青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』リスナーフェス(3)・『「未完」』初OA!

こんばんは。
今夜のベイストで嵐さんのニューアルバム『「untitled」』より、『「未完」』初OAとなりました!


リミックス感のある壮大な曲で、ダンスがとても楽しみです^^
この曲がリード曲とは、嵐さん、また今年も攻めてますね~。


途中で聴いたことのあるモーツァルトの曲がリミックスされているとググってみたら、どうやらあれは『交響曲第40番』だそうで……。
今回のアルバムは『「untitled」』や『「未完」』といったタイトルからもどこかクラシックを感じると思っていたら、曲の中にも取り入れられているとは!


歌は軸となっている智くんの美声がよく聴こえてきます。


ただ、それとは別にやっぱりソロ曲は欲しいなあ~……。
ソロ曲にしかないものがそこにはあるから。



話は変わりますが、お昼に放送されていた『アッコにおまかせ』の街頭インタビューで、『忍びの国』を10回観に行ったという智くんファンの女性がおられました!
フライヤーも画面に映り、「絶賛公開中!」と紹介されていましたよ^^
まだまだ宣伝よろしくお願いします、TBS殿~。


 

BAY STORM(2017/9/24)

オープニング


(.゚ー゚)オープニングの一言「もっとキラキラさせなさい!」


(メッセージ)私は近所のスーパーでレジ打ちのアルバイトをしているのですが、ある日、外国人の女性のお客様に日本語で「あなたもっと目元のメイクをキラキラさせなさいよ。流行ってるんだから」といきなり言われたのです。
そのときは戸惑いながらも「アドバイスありがとうございます」とお礼を言って終わりましたが、あまりにも強烈な記憶に残るエピソードとして忘れることができず、結果その方のアドバイス通り、新しいアイシャドウを買ってしまいました。
驚くことにその新しいメイクが周りの友達からとても評判でした。二宮くんは見ず知らずの方から唐突なアドバイスを受けたことありますか?(前髪切りましたさん)


(.゚ー゚)「……ないよね、そんなこと。へえ(紙の音) へえ~!」


(.゚ー゚)「そんなことあるんだ。すごいね! そういう文化なのかな。気づいたことは言うっていう文化なのかなあ」


(.゚ー゚)「ってことは、そりゃそうでしょ、親切心でしかないでしょ。ねえ? 親切心でなかったら、クレームだもんね、だってね(紙をめくる音)」


(.゚ー゚)「へえ~! こん……珍しいことがあるね」


(.゚ー゚)「さっ、じゃ、やってこっか。ね、リスナーフェス。ん~(ガサゴソと紙の音。それからトントンと紙の束をそろえるような音)」


(.゚ー゚)「(紙を引いて)これだあ!! ハァー!!」


(.゚ー゚)「え~、ペンネーム、寝ても寝ても眠いななこちゃんからのっ! え~、リクエスト、リスナーフェスでございます。嵐で『二人の記念日』」



(.゚ー゚)「『初めて聴いたとき運命かと思いました。その日以来、ずっと世界で一番好きな曲です。翔くんのラップも素敵だし、ラップ後のサビの二宮くんの"好きだよ"の甘い声がほんとに大好きです』と」


(.゚ー゚)「いただきました。『二人の記念日』、2005年の『WISH』の、カップリングだと。いい曲ですねえ。素晴らしいですね(紙をめくる音)」


(.゚ー゚)「ああ、こんなメロウな感じなんだね。へえ~。じゃあ結構若いときに、一番好きな曲になったんだなあ」


(.゚ー゚)「なるほど。お送りした曲は嵐で『二人の記念日』でした!」

ひとり○○


(メッセージ)私は授業中に誰よりも早く先生が指定した教科書のページを開く遊びをしています。みんながペラペラとページをめくってるときにひとりだけページを開いてるときはとても気持ちがいいです。二宮くんもぜひ番組の会議などでやってみてください(浦島太郎に金太郎さん)


(.゚ー゚)「は~、そっかあ。でもさあ、我々はもうさ、もはやこう本になってないじゃん。ペラでこう、渡されることが多いじゃない」


(.゚ー゚)「だって、最近じゃない。『BAY STORM』でさあ、この、台本に、す、ページ数が書かれ出したのって(かすかにスタッフさんの声) いや、そうだと思うよ。いや、絶対そうだって」


