青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

相葉雅紀くんラジオ『レコメン』「ヒゲ生えてますよね」

久々に相葉ちゃんのレコメンをフルで文字起こしすることができました(^^)
あ~、すっきり(笑)


今夜は、しやがれが放送されますね!
作ってみようでの智くんと加藤諒くんと釣り、楽しみだなあ♪


テレビで歌やダンスをもっと披露してもらえたら嬉しいな~って常々思ってはいるんですが……。
イキイキと海釣りをしている姿や、釣り竿を持っているときの男らしい腕の筋肉とか表情とか、加藤諒くんの行動に笑っている智くんも素敵なんだもの~!!(≧▽≦)


ただ、レギュラー番組でも歌番組でも歌やダンスを見られる機会が少なくなってしまっているので、やはりここはソロアル(ダンスMVつき)を出していただければファンは救われますです! はい!!



・土曜日に甲子園に行った。3回戦だった。中村奨成捕手のホームランを見た。スタンドからだけど中村くんはオーラがあるのかでかく見えた。


・1試合目終わって2試合目ぐらいから、一緒に応援している人たちから、なぜかお菓子をもらえるようになった相葉ちゃん。15年ぐらい毎年甲子園を見に来ているおじいさんで、たぶん自分がテレビの仕事をしている人だとはバレていなかった。


・家で腹筋と腕立てを何回がやってたときもあるという相葉ちゃん。だけど「これだけは絶対やり切るんだ」という気持ちの強さがないと、折れてしまう。


・ラジオの収録でちょっとヒゲの生えてる相葉ちゃん^^


・相葉ちゃんと同じぐらいの時期に携帯を替えてしまい、連絡先がわからなくなってしまった……とラジオで言っていたというWEST中間くん。


・藤井流星くんはそのときのラジオで「天使ちゃんはめちゃくちゃいい人。こんな先輩いない」と褒めちぎっていたそう。もんじゃに行った話もしていたとのこと。


・相葉ちゃんは餃子にはタレをつける派。


(‘◇‘)「シュウマイは何かカラシだけでもいいかな~と思うけど」


嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(2017/9/2)

オープニング


(‘◇‘)「もうあれだね、甲子園も終わり」
近さん「ね」
(‘◇‘)「次はあれかな? 全日本かな!? 高校野球は」
近さん「あ、あれだよね?」
(‘◇‘)「そうそうそう、甲子園終わるとだいたい全日本だよね? 高校野球はね」
近さん「あ、そうだ、もう、始まってんじゃないかな」
(‘◇‘)「いや、だからほら楽しみは続くね!」
近さん「続くね」
(‘◇‘)「う~ん」
近さん「プロ野球だって盛り上がってますし」
(‘◇‘)「盛り上がってますしねえ! ほんとに」


近さん「あ、甲子園行ったんすか?」
(‘◇‘)「行ったんすよ! えっとね、3回戦かなあ。土曜日に行ったんだけどぉ」
近さん「どんなカードが?」
(‘◇‘)「済美・盛岡大付属」
近さん「盛岡大付属対済美、愛媛のね、ありましたねえ」
(‘◇‘)「これバンバンあの、満塁ホームランが出たんじゃなかったかなあ。で~、や~ばかったよ! 会場」
近さん「はい」


(‘◇‘)「で、それ見てぇ、あとそれこそ、広陵・聖光(学院)」
近さん「あ、中村くんの」
(‘◇‘)「中村くん見た見た」
近さん「中村奨成のホームランを」
(‘◇‘)「見た!」
近さん「生奨成を」
(‘◇‘)「中村くんねえ、何かすげえでかく感じたんだけど、スタンドから見てて。そんなおっきくない……」
近さん「資料だと181(cm)ってことだからねえ。野球選手として特別大きくはないもんね」
(‘◇‘)「いや、でもねえ、何かオーラなのかなあ?(笑) 何かすげえでかく感じた!」


