青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「FREESTYLEというタイトルもね、自分で考えたんですよね」

【お知らせ】


※ビビット 公式Twitter

7/18(火)ビビットつづき…

★9:39頃またショートです「忍びの国」100万人突破イベント




おはようございます。
今朝は1つ前のブログ記事に書きました通り、昨日札幌シネマフロンティアで行われた映画『忍びの国』大ヒット御礼舞台挨拶のようすが伝えられていますね♪


舞台挨拶だけでなく、お忍び観光のようすまで見せていただけるとは思っておらず、嬉しいです!(≧▽≦)


そして舞台挨拶に参集した方々から日焼けしていたと聞いていた智くんも、もう私の感覚がおかしいのか予想していたよりも全然黒くなってなくて(笑)、ただただかっこ良かったです♡


大野智くん主演映画『忍びの国』大ヒット御礼舞台挨拶・北海道札幌お忍び観光WS - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog



昨晩放送されたTBSラジオ『エンタメExpress』では、立川談春さんのコメントとして、以前の公演『映画「忍びの国」噺+らくご』の一部が紹介されていました。


「時代劇は進化している」という立川談春さんの語りから、さらに抜粋させていただきますと……。


立川談春さん「何で今回のアクションシーン、立ち回りは新しく思うのかなあと思ったときにね、ええ、舞いではなくてね、これダンスの動きなんだろうなあって思うことがたくさんありました」


立川談春さん「どうして大野智なんだ、っていう意味でいくとね、はは~ん、もしかするとこれが、これ『忍びの国』を初めて時代劇として、観た人にとってはこれがリアルのスタートで、10年20年経ったときに、私『忍びの国』から見てるからねって時代が来るのかな。それを知らせてくれた、教えてくれたという意味において、今回のこの映画、出演させていただたいたということは本当にありがたいことでありました」


――おじいちゃんおばあちゃん子だったので、私も昔の時代劇の再放送などよく見ていました。
その当時の時代劇を思い出すような演出が『忍びの国』にもちゃんとあるのに、その一方でものすごく斬新で新しい表現もあって……。


私も映画『忍びの国』を初めて観たときに、「この映画は時代劇の節目になるような作品になるのではないか」と強く感じました。



ほか、本日発売の『女性自身』の目次には、「嵐 爆笑"うんこドリル"!~『ワクワク学校』誌上中継」ともあります。



〔追記〕


『スッキリ!!』ではダチョウ倶楽部さんのVTRが流れ、その中で智くんの話題が。


「上島さんに裏切られた」という肥後さんと寺門シモンさん。
お二人から「大野くんと一緒に『怪物くん』出てから、ちょっとお笑い芸人に対して下に見る」というクレームが。


肥後さんに「おまえ嵐じゃないからな、ダチョウ倶楽部だからな」と上島さんは言われていました~。
「すいませんでした、すいませんでした」と普通に謝る上島さん(笑)


また、『女性自身』にワク学レポは白黒で2ページでした。


ARASHI DISCOVERY forever(音源2008/2/8・レポート2017/7/17)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日はぁ、さいたま市の、ともちゃんからいただいた問題です。今年は2月が29日まであります。さてぇ、4年に一度のこの年のことを何と言うでしょうか? 次の3つの中から選んでください」


(´・∀・`)「1っ! うるう年。2、厄年。3、タカアンドトシ」


(リスナー:解答/BGM:Step and Go)


(´・∀・`)「答えはぁ、1番の、うるう年です!」


(´・∀・`)「今週はまずお礼を言いたいと思います。問題をくれたぁ、ともちゃんを始め、ゆかりさん、きょうこさん、さとみさん、ゆみさんなど、たくさんの方から、作品展を楽しみにしているというメッセージをいただきました! ほんっとにありがとうございます!!」


(´・∀・`)「ということで、え、本日2月8日金曜日はですね、え~、わたくし大野智が、10年かけて創作してきた
アートを、え、1冊にまとめた作品集『FREESTYLE』が出ま~す!! イエ~イ!♪ ねっ! 今日発売でございます」


(´・∀・`)「え~、もうほんっとにありがとうございます! ほんとね、皆さんのお陰ですよ、これは。え~、ほんとにー」


(´・∀・`)「まあ、でも『FREESTYLE』というタイトルもね、あの、自分で考えたんですよね。まあ! あの、自由にね!? 作品を作ったんですよ。だからちょっと『FREESTYLE』でいいかなあ。あの~、作品の中身は」


(´・∀・`)「うん、だから、フィギュアとかね? 絵の作品もあったりねえ。あの~、オブジェとかも何か、作ったんでね。え~、も、一挙に全部載せちゃおうということで。ねっ!?」


(´・∀・`)「あとフィギュアとかはねえ、あの、ロケ! してですねえ、自分で写真撮ったりねっ。ええ~、だから、カメラマンもちょっとやりました、わたくし。ええ! おもしろかったです。すごい素晴らしい作品になってます(笑)」


(´・∀・`)「あとね、嵐のメンバー四人からもね、あの~、メッセージというか、ねっ、あの、インタビューも入ってるんで」


(´・∀・`)「皆さんぜひともね、買ってくださいねえ!? あの、お願いしますぅ!! あは!☆彡 ほんとに(笑)」


(´・∀・`)「ええ、そしてですね、2月21日木曜日から、2月29日! 金曜日までですね。表参道ヒルズ"スペース オー"では、え~、個展『FREESTYLE』があります!」


(´・∀・`)「これ皆さん入場無料となっております。ぜひともね! あの1度観にきてください。ヨロシクオネガイシマァス!」


(´・∀・`)「ということで! 毎週金曜日は、いただいたメッセージを紹介していきます。 メールでお待ちしています。メールアドレスはarashi@fmyokohama.co.jpです。たくさんのメッセージお待ちしていま~す」
(※現在、募集は行われておりません)


(´・∀・`)「ではまた来週、大野智でした!」


――2008年2月8日、1冊目の作品集の発売日当日は、確か智くんは撮影で直島にいたんでしたね^^
ラジオ音源を聴くと作品集を見返したくなります!


昔のラジオを聴くと、智くんがテンション高めにがんばってトークしている感じがすごくするんですが、この日はそれだけじゃなくって心から喜んでいるのが声からも伝わってきます。


10年かけたというFSⅠが2008年、FSⅡが2015年。
するとFSⅢは2022~2025年ぐらいになるのかな???


私はね、心からお待ちしていますよ、智くんの3冊目の作品集と3度目の個展を!!