読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん嵐さん隔週テレビ誌『TV LIFE』5号「TV LIFE 第26回 年間ドラマ大賞2016」・『TVstation』5号

こんにちは。
今日発売のテレビ誌4誌より、まずは隔週テレビ誌のレポと感想をアップ。
週刊テレビ誌のレポはこのあとに。
LIFEの連載をにのあいが、ガイドは智くんと松潤が担当しています。


そして朝のブログ記事にも書きました通り、今日発売の『TV LIFE』5号では「TV LIFE 第26回 年間ドラマ大賞2016」が発表されています!(≧▽≦)
主演男優賞を受賞した智くんが表紙と巻頭グラビアを飾り、インタビューにも答えていますよ♪


【TV LIFE 第26回 年間ドラマ大賞2016】
・主演男優賞 大野智
・作品賞 世界一難しい恋
・主題歌賞 I seek/嵐


TV LIFE年間ドラマ大賞 受賞リスト|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!



※TV LIFE 公式Twitterアカウント

【好評発売中!TVLIFE】「第26回年間ドラマ大賞」『世界一難しい恋』で主演男優賞を受賞した大野智君が表紙&巻頭に登場!グラビアは休日の昼下がり、美咲さんの帰りを待つ零治さん…をイメージして撮影。キュートな笑顔から色っぽい表情まで、大野君の引き出しの多さには毎度驚かせられます。


www.tvlife.jp
 

 

TV LIFE 5号

大野智 表紙 巻頭グラビア・インタビュー(6ページ)


今号のLIFEの表紙は大野智くん!!(≧▽≦)
水色のVネックのTシャツは胸ポッケつき。
この時期に半袖という何とも贅沢なお写真です♪


智くんはうつ伏せになって顔を上げ、正面のカメラにほほ笑んでおります♡
アップなので綺麗にしてもらっていますね^^


そんでもって、Tシャツの袖から見えているのが、力を入れていないと柔らかそうな二の腕。
でもこれが力を入れるととたんに筋肉が現れるから、ほんと困る(*ノωノ)


Vネックの襟ぐりから少しデコルテが見ているのや、喉仏にもクラッとします~。
瞳の中にはカメラマンさん。
あと富士額も美しいですね^^


巻頭グラビアは6ページあり、智くんは表紙と同じTシャツと黒い七分丈のパンツを着用。


1ページ目にはベッドで寝そべって枕にもたれかかり、斜め横を流し見ている智くんがいます♡
表情はクールで、ちょうどこちらのほうに足を投げ出しているから足首も見放題(^^)


2ページ目はかわいいショットが4枚。
うち3枚は、テーブルについてカップに赤白ピンクの花を生けているところ。


花を活けているときは集中しているのか若干口が尖っています~。
かわいい表情なのに左腕を見れば腕の筋がすごい!
葉先にそっとふれたり、生け終わった花をカメラにほうに向けているのも素敵です///


残り1枚はイチゴをカメラのほうに差し出している写真。
ピントがお顔に合っているので指先はピンボケてしまっていますが、やっぱり親指すごい反ってるなあって。
受け取れるものなら受け取りたいです、智くんがくれるイチゴ……。


今回のグラビアはどれも最高ですが、私はこの3ページ目が一番お気に入り!!


上半分の写真には、真っ白なお布団で腕を枕代わりに目を閉じている智くんが♡
いつにも増して、伏せた目のまつ毛の曲線が美しいですね。
整ったお顔してるなあ。
髪のセットも完璧です^^


下半分の写真がこれまた素敵です。
こちらも右腕を枕にして横になっているんですが、ちょっと顔を上げてこちらを流し見ています///
何て色っぽいまなざし……(≧▽≦)
こういうときって、カメラマンさんにどんな指示を出されているのかしら~。


4~5ページ目には横向きに寝転んでいる智くんの写真が大きく見開きで1枚ありました。
右腕で体を支えて、左手でウサギがプリントされた白いクッションを抱えています(ウサギさんのしっぽだけボンボンになってるの)
笑顔で白い歯がこぼれています^^