(‘◇‘)「何かさ、ほら、あの~、勝って校歌歌って、そのはけていくときに、その前の二人が、インタビュー受けるんだよね? そこに一番前のほうに中村くんいたから、何か、すごいこうでかく見えたんだよね」
近さん「あ~」
(‘◇‘)「まあ、肩がハンパなくいいよ、あの人」
近さん「ねえ、キャッチャーだけに」
(‘◇‘)「キャッチャー、あの……」
近さん「すごいですよねえ」
(‘◇‘)「う~ん。座ってもたぶん、座ったままセカンド届くんじゃないかなっていうぐらいの」
近さん「すごい評価されてますよね、バッティングも守備も」
(‘◇‘)「やあ、バッティングで言ったらだってえ~、清原(和博)さん超えたでしょ?」
近さん「ねえ、甲子園でのホームラン数ね」
(‘◇‘)「すげえよなあ」
近さん「すげえ」


(‘◇‘)「でも清原さんが当時、その打ったホームランで、ここに突き刺さったんだよっていうレフトスタンドの」
近さん「甲子園の」
(‘◇‘)「そう! 上段の、何かこう、出入り口? そこに刺さったんだよって場所教えてもらったんだけど、(大きく息を吸い込んで)いやっ、あ~そこプロでも、行かないんじゃない? っていうようなとこに、ま、金属バットとは言えね? ぶち込んだっていうから、す~ごいよ!」


近さん「あ、でも甲子園の外野ってそんなに傾斜ないから」
(‘◇‘)「ないないない! うん」
近さん「奥行結構あるもんね」
(‘◇‘)「うん」
近さん「深いよね」
(‘◇‘)「で、上段に、突き刺さるってあんまないんじゃないの」
近さん「そう、甲子園ってすごい結構遠いからね」
(‘◇‘)「う~ん、そうだよね~」
近さん「それすごいよね」
(‘◇‘)「すごいよ」
(私は以前しやがれで相葉ちゃんが清原さんからバットをもらったときに、「ベッタベッタだったの!」っていうコメントしたことに驚いたよww)


(‘◇‘)「で! 何か、今回その、見に行って、その見てたら、こう~、何つうんだろ、何か新しいコミュニティに入れてもらったっていうか(笑)」
近さん「はい。ちょっとあったかいっすよね?」
(‘◇‘)「あったかいっす」
近さん「あのスタンドの、雰囲気が」
(‘◇‘)「あの~、俺はもうじゅう……おじいちゃんね、もう15年間、毎試合見てると、春夏!」
近さん「いますよねえ、あそこ」
(‘◇‘)「で、そういうおじいさんが結構いんのよ。で~、やれ何だ。最初は全然俺、その中に入っちゃってたんだけど、ま、最初話しかけられなかったのよ。で~、何か周りでさ、結構、誰かがお菓子とか買ってくると、みんなに分けてとか、アイスとか分けて、してたの」


(‘◇‘)「で、1試合目終わって2試合目ぐらいから、何か知んないけど俺にもお菓子くれるようになっちゃって」
ねっち「はははは!」
近さん「で、話せば、たぶんバレてないのよ。別にこういうテレビの仕事してるっていうのもバレてなくて。『あ~、お兄ちゃん好きなんだ』みたいな。『やってたの~?』みたいな。『いや、全然やってないっす。バスケットやってました』みたいな。『あ~、でも好きなんだねえ』なんつって、そう会話が盛り上がってさ、『あ、こういうコミュニティあるんだなあ』と思って」


(‘◇‘)「毎日だってよ、15年。そういう人もいるんだねえ~」
近さん「ねえ、いいね~」
(‘◇‘)「だから全日本、アンダー18? も、がんばって欲しいっすねえ、ぜひ!」


1曲目は『風見鶏』です。


ラブラブあいばーちゃんの知恵袋


(メッセージ)私は今まで彼氏ができたことがないのですが、今勤めている職場で5つ年上の先輩から突然連絡が来て、「遊びに行こう」と誘われました。先輩からのお誘いなので断るのも失礼だと思い、初めて会社以外で二人っきりで会ったんですが、結果から言うと楽しくありませんでした(ふみこさん/22歳)


