青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「自分から仕掛けたいなっていう智になりましたね」

おはようございます。
今夜のVS、智くんのビジュがこれまた楽しみですが、予告では「重大発表」ありとのことで……。


真の重大発表は事前に告知などない場合がほとんどですが、さて今回は!?
放送でしっかりとチェックしたいと思います!



雑誌は今日発売のものが3冊、『キネマ旬報NEXT』、『ジュニアエラ』、『QLAP!』とあります。


映画『忍びの国』雑誌祭りは、もはや『映画 怪物くん』雑誌祭りを凌駕していますね。
公開が近づくほどに智くんのビジュアルがアップしているようなので、これから発売されるグラビアも楽しみです♪


大野智雑誌祭まとめ - 無門『忍びの国』



今朝の『ZIP!』では、今年の24時間テレビのチャリTシャツのデザイン発表がありました。
東京五輪2020のエンブレムも手がけられた野老朝雄さんによるもので、チャリTの絵柄は□と△を組み合わせたお花の形。
翔くんがさっそくチャリT姿を披露してました。



昨晩放送の『1周回って知らない話』には滝沢秀明くんがゲスト出演。
タッキーがJr.時代を語っているときには当時の嵐さんの写真も紹介されていました。


嵐のメンバーだけでなく、ほかにもタキツバや山P、生田斗真くんなどが写っているもので、全員白い服装。
ジャニーズJr.のコンサート映像が紹介されたときには、翼くんの後ろに一瞬だけ智くんが映る場面も!^^



深夜放送の『いただきハイジャンプ』では「「コレダレ・ドンピシャーナ」のコーナーで智くんに関する問題が。
その部分のみ、このブログ記事にてレポしています。



JUMPと言えば、知念くんが今年12月23日公開の映画『未成年だけどコドモじゃない』に出演。
『忍びの国』では織田信雄の妻役を演じている平祐奈さんと再び共演するそうです。


中島健人が主演 平祐奈、知念侑李と三角関係演じる | ORICON NEWS



※TBSチャンネル(CS)
 ・7/1(土)10:00-10:30/22:30-23:00
 映画「忍びの国」スペシャル(TBSチャンネル1)CS放送
www.tbs.co.jp



※映画「忍びの国」公式Twitter



【いただきハイジャンプ】


ジャニーズタレントの名前を質問だけで推理するゲーム「コレダレ・ドンピシャーナ」では、岡本圭人くんが引いた見えないカードに大野智くんのお写真が。


岡本くん「この方を英単語で表すと何ですか?」
有岡くん「トリッキー」
高木くん「エンターテイナー」


岡本くん「この方を色で表すとしたら何色ですか?」
高木くん「緑」


岡本くん「この人は休みの日、何してると思います?」
有岡くん「何か、のほほんとしてそう」
高木くん「何か家にいるイメージかなあ」


岡本くん「この人は結構話すほうですか」
有岡くん「まあ、振られて話すという感じかな?」
高木くん「自分から積極的にっていうイメージはない」


岡本くん「この方、英語話せるイメージあります?」
有岡くん高木くん「ないです」


岡本くん「今までの答えの中で一番ヒントになるな~って思うやつ?」
有岡くん「俺はねえ、高木の言ったエンターテイナーだなっていうのは、まさに、確かにぴったりだなあって」
高木くん「あの~、のほほん、家にいる」


ちなみに岡本圭人くんは「嵐の大野くんです」と正解していました^^
「エンターテイナーっていうので結構強かったかも」と言ってましたよ。


ここで別室にいた知念くんがこんなことを。
知念くん「やっぱ、エンターテイナーでのほほんっていう、そのギャップがたまらないですね、大野くんは」


ARASHI DISCOVERY forever(音源2013/12/12・レポート2017/6/15)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「人生という字をどう読むか。人として生まれる、人として生きる、人を生かす、人を生む。それが人生なんです」


(´・∀・`)「深いねえ」


(BGM:Hit the floor)


(´・∀・`)「これはプロ野球の元監督、野村克也さんの言葉です」


(´・∀・`)「自分という人間が生まれ、え~、その自分を自らの手で成長させていく。そして、同時に、別の人間のことも考え、自分とは別の人間を誕生させる。世の中の色々なことがつながって、人生は成り立っていくということでしょうか。あなたは、人生という字を、ど、お読みに、なり、なりますか」


(´・∀・`)「噛んじゃったよ(スー)」(←かわいい♡)


(´・∀・`)「いや〜ねえ! 人生はねえ、ほんとにねえ、1回しかないから。うん」


(´・∀・`)「よく、よく思うもん。悩んだり、辛かったりする時期とかさ、『なぁにくよくよしてんだ』と、もうひとりの自分がいるわけですよ(笑) ふっ☆彡 『人生1回しかないんだよ、楽しまないで何してんだ』みたいな」


(´・∀・`)「だからねえ、よ、よく考えんのがねえ、『待てよ、今33(歳)だなあ、あと倍、生きんのか』。 短い? いや、正直ね、もうね、結構満足してます!」


(´・∀・`)「正直ね。何でかって、こんな恵まれた人生はねえと思ってるから! おいら、こんなんなると思ってなかったしぃ。だからね、結構だから濃厚なんだよね、毎日が」


(´・∀・`)「だから、ま、ほんとありが、ありがたいことにこう、色んなっ、普通のひ、方ができないような仕事を、が主じゃないすか」


(´・∀・`)「だからね、結構、ボケーッといちんち(1日)終わったり、ボケーッとす、いちんち仕事が終わることがないんだよね」


(´・∀・`)「だから、ほんとまあ、テレビに出る仕事でもあるからあ、その、まあ、基本ボケッとはしてますけど。あのねえ(笑)、ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「何つーんだろうねえ、やることが濃厚なんだよね。同じ仕事がないからあ。よ、あの~、自分のやったことないこともどんどん、ま、20代なんかすごいやらされたからあ。だからね、結構満足しちゃってんの。うん」


(´・∀・`)「だからこの先何があんだろうと思う、とっ! 自分で創り出そうとは思ってる。今まではもう〜、恵まれて、こう色んな、仕事を来てやって、ね? やらしてもらう中で経験を、してったじゃないですか。で、色んな自信もできて」


(´・∀・`)「ほんでこれからはあ、自分から仕掛けたいな、っていう~智になりましたね。なってきました。ええ」


(´・∀・`)「だからねえ、楽しみにしててください。何すっかわかんないですけど。んはははははっ☆彡 うん」


(´・∀・`)「だからね、そうやって、か、変わっていこうかなあ〜って思ってます」


(´・∀・`)「以上、大野智でした」


――2013年12月12日のラジオ音源で、その翌年のお正月には『鍵のかかった部屋SP』の放送がありました。


智くんの「自分で創り出そうと思ってる」ことって何だったんだろう。
やっぱりアートだったのかな?
2015年には2度目の個展も行なっていますしね。
それともまだこれから何かあるのかな~!?


「自分から仕掛ける」智くんをまだまだ楽しみにしていますよ(*'▽')


 



●大野智くん雑誌情報


○6/15(木)
「キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT」vol.13「忍びの国」No.1749(キネマ旬報社)
大野智「忍びの国」表紙&巻頭


キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT vol.13 「忍びの国」No.1749


○6/15(木)
「ジュニアエラ」7月号(朝日新聞出版)
嵐・大野智さんインタビュー


ジュニアエラ 2017年 07 月号 [雑誌]


○6/15(木)
「QLAP!」7月号(音楽と人)
大野智、知念侑李 インタビュー


QLAP!(クラップ) 2017年 07 月号 [雑誌]