(.゚ー゚)「だってこれだけじゃん、これだけ、このページ数だけ謎の手書きじゃん。いつも俺思ってんだけどさ、このフォーマットでさ、叩けばいいのにっていっつも思ってんだけど何か知らないけど……手書きじゃん。でしょ? 絶対そうだよね」


(.゚ー゚)「しかも俺何……絶対コピーされたやつだもん、俺の何か、絶対赤ペンで書いたんだろうなっていう、やつなんだよ」


(.゚ー゚)「あっ! 来週、来週台本は、何かフォントとしてちゃんとページ数が打ってある。だからこんな感じなんだよ。『ああ、抜けちゃった、ああ、へへへへ。1・2・3・4』って何か書いてやってんでしょ」


(.゚ー゚)「これ最近だからね、ほんとに、前なかった。だからやっぱこういうペラだからね、基本的に我々は。そう考えるとそうだよなあ。学校あるあるだよな、こういうのって」


(メッセージ)私は人が日常何気なく出している音でより心地良く聞いていて眠くなる音を探しています。例えば、化粧ポーチをさわる音や、ありきりたりですが紙をめくる音、物を軽くタッピングする音などで、特にこれと決まってはいません。また人の話し声というか、マイクを通した静かめの話し声もとても心地良くほんとに眠くなります。二宮くんのラジオでの声も音フェチからしたらとっても眠くなってしまいます(二宮くんに愛されてる相葉くんが羨ましいまーむー宮さん)


(.゚ー゚)「そっかあ、ほんと? そのご意見多い? じゃあ、まあ、みんな最後まで聞いてもらえてないのか。途中で寝ちゃってんのかなあ。残念だな。残念だ! 残念だよ。ほんっとに」


(.゚ー゚)「へえ、あの~さ、iPod、でしたっけ? あの、初期のさ、上が半分が、液し……。そうそうそう。あの回す音ってえ、あるじゃん、カタカタカタカタっていう音、あれ相当数のサンプルから、何か、実験をかけて、人が回したくなる音、っていうのがあの音なんだって」


(.゚ー゚)「そうらしいよ、そういう風に、統計取って、やってるから回したくなる音なんだって、あれは」


(.゚ー゚)「心地いい音って何だろうな~。心地いい音って何だろ」


(突然止まるBGM)


(.゚ー゚)エコー「ファンの子の声援かな!」


(BGMがまた流れ始めましたw そして何事もなかったように次の投稿を読み上げるニノさんww)


(メッセージ)私は小さい頃から漢字を見ると画数を数えるのが癖で、漢字の画数が20画を超えると何とも言えないとてつもない喜びを感じるのです。きっと前世で20画以上の漢字と何か深い縁があるんだなと勝手に思っております。
漢字って18画とか19画とか多いんですけど、20画を越える漢字って探してみると少ないんです。櫻井くんの「櫻」とか最高に興奮します(ハンバーグもぐもぐマシーンさん)


(.゚ー゚)「旧漢字だからね、櫻井翔の『櫻』はね。あ~、画数が多いんですって。もう私には無縁の話ですね、ほんとに」


(.゚ー゚)「もう、スラングみたいになってますから、画数からしたら、俺の、な、フルネームなんて(笑) 何かどっかで略されてんじゃねえかなってぐらい足りない感じしない?」


(.゚ー゚)「何でなんだ、だから、何だろうね!? 文句言ってるわけじゃないよ! 親に、ご先祖様に。言ってるわけじゃないけど、何か足らない気がしない? 何だろう。何かすごい隙間があるんだよなあ」


(.゚ー゚)「穴がいっぱいある、ほんとに。『口』がいっぱいあるのよ、3。(紙に名前を書いているような音)全部で23画だ。少ないかなあ。少ないよねえ」
(ニノさん、私の名前と画数が一緒。名字に漢数字が入ってるところも)


(.゚ー゚)「ま、ないものねだりなのかな。これはね、しょうがないね。よし、じゃあ、リスナーフェスいく?」


(.゚ー゚)「(紙の音)意表をついてここやあ!! ハァー!!」


(.゚ー゚)「ペンネーム、りーこの中にいる二宮神さんからいただきました。ええ~!! それでは1曲聴いていただきましょう。嵐で『One Love』です」


 