(‘◇‘)「ええ?」


(メッセージ)2回目も誘われて遊びましたが、やっぱり楽しくありませんでした。私的にはもうこれ以上楽しくないのを我慢して会いたくないのですが、また誘われました。今回は用事があったので上手く断れましたが、「また誘うね」と言われてます。先輩はどんな気持ちで私を誘っているのか正直わかりません。そして次も断りたいので、どうしたらいいか教えて欲しいです。


(‘◇‘)「アハハハハ!」
近さん「『あいばーちゃん、助けてください』(笑)」
(‘◇‘)「え~!!」


(‘◇‘)「これはねえ、断ったほうがいいね(笑)」
近さん「そうですねえ」
(‘◇‘)「いや、だって楽しくないんだもん! 行きたくないんだもん! 無理やり行ってもさ」
近さん「そうですねえ」
(‘◇‘)「いくら先輩とは言えね?」
近さん「22歳ふみこさんは、ま、最初は職場の先輩だし、いきなり断るのも失礼だと思い、行ったと」
(‘◇‘)「でもさ、でもさ……」
近さん「フィフティーフィフティーだったわけだね?」
(‘◇‘)「うん」
近さん「ふみこさんとしては楽しかったらもっと惹かれたかもしれないわけだよね」
(‘◇‘)「そうだよね」
近さん「ほう」
(‘◇‘)「じゃあ、男性に非があるってことだね?」
近さん「非というか、まあ……」
(‘◇‘)「フフフ!」
近さん「それはもう相性と言いますねえ?」


(‘◇‘)「これさ、だから男女の関係ってさ、あれなの? 先輩に誘われたら行かなきゃいけないのかなあ」
近さん「いや、そんなことないでしょ」
(‘◇‘)「男女だもんね!? 男男(だんだん)とか女女(じょじょ)だったら、結構
……」
近さん「いや、男男でも女女でも、そりゃもう先輩と言えども、ねえ?」
(‘◇‘)「あ、そうですか。結構でもあれですよ? え、だって、じゃあ何? 東山先輩に、じゃあ、ちょっと……」
近さん「相葉さん結構、ねえ?」
(‘◇‘)「とか」
近さん「後輩誘うこともあるあし」
(‘◇‘)「うん。松岡先輩とか。『お~、ちょっと飲みに行くぞ』って言われたらさ(笑) 『はい』になるじゃん(笑)」
近さん「そっかそっか」


(‘◇‘)「それはもう男男だからあ、で、同じ会社で、ま、尊敬する先輩でってなれば、断れないじゃん」
近さん「男女の場合はね」
(‘◇‘)「男女の場合は結構……」
近さん「誰とでも行っちゃいけないよね、逆にね」
(‘◇‘)「フフ、逆にね(笑) そうだ、難しいよね、これね」


(‘◇‘)「別にじゃあ先輩後輩は気にしなくていいってことだよね? とりあえず」
近さん「そうね。でももう2回行ったんだけど、3回目はもうないよと」
(‘◇‘)「フフッ!」
近さん「ふみこさん的に」
(‘◇‘)「思ったんだよね? 思ったってことはさ、もう絶対行かなくていいよ!」
近さん「で、断るには」
(‘◇‘)「どうしたらいい」
近さん「今回は3回目の誘いは用事があったので断ったと。で、4回目来たときに用事がなかったらどうしよう」
(‘◇‘)「用事がなかったら。でもさ、こういうのってどうなの? これ何か、何か用事をつけて断り続けるほうが、いいのか。はたまた……」
近さん「限度があるよね」
(‘◇‘)「そう! そうなの。キリないじゃん、それって」


