青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』誕生日お祝いメッセージ

こんばんは。
日曜の午前中はお出かけして、たっぷり無門ポイントを稼ぎましたよ♪
その帰り、地元の神社で映画『忍びの国』大ヒット祈願もしてきました。
願いが届きますように!!


同じく日曜に放送された『サンデー・ジャポン』にて、あゆはぴDVD&Blu-rayがオリコン1位を獲得したことが紹介されていたんですが……。


そこで「サンジャポ"THE夜会"ファミリーの櫻井翔さんがいて、サンジャポ"忍びの国"ファミリーの大野智さんもいる嵐」ってナレーションがあったんですけど(笑)


智くんはいったいいつからサンジャポ・ファミリーに!?
しかもテロップの「嵐」って文字がちゃんとメンバーカラーになってましたよ~。


サンジャポでもまた智くんのインタビューなどあるといいなあ^^


 

BAY STORM(2017/6/11)

オープニング


(.゚ー゚)オープニングの一言「ハッピーバースデー俺!」


(メッセージ)二宮くん! 6月17日お誕生日おめでとうございます。アメリカドラマっぽく、かつ高らかに叫んでいただきたいなとメールしました。
娘の誕生日が6月16日とニアミスなので娘の誕生日を祝いつつ、心の中で二宮くんのお誕生にも感謝しております。充実した1年を送れることをお祈り申し上げております(二宮教の信者ですさん)


(.゚ー゚)「ですって。ありがとうございます。ありがとうございます! ねっ?」


(.゚ー゚)「来週、17日土曜日が誕生日だと、いうことで。当日は京セラドーム大阪でワクワク学校がある、わけですけども、ねっ?」


(.゚ー゚)「そっか、ワクワク学校がある以上、ああ、そっかそっか、そういうことなんだ。ねっ? 大阪にいるから」


(.゚ー゚)「そして6月18日になるわけだね!? この11日を逃すと、で、から今週は誕生日先に祝っちゃおうと、ちょっと早いけど、これしょうがない。ねっ」


(.゚ー゚)「僕の誕生日を祝ってくれる人を、しょ、お誕生日おめでとうメッセージを、いただけてると、いうことなあので」


(.゚ー゚)「ええ、去年は照英でしたけど、今年はどんな人がお祝いしてくれるのか。ねっ? 楽しみにしていただきたいですね!」


(.゚ー゚)「お、私も知らないから! う~ん。ねっ!? 楽しみに、していきましょう」


オープニングナンバーは『つなぐ』でした。


 

神が来た


(メッセージ)先日、自転車で帰宅中、小学生の女の子二人が自転車の前で立ち尽くしていました。急いでいたのですが今年の抱負を一日一善にしたことを思い出し、声をかけました。チェーンがはずれて困っていたとのこと。ちゃっちゃと直してあげました。お礼を言われ、立ち去ろうとしたとき後ろで「救世主が現れたね」と話しているのが聞こえました。「この俺が救世主か。悪くないね」とほっこりしながら帰りました。そうです。私が神になった瞬間でした(ウルトラバイオレットさん)


(.゚ー゚)「男子。男子ですって。そっかあ、そういうことがあるのかあ! あ~、ねえ」


(.゚ー゚)「今年の抱負、一日一善ですって。今年の抱負? 今年の抱負~、何だろう。何だろうね。ランク700ぐらいいきたいな」


(.゚ー゚)「いや、だから、俺はね、そ、す、絶対叶えられるものを目標にしていきていきたいタイプの人間なの。だからあ、あの、そうしていたい。っていうのあるよ」


(.゚ー゚)「今ですか? 今はねえ、650、いくつだったかな。ちょっとね、最近そんなにね、できてなかったときが多かったんすよー」


(.゚ー゚)「ああ、そうだね、657! こっからが長いんだよね。俺ん中でまだ。650から上がりが、重たい! 足が重たい!」


(.゚ー゚)「ちょうど私が入っ、えっとねえ、真剣に、ブァ~ってやり出してからあ、何かログイン日数みたいのこう出るじゃん。あれね、330日目ぐらいなんすよ」


(.゚ー゚)「ちょ、ポコポコ開いてんの、俺、何、ちょっとやって、開いて、ちょっとやって開いてっていうのがあって。こうガンガンガンガンってやり出して、約330とか結局切れちゃってんだよね、トータル4年ぐらいやってるはずなのに、前に、やっぱこうね」


