP、星野源らの名曲が続々登場!》




おはようございます。
昨晩のベイストでニノが後輩との交流が増えたと話していたけれど、ほんとその通りですよね!
ジャニーズWESTのラジオでも智くんの話題があったので、内容をまとめてみました^^



〔追記〕


現在の土9は、4月から時間帯がしやがれと入れ替えになるとのこと。
土9は『怪物くん』始め、嵐さんのドラマも流れていた枠なので、なくならなくて良かったです。


www.sponichi.co.jp



【もきたて関ジュース】


リスナーさんから、ラジオで嵐の大野くんが「やっと、のんちゃんとご飯に行けた」と嬉しそうに話していた……との投稿が。
また、「来年は後輩と釣りに行きたい」と言っており、その条件は「日焼けしないこと」で、理由は「日焼けしたら俺が怒られるから」などの説明も。


どうやら釣りにハマっているらしい濱田くんが「行きたい」と言い出すも小瀧くんは……。
小瀧くん「まず俺よ! ダメダメ。飛び級なし、飛び級なし」


濱田くん「だって、いきなりで、大野くんと『大ちゃん』っていう仲の人と、そらもう無理でしょう。負けますわ、そんな」
小瀧くん「そういうの気にしない方なんで」
濱田くん「気にしない方だと思うんすけど、何か俺緊張すんねん、大野くん。独特の空気やから」


小瀧くん「え、でもすっごいフワフワしてない?」
濱田くん「フワフワした優しそうな雰囲気してる」


濱田くん「おもしろいから、ツボにハマりすぎて、俺。ずっと笑ってる」
小瀧くん「めちゃめちゃおもしろいで!!」
濱田くん「ずっとツボってそう、ツボやねんな、俺、大野くん」


でもワクワク学校のとき、大野くんも濱田くんに対してずっと笑っていた、と小瀧くん。
大野くんが笑ってくれて、濱田くんはめっちゃ嬉しかったそう^^
「幸せな時間だった」と。


しかし、二人とも日焼けしやすい体質らしく……。
濱田くん「だからもうフルフェイスとかで行くやん。絶対日焼けしない」
「そんぐらい行きたいよってことですよね」


濱田くん「大好きやからな、ほんまに」
小瀧くん「行けたら、行きましょうよ、濱ちゃんとも。その話が出たら言っときますんで」
濱田くん「うわ、嬉しい!! ありがと」


ARASHI DISCOVERY(2017/1/16)


(始まりの挨拶)


("今日の一言")「田子の浦に~うち出でてみれば白妙の~、富士の高嶺に、雪は降りつつ~(田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ)」


("今日の一言"の説明)「これは百人一首のうちの1つで、奈良時代の歌人、山部赤人さんが詠んだ、え~、和歌です。田子の浦、現代の駿河湾あたり、に出て眺めてみると、富士山の上のほうに雪が降り続いている、といった内容だそうですよ。ええ」


「え、横浜市のリスナー、夢見る夢ちゃんから教えていただきました。メールを読みますと」


(メッセージ)「おはようございます! 私は中学のとき、毎年学校で百人一首大会がありました。そこで、95首読まれるうち、56首をひとりで取っちゃうほど大好きでした。大ちゃんは百人一首の思い出ありますか」


(´・∀・`)「そんな取れる!? 覚えてんのかなあ。ちょっと何か、神経衰弱的なものない? あれ。何か最初の文字をずーっとあの辺だな、あの辺だなとか、覚えてる感じでしょ? 俺、超苦手でさあ、取れないんだよ」


「でもあれってさ、その辺のものを、叩きゃそれっぽく見えんじゃないの? フッ☆彡」


「あの辺だったな。パーンて速、すっげえ速かったら、あれ、こ、審査員とかいんのかなあ。あの辺ポーン叩いたらわかんないじゃん」


(´・∀・`)「骨折すんの!? ヒビじゃなくて? そんだけの速さぁがあるってことか」


「いやでもそんな、骨折するぐらい? いや、すごいな。見てみたい。何かね、ど、昔何となく、大会の映像か一瞬見たことあんだ。とき、すごかったの覚えてんだよね。たぶんそれレベルってことでしょ。う~わ、怖いなあ~」