(‘◇‘)「向こうもどんどんさあ、『あ、じゃあ、この日は、この日は?』ってさあ、どんどんスケジュール出してきちゃうじゃん」
近さん「逆に空いてる日教えてって言われたとき困るよね(笑)」
(‘◇‘)「もうアウトだよねえ。アウト、もう絶対逃げられないじゃん」
近さん「これもう言わなきゃいけないね」
(‘◇‘)「そう!」


(‘◇‘)「何て言ったらいいか? 22歳。5つも上だからね」
近さん「うん」
(‘◇‘)「でも好きな人がいるわけじゃないから、そこでまた嘘をつくわけにいかないじゃん? 彼氏がいてとかさ」
近さん「これ『彼氏ができた。好きな人ができた』ならまだしも」
(‘◇‘)「ん~、その嘘もどうなの!?」
近さん「ねえ?」
(‘◇‘)「嘘も方便か?」
近さん「彼氏もいないのにあなたとは無理って言われるっていう(笑)」
(‘◇‘)「もう、これだから何つったらいいの?」


(‘◇‘)「でも、それを言われた男は立ち上がれるかなあ?」
近さん「職場の5つ上の先輩ね。あ~、でもこれはやっぱり……」
(‘◇‘)「はっきり言うか」
近さん「ほかに好きな人がいる系で何か逃げたほうがいいのかな?」
(‘◇‘)「あの、男の子の気持ちを考えるとね? そうだよね。で、今後この職場でずーっとね?(笑) 上手くやっていくには、ちょっとした嘘って言い方もおかしいけども、演出も必要だということで」
近さん「ちょっとほかに好きな人がいると、で、そのほかに好きな人がいる、嘘じゃないんですよ」
(‘◇‘)「え、だって……」
近さん「それは未来の、未来の彼氏が好きなんですよ」(←好きなアイドルを想定してもいいよね^^)


(‘◇‘)「なるほど、わかった。じゃあ、わかりました。『ほかに好きな人が出来る予定だから』 フフフフッ! 私、ね? 『今後、好きな人ができる予定なので、ちょっと、先輩と二人っていうのは、出かけるのは厳しいです』と。『何人かでみんなでご飯とか、ね? そういうのだったら、お付き合いするんですけども』」
近さん「それぐらいわかんないと、やっぱ27歳だから、彼も、ね?」


(‘◇‘)「そうね。これ何、じゃ、どういうこと?」
近さん「ラブラブマジック」


(‘◇‘)エコー「ラブラブマジック! 好きな人ができる予定だっていうことを伝えましょう!」


(‘◇‘)「だいじょぶかなあ、これで。ちょっと、上手くふみこさん、あの、いいとこだけを拾ってくださいね(笑)」


(メッセージ)私にはどうしても忘れられない人がいます。それは大学時代の同級生Iくんです。Iくんとは同じ大学のゼミで一緒に活動していました。最初はただの友達程度の感覚で特に意識せずに生活していたのですが、ゼミの活動の中で自分と考えていることや価値観が似ているなと思ったり、お互いに相手が持ってない点を尊敬していることに気がつきました。
私は彼のことをよく思い浮かべるようになりました。そしてIくんも私と目が合うと照れ笑いをしたり、プライベートの質問をバンバン聞いてきたり、重い物をサッと持ってくれたり、態度を徐々に示すようになりました。大学卒業が近づくにつれ、Iくんに対して特別な感情が生まれていくようになったのです(なうすぷさん/24歳/宮城県)


