読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん「第2回忍者ミーティングin東京」映画「忍びの国」プロデューサー登壇

忍びの国

●忍者情報サイト「Ninjack」に映画「忍びの国」プロデューサーも出席した「第2回忍者ミーティングin東京」のレポートが掲載されています。


(忍Pは女性プロデューサーだったんですね! 勝手に男性かと思い込んでいました)

忍者ファンも嵐の大野くんファンも石原さとみファンも、誰もが公開を待ち望んでいる映画「忍びの国」のプロデューサーの方が忍んでいました!
和田竜先生が天正伊賀の乱を生き生きと描いた本作の映画は、もう今年の1、2位を争う楽しみです!
監督の中村義洋さんのこだわりとして「理に適う動きしかしたくない」として、棒手裏剣がどう出てくるかをリアルに描くために衣装を詰めたりだとか、ドロンと消えたりの描写はせずに、まさに本物志向で撮影をしたんだそうです。
嵐の大野くんはダンスのキレのよい方なので、ダンス的な忍術のようなものが見れるかも?とのこと!
もうすぐ映像もできるとのことで、楽しみに待ちましょう!

【忍びの国P】「のぼうの城」の作者・和田竜さんの「忍びの国」で描かれている天正伊賀の乱の面白いところは、これまでありそうでなかった侍 vs 忍者の合戦だと思うんですね。第1次では忍者側が勝っていて、第2次では侍側が勝つのですが、お話が人間味溢れていてとても楽しめる内容でした。映画の中でも伊勢軍が攻めて来たのを伊賀の忍び達が迎え撃つ時に「忍びが正面から仕掛けるか!」と怒るシーンがあるんです。忍者はそれくらい影の存在であり、正面から戦うことなどなかった存在だったのが、力を合わせて伊勢軍に対抗していくのがとても斬新だと感じました。メインは大野君演じる無門という忍者で、忍者側の視点から見られる歴史の合戦はそうそうないと思いますので、きっと世間の方たちにも忍者を身近に感じていただけるのではないかと思っています。忍者の正しい姿というのは私たちにもわからないのですけれど、悲しげで一人で生きる忍者のイメージとはまた違った忍者像を楽しんでいただければ幸いです。


ninjack.jp


ninjack.jp


ninjack.jp