青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「リーダーなんて正解ないですから」&相葉雅紀くん「郵便局の年賀状印刷2018」新CM「一二三さん丸投げ」篇「一二三さん王手」篇WS

おはようございます。
今日はVS放送日ですね!


智くんは遠藤憲一さんとともに特別企画「ミックス対決」では苦労しちゃうようですが、勝てたかな!?( *´艸`)
お二人の楽しいやり取りがあるといいな~。



ほかは、今日発売の『女性セブン』の表紙モデルがニノで、見出しに「心の深層レシピ」とあるのと……。


それと今朝のWSでピックアップされている通り、相葉ちゃんと加藤一二三・九段が共演している「郵便局の年賀状印刷2018」新CM、「一二三さん丸投げ」篇と「一二三さん王手」篇が昨日からOAされています。


加藤一二三、テレビCM初出演 嵐・相葉と年賀状の「顔」に | ORICON NEWS


相葉雅紀、嵐デビューで「人生が変わりました」 - モデルプレス



昨日はJストのサイトでいきなりMVの視聴が開始されて驚きました!(短いものではありましたが)


少し前にはネットショップで扱っている円盤のジャケ写が解禁されたりと、ようやくネット時代の波に乗り出すきざしが見えてきたジャニーズ事務所です。


いつか公式のYoutubeとかできるといいですよね。
Youtubeは世界につながっているから、海外への新規ファン層の開拓にもなるんじゃないかなあって気がします、



ところで、本当にまだまだ終わらないのが『忍びの国』!!
忍び公式さんからも、昨日また新たに加わった応援上映のお知らせがありました♪


それに、神奈川のアミューあつぎ映画.comシネマから、12/2(土)〜12/22(金)まで『忍びの国』を上映するとのお知らせも!!(≧▽≦)
福岡の小倉昭和館でも、来年1/6(土)~1/26(金)の間、やはり忍びが上映されるそうです


上映は途切れ途切れにはなりそうですが、こうして12月も1月もどこかで『忍びの国』を公開していただけるのは嬉しい限りです^^
こうしたセカンドラン、サードランが今後も増えますように……!!


あとやっぱり、11月26日はどこかで応援上映してもらいたいものですね。
TOHOシネマズさんで1日限りとかでもいいから復活上映してくれないかしら!?



●イオンシネマ幕張新都心とユナイテッドシネマアクアシティお台場とユナイテッドシネマ橿原と新所沢レッツシネパークでの『忍びの国』応援上映の実施が決定しました!!




ARASHI DISCOVERY forever(音源2017/1/2・レポート2017/10/26)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! "今日の一言"、カモン」


(SE)


(´・∀・`)エコー「リーダーは妥当な失敗に怒りで応じてはならない」


(BGM:Bad boy)


(´・∀・`)「お~、なるほどねぇ?」


(´・∀・`)「これは、アメリカのリーダーシップ研究の第一人者、ウォーレン・ベニスさんの言葉です。部下が失敗したからといってすぐ怒っちゃいけないということです」


(´・∀・`)「え~、リスナーのアプリコットさんから教えていただきました。メールを読みますと」


(メッセージ)「私の母は、車の部品の設計をしているのですが、え、先日、新製品のリーダーを任されたと落ち込んで帰ってきました。というのも母は、おっとりした性格で、人を引っ張っていく役職に就いたことがありません。へこんでいる母を励まし、応援したいのですが私はどんな言葉をかけたら良いのでしょうか」


(´・∀・`)「おお、すごい、くない? 新製品だよ? 新製品の(フ~)、リーダーだよ。いやいや、へこぉまなくていいんじゃないすか? うん。堂々としてればいんです。だってぇ、(ス~)任されたんだからあ」


(´・∀・`)「ま~、でもねえ、そっかあ、ま、たぶん、僕もねえ? 嵐のリーダー言われたときに、『何で俺なんだろ』と思ったけども。まあでも、よく聞くのが(笑)、(ス~)リーダーというのは何もしないのがリーダーだ、とか何かよく聞くんだよね。で、いざというときだけそういう何かあ、判断をするみたいな。うん」


(´・∀・`)「でもねえ、(スーッ)リーダーって何? そもそも。俺なん、俺もう15年以上リーダーとか言われてるけどぉ、(フッ)もうほんとあだ名でしかなくて。だって何もしてないんだよ?」


(´・∀・`)「だからね、いんですよ、何もしなくて。お母さん! そのおっとりした性格のままで、リーダーやってればいいと思いますよ。う~ん」


(´・∀・`)「へこむというより、(ス~)まあ、やってみて、その引っ張るとか~、やんなくていんじゃないすか? うん。自分のペースで。僕なんか、何もしてないから、ほかのメンバー四人がぁ、守ってくれてますよ(笑) ええ!(カチカチッという物音)」


(´・∀・`)「おんなじようなたぶんー、お母さん僕とおんなじようなぁタイプだと思うんで。それで十何年やってきた! 何かわかんないけど、ここ、こんな感じで。だから周りが、守ってくれますよ。ええ」


(´・∀・`)「たぶんもう周りが気づいてくると思いますよ。たぶん、(スーッ)お母さんも、そう、引っ張っていくタイプではないのが周りもわかってきてぇ、『じゃあ、みんなでお母さん盛り上げようよ』みたいな風になっていくんじゃないんですかね。うん」


(´・∀・`)「だからあ、へこむ必要ないと思うんだよねえ。う~ん」


(´・∀・`)「1回逆に引っ張ってみたらどう? うん。『あ! やっぱやだ』と思ったらもう引っ張る必要ないと思う。僕は引っ張ったことはないです。もう今言ったって誰もついてこないんじゃないすか。んふっんふっんふっ☆彡」


(´・∀・`)「やあ、でもねえ、いんじゃないすか? う~ん。まあほんとにね、あの~、無理しないほうがいいですよ。うん」


(´・∀・`)「なので、まあ、お母さんなりにリーダーのやり方がある。リーダーなんて正解ないですから。お母さんなりのリーダーをしていったらいいと思います。がんばってください!」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした!」


――これ、今年の1月のラジオ音源なんですが、すでに懐かしいですよね。
来年の1月のほうがもう近いんだもの。


平日の朝に毎日聞くことのできた智くんの言葉の数々にどれだけの人が励まされたことでしょう。
このときのラジオでの智くんの言葉にも、きっと多くの方が勇気をもらったはずです^^


単純に自分が先頭に立って突っ走っていくリーダーは、気づくと後ろに誰もついてきていないこともありそう。
でも智くんのように周りを敬い、そっと後ろから見守りながら歩いて行くリーダーは、みんなと一緒に迷ったり苦労したりしながら、それでも誰も見失わずにともに道を進んでいくような気がします。