読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「想像、妄想することは大切なんですよ。それが現実になったりしますからね」

おはようございます。
深夜放送の『アカデミーナイトG』のレポは1つ前のブログ記事に掲載しています。


大野智くん『アカデミーナイトG』「忍びの国」インタビュー - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


今日は週刊隔週テレビ誌の発売日!


なのですが、例によって管理人は本日が仕事の納期でございます~。
テレビ誌のレポと感想は午後になってからのアップになると思います。


さっさとお仕事を終わらせて、ゆっくり雑誌が読みたいなあ。
グッスポなど、未チェックの録画も結構あるので……。


と、あとですね、昨晩の星野源さんのANNで、智くんとのオトコ飯の話題があったのでその部分のみ文字起こししています。
今度は智くんと星野源さんの歌のコラボとかが見たいよー!
智くんは踊りも!!



※映画「忍びの国」公式Twitter



【星野源のオールナイトニッポン】


星野源さんのANNにリスナーの方からオトコ飯についての投稿があり……。


星野源さん「すごく楽しかったんですよ。な、何て言ったらいいんでしょうか。あの~……例えば、ちゃんとお話するのがそのとき初めてだったんですよ。何度かお会いしたことはあるんですけど」


星野源さん「それも、例えば僕がサケロックっていうバンドでね? あの、サウンドトラックをやった『黄色い涙』っていう映画は嵐の皆さんが主演だったんですけど、そのときに現場にお邪魔したときにちょっとご挨拶したりとか」


星野源さん「で、その話もあの、番組のその収録のときはしたりしてたんですけどね。で、その話、をし、あ~、そういうときとか」


星野源さん「あと、『紅白歌合戦』で、あのその『嵐にしやがれ』の中でもちょっとエピソードとして出てましたけど」


星野源さん「え~、その話をそのときに、お話まではいかないけど、『あ、どうもよろしくお願いします』ぐらいの、ちょっとこうご挨拶だけだったので、『嵐にしやがれ』のときが、ちゃんとお話するの初めてだったんですけど」


星野源さん「感覚としては、あのあれですね。黙ってても、大丈夫っていう感じの方でした。何て言えばいいんだろ。その、波長が合う感じがすごく、勝手になんですけど、すごくして」


星野源さん「だからあの、たぶん無言でこうやってボーッと二人でしてても(笑)、僕は全然苦痛じゃない感じがすごくしました」


星野源さん「で、お話してるときの話すトーンとかもすごく何か、似ている感じがして」


星野源さん「実はものすごくいっぱいしゃべってるんですよ。あの、収録のとき。で、ほんとにあの、話題が結構あっちこっち行って、かなりあのパーソナルな話とかもたくさんしたんですけど」


星野源さん「だからすごく楽しかったですねえ。え~、なのでまたすぐお会いしたいなあという風にはすごく思っております」


しかし星野源さんには気になることが……。


星野源さん「潤くんに何も言わずに仲良くしていいのかっていう何か(笑)、その感じが、こう雰囲気としてこう出て。で、何か、こうまた、ちょっとこうお会いしたいなと僕は思いました」


星野源さん「なのでまた、何かでご一緒できたらいいなと思っているんですが」


ARASHI DISCOVERY forever(音源2012/8/9・レポート2017/4/25)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です。"今日の一言"カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「捕らぬ狸の皮算用」


(BGM:花火)


(´・∀・`)「ほお~、全然わかん……初めて聴いた」


(´・∀・`)「これはですねえ、手に入るかどうかもっわからない不確かなものに期待をかけて、ああだこうだと計画を練ることを意味する言葉です」


(´・∀・`)「まだ、え~、タヌキも捕らえていないうちからっ、タヌキの皮を売って儲ける計算をすることから、え~、できた言葉で、その昔、タヌキの皮は防寒着として、昔は高く売られていたそうです」