(´・∀・`)「でもね、うち~のおじいちゃんおばあちゃんの家にはねえ、あの、木で作られた、カルタっていうか、それだったよ。うん。それで思いっきり叩いてたの覚えてるね」


「昔のはたぶんそれぇもあるよね。だからね、ちっちゃいダンボー、ル(ダンボール)ぐらいの大きさ? にね、こう1個1個、あの板が入ってたね。う~ん」


(´・∀・`)「いや、僕もそうだね、何かこの、この読むとさ、嵐のアルバム『Japonism』でさ、ソロ曲で『暁』って歌歌ったんだけどさ、やっぱ耳に残るんだね。最初聴いたときにさ、あ、やっぱ耳に残ってるっていうのはやっぱり子供のときから、こういうカルタで、読んでくれてたおじいちゃんおばあちゃんがいたからなんだろうね。う~ん」


「だからすごいね、『暁』という歌はね、(スッ)あの日本人の耳に残るんじゃないすかね。うん。すごい和の感じが非常に出ててねえ。う~ん」


(´・∀・`)「いやでもねえ、最近和づいてるなあと思いますよ。(フ~)一昨年ぐらいから和づいてるねえ。と、確かにこ~の、アルバムのソロ曲やったり、その去年に関してはねえ、あのぉ~、和のねえ、あのJaponismアリーナツアーやったり。だ、あと映画で、『忍びの国』という映画で、忍者のね、役やったりしましたからね。結構そうですよ」


「でね? あ、そうよ。あの~、今年公開になるよ。ええ。まだ1月だから(笑)、公開はまだ半年先ぐらいですけどね。ええ~。ぜひね、7月1日公開、されます。ぜひ皆さん、観に来てくださいっ!」


(終わりの挨拶)


DJ栗原さん「はい、大野くんでした~。百人一首のくだりはさすが、タルい感じで読んでも音程ははずさないっていう、何か、後半輝いてましたですねえ」


――クリちゃんも言っていたように、智くんの素敵な歌読みから始まった朝でした♪


Japonismのとき、嵐の曲としては採用されなかった『暁』が、智くんの耳にずっと残っていたというのは、そんな百人一首の思い出もあったからなんですね!!
『暁』との縁を感じることができて嬉しい朝でした。


「和づいてる」ということで、『暁』から『忍びの国』の話題になりましたけど、ほんとにこの曲と無門殿のイメージがすごく重なっている部分があって……。
主題歌とまでは言わずとも、イメージソングみたいな感じで『忍びの国』の宣伝にでも使われないかな~(『風の谷のナウシカ』方式といったらいいんでしょうか)


私は北海道出身なんですが、木でできたカルタは実家にも幼稚園ぐらいまではあったような気がします。
あと、小中学校でも百人一首をやったときに木のカルタだったような……。
積極的にカルタに加わってなかったので、すごく記憶がおぼろなんですけど。


7月公開の『忍びの国』、すでに1月の段階でフライヤー争奪戦が起こっていることや、特報を見るためにファンが映画館に集まっていること、そのうち智くんの耳にも届くかな!?( *´艸`)


BGMは『暁』、リクエスト曲は『ファイトソング』でした。


 



●嵐さん雑誌情報


○1/17(火)
「ザテレビジョンZoom!!」vol.27(KADOKAWA)
嵐 東京ドームファイナル超詳細リポート
(表紙 KinKi Kids)


ザテレビジョンZoom!!vol.27


○1/20(金)
「non-no」3月号(集英社)
大野智×相葉雅紀「キュウドウノアラシ」 嵐 連載「2/嵐 アラシブンノニ」


non・no(ノンノ) 2017年 03 月号 [雑誌]



●嵐さんテレビ情報


 ○1/16(月) 23:00-23:59
 NEWS ZERO(日本テレビ系)
 櫻井翔