青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕LOVE・ひとりカラオケ・「5分前に起きて目覚まし止めないでいる」・「うぅ〜ん」

おはようございます。
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場での『忍びの国』の上映も昨日で終わり、関東で公開中なのは残すところアミューあつぎ映画.comシネマのみとなりました……。



でも、その上映も22日まで。
アンタイトルツアーの東京ドーム公演後半が、また12/14・25・26の3Days続くので、できれば前日の23日あたりから都内で応援上映が行われることに期待したいです。


どこかの映画館がやってくれるといいな~。
特典映像が6時間以上になったメモリアルBOXが届く日くらいまで続いて欲しいです!!
もちろん私も参集いたしますゆえー!



さて、映画と言えば、キネマ旬報の「読者ベスト・テン」の投票が本日発売の『キネマ旬報』12月下旬号よりスタートするとのことです。


投票ハガキが綴じ込みで付いており、また、WEB投票も行われるそうですからのURLなど公開された際には当ブログでもご紹介させていただきます。


※キネマ旬報社 公式Twitter




ほか、同じく今日発売の『女性自身』に『忍びの国』ビジュアルコメンタリーの記事が載っているようですので、のちほどチェックしてきたいと思います!



●第41回「日本アカデミー賞 話題賞」投票受付中


第41回 日本アカデミー賞 話題賞


○投票締切:2018年2月2日(金)23:59まで

話題を集めたと思う映画の中から『作品』と『俳優』の2つの部門を投票を元に決定します。

この話題賞は、日本映画界最高の栄誉である日本アカデミー賞の中で唯一、一般の方が投票に参加できる賞となっています。

あなたがご覧になった映画のロードショー公開作品の中から、"一番話題になった"と思う「日本映画」を1作品、「俳優」を1名選んで、ご応募ください。

 

ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/7/25・レポート2017/12/5)


(BGM:P・A・R・A・D・O・X)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! 毎週金曜日はいただいたメッセージにお答えしていきます」


(´・∀・`)「まず始めはクリリンさんから」


(メッセージ)「大野くん、おはようございます。7月30日、ついに『LOVE』のコンサートDVD発売ですね! そこで大野くんに1つお願いがあります。正しい、『LOVE』の発音を教えてください」


(´・∀・`)「(チッ)行きましょう。行きますよー!」


(´・∀・`)エコー「らぁあぶぅっぁ。じぇい・すとーむ!」


(´・∀・`)「難しいね、あれは。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「続きまして、東京都しらたまさんから」


(メッセージ)「大野くん、おはようございます。今の時刻は夜の1時前、私はめちゃくちゃテンションが高いです。なぜなら3時間に及ぶひとり女子会を終えたばかりだからです。ええ、実は趣味がひとりでカラオケに行くことなのですが、今行ってきたら、どう考えても私ひとりしかいないのに、(スーッ)女子会コースを勧められてしまったので、そのコースをひとりで堪能してきました。大野さんもぜひひとりカラオケ行ってきたらどうですか?」


(´・∀・`)「んあぁっ! 何か、最近あるよね、ひとりで、ブースみたいな入って、やるとこ。うん。そういうとこもあるらしいですよっ? まあでもひとりカラオケ、行ったことまだないかな……。う〜ん」


(´・∀・`)「でもねえ、わかるなあ(パタンという音) ひとりぃ、のほうがいいよ、本気で歌うなら。何か絶対楽しいと思う。うん。で、あのぉ、絶対にぃ、飲み物とかももう、つ、買い、頼みだめしとく。途中で入ってこられるとさあ、何か、『流して歌ってるよ』みたいな演出するのめんどくさいじゃん(笑) ふっふ☆彡 ふ~!☆彡」


(´・∀・`)「ねえ?(笑) いきなりねえ? トントン、ガチャっつったら、ちょっとねえ? あのぉ〜、音量もねえ、ちっちゃく、声のねえ(笑)、声量もちっちゃくなって。で、『あ〜、で、どうもどうも』みたいな。あれがつらいよね。これからサビぃってときにね、来たりするんですよね? ええ~」


(´・∀・`)「気をつけましょう!」


(´・∀・`)「続いて、東京都、もーちゃんから」


(メッセージ)「大野くん、おはようございます。私には変なこだわりがあって、本当にしょうもないことなのですが、レンジのチンという音を鳴らしたくないんです。あと5秒とかになったら、レンジの前でスタンバイしておいて、残り1秒でストップを、押します。誰も理解してくれないのですが、音が鳴ったら負けた気がするんです。大野くんは誰にも理解されないような変なこだわりありますか?」


(´・∀・`)「わかるな〜。わかるよ! これ結構、もーちゃん、結構いると思うよ? 今だって僕わかるでしょ? で、ラジオのスタッフさん『わかる』つった今。だいじょぶだよ。わかるなあ〜。ぎりぎりでポッて押したいんだよね」


(´・∀・`)「目覚ましとかもそうだもんな。5分前に起きてぇ、でも一応、目覚まし止めないでいる。んで、ふへへっ☆彡 鳴る寸前でポッて、鳴る前に止めるとかね。う〜ん。堂々とゆっていいよ、これ」


(´・∀・`)「続いてっ(笑)、まおさんから」


(メッセージ)「大ちゃん、おはようございます。私の悩みを聞いてください。私の、父ちゃんは、電話で話をするときだけ、超絶ぶりっ子に変身するんです。普通に会って会話するときは、まあまあ普通のテンションで会話できるんですけど、電話で話すと人が変わったかのようにぶりぶりです