(‘◇‘)「好きになっちゃったと! うん」


(メッセージ)卒業式の日、一緒に写真を撮るときIくんが、振袖姿の私を見て、「○○さん綺麗だね」と友達に言ってるのが小さく聞こえました。


(‘◇‘)「う~ん! 何よ!」


(メッセージ)胸の高鳴りを抑えたまま彼の隣になった私は切なさで上手く笑えませんでした。


(‘◇‘)「切なさ?」


(メッセージ)帰っていく後ろ姿を見て、「これで良かったんだ。もうこれで会うことはない」とそのときは思いました。
しかしある日偶然Iくんを街中で見かけたことがあって、そのときは心臓が飛び出しそうになって何て声をかければいいかわからないうちに彼は行ってしまいました。あとからほんとに後悔して何度も泣きました。
結局Iくんの気持ちは最後までわかりませんでした。私から告白しようとも思いませんでした。そのせいか卒業して2年になろうとしている今でも彼のことが忘れられません。どうしてこんなにも思い続けているのかも、自分でもわからないんです。付き合ってもいないのにこんなに気持ちを引きずってしまう自分が情けないです。彼のことをどうやったら忘れられるでしょうか。教えてください。


(‘◇‘)「何かドラマみたいだね。フフッ」
近さん「これは~、卒業まで何もこう思いを打ち明けることなく、過ごしてしまったというわけなんですよ、なうすぷさんは」
(‘◇‘)「でも~、『私から告白しようとも思いませんでした』」
近さん「ええ、『怖くて告白できなかった』と」
(‘◇‘)「ふ~ん」
近さん「振られるのが怖くてできなかった」
(‘◇‘)「もうだって、会えないの?」
近さん「街でたまたま見かけたことがあったと」


(‘◇‘)「フフフ、ちょっと待って(笑) え~と~、あれぐらいは知ってるかな? LINEぐらいは知ってるかな?」
近さん「そうだよね~」
(‘◇‘)「知らない。電話……」
近さん「携帯で、電話番号とかメールとか、SNSとか何かでつながれ……。でもさあ、たぶんゼミで、大学のゼミで一緒に活動していたっていうことは、それぐらいはちょっとわかるんじゃないのかな~」


(‘◇‘)「そう! わかった! これもう怖いとか言ってる場合じゃないんですよ。もう2年……」
近さん「決着つけようと、いっぺん」
(‘◇‘)「決着つけたほうがいいと思うよ! もう、どんな手段を使ってかわかんないけど、連絡を取って、そのときから、『ゼミにいるときからそういう風に思ってたんです、私は。で、忘れられるかなと思ったけど、卒業して2年間、やっぱり忘れられなかった』と。『このまんまもやもやしてても私も辛いので』っていう」
近さん「ねえ? これ昔の……」
(‘◇‘)「っていう格好にすりゃあいい」
近さん「『プロポーズ大作戦』とかそういう番組だったら格好のネタですね!」
(‘◇‘)「フフフ。いや、知らない知らない知らない(笑) フフフ。テレビだったらね? テレビ関係ないんすよ。ね? そういうふざけてる場合じゃなくて、なうすぷさん1回だから勝負したほうがいいよ」
近さん「なうすぷさん、自分で行かなきゃいけないわけですね?」
(‘◇‘)「今もうそういう時になりました」
近さん「ええ、もう2年間の思い」
(‘◇‘)「時が来ましたね」
近さん「決着をつける。ラブラブマジック! お願いします」


(‘◇‘)エコー「ラブラブマジック! がんばれ!!」


近さん「とにかく連絡を取って、この2年間ずっと思い続けてる気持ちを」
(‘◇‘)「そう、伝えて」
近さん「とりあえず会いたいと」
(‘◇‘)「う~ん、で、『あなたはどうですか?』聞く! で、その、聞いて、結果いただければ、たぶんね? そのモヤモヤしてるときよりも、早く次~の気持ちになるんじゃないの? うん。もしかしたらほんとにそのままねえ? 『え、俺もそうなんだ』ってなってさ、♪エンダァ~!(I will always love you/Whitney Houston)っていうさ、パターンもあるじゃん?」
近さん「♪エンダァ~!」
(‘◇‘)「わかんないから、こればっかりは。うん。がんばってください」
近さん「がんばってください」

教えて相葉ちゃん!


