読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ〕嵐がブレイクしたと印象に残っている曲「『truth』かな、そう言った意味では」大ちゃんとクリちゃんのスタジオトーク(2)

おはようございます。
智くんのラジオ、今週はスタジオで栗原さんとの対談が放送されています。
今日はその2回目。
月末が刻々と近づいてくるのが怖いです(´・ω・`)


昨日のブログにもアップした通り、栗原さんが昨日『MORNING STEPS』のブログにPodcastを投稿されていて、その中で番組や智くんの話も飛び出していました。


14年間、智くんのラジオを取り仕切ってくださったという青木ディレクターのこと。
智くんが、最後はその青木Dと対談したいと言っていたこと……。


でも青木Dは「最後の1週間は、大野くんが最後にファンに直接語りかける数回にしてあげたいんです」と言っていたこと。
さらにそんな青木Dに「いいよ、一緒にやろうよ」って屈託なく覆しちゃう智くんのこと……(笑)


智くんや青木Dがどんな選択をされるのかはまだわかりませんが、5分という短い時間で語り尽くせない思いが大きいんじゃないかな~。
どんな話をされるんでしょうか。


『ARASHI DISCOVERY』がファンにとってもとても楽しく心地良い番組だったのは、青木Dのような方がいてくださったことも大きかったのだろうなと思います。
智くんだけでなく、智くんのファンまで大事にしてくれるのは、ありがたいことです。
きっと青木Dは心から智くんのことを考えていらっしゃるんでしょうね。



さて、ほかでは深夜放送の『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源さんが『嵐にしやがれ3時間SP』の「大野智の作ってみよう」に出演したとの報告をされていました。
智くんの話題が出たので、その部分のみレポしています。
(その交流もお互いのラジオが発端だと思うとまた今回の番組終了が惜しまれます。智くんから星野源さんの印象などまた聞いてみたかったなあ)



ところで、昨晩放送の『痛快TVスカッとジャパン』にて、4月3日(月)夜7時から放送される3時間SPに相葉ちゃんが出演している予告映像が流れていました。
月9ドラマ『貴族探偵』のティザースポット第2弾も放送されています。



※non-no 公式Twitterアカウント

今号の嵐連載は二宮和也×松本潤「ショウジョマンガノアラシ」大野さん提案で、2人にドがつく程にベタな妄想設定を実演してもらうことに!掲載した台本をしっかり読んでもらって挑んだ撮影、見事なまでにカンペキな表情をしてくれましたが、 結果2人には全っ然響きませんでした(笑)!(その2へ)

(その2)撮影中もずっと「これを?こうして?で?どこがいいの?」とゴールの見えない押し問答(笑)それでも出来ちゃうんだから役者さんてスゴイ。写真と対談の凄まじい落差も必見(笑)にしても大野さんありがとう。二人が後で叱っておくって言ってました。ごめんなさい。インスタでも裏話UP中♪


【星野源のオールナイトニッポン】


(『嵐にしやがれ3時間SP』で智くんと男飯作りしたことについての話題が)


星野源さん「すっごい楽しかったです(笑) あの、先日収録したんですけど」


星野源さん「あの、大野さんが以前ラジオで、大野さんのラジオで、リスナーの方が送ってきた、送ってきてくれたメールに対して、僕の話をしてくれてですね。お話してみたいという風に言っていただいて」
「で、そのメールが、こちらの番組にも来て、『僕もお話したいですね』なんていう話をして」


星野源さん「そのあと! そのあとだったかな? あの、紅白歌合戦のとこでニアミスというか。ちゃんとお話はできてなかったんですけど、こう一緒の舞台立って。で、やっと! じっくりお話することができました。ものすごく、ものすごくいっぱいしゃべりました」


星野源さん「いや、すごい楽しかったです。予告篇であの、大野さんが僕のこと星野って呼んでる。『おい、星野!』って呼んでるくだりが流れたと思うんですけど」
「ま、ちょっとネタバレにはならないと思うんですけど、そこはね、放送されたんで。あの~、僕も『大野!』っていう、お互いに呼び捨てで呼び合うというところから、あのスタートしていまして」


星野源さん「すごく。これだから、悩むのは、こういう場でもそう呼んでいいのかってことですよね。だから大野さんってやっぱ……」
「同い年なんですよ、同じ学年で。で、すごく話も合って、収録中すごく楽しかったんだけど。こう離れてる場所で『大野』って呼んでいいかどうかまだちょっとドキドキしちゃう」


星野源さん「どうだい? 大野。ハハハハハッ!」
「大野さん、どうかな~? ハハハハハッ! さっそく、さっそく『さん』づけ」


星野源さん「ちょっとまた、それもあの、色々、色んなお話が出てですね、どれぐらい、あの~、放送になるかわからないですけど、ぜひお楽しみに。ちょっと色んなことしましたんでね。楽しかった。ほんとに楽しかったです」


ARASHI DISCOVERY(2017/3/21)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! 今週は、特別企画カモン!」


(SE)