(.゚ー゚)「ほんと継続はですよ。継続は力なり、ほんとに」


(.゚ー゚)「俺がもし4年間ずっとやり続けていってたとしたら、もう650なんて、ヘッ!! って言ってたと思いますよ、たぶん」


(.゚ー゚)「これねえ、継続は力なりだよ、ほんとにね。う~ん(紙をめくる大きな音)」


(メッセージ)私はドラッグストアに勤めています。先日の5月18日、サロンパスの日、店では1Dayキャンペーンをしていました。開店から夕方の6時まで店内放送しながら全力でがんばった結果、用意したサロンパス全部売り切りました!
終了の5分前に最後の1つが売れたときは神が来たと思いました。ニノのためにがんばりました。褒めてください(本当はにのちゃんになって大野くんに会いたいさん)


(.゚ー゚)エコー「よくやったね。よくがんばったね。俺も嬉しいよ」


(.゚ー゚)「いや、褒めてくださいって、仰るから。いっぺん褒めてみようかなと思って」


(.゚ー゚)「サロンパスの日ですって。コリを癒すね。癒そうか。5月18日」


(.゚ー゚)「でもせっかくサロンパスの日だったらサロンパス売りたくなるのは常ですよね、こればっかりは。ねっ? 秋葉原でもイベントやってたわけでしょ?」


(.゚ー゚)「でももうあれ、ほんっとにたいへんだよね。イベントとか外でやんのもね。ねえ、暑いしねえ?」


(.゚ー゚)「電車の中吊りすごかった!? はあ、あら! それも全部俺がね、ピシッと、仕切って、やりましたよ。うん! もう仕切って、電車もやろうつって」


(.゚ー゚)「もうね、ちゃんとね、全部やったから。良かった。これも皆さんがね、そうやって喜んでいただいて嬉しいなって」


(.゚ー゚)「サロンパスの共々、私もね、思ってますから。う~ん。やってたねえ、そう言えばねえ(紙をめくる音)」


(メッセージ)先日、仕事でコインランドリーに洗濯をしに行きました。料金は800円で財布を見たところ、小銭がパラパラしかありませんでした。なので1000円札を両替しようとしたら、「スタッフは外出中です」との張り紙が。両替もできない状態だったのです。
焦りながらもう1度小銭を探すと奇跡的に100円玉が8枚ぴったりあったのです。神が来たと思った瞬間でした。職場に迷惑をかけず仕事がやれて良かったです(アラシゴトいっぱいで嬉しいももこさん)


(.゚ー゚)「コインランドリーとか行ったことあります? あ、よく行く。へ~」(←スタッフさんとの会話)


(.゚ー゚)「そんな、おっきいやつあります? こん……」(←女性スタッフさんの笑い声が)


(.゚ー゚)「家でできないやつって何ですか? セミダブル系の羽毛布団。セミダブル系の羽毛布団があんまりちょっとね、ごめんなさい、想像で」


(.゚ー゚)「セミダブルではないんですね? セミダブル系の! ウフフフッ」


(.゚ー゚)「ま、ま、『系』ってなるんだったら、1回なりますけどね、でもねっ? セミダブル系。セミダブルではない羽毛布団を、かついで、そこ洗いに行く」


(.゚ー゚)「ごめんなさい、僕はね、あんまりそのセミダブル系の(笑)、羽毛布団かついでコインランドリー行ったことはないから、あんまわからないけども」


(.゚ー゚)「楽しんだ? え~」


(.゚ー゚)「俺はだから海外、にいたときにしかやったことないや。あんときに、ホテルに出したら、もう破産しちゃうから、コインランドリー行ってやってた」(←『硫黄島からの手紙』のときですね)


