青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「山行ったとしても絶対熊来ると思ってるから」

おはようございます。
今日は翔くんが日テレ系の朝の番組に『THE MUSIC DAY』番宣のためVTR出演を。


『ZIP!』では翔くんから智くんの話もありました!^^
レポはこのあとすぐにアップします。


ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/9/4・レポート2017/6/5)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン」


(SE)


(´・∀・`)作り声「でゅあっしんぐ、えぶりでいっ、ざっすけあず、ゆうっ(Do one thing everyday that scares you)」


(BGM:誰も知らない)


(´・∀・`)「伝わったかな? 一応英語を言ったつもりなんですけど」


(´・∀・`)「え、この言葉を訳すと、『あなたが怖れていることを毎日一つ行いなさい』となります。これはアメリカ合衆国の、第32代大統領、フランクリン・ルーズベルトの婦人であり、ええ~、国連人権委員会初代委員長を務めた、エレノア・ルーズベルトさんの言葉です」


(´・∀・`)「リスナーのみかさんから教えていただきましたあ。メールを読みますと」


(メッセージ)「大ちゃん、おはようございます。私は自転車で学校に通っているんですが、小学校の頃、カラスにフンを落とされて以来、カラスが怖くてしょうがないです。でも、舐められたままじゃ悔しいので最近はがんばって克服しようとしています。大ちゃんは、怖れていること、または克服したことなどありますか?」


(´・∀・`)「ほお〜、カラスにフンを落とされたらあ、桐谷美玲ちゃんだね、しわざだね。まだ役から抜け切れてないんだね〜。ふふふっ☆彡(スー)」


(´・∀・`)「え〜、ぼ、こ、怖れていること? 僕ねえ、熊が怖い。熊、ライオン、サメ、これ誰でも怖いけどぉ」


(´・∀・`)「い、や、怖いじゃん! だから山行かないんだよ、僕。サメはさあ、船の上だから、だいじょぶ。そりゃジョーズみたいの、あんなん会ったら無理だけど」


(´・∀・`)「山はさあ、熊横に出てみ。無理じゃん! うん。だから川釣りもさあ、山奥行って綺麗な、流れてる川とかでさあ、釣るわけじゃん。の、ときにさあ、川の、は、反対側に熊、ひょこって出てきてみ。どうするよ?」


(´・∀・`)「自分が鮭釣っててさあ、で、んふっ☆彡 釣れたはいいけど、その、熊がそれを猛ダッシュで、自分の釣ったのを、く、食ってたらどうするよ。そんでその針がさあ、ちょうど何か熊の、ねえ? どっかに引っかかっちゃって、ジロッて見られた日にゃあ、もうどうすりゃいい? ふふっ☆彡 とかもう考えちゃう。だからダメだねえ」


(´・∀・`)「ま、ライオンは出くわすことはないじゃん。普段。日本ではないしさあ。熊はやっぱいるもぉん。だから山に行かないんだよね、僕、あんまり」


(´・∀・`)「そう、それもあんの。ふふっ☆彡 ほんとだよ? 興味はあるんだよ、山は。だ、だからもう怖くてしょうがないんだよ(笑)」


(´・∀・`)「だから僕例えばねえ、山行ったとしてもお(スー)、絶対熊来ると思ってるからあ。もうそういう気持ちになっちゃってるから、熊が寄ってきやすいんだよ。絶対遭遇するもん。わかるもん」


(´・∀・`)「だから、みかちゃんもねえ、カラスにビビっちゃうと、もうすでに舐められてる、その時点、気持ちで。だからもう、カラスに勝つ、気持ちになっていないとぉ、と、あと出くわさないっていう、その気持ちになるには、ちょっと僕もまだ、未熟なんでね。一緒に克服していきたい」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした」


――2014年9月4日のこの音源は、『死神くん』放送から半年後ぐらいのもの。
カラスに変身できる監死官役が桐谷美玲ちゃんでしたね^^
(しかし今聴いても桐谷美玲ちゃんのしわざだなんて酷いww)


私も北海道出身なので熊は怖い存在だとすり込まれているけれど……。
ってことを考えると、ひょっとして大野さんの熊に対する恐怖心も私と同郷のお母様とそのご実家からの影響かも!?


山に行くことがあっても智くんが熊に遭遇しませんように~。
『忍びの国』の撮影も熊の出ないところみたいで良かったよ、ほんと。