(´・∀・`)「大ちゃんと!」
栗ちゃん「栗ちゃんの~!」
(´・∀・`)&栗ちゃん「スタジオトーク~!!」


(BGM:きっと大丈夫)


(´・∀・`)「さあ、今週~はですね、栗原さんをゲストにね、もう14年半を!」
栗ちゃん「は~い」
(´・∀・`)「振り返りましょう」
栗ちゃん「そうなんです。今日はですね、私は、もうわかりやすく言うと『きっと大丈夫』っていう曲について」
(´・∀・`)「ああ! はい……」
栗ちゃん「ちょっと大野くん、大ちゃんに改めて印象うかがいたいなあって思うんですよね~」
(´・∀・`)「『きっとだいじょぶ』……」
栗ちゃん「はい、あの14、な、唐突だなあって顔されてますけど」
(´・∀・`)「ふふっ!☆彡」


栗ちゃん「14年半やっててえ」
(´・∀・`)「はい」
栗ちゃん「この~2006年5月17日発売の『きっと大丈夫』」
(´・∀・`)「2006年!?」
栗ちゃん「2006年!」
(´・∀・`)「んあ~」
栗ちゃん「何かすごい僕この『きっと大丈夫』でえ」
(´・∀・`)「へえ」
栗ちゃん「の、頃がすごい、このコーナーがブワア~って人気が出た、印象が残ってるんですよ」
(´・∀・`)「ええ~! そうなんだ」
栗ちゃん「勝手な感覚なんですけど」
(´・∀・`)「はあ」


(´・∀・`)「このときね、嵐は~、五人で映画撮ってる頃かな?」
栗ちゃん「へえ~」
(´・∀・`)「『黄色い涙』っていう」
栗ちゃん「はい」
(´・∀・`)「ほんでこの『きっと大丈夫』をその、『ミュージックステーション』とかで歌って記憶ありますね」
栗ちゃん「ああ~」
(´・∀・`)「う゛ん」


栗ちゃん「あの、大ちゃんが思う、あ、嵐ブレイクしたなって印象残ってる曲って何かあるんですか」
(´・∀・`)「ブレイク!?(笑) フフッ☆彡」
栗ちゃん「や、ブレイクしてるご本人にブレイクしたって聞くのは」
(´・∀・`)「そらやっぷぁり、『A・RA・SHI』、『A・RA・SHI』ですよ」
栗ちゃん「あ~! 」
栗ちゃん「あ~! 『A・RA・SHI』!」
(´・∀・`)「ふふふ☆彡」


(BGM:A・RA・SHI)


(´・∀・`)「嵐の『A・RA・SHI』は、僕も何のこっちゃわかってない~中で」
栗ちゃん「はあ~。あ、そういう感覚の中で」
(´・∀・`)「そう。CDがすごい売れてるとかもよくわかってない」
栗ちゃん「はい」
(´・∀・`)(スンッ)
栗ちゃん「これがまさにデビューナンバーっていいってことですね。1999年11月3日」
(´・∀・`)「はい」
栗ちゃん「『A・RA・SHI』」
(´・∀・`)「そう……」


栗ちゃん「え、50曲、出してても」
(´・∀・`)「ええ」
栗ちゃん「未だに、1曲目が一番印象残ってるってこと、印象っていうか僕ブレイクって言い方しましたけど」
(´・∀・`)「ええ~」


(´・∀・`)「あ、でもね、あの~、『truth』かな、そう言った意味では」


(BGM:truth)


栗ちゃん「おおーっ!」
(´・∀・`)「『truth』はあ」
栗ちゃん「聞き出した、聞き出した」
(´・∀・`)「あの~」
栗ちゃん「ああ、2008年じゃないすか」
(´・∀・`)「2008年」
栗ちゃん「はい」
(´・∀・`)「で、正直嵐の今までの楽曲っぽくない曲がたぶんここで初めて(ス~ッ)、登場した、い、印象かな」
栗ちゃん「へえ~」
(´・∀・`)「何か、初めて聴いたときも、『あ、こんな、歌、嵐歌えるかな』みたいな、印象はあったから何か」
栗ちゃん「ああ~」
(´・∀・`)「あと。僕がやってたドラマなんだけども、そうだね、主題歌だからちょっと合わしてる部分あるとは思うけども、何か、新しい、楽曲の印象が一番強いですね、それ」


栗ちゃん「あ、でもここで曲リスト一覧拝見してると、50もあるんだと思いながら、1曲1曲見ると全部印象残りますね」
(´・∀・`)「ええ、何か、そんな出してんだ」
栗ちゃん「個性強いなあ~」
(´・∀・`)「ふふっ☆彡」
栗ちゃん「素晴らしい」


栗ちゃん「『One Love』は『truth』の前なんですねえ」


(BGM:One Love)


