青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』大野くんのラジオって何なんすか?

こんばんは。
FヨコHPの「明日のFヨコ」に、《ジャニーズ嵐・大野智と栗原のスタジオトーク!》ってありますね。


いつもなら智くんの声が聴ける月曜日が待ち遠しくてたまらないはずなんですが、今は何だか少し恐い気持ちもあります。
『ARASHI DISCOVERY』ほんとに終わっちゃうのかなあって……。
まだ信じられないです(>_<)


でも、いつまでもクヨクヨしててもしょうがないし、何とか前向きになれるようにがんばらないと。
少し前にもブログに書いた通り、4月から青嵐ブログでは過去の音源を使って、今までと変わらず朝のブログ更新をしていきたいと思っています!


さて管理人、3月下旬までみっちみちに仕事が入っているため、今回のニノのベイストも簡易版です_(._.)_
来週からは通常通りのレポに戻ります。


マナブくんとイチゲンさんはまだ録画をチェックできていません。
月曜火曜中には見てしまいたいな~。


BAY STORM(2017/3/19)


・オープニングナンバーは平井堅さんで『僕の心を作ってよ』です。



・ロケでハチのところに行くことがあっても、羽音が苦手だというニノ。ハエとかでもブーンとなった時点で「ああ」となる。養蜂家になるのは絶対無理。


・この間、家でワインを飲んだ。自分の生まれた年のワインがあった。おそらくもらった物。置けば置くだけいいと聞いたが、こういうのは飲まなきゃダメだと思い、もういよいよ飲んでみた。


・しかし保存している環境設定がなかったため、ずっと外に置いておいたところ、「グリングリングリンってやつ」(ワインオープナー)を使ったら、左利きなのか普段やらないからなのか全然入らなかった。


・慣れない右手でやったら『インディ・ジョーンズ』とかに出てきそうな、ちょっとさわったらサーッとミイラが砂になるような感じで、回せば回すだけコルクがバラバラになってどんどん中に入っていってしまった。


(.゚ー゚)「もう諦めちゃったな、俺」


・知識を持って、あの生まれた年のワインと向き合っていれば飲めたと思う。でも、つぐたびつぐたびコルクがポロポロポロポロ出てきて、美味いのかまずいのかもわからなかった。ただコルクを見つけて排除した先にあるワインを飲むという行為でしかなかった。


(.゚ー゚)「そんときやっぱもったいないなって思ったね、初めて。ちゃんとこういった物を管理できる大人になりたいって思ったね」


・2曲目はYUKIさんで『さよならバイスタンダー』です。


 


・パズドラCMはワンカット撮影。でも自分は最初のほうだけなので、ボールを渡しちゃったら、もう最後みんなで集合するだけ。一人ひとりの役割が多いわけじゃなかった。それがマッチングするかしないかというところのたいへんさだった。


・ニノがパズドラの初期の初期の頃に手に入れたのはロマノフ。


・リスナーさんからの投稿。「最近大野くんのラジオではベッド横の電気を消したりつけたりする音や、ワサビをすってる音、そして食べてる音を聞かせてくれます」
(もう、ほんと智くんのラジオ最高です♡)


(.゚ー゚)「大野くんのラジオって何なんすか? 毎回思うんだけど」
「スタジオじゃない、ま、出張みたいな形で録ったから? なんですね。ああ~。そうなんすね」


(.゚ー゚)「まあでも、俺が今受けてるような感じなんですよね、たぶんね。知らない人があんなに意気揚々と、パズドラの話をされると、今私が受けたような感情を受けるってことなんでしょうね。『何? これ』っていう(笑) 『ワサビのすってる音聞かせて何をしたいの』っていう」


(.゚ー゚)「そうだね。望んじゃいけないんだよ、そういうものに対して。『あっ、ワサビすってるんだ。すりたかったんだな』っていう、決着をつけるしかないんですね、我々にとってはね」


(.゚ー゚)「今すごい、『もうパズドラの話よくわかんないな』っていう人の気持ちが、今すごく良くわかった、このメールをもらって。フフフッ。何やってんだろって(笑) もう純粋に久々に思ったもん。何やってんだろうこの人っていうの」


・ベイストはもうすぐ15年。15年変わらず同じ人とやっている。でも誰も昇級していない。だいたいみんな偉くなって現場からいなくなり、本社から見守るなどするもの。


(.゚ー゚)「だからほんとにそれでいなくなったってSTBYぐらいだもんね。フフフフフフッ! ね、昇進していなくなったのってSTBYぐらいじゃない? 大楠さんと、おにぎりくんもそうか。大楠さん、そうだもんね」


・3曲目は『NA!NA!NA!!』でした。