(メッセージ)『嵐にしやがれ』の「代行調査」でクロスフィットに挑戦されてましたね(お腹へこましたいともちゃん)


(‘◇‘)「あ~、やった~」


(メッセージ)アスリート並みの目標に弱音を吐くこともなくメニューをこなす相葉くん、本当にすごいなと思いました。陰で努力されてるんだなと改めて感じました。


(‘◇‘)「いやいやいやいや……」


(メッセージ)ところで私は家で体力作りのために腹筋とスクワットをしています。スクワットをするとき壁に飾ってある相葉くんの団扇を見ながらやったり、腹筋するときに起き上がったら写真が見えるようにしたり。


近さん「起き上がったら、起き上がったら相葉くん」
(‘◇‘)「ハハハ」


(メッセージ)何とかやる気を出そうとしながらやってます。変な人ですいません。クロスフィットみたいに仲間と励まし合ってできるとなおいいのですが、いつもひとりでやっていると休みたくなったり、途中で諦めたくなります。もっとテンション上げて一気にやり切りたいのですが、良い方法があったらアドバイスお願いします。


(‘◇‘)「そうだよね。そうなんだよ、ひとりでやるって孤独なのよ。俺もね、何度か家でこう~腹筋と腕立てを~、何回やってたときもあるけど、やっぱり、ほんとにねえ、これだけは絶対やり切るんだっていう気持ちの強さがないと、まあ、折れちゃうよね。ひとり暮らしなのかな? そんなことない? 家族」
近さん「ん~、どうですかねえ」
(‘◇‘)「もしご家族の方がいたらさ、ちょっと見てもらうでもいいよね。厳しさ」
近さん「そうね」
(‘◇‘)「鬼教官になってもらう」


近さん「あと、今度やったらシールもらう」
(‘◇‘)「誰に?」
近さん「自分が自分にでもいいんだけど。その、例えばカレンダーにさ、『やりました』っていうシール貼れば」
(‘◇‘)「あ~、あー! いいかもねえ。でもそれさ、心弱いとやってなくても貼るよ(笑) アヒャヒャヒャッ。それはダメ」
近さん「それはもう、たぶん自分が自分にだったら嘘つけないじゃないすか」
(‘◇‘)「そうっすね。そうだね、それか! その、ご家族の方に、ちょっと、ちょっとだけ見てくんないつって。そうしよう。じゃあもうちょっとずつ、気持ち折れずにがんばってくださいね!」
近さん「がんばってください」
(‘◇‘)「必ずへこみますから」


(‘◇‘)「で、あとね、何か、ちょっと経つと体変わってくるから、そうするともっとエンジンかかるんだよね。最初が一番、その、やってもやってもさ、『これほんとに、筋肉ついてんのかな?』とかさ、『あれこれ絞れてんのかな?』って思う時期がやっぱあるんだけど、それをちょっとがんばって、超えると、ちょっとずつ成果が出てきて、『あ、よし、やろう』みたいなスイッチ入ってくるから」
近さん「僕もね、最近1か月で5kgぐらい出したんすよ。何か感じません? ちょっと」
(‘◇‘)「全然感じなかった!」
近さん「えっ!? 嘘ぉ!?」
ねっち「ははは」
(‘◇‘)「全然感じなかった!」(←2回目ww)
近さん「え、俺……」


(‘◇‘)「俺ちょっとやつれてんのかな~と思ってた。フハハハハハハ! 違うのね? 違うの、絞ったんだ。へ~、何で?」
近さん「え、これあの何ですかね、無駄食いをしない(笑)」
(‘◇‘)「あ、それだけで」
近さん「それだけで。どれだけ無駄食いしてたんだと」
(‘◇‘)「なるほどねえ」
近さん「夜のツマミとかさ」
(‘◇‘)「ん~、お菓子は?」
近さん「お菓子は、何かこう間食で食べてたかもしれない」
(‘◇‘)「ああ、そうなんだ。へえ~。俺、俺結構食べちゃうな、お菓子好きだから」
近さん「でも相葉さんシュッとしてます」