(´・∀・`)「え~! そうなんだ。なるほどね? 目先の、一番大事なことをね、やってのけてもないのに? 先のことばっか考えるってことですね。まさに僕じゃないすか! ふふふふ☆彡」


(´・∀・`)「考えるねえ~。次や、の休みはこうでしょ? みたいな。次連休、はぁ、あ~してこ~して、すごい考えてねえ」


(´・∀・`)「何かね、(スーッ)妄想ばっかしちゃうからあ、例えば連ドラとからやる、連続ドラマやったあと、ご褒美が待ってるって、勝手に、もう思い込んでんだね。で、連休もらえると思ってる」


(´・∀・`)「で、三連休か四連休は絶対もらえるでしょ? とか勝手に考えちゃうもんだからあ、いざドラマ終わって、『連休は?』っとか言う~んだ(言うみたい?) 『ないですよ』みたいなこと言われると、もう、そんときのショックったらないよね、だから。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「『何でだよ!?』みたいな。あはは!☆彡(フー) 『何でだ』とか言って。勝手な妄想してただけっていう」


(´・∀・`)「まあ、でもねえ、(チッ)そうだね、今、ライブぅ打ち合わせとかリハーサルでしょ? そんで『24時間テレビ』の、(フー)準備だったりして、るでしょ?」


(´・∀・`)「で、9月入ったらあ、国立でしょ? で、国立を、終わったら連休かな? みたいな。ふふふっ☆彡 じゃ、どこ行こうかな、みたいな」


(´・∀・`)「待って。国立終わって四連休あったらどうしようかな。今年海外づいてっからなあ。ちょっとひとり旅とかしようかな。楽しそうじゃない?」


(´・∀・`)「でもね? 想像、妄想することは大切なんですよ。うん。それがね、か、現実になったりすますからね」(←「しますからね」を甘噛み^^)


(´・∀・`)「え~、なので皆さんもね(カチャカチャという物音)、まああまり、思い込みすぎずね。え~。妄想してみるのもぉいいと思いますよぉ?」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした!」


――「想像、妄想することは大切なんですよ。それが現実になったりしますからね」って、智くんの言葉、本当にその通りだと思います!!(^^)


ずーっと智くんの忍者役の物語を想像していたら、私が考えていたのとほぼ同じような性格の役柄で映画主演に決まって、嬉しかったな~。


ただ、私が想像していたのはなぜか江戸時代で、もっとずっとファンタジーな物語でした。
個人的に江戸時代よりも戦国時代のほうが好きなんだけど、何でだったんだろう。
普段は軽業師とか猿回しっていう設定でした(笑)
やっぱり戦国時代の『忍びの国』のほうがかっこ良くていいな!!^^


今回の音源の2012年というと智くんが『鍵のかかった部屋』で主演した年ですね。
で、連ドラが終わった直後、『24時間テレビ』の会見で榎本さんの余韻もなくズバーン!! と刈り上げなさったのが強烈でした~www
うん、だけどコボちゃん、かわいかったよ♡


さあさあ、ソロアルの妄想でもしましょうかねえ!
そのときはぜひぜひダンスDVDもつけてもらいたいなあ♪
私はソロアル以外にも色々妄想していますよ。
智くん主演で色んな物語を考えるの楽しいです^^




●嵐さん雑誌情報


○4/26(水)
「TV LIFE」10号(学研プラス)
嵐 表紙&巻頭超ボリューム嵐 創刊35周年記念超特大号
大野智×相葉雅紀 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない~」


○4/26(水)
「TVstation」10号(ダイヤモンド社)
映画「忍びの国」中村義洋監督インタビュー


○4/26(水)
「TVガイド」5/5号(東京ニュース通信社)
二宮和也×松本潤 連載「週刊VS嵐ガイド」


○4/26(水)
「ザテレビジョン」18号(KADOKAWA)
相葉雅紀「貴族探偵」公式連載「サロン・ド・アイバ」