青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くん『めざましテレビ』「貴族探偵」主演発表インタビュー(取材・伊野尾慧くん)

めざましテレビ(相葉雅紀くん「貴族探偵」主演発表インタビュー)


伊野尾くん「どうも! エンタメコーナー初リポート、伊野尾慧です!」


伊野尾くん「ええ、4月スタートの月9にある先輩が主演されるということで、ええ、軽部さん! わたくし伊野尾が根掘り葉掘り聞いてみたいと思います。行ってきます!」


伊野尾くん「すいません、先輩、待たせて」
(‘◇‘)「アハハハハ」
すぐそばにいた相葉雅紀くん(笑)
相葉ちゃんは濃紺のスーツ。


(‘◇‘)「いやいや、どうもおはようございます。皆さん、おはようございます。おはようございます」


伊野尾くん「今回2年ぶり」
(‘◇‘)「ほう!」
伊野尾くん「2度目の月9主演ということですが、率直な感想を教えてください」


(‘◇‘)「今回は貴族探偵という、ちょっと今までにやったことのないような役なんですよ。だからすごくね、楽しみですよ」


伊野尾くん「どうですか? 貴族に向けて役作りというのは?(笑)」
(‘◇‘)「ん~、だかあらあの(笑)、その使用人と言われる、その松重(豊)さんとかさ、え~、滝藤(賢一)さんとかさ」
「その写真を見ながら、これは家来だ使用人だ、っていうのを、こう脳に、マインドコントロールさせてる」


伊野尾くん「確かにこう、皆さん相葉くんのこう召使いというか」
(‘◇‘)「そう」
伊野尾くん「そういう形になっていくという」
(‘◇‘)「大ベテランがね」
伊野尾くん「大ベテランの方々ですもんね」


伊野尾くん「何とか相葉くんの主演の力で、僕も召使いのひとりとしてキャスティングできないでしょうか?」
(‘◇‘)「あのね、それは僕の主演の力を使って、お断りする」
伊野尾くん「逆に!?(笑)」
(‘◇‘)「逆に」


何て言い合っている二人のプライベートでの話題も。


(‘◇‘)「『相葉くん、ちょっと今悩んでるんで、ちょっとご飯連れて行ってくださいよ~』とか、結構メールしてくんですよ」
作ってみようのときに智くんからツッコまれた笑い方をする伊野尾くん^^


(‘◇‘)「そうなんすよ。結構かわいい後輩のひとりで」
伊野尾くん「ほんとに恥ずかしいんで、ちょっとやめてください」


(‘◇‘)「その焼肉二人で行ったよな」
伊野尾くん「連れてっていただいて」
(‘◇‘)「焼肉、すごい美味しい焼肉屋さんに行こうつってな?」


伊野尾くん「あの、僕やっぱりでも、そこで、ちょっとね、相葉くん貴族だなって思ったのが、あの焼肉屋のメニューにはない、あのハンバーグが好きだって……」
(‘◇‘)「おい、やめろ、やめろ、やめろ。やめろ」


伊野尾くん「わざわざお店の人にハンバーグを作って出してもらっていた(笑)」
(‘◇‘)「やめろ、やめろ(笑) やめろ! それは(シェフと)仲がいいからやってくれたの!」


(‘◇‘)「でも、そのハンバーグ残したよな!?」
と伊野尾くんに詰め寄る相葉ちゃん。


伊野尾くん「すいません!!(笑)」
(‘◇‘)「あんだけ! あんだけな、あの……」
はい、カットー!(笑)


伊野尾くん「最後にこう見どころのほうをよろしくお願いします」
(‘◇‘)「見どころはそうですねえ……」


(‘◇‘)「ミステリーの部分っていうのはすごくしっかりこうもう骨太な、ちゃんとしたミステリーが楽しめるものが、ありますので、そのアンバランスさというか」
「何か、こう今までに見たことないようなドラマになると思いますんで」
「ぜひ、月曜9時、見てください。お願いします(お辞儀)」


伊野尾くん「どうもありがとうございました!(お辞儀)」
(‘◇‘)「ありがと(お辞儀)」


(‘◇‘)「フフッ! ヘラヘラすんじゃないよ!」
(インタビュー相手が相葉ちゃんだったからでしょうか、確かに伊野尾くん、終始ニコニコしてた感じでした。笑)


〔スタジオ〕


軽部さん「いや、もう攻めたり攻められたり、おもしろかったですね。新月9、とにかく期待できます」