近さん「相葉さん何かちょっと、この辺ヒゲが……」
(‘◇‘)「ヒゲ生えてますよね」
近さん「今日はちょっとワイルド相葉ちゃんで」
(‘◇‘)「すいません、お願いします」
近さん「お願いします」
(テレビだと嵐さん、必ずヒゲを剃っているから、無精ヒゲって新鮮に感じられるし、男味があっていいですよね~。智くんは以前におヒゲ生やしてたこと少しあったけど、すぐやめちゃったし。何と言ってもあゆはぴメイキングの智くんの無精ヒゲはかっこ良かったなあ♡)


(メッセージ)(相葉くんの声は睡眠効果あり/大阪府)


(‘◇‘)「何それ?」
近さん「あ、寝そうなんじゃないですか?」
(‘◇‘)「あ、ヤバいヤバい! 寝ないで~!(笑) 寝ないで~!」
近さん「起きろ~」


(メッセージ)いつもラジオ聴こうと起きてるのですが、相葉ちゃんの声を聴いてると癒されるのか、どうしても眠気が来て途中で寝てしまいます。でもこれを伝えたくてメールしました。
ジャニーズWESTのラジオで(中間)淳太くんと(藤井)流星くんが出演していて、相葉くんの連絡先が変わってわからないと淳太くんが悲しそうに話してました。携帯を替えた時期が一緒ぐらいだったのか、連絡をくれていたのかもしれないけれど、その連絡が来てわからないので流星くんに「どうしたらいい?」と相談していました。「自分から2回も聞くのは失礼にあたるし、緊張する!」と言っていたので、これを聞いた相葉さん、流星くんを通じてでもいいです。淳太くんに教えてください。


(‘◇‘)「ヒャハハハハッ!」
近さん「『もしくは流星くんから聞いて連絡してあげてください』(笑)」
(‘◇‘)「ええ!? 俺連絡したと思うよ!」


(メッセージ)流星くんはそのときのラジオで「天使ちゃんはめちゃくちゃいい人。こんな先輩いない」と褒めちぎってました。もんじゃに行った話もしていましたよ。


(‘◇‘)「ウッフフ、ハッハッハッハ! あ~、OKわかった。中間にね? 俺連絡しとけばいいのね?」
「えっ!? ちょっと待って、だってさ、『携帯替えた時期が一緒なのか』っていうことは、俺のこの(携帯に入ってるアドレスの)中間淳太も、たぶん古い中間淳太だよね」
近さん「あ、そういうことか。向こうも替えたってことか」
(‘◇‘)「向こうも替えたってことじゃないの? その書き方だと」
近さん「なるほどね」
(‘◇‘)「で、俺も替えてるから。もう一生ダメだ、これ」
近さん「これは流星くんを通じて……」
(‘◇‘)「アヒャヒャッ!」
近さん「やっぱり」
(‘◇‘)「今度流星に会ったときにやるしかないね。送れないもん、だって」
近さん「これあの、流星くんのところでストップしてしまったら、あれですもんね」
(‘◇‘)「またたどり着けないね」


(‘◇‘)「わかりました。じゃあ、これちょっと考えておきます」
近さん「お願いします」
(‘◇‘)「ありがとうございます。報告していただいて」


(メッセージ)私、変わっていると言われることがあります。それは餃子やシュウマイに何もつけずに食べることです。主に家族に言われることが多く、家族は醤油やラー油をつけて食べるので、私だけ何もつけないで食べてます。私は変わっているんですかねえ!? ちなみに中華料理屋さんの相葉くんはつけて食べますか?(まみさん/神奈川県)


