青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「本番出る前もう五人でニヤニヤしてるよね」

おはようございます。
今日は月刊テレビ誌の発売日です。
どうやらワク学のレポが載っている模様。
雑誌レポはのちほど。



ほか、今朝は木村拓哉くんと二宮和也くんが初共演する『検察側の罪人』のキャストの発表がありました。


ヒロインは吉高由里子さん。
松重豊さんや八嶋智人さんなど、智くんと共演した方々もたくさん出演なさっています。
山崎努さんは『忍びの国』でナレーションを務めておられますし、芦名星さんは『アマツカゼ〜天つ風〜』でご一緒でしたね。


www.oricon.co.jp


木村拓哉VS二宮和也『検察側の罪人』ヒロイン役に吉高由里子 - シネマトゥデイ


吉高由里子、木村拓哉×二宮和也「検察側の罪人」ヒロイン!松重豊、山崎努、大倉孝二らも共闘 : 映画ニュース - 映画.com



昨日悩まされた肩こりは、やっぱり寝て起きたら治りました!(^^)/
きっと睡眠不足も原因しているんだと思います。
パソコンで作業するときの姿勢を含めて気をつけなくっちゃですね。
あと、PC机ももっと作業しやすい物に買い替えようかな~って思いました。


ARASHI DISCOVERY forever(音源2016/3/28・レポート2017/7/24)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です。"今日の一言"カモン」


(SE)


(´・∀・`)「ステージ上では一番自分が上手いと思い、ステージを下りたら、一番下手だと思え」


(BGM:Sakura)


(´・∀・`)「いい言葉ですねえ! これね」


(´・∀・`)「ええ、この言葉はですね、リスナーの、ええ、えりかって呼び捨てで呼んで欲しいさんから教えていただきましたあ。え、メールを読みますと(スーッ)」


(メッセージ)「え、私は吹奏楽部に、ええ、入っています。この言葉は、え、1個上のっ、ええ~、尊敬する先輩が、引退のときに言ってくれた言葉です。え~、それからというもの練習するときは、ずっと、根底にこの言葉がありました。え、ステージに上がったときには自信を持って、え、下りたときにはとことん努力する。え~、すごい深い言葉だなあと思いましたあ」


(´・∀・`)「おお~、ということで来ましたねえ! 一般の方々の、ええ、"今日の一言"ですね。ええ、今週はシリーズで、お送りしたいと思います! ええ~」


(´・∀・`)「まあね、ほんね、確かに、ステージ上では一番自分が上手いと、(ス~、クチャッ)思わないとダメですよ! ほんっとに(笑) ふっ☆彡」


(´・∀・`)「まあ、僕も色んなステージぃ、ねえ? 踏みましたがあ、ん、まあ、やっぱりぃ、ステージ上で~はねえ、自信を持ってる、風ぅにしてるときもありますね。ふははっ☆彡」


(´・∀・`)「やっぱね、初日とかはねえ、結構まあ最近はないけどお、昔はその、ぶつけ本番になってしまう、っていうことはよくありましたね。う~ん」


(´・∀・`)「要は、あのぉ、リハやってても、に、間に合わないんですよ。色々(笑)、色々あって(スッ)」


(´・∀・`)「で! 結構昔ではねえ、そのぉ~、じゃあ、本番の前の日? 夜まで、リハーサルやってえ、んでえ~、社長が見に、見てぇ、通し稽古見て、前半と後半? チェンジだ、みたいな。ええっ!? みたいなあ。と、ぶつけ本番なったり。うん。とかよくあった! Jr.んときって結構あったかも」


(´・∀・`)「KinKi Kidsぅ~、先輩とぉ! V6ね、先輩のバックついてるときとかよくそういうチェンジがあったよね。う~ん」


(´・∀・`)「だからねえ、結構~、ぶつけは、経験してきたかなあ。んははははっ☆彡(スッ) うん」


(´・∀・`)「でもねえ! ま、これがね、ほ、おひ、お客さんには言えないからね、そういうこと。だからもう、これが、これで、(ッツ)今日は練習してきたんだっていう顔しなきゃいけないわけでしょ。ふはっ☆彡」


(´・∀・`)「ええ~。やあ、でもそういうことがよくあったからねえ~。慣れてるっちゃ慣れてるんだけどお(ス~)、まあでもやっぱり最近はねえ、あんまりそういう変更はそこまでねえ、減ったからねえ。う~ん」


(´・∀・`)「でもねえ、やっぱり、な、中にはねえ、ああん、なかなか、通し稽古ができなぃ、ときも、あ、あって。そんときぃは、やっぱりねえ~、もう本番出る前もう五人でニヤニヤしてるよね、もう。やぁべえ、できんのかなあ、ほんとにみたいな。うん。っていうのが、昔あったけどねえ」


(´・∀・`)「最近はないけどお。う~ん。4月入ったらもうあれですよ!? アリーナツアーがもう近くなりますねえ! ええ~」


(´・∀・`)「ま、だいたい、い、あと1ヶ月後もう(カチャッという音)、スタートしてますよ。ええ~、今絶賛、稽古中ですよ。ええ~」


(´・∀・`)「まだ1ヶ月あるからっていうこの余裕がダメですからね。ええ~、ちょっと今から、え~、引き締めて、え~、ちょっと稽古に、挑みたいと思います!」


(´・∀・`)「以上、大野智でした!」


――コンサートにしろ舞台にしろ、智くんのステージを数えたら、ものすごい場数になるでしょうね!


今年のドームツアーも楽しみだなあ♪
きっともうアルバム制作も進んでいることでしょう。


智くんのソロ曲が本当に毎年毎年楽しみです♡
今年のソロはすごいって思っても、翌年にはさらにその上を行くようなソロを歌い踊る方だから、とことん底が知れないですよね。


和を強く意識した『暁』だったり、門というか密室を破ろうとする『Bad boy』だったりと、お芝居が智くんのソロに影響することって多少なりあるんでしょうか?


今年の智くんのソロ曲をワクワクしながら待ちたいと思います!
ソロアルも出るまでずっと待ち続けますよ(^^♪


 



●嵐さん雑誌情報


○7/24(月)
「TVnavi」9月号(産経新聞出版)
嵐「VS嵐」「嵐のワクワク学校2017」「ニノさん」


○7/24(月)
「TVfan」9月号(メディアボーイ)
嵐「嵐のワクワク学校2017」「VS嵐」「ニノさん」