(.゚ー゚)「『小学生のときに学年全員で鍵盤ハーモニカ、リコーダー、木琴、太鼓など色々な楽器を使って演奏しました。音楽の授業や体育館でみんなでたくさん練習を重ねて思い出の曲なので、ベイストのリスナーフェスでかけて欲しいなと思いました』」


(.゚ー゚)「はあ~、そうなんだあ。18歳でしょ、今、ね? もう年代のことをいじるのやめよう。ね? 2008年、22枚目のシングルです」


(.゚ー゚)「そっかあ、何か久々聴いたな。もうたぶんさ、『BAY STORM』じゃ、かけないじゃん。たぶん。我々の性質上でいったらさ、もう、どんな(笑)、もうやることがなくならない限りさ、もう、シングルかけるってあんまないよねえ、この、2000年代の」


(.゚ー゚)「でも2017年なんだから、2011年でもさあ、2012年でもわりとさ、もうひと昔前になってるじゃん? 2000年代のシングルなんて、たぶん我々かけないよね、もうね」


(.゚ー゚)「いや~、久々聴いたなあ(笑) 『24時間(テレビ)』で聴いたけどね? うん。嵐のっ、嵐のっ、ね? みんなが歌ってるの久々聴いたなあと思った」


(.゚ー゚)「なるほど。お送りした曲は嵐で『One Love』でした」

裏嵐


(メッセージ)先日、二宮くんがラジオで潤くんには甚兵衛をもらったと言っていましたが、もらって着てみましたか? また潤くんの誕生日には何かあげましたか? 良かったらぜひとも教えてください(二宮くんとパイナップルが食べたいさん)


(.゚ー゚)「まだあげてない。何あげたらいいかわからないな」


(.゚ー゚)「最近会ってないんだよなあ~。あの~、レギュラーでしか会わないからさあ。ドラマ撮ってるでしょ? 今。そうそう。だから会ってないんだよな~」


(.゚ー゚)「何かドラマのグッズにしようかな~。難しいね。誕生日プレゼントって難しいな~。完全家で使える物がいいのかね? 仕事でも使えたほうがいいのかとかさ、仕事現場で役立つ物がいいのか、もうわかんないもんねえ。難しい~(笑)」


(メッセージ)映画『検察側の罪人』がクランクアップしたと聞きました。吉高由里子さんは長いようで短い現場だったと言っていました。撮影中に吉高由里子さんとの印象に残った出来事があったら教えてください。映画の公開楽しみにしています(二宮くんに町子って呼ばれたいせろなさん)


(.゚ー゚)「(パチパチパチと拍手)どうもありがとー! 吉高由里子さんとの思い出!?(笑) あ、印象に残った出来事? 何だろう」


(.゚ー゚)「でも、俺ぇその撮影現場でっていうことで言うと、7~8年ぶりなんだって、会うのが、吉高に言わすと。俺は何かバラエティで会ってるからそんな気しなかったんだけど、その何か映画の現場に換算するともう7~8年ぶりなんだよって言われて。うん。だから言ったら『GANTZ』からってことだよね? 結局ね」


(.゚ー゚)「そうなんだと思って、見たけど何にも変わってなかったな、吉高由里子って。何か大人になってんのかな~、大人としてしっかししてくるのかな~と思ったら、全然、吉高由里子だった。何にも変わってないんだなあ~と思った」


(.゚ー゚)「ただお芝居が上手くなったとか、映画のドラマの、ま、言ったらお芝居の経験値が増えてきた、積んできたっていうことは、ま、事実だ。そこじゃなくて、その、いる感じがね、ほんと何か、あれだよねえ、何か変わらないよねえ。ずーっと吉高由里子なんだろうねえ」


(.゚ー゚)「独特なのかもね、やっぱり。すごい独特な人なんだと思うなあ。あれでも、独特な人ってどんどん歳取っていくと、こうピュアなほうに転生しだすじゃない。あのままずっと、す、生活すると転生するんだ、きっとね。何かこうピュアなほうにコロンと変わったりするんだ、きっと。う~ん、何かそうなりそう。それぐらい何か独特だし、変わってなかった、前と、ね。はい」