(.゚ー゚)「そうなんすよ。ねっ? 俺はね、行かない。日立の洗濯機あるし。うん。だからナノックスでしたか俺の場合はもう、汚れが落ちないから。うん、ナノックス以外はもう、落ちないから俺もう。う~ん。ほかで洗われても全然、ピンと来ないしね。う~ん。俺はもう家だけどね」


(.゚ー゚)「でも確かに、もう家で洗えないものってのもあるもんね。ねえ? そりゃそうかもしんない」


2曲目は『I'll be there』です。


 

裏嵐


(メッセージ)この前ベイストで『忍びの国』の特典が忍びよりではないことにツッコんでいましたが、二宮くんが『ラストレシピ』の特典をつけるとしたら、何をつけますか? 私は二宮家のハンバーグのレシピをお願いしたいです(あゆはぴDVD楽しみさん)


(.゚ー゚)「『ラストレシピ』の前売り特典、私がつけるとしたら、もうこれしかないででしょう。クリアファイル。これしかない、クリアファイル。オリジナル特製クリアファイル。ねっ」


(.゚ー゚)「はい? いや、レシピを挟めるでしょう。フフ、何? 全然。『ラストレシピ』よりですよ」


(.゚ー゚)「ヘヘヘッ、『ラストレシピ』の! 特典がクリアファイルってのは僕、何の不自然さもないと俺は思うけどな」


(.゚ー゚)「いやいや、まねじゃないです。まねじゃ、全然まねでも何でもないですけど。ま、クリアファイル、これ1択でしょう」


(.゚ー゚)「いや、そうでしょ! どう考えても。じゃあじゃあ、レシピどうします? 冷蔵庫に貼るっても限界あるよ。マジなくすよ? 落ちるし。床傷つくよ? ガーンて、磁石ごと、ガーンて落ちたら、傷つくよ」


(.゚ー゚)「ねえ、じゃあどうする? クリアファイルあったほうが、助かるよね? 良かった、クリアファイルでって、レシピ挟めるし。うん。クリアファイルでしょ」


(.゚ー゚)「我々もうほんと、5年前から決めてました。前売りの特典は、特典はクリアファイル」


(.゚ー゚)「これでも俺が言ってるだけで実際何がどうなるかわかんないからね(笑) これでクリアファイルだったらニノさんが思ってたことが、前々から考えてたことが通ったんだって思っていただければいいし、逆に何か違ったら違ったで、それはまたたぶん『ラストレシピ』の、その主体に寄せたものになってるんじゃないのかな。うん」


(.゚ー゚)「でもまあ、それ、俺はクリアファイルだと思うけどね。うん」


(メッセージ)先日、某番組で「IKKOさんの抱かれたい男カレンダー」が発表されていました(和也くんに恋して11年さん)


(.゚ー゚)「どんな番組なの、それ」(←『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』みたいでした)


(メッセージ)何と和也くん予定に埋め込まれています。しかも期間はなかなかの長期で5日間。ほかのジャニーズタレントでぶっちぎりの長期です。
ちなみにほかのジャニーズタレントでは、(TOKIO)山口くん、(三宅)健くん、(KAT-TUN)中丸くん、(関ジャニ)錦戸くん。私は健くんのファンでもあるので不思議な心境です。IKKOさんとの仲良しエピソード差し支えなければお聞かせください。


(.゚ー゚)「IKKOさんとのエピソード?(笑) ごめん、何々、IKKOさんとの仲良しエピソードって。あるの? みんな何か、どっか行った~とか? 旅行行ったよ。ご飯食べに行った、とか?」


(.゚ー゚)「そんなことより、何なの『IKKOさんの抱かれたい男カレンダー』って。IKKOさんを、だから、抱く、5日間ってことですよね? ね?」


(.゚ー゚)「そっかあ、IKKOさん疲れてるんだな。でもまあ、あの、もしあればね? お話したかったんだけど、IKKOさんとも何かし(笑) 仕事してしかないからなあ」


(.゚ー゚)「多いねえ! IKKOさんは多い。でも俺番組しかないよ。連絡先も知らないし。一緒に飯食いに行ったこともないし。外で会ったことないな。仕事場でしか会ったことない」