(´・∀・`)「そうだ!」
栗ちゃん「はい、2008年6月が『One Love』、2008年8月が『truth』」
(´・∀・`)「だって『One Love』がたぶん22枚目ですよ、シングル。そこだけは何かしんないけど僕ずっと覚えてる」
栗ちゃん「何で覚えてるんですか(笑)」
(´・∀・`)「や、わかんない。え~っとね、たぶん『もう22枚も出してんだ』って思って」
栗ちゃん「へ~」
(´・∀・`)「それで覚えてて」
栗ちゃん「ハハハハ!」
(´・∀・`)「気づけば50枚出してんだ(笑)」
栗ちゃん「すごい」


栗ちゃん「たぶん、誰もこの放送聴いてるファンの皆さん、『おまえのそれは聞きたくない』って言われるかもしれない。僕の四大嵐のマイソングがあってえ」
(´・∀・`)「はい。マイソング」
栗ちゃん「『きっと大丈夫』」
(´・∀・`)「はい」
栗ちゃん「『Happiness』、『Happiness』。で、『One Love』」
(´・∀・`)「『One Love』」
栗ちゃん「これ自分の結婚式でかけさせていただきました(笑)」
(´・∀・`)「ハハハハッ!☆彡」
栗ちゃん「ハハハハ!」
(´・∀・`)「大事ですよ、ありがとございます、ほんとに(笑)」
栗ちゃん「未だに来ますよ、でも」
(´・∀・`)「ああ~」
栗ちゃん「『結婚します』って、このコーナーでリクエストっていう」


栗ちゃん「あとは、『season』。す~ごいいい曲」


(BGM:season)


(´・∀・`)「『season』確かにあの~、聴きやすい曲調っていうか」
栗ちゃん「あ、え? 何で聴きやすいと思うんですか」
(´・∀・`)「(フーッ)いや、何か僕は、結構ね、あの~『season』とか、あの、ああいう曲はすごい何か~透き通ってる感じしてえ、何かレコーディングしてても何かあ、気持ち良かった印象ありますね」
栗ちゃん「へえ~!」
(´・∀・`)「ええ」


栗ちゃん「今週来週で、え~、番組残念ながら惜しまれつつ終了なので」
(´・∀・`)「(ズ~ッ)終わりますねえ」
栗ちゃん「この嵐の50曲について、今日は一言残していただきますか」


(´・∀・`)「いや~、でもね、ほんと、ま、確かにぃ、最近、んね? いっぱい曲、出させてもらってる、ますけどお、(スーッ)やっぱりね、あのラジオ始まった当初のね、ときの曲? あのぉ~、2002年・3年とか、ラジオ始まったばかりの頃のねえ、曲とかねえ、聴くと、何となく思い出すんすよ、ラジオのことも、何となくっすけどね。もうだって十何年前っすからね。うん」


(´・∀・`)「何かね、あのぉ~、上手くしゃべれないときとかね、何か覚えてます。漢字が読めないとかね。ふふっ☆彡」
栗ちゃん「でもそんな中ほんとによくやっていただきまして」
(´・∀・`)(フッフッ)
栗ちゃん「ほんとにありがとうございました」
(´・∀・`)「いやいや、ほんとありがとうございます」


栗ちゃん「じゃあ、締めの一言をお願いします」
(´・∀・`)「はい! 以上! 大野智でした!」


DJ栗原さん「はい、いかがでしょうか。大野くんのひとりしゃべりもほんとに魅力的でしたが、そのひとりしゃべりではもしかしたら、ええ、広げることができな領域を何となくわたくしが、え~、お手伝いできたらなあと思って、その今回のトークセッション、対談っていう形式を取らせていただきました」


DJ栗原さん「もっとここ聞き出せっていう声は、あの聞こえて来るように思うんですけど(笑)、まあ、何となく自分なりにベストを尽くしたというかですね。でもその、何かちょっとブレイクの解釈が、いまいち噛み合ってなかったような気が(笑)、今しましたけど。そこも何か『いとをかし』ということで、お許しください(笑)」


――今朝の2回目のスタジオトークは嵐さんの楽曲がテーマでした。
智くんの話している内容は以前とブレないんだけど、やっぱり『truth』のこと話してくれるとテンションが上がります(^^♪


『truth』は私も初めて買った嵐さんのCDだしな~。
(それまではお茶の間。コレクション癖のある私はそのあとCD・DVDをあっという間に全部そろえた……)


たぶん嵐の曲に興味を持っていなかった人たちも『truth』で呼び込まれたんじゃないでしょうか。
智くんの『魔王』の主題歌だからってだけじゃなくて、私も純粋に曲もものすごく好きです!!


それに実際『truth』は、2008年のオリコンで嵐さんとしては初の年間シングル1位に輝いた曲でもありますものね!


過去のインタビューからも智くんにはきっと未だに嵐のブレイクポイントそのものがピンと来ていないことがうかがえますが、そん中でも『A・RA・SHI』を挙げるのもこれまた智くんらしかったです^^


BGMは『きっと大丈夫』と『A・RA・SHI』と『truth』と『One Love』と『season』、リクエスト曲は『エナジーソング~絶好調超!!!!~』でした。