さらに、うつ伏せになってカメラを見つめている写真も小さく載っていました。
これは表紙とよく似たポーズです。


ラスト6ページ目では、智くんがシーツを頭からすっぽりとかぶって、その中をカメラマンさんが撮影。
右手が超アップなのと、智くんのかわいい上目づかいがポイントですね(^^♪


テキストのインタビューは、今回年間ドラマ大賞を受賞した『世界一難しい恋』について。


・連続ドラマだったら3~4か月の間、だいたい週に3日か4日は撮影。撮休の日も台詞を覚えなければならないので、その約4か月間はず~っと気を張っている感じはする。


(´・∀・`)「まあ、きつくなるときもあるけど、やんなきゃ終わらないし(笑)」


・演技の仕事をやっているときの自分はとにかく一生懸命。中でも特にセカムズは出番が多く、スタジオ収録のときは出ずっぱり。1個シーンが終わっても、またすぐ次のシーンのことを考えなければいけなかった。ずっと頭を使っていたからエネルギーは結構消費した気がする。


・芝居をやっていて嬉しい瞬間は、本番が終わって監督が「はい、チェック」と言ったとき。その段階になればもうほぼほぼOKだから。


(´・∀・`)「監督の『はい、チェック』を聞くたびに毎回心の中で『よし!』って喜んでるよ(笑)」


・俳優としてのターニングポイントになった作品は、20歳のときに出演した舞台『少年隊ミュージカル PLAYZONE2001 "新世紀"EMOTION』だった。初めてちゃんと芝居をしたのがこの舞台だった。


・最初の頃は演技をすること自体恥ずかしくて、どうしても思い切り演じることができなかった。V6井ノ原くんのアドバイスのおかげで吹っ切れた。


(´・∀・`)「色んな意味で、"芝居というのはこんな感じなんだ"っていう基礎が見に着いた作品だったと思う」


・その後、舞台だけでなく映像作品でもたくさんの役を演じ、スタッフから「想像以上の人、天才肌の役者」と評されるほどに。しかし本人は「やればやるほど難しくなる」と今も模索中。


・やればやるほど引き出しがなくなってくるというかネタが尽きるというか、新しい自分を出すことが難しい。でもセカムズをやっているときはおかげで反響も大きかった。男性のスタイリストさんも「全部見ました!」と言ってくれた。


・ラブストーリーは、もしオファーが来たなら、そのとき考える。


・最近はゆっくりしている。休みの日は友達と焼肉を食べに行ったり、家にずっといてボケ~っとしたり。たまにご飯も作る。


・この間はスーパーに行って食材を買って、家でアヒージョを作った。オリーブオイルにエビとかトマトとか自分の好きな物入れて、それをつまみにチョビチョビ飲む。


【世界一愛してやまないもの】


(´・∀・`)「釣り(笑)」
「『ああ、これは一生飽きないな』と思った」
「でも釣れなくても飽きないから、たぶん海も好きなんだろうね」

TV LIFE 第26回 年間ドラマ大賞2016


「TV LIFE 第26回 年間ドラマ大賞2016」の発表では、主演男優賞・作品賞・主題歌賞に2ページ割かれていました。


1ページ目に主演男優賞の大野智くんが、表紙のTシャツの上に黒ジャケットを着た姿で登場。
腰上のショットで、右手に主演男優賞のトロフィーを持って、こちらに堂々と向けています^^
美ビジュ~♡
それに黒がほんとによくお似合いです。


ちなみに表紙にも丸囲みで、ジャケットを着た智くんが両手に1つずつトロフィーを持っているお写真が。
ちょっと弾けた表情で、「リーダー5回目の栄冠」と書かれています!