(‘◇‘)「フフッ、つけて食べますねえ。つけちゃうなあ。特に餃子はつけちゃうな。シュウマイは何かカラシだけでもいいかな~と思うけど。餃子は……」
近さん「まあ、基本どっちも具にちゃんと味ついてますからね」
(‘◇‘)「味ついてますからね! だから、つけなくても美味しいんんでしょうね。でも、酢がつけたいんでしょ? おじさんは」
近さん「おじさんは酢つけたいね」
(‘◇‘)「だって酢の分量ハンパじゃねえって言ってたよ」
近さん「7:3で酢だね」
(‘◇‘)「ハハハハハ! ほぼ酢をつけて食べてる(笑)」
近さん「若い頃は7:3で醤油だったけど、今7:3で」
(‘◇‘)「酢!」
近さん「酢だねえ~」
(‘◇‘)「もうちょい行くと8:2とかね、9:1とか」
近さん「酢は体にいいんだよ?」
(‘◇‘)「フフフフ、そうなんだね(笑)」


近さん「あと確かにあの、あれですよ、シュウマイにカラシだけみたいに、餃子に柚子胡椒だけどかね?」
(‘◇‘)「あ~! ツウだね!」
近さん「イケるよ~」
(‘◇‘)「う~ん。ちょっと色々試して欲しいね、そうやって。お願いします」
近さん「いいと思います。まみさん」


(メッセージ)(相葉くん夢に出てきて!さん/京都府)


(‘◇‘)「……よし。『よし』つってもねえ(笑) 難しい」


(メッセージ)『嵐にしやがれ』で土屋太鳳ちゃんとダンスをされていましたね。太鳳ちゃんがあのあと、相葉くんのダンスのことを「人の気持ちを惹きつける動きやリズムだった。とにかくすごかった」と言ってました。お二人ともほんとにかっこ良かったです。短時間で覚えるのはたいへんそうでしたが、実際はどうでしたか?


(‘◇‘)「何か、その、今話題のダンスをやってみようみたいなやつを土屋太鳳ちゃんとやったんだけど、まあ~疲れたね」
近さん「ええ」
(‘◇‘)「何か動きがすごい、速くて」
近さん「太鳳ちゃん体育会系だしね」
(‘◇‘)「太鳳ちゃんね、すごいよ。もう基礎もしっかりしてるし~……」
近さん「大学でダンスも専攻してるんだもんね」
(‘◇‘)「そうそうそう~、めちゃ上手かったねえ」


(‘◇‘)「で、体もほら特別おっきいわけじゃないけどさ、やっぱり締まってるんだねえ、筋肉で。すごいなあと思いましたよ。うん」
近さん「アスリート系ダンサーですね」
(‘◇‘)「ダンスも今色々あるんだな~と思った、だから、そういうジャンルというかさっ」
近さん「そうね」
(‘◇‘)「うん~」


2曲目は『IROあせないで』でした。


 

エンディング


エンディングは五大ドームツアーの告知でした。


(‘◇‘)「見に来ていただけるという方は楽しみにしていただけたらと思います。ねっ、近さん」
近さん「はい、楽しみです!」
(‘◇‘)「そうだねえ」
近さん「うん」
(‘◇‘)「いや、色々だから9月楽しいことたくさんあるんでね。全日本ね、高校野球とかね?」
近さん「そうですねえ」
(‘◇‘)「あと格闘技もいっぱいあるし」
近さん「ええ、クライマックスシリーズに向かってプロ野球も……」
(‘◇‘)「ねえ! 盛り上がっていきましょう!」



●二宮和也くん雑誌情報


○10/2(月)
「SODA PLUS」Vol.3(ぴあ)
二宮和也 表紙 グラビア&インタビュー


SODA PLUS Vol.3 (ぴあMOOK)



●松本潤くん雑誌情報


○9/25(月)
「レタスクラブ」10月・11月合併号(KADOKAWA)
松本潤 インタビュー


レタスクラブ ’17 10月・11月合併号



●嵐さんテレビ情報


 ○9/2(土) 19:00-19:56
 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)
 相葉雅紀


 ○9/2(土) 21:00-21:54
 嵐にしやがれ(日本テレビ系)


 ○9/3(日) 12:45-13:15
 ニノさん(日本テレビ)
 二宮和也


 ○9/3(日) 18:00-18:30
 相葉マナブ(テレビ朝日系)
 相葉雅紀