(.゚ー゚)「でもまあ、予定として入ってるんだったらじゃあ、そこは仕事として割り切って、5日間、ねっ、IKKOさん抱きに」


(.゚ー゚)「もう予定が入ってるみたい、入ってるんすね!? これね!? その日にちだけをちょっと、教えていただいて、その5日間、ちょっとIKKOさん(笑)、抱かなきゃいけないんで、がんばっていきたいなあと、ねっ、思いますよ。うんうん」(←がんばれ~! 笑)

誕生日お祝いメッセージ


(.゚ー゚)「さあ!! こっからは、1年に1度のお楽しみ企画ということで、僕の誕生日をお祝いしてくれる方、の、メッセージをお届けするということですけど」


(.゚ー゚)「ヒントをちょうだいよ」


(.゚ー゚)「女性も男性も惚れる。へ~。そ、そういう人ですか? じゃ、IKKOさんかな。フッ!」


(.゚ー゚)「そういうメールの流れだったんじゃない? ねえ。じゃ、ちょっと聴いてみましょうか。お願いします!」


【誕生日お祝いメッセージ】


岡田くん「え~、嵐の二宮和也くん! そして、『BAY STORM』をお聴きの皆さん、こんばんは。え、岡田准一です」
(.゚ー゚)「どうした?(笑)」


岡田くん「ええ、二宮くん、お誕生日おめでとうございます!」
(.゚ー゚)「ありがとうございます。すいません」


岡田くん「いやあ、めでたいですねえ~」
(.゚ー゚)「ありがとうございます。」


岡田くん「二宮くんは僕に対して、ずっと、まあ、岡田氏っていうね? 呼び方をずっとするんですけどお」
(.゚ー゚)「ええ、ええ」


岡田くん「まあ、最近になって、名前の呼び方が変わり、ま、『だおか先輩』と」
(.゚ー゚)「まあまあ、ね」


岡田くん「なぜか『だおか先輩』と。で、毎回僕は『先輩だぞ』と」
(.゚ー゚)「そうそう」
岡田くん「言い返すっていうのがやり取りがもう~、しつこいぐらい行われていてえ」
(.゚ー゚)「ずーっとやってるからねえ」


岡田くん「『いや、だおか氏がね』って言うんすよ。まあ、あの~、岡田くんとまともに、呼んでくれていた、あのかわいかった、十何年前。まあ、10代から20代前半まで」
(.゚ー゚)「そうだねえ」


岡田くん「あの頃のニノが、一番かわいかったです」
(.゚ー゚)「違う違う違う。そういうことじゃない、お誕生日のさ……」


岡田くん「ま、先輩でもいいですけど、ま、『先輩』ついてますからねえ」
(.゚ー゚)「違う違う。もう呼び方なってるな、ずっと」


岡田くん「ま、いんですけど、まあ、まともにいつかね。お互いもう大人ですから」
(.゚ー゚)「確かに」


岡田くん「呼んでいただけると(笑) 楽しみに、え~、しておりす」
(.゚ー゚)「フフフッ」


岡田くん「え~、ということで、またですね、僕いつも断られますけども、え~、登山などキャンプなど、一緒にね」
(.゚ー゚)「違う違う。だおかさんについてったら死んじゃうからさ」


岡田くん「ニノと行けたらなと思ってますんで、ぜひ今年は、大人のね、大人キャンプ行きましょう。以上、ほんとにおめでとうございます。え~、岡田准一でした」


(メッセージ終了)


(.゚ー゚)「違う違う。だから(笑)、みんなさ、何か、思い出があったら、お話してくださいみたいなこと言ってます? 言うからダメなんだと思うんだよ。誕生日を純粋にさ、祝ってないじゃん」


(.゚ー゚)「最後の、あの、文節聞いた? 『それでは本当におめでとうございます。岡田准一でした』だよ」


(.゚ー゚)「いやいや(笑)、最後急に何か、呼び方をしっかりしなさい、ね? 先輩なんだから呼び方しっかりしたほうがいいと思う。もうそろそろ大人なんだから」


(.゚ー゚)「っていつも断られてるけど、ね? キャンプとか登山とか行こうよ。もういい加減、そうやって先輩の、ね? 誘い断るの良くないよ、大人なんだからねっ? だからいつか、今年中には、もうちゃんと行きましょうね」