そうですよねえ。
LIFEの主演男優賞は『魔王』(2008)、『怪物くん』(2010)、『鍵のかかった部屋』(2012)、『死神くん』(2014)、そして『世界一難しい恋』(2016)と、2年に1度ずつ受賞し続けていることになります^^


また、目次にも同じ衣装で、横を向いた智くんがこちらに右手を差し伸べている、腰から上のショットが載ってました。


インタビューではこんな話を……。


・ヒロインの美咲との恋に一生懸命になってる零治をとにかく一生懸命演じた。


・コメディ色が強かったから、芝居の面で表情などのさじ加減が難しかった。やりすぎてもやらなすぎてもダメみたいな感じ。細かいところまで監督と相談したから、意外とアドリブは少なかった。


・常に試行錯誤の現場だったから、撮影中はいつもみんなに見守られていた気がする。


・波瑠さんはNGをほぼ出さない。美咲の淡々とした芝居が零治とは正反対ですごくやりやすいと思った。


・小瀧くんは当時まだ19歳だったけど、この年齢であそこまですごい演技ができる人はなかなかいないんじゃないかと思った。これからも色んな役を演じていって欲しい。


・小瀧くんとは二人でご飯も食べに行った。年下という感じがしないぐらい接しやすかった。フランクに色んな話ができて楽しかった。


・ドラマの中で個人的に好きだったシーンは、零治が美咲とキスするためにベッドに細工をする場面(←もはやラブコメの伝説です^^)


(´・∀・`)「あの二人はその後も相変わらずな感じで幸せに暮らしてるんじゃないかな」(←零治さんと美咲さんがほんとにどこかに存在しているような気がします……)


2ページ目には作品賞と主題歌賞の紹介が。


上段にはセカムズのワンシーンより、零治社長と美咲さんのツーショットが掲載。
受賞インタビューには櫨山裕子プロデューサーが応じていました。


・以前から脚本家の金子茂樹さんと大野さんと仕事がしたいと話していた。


・零治のキャラクターに関しては、『怪物くん』で魅力的な怪物王子を演じた大野さんの演技力を信頼していた。


・常にふざけているように見える零治は稀にいいことを言う。実は人としてちゃんとしている部分を毎回出すようにしていた。そんなギャップを出すために、当時コンサートや映画で大忙しだった大野さんに膨大な台詞という負担をかけてしまった。


・演者の皆さんは忙しい方ばかりで、お互いに励まし合っていた姿が印象的。家族のような雰囲気の現場だった。


・そもそも零治が苦しむのがこの作品のテーマだった。零治は常に「こんなはずじゃなかった!」と思う人。今もまだ難しい恋をしていると思う。
(零治さんって何だか、ばっぼーい様と似てる気がする~^^)


下段には主題歌賞のトロフィーを右手に持ち、左手で指さす智くんのバストショットが♡
インタビューでは、その主題歌賞に選ばれた『I seek』について智くんが語っています。


・最近の嵐のシングル曲にはあまりなかったかわいらしい感じの曲で、最初に聴いたときから新鮮だった。


(´・∀・`)「個人的にはサビのところが特にかわいくて好きで」


・ドラマの打ち上げのとき、この『I seek』を小瀧くんと一緒に歌った。


(´・∀・`)「二人並んでじゃなくて、それぞれ離れた位置で遠くにいるお互いの姿を見ながら歌いました(笑)」

相葉雅紀×二宮和也 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない?~」(3ページ)


しやがれ連載は、にのあいが担当で3ページ。
ヒヨコ色の背景で、1ページ目では二人が1本の縄跳びを片手ずつ持って、一緒に縄を跳んでいました。
何でしょう。
大人なんですけど、なぜかすごく小学男子を感じてしまいます(笑)


2ページ目ではモップを持ち、アゴ乗せにもチャレンジ。
これは遠藤憲一さんがゲストの回にちなんだものですね^^


ラスト3ページ目では、IKKOさんのメイク術にちなみ、チークブラシやアイシャドウブラシを持って、お互いをメイク!?
横向きの相葉ちゃんのもみあげがほんとに全然なくって、個人的にツボでした。


テキストでもそのエンケンさんやIKKOさんの話に。


ジョッキ運び対決のエンケンさんが衝撃的すぎた二人(笑)
エンケンさんは「昔はできてたんだ」とアピールしていたけれど、どうやら相葉ちゃんは「実は昔もできていなかったんじゃないか」という疑惑を抱いているようですよーww