(メッセージ)6月に行われたワクワク学校で二宮くんの誕生日祝ったとき今年の抱負として「運動する」という宣言をしていましたが、ワンシーズン経った今の現状を教えてください(ゲーマーならぬニノマーさん)


(.゚ー゚)「……あれ嘘でぇす」(←ええっ!? 笑)


(.゚ー゚)「耳ふさがないでちゃんと聴いてー。あれ嘘でーす。嘘。何万人の前で(笑) そう。何、俺何万人の前で嘘ついた。嘘です、あれ。しません、運動」


(.゚ー゚)「はい、ね? 運動しない」


(.゚ー゚)「いや、運動しないっていう宣言ももはや嘘になってきたからね? そうなると。コンサートが始まるとね? 踊んなきゃいけないとか、じゃあさ、例えばMステね? MステSPウルトラFESあったじゃない。あれでじゃあ、運動しないって俺がもし宣言してたらずっと俺だけひとり立ってこうやって、歌ってていいの!? だって俺は宣言したもん、運動しないって。だからみんあ、踊ってるけど俺だけひとり止まってるよってことになっちゃう。なっちゃうよ!」


(.゚ー゚)「逆に、バラードとかで俺だけ運動するって宣言してたら俺だけひとりずっと踊ってる。何か、動いてるとか、こうなっちゃうよ。空気壊しちゃうもん。やっぱ宣言するってのよくないよね。何かをするとか! しないとか! そういう、ねっ!? 0:100の(笑)、宣言良くないよ」


(.゚ー゚)「適度に! とか入れないと。それは。嘘んなっちゃう! それは」


(.゚ー゚)「だから運動するって言ってるってことはたぶんするよね。別にワンシーズン経とうが経たまいが。うん、そう思うよ。コンサートだってあるだろうしねえ? リハーサルだってあるだろうし。何か違うこと言ってますぅ? 言ってませんよねえ。言ってなくないすか!?」(←3回確認w)


(.゚ー゚)「今の現状は! してません。現状は。でも私は別に宣言、まだ中長期的な、規模で見てますから。ま、2~3か月後ぐらいにはするんじゃないすか、運動」


(.゚ー゚)「そうですよ、だって、誕生日んときに今年の抱負としてって言ってるけど、それ違うよ、それ34歳の抱負としてだから。2018年の6月16日まで有効な宣言だから、別に。ねっ!?」


(.゚ー゚)「だから、俺は別にさ、うん、今は! い~まの現状は別にしてません。やる気に満ちあふれてますっていう。っていう現状だよ(笑)」


(.゚ー゚)「そう、満ち……そりゃ満ちあふれてる」


(.゚ー゚)「さあ! ということで、え~と、リスナーフェス。リスナーフェスの予定でしたが、え~、ちょっとJ Stormさんが、ねっ、金に物を言わせて、この枠を買い取らせてくれと言いまして。貴重な、貴重な、我々が、ね、小さいところで、ねっ、楽しい楽しいリスナーフェスをしていたんですけども、やっぱり大企業ってのは偉いもんで、そういうところにも入ってきて、怖いですねえ。『その枠、いくらや!? いくらなんや、その枠~!』って、言って買い取られてしまったっていうことで。ねっ、申し訳ない」


(.゚ー゚)「ただ、リスナーフェスもっ、何か、の、延長するんでしょ? 買い取られた分を(紙をめくる音) 倍返しすんでしょ!? ね? なので、まあ、ちょっと聴いていただきたいと、いうことでございます」


(.゚ー゚)「ええ~と~、嵐さんの2017年10月18日にリリースされます、『「untitled」』からですね、聴いていただきたいと思います。嵐で、『「未完」』!」
(『「未完」』初出しです!!)



(.゚ー゚)「さあ、ということでお送りした曲は2017年10月の18日にリリースされます嵐のニューアルバム『「untitled」』から『「未完」』! でした」

エンディング


(.゚ー゚)「先ほども言ったように、J Stormさんに枠を買い取られたために、え~、リスナーフェスを延長すると、いうことでございます」


(.゚ー゚)「まあ、どうする? 単純に考えて~、アルバム発売したらアルバムの曲~も聴きたいよねえ?」


(.゚ー゚)「なるほどー。っていうことで、(10月)15日まで、え~、リスナーフェスを延長させていただきたいと思いますので! ぜひともね? 送ってきていただきたいと思います」