(.゚ー゚)「っていうことで本当におめでとうございますって、おかしくない? だって。どう考えても」


(.゚ー゚)「あ、違う違う。誕生日を俺純粋に祝ってもらいたい。1年に1回なんだから」


(.゚ー゚)「確かに聞いてる人は誰から、ね? こうメッセージいただいたか、気になる。あっ、ニノと、だおかパイセンが、こういう付き合いしてるんだ。そうなんだ。へえ、ほんとに今年中に行けるといいな~。何かその話も聞きたいな~。っていう人もいると思う」


(.゚ー゚)「でもこれ誰に宛てたメッセージなんですかって、いうことだよね。私に宛てたメッセージなの。ちょっと最後のとこさ、ちょっともう1回あの何か、キャンプ、大人キャンプやりましょうみたいなところあったじゃない(笑) あそこらへんからもうちょっともう1回みんなに聞いてもらいたいんだけど、そんなことあるかな、急に何か」


(ということでもう1回その部分だけ岡田くんからのメッセージが流れました)


岡田くん「またですね、僕いつも断られますけども、え~、登山などキャンプなど、一緒ににね」
(.゚ー゚)「うん」


岡田くん「ニノと行けたらなと思ってますんで、ぜひ今年は」
(.゚ー゚)「いや、これはありがたい」


岡田くん「大人のね、大人キャンプ行きましょう。以上、ほんとにおめでとうございます。え~、岡田准一でした」


(.゚ー゚)「ほら(笑)、『以上』って言ったあとに言ってるからね! 『以上、ほんとにおめでとうございます』って(笑)」


(.゚ー゚)「いや、嬉しいよ? そりゃね、そりゃ嬉しい。確かに嬉しいよ。嬉しいけど、何かこう、うん」


(.゚ー゚)「岡田くん主演の映画『追憶』、ぜひ見てください。うん。いや、それはね? 5月の6日からもう公開されている。この間も出てたね、『散り椿』だっけ、ね? 新しいやつ出てたけど」


(.゚ー゚)「いや、お忙しい中ね、こうやってメッセージいただけるのほんと、そりゃありがたい。ありがたい。ありがたいけどやっぱこう誕生日もうちょっと全面的に8割ぐらい、祝ってもらいたいな」


(.゚ー゚)「今まで祝ったことなかったね。ニノ誕生日、とかさ。何か、『ニノに、そうだな~、ニノに誕生日プレゼントあげるなら、何か初心者登山グッズかな~』何て言いながら、さ、やってくれる、とね? 嬉しいよ。うん」


(.゚ー゚)「や、贅沢病か。贅沢病だな! そうだ。うん」


(.゚ー゚)「や、でもありがとうございます。私ももう、三十いくつ、四? になる。なる、なるのだね。大人になるということで」


(.゚ー゚)「そっか、そうだ、大人になろう。5月6日から公開されてる、岡田准一くん主演の映画、ええ、『追憶』が公開中だと。ね? ぜひ見ていただきたい、と思います」


3曲目はV6で『太陽と月のこどもたち』でした。


 

エンディング


エンディングはニューシングル『つなぐ』とワクワク学校の告知でした。


(.゚ー゚)「じゃ、もう終わりかな? 岡田さんからもお祝いメッセージをいただいて、非常に嬉しいです! 皆さんどうもありがとう。お忙しい中、ねっ……」


(.゚ー゚)「えっ、ごめんなさい。誕生日プレゼント待ってました、私。今日、ま、今日じゃないけど(笑) 今日じゃないけど今放送やったからさ、何か最後に、バーンて開いて何か出て来るのかなあと色々考えてたんだけど」


(.゚ー゚)「このままですね。そっか、今日じゃないもんね。そうだ、間違った、そう、今日じゃない、6月17日だからね」


(.゚ー゚)「じゃあ、また来週かな!? ね?」