メイクでは、昨年のCMでクローバーのメイクをしたのが印象に残っているというニノ。
相葉ちゃんは志村けんさん直伝のバカ殿メイクが思い出深いそうです。


梅沢冨美男さんがゲストのときんは、相葉ちゃんの女形に挑戦していましたが……。
(‘◇‘)「あれは本当にたいへんだったの」(←とっても綺麗でしたが、相葉ちゃんは忙しい時期に苦労しただろうな~)
(.゚ー゚)「俺、放送を見てて思ったもん。『あー、相葉くん、この後にあの化粧を落として本番撮ったんだ……』って」


先日翔くんがお誕生日を迎えたことについては、
(.゚ー゚)「『おめでとう!』ってお祝いのメッセージを送ったよ」
でも、まだプレゼントは渡せていないという、にのあい。
何にしようか悩んでいるみたい^^


・二人で1日中ずっと話していられる話題は何ですか?


にのあいがよく話しているのはスポーツの話題。
オリンピックや甲子園の時期は特にで、二人とも試合を見たりニュースをチェックしているそう。

嵐トピ!(1ページ)


「嵐トピ!」1ページの上半分は、2/18(土)OAのしやがれ収録レポ。
ゲストに片岡愛之助さんを迎え、「明日見に行きたくなる歌舞伎デスマッチ」で対決を。
智くんは赤い連獅子のかつら、相葉ちゃんは白いかつらをかぶって、歌舞伎の「毛振り」にも挑戦します。


1分間でどちらが多く振れるか、頭を強く回す動きに、
(´・∀・`)「これはやばい」
と智くんの顔は真っ赤になるとか~。


その連獅子のかつらは重く、頭を後ろに引っ張られないようにとうつむきながら歩く智くんと相葉ちゃん。
LIFEに載ってる写真を見ても、智くんはつらそうな表情ですし、相葉ちゃんもぐったり。
でも直前まで苦しそうだったものの、本番ではキレのある動きで豪快な毛振りを見せてくれそうです!


誌面には二人がブンブンと毛振りを披露している写真も掲載。
智くんは両足を開き、腰を落としてすごく大きく綺麗に毛振りをしています。
相葉ちゃんも体がしなやか。
果たして勝負の行方は……!?


また、「二宮和也のちっちゃな野望」では、ニノがかわいい動物たちのもとを訪問。
パンダと並んでみたり、キリンにエサをあげたり。


そしてニノが抱っこしているのはモルモットでしょうか!?
《ニノからも自然と優しい微笑みが!?》
ってあるけれど、私にはかなり無理して笑っているように見えてしまいます~(笑)


そう言えば、少し前のベイストでもパンダやキリンの話をしていましたものね。
「動物園の動物、リアルに見たら怖さしかないよ」って(笑)
このことだったんだー。


下半分には、夜会とニノさんの紹介がまとめて。
『ニノさん』では怪獣ニノゴンの写真が3枚ありました。
いつ見てもインパクト強いです(笑)


2/23(木)の夜会には、「セクシーを求めすぎてセクシー迷子になっている」というセクゾ佐藤くんが出演。
翔くんが選ぶ嵐メンバーの「ベストセクシー」を紹介するとのことで、これは楽しみ♪

次号予告


次号のLIFE、しやがれ連載は山!
年間ドラマ大賞の助演男優賞・助演女優賞・新人賞の発表も次号です。


TVstation 5号

Catch the 嵐(1ページ)


「Catch the 嵐」1ページは上半分が智くんのAJINOMOTOオリーブオイルエクストラバージンのCM紹介!
CMのワンシーンが5枚載っており、智くんがトーストにかじりついている写真は特に大きく掲載されてます♪


でも智くん、トーストとかかじるときに目をギュ~ってつむるのに、このときはちゃんと目を開けてますよね^^
監督さんの指導もあったのかなあ?


下半分には、ニノさん、マナブくん、夜会の紹介が小さく。
カワウソやモルモットなど、動物と顔を近づけての撮影では、やっぱり不自然な笑顔に見えてしまう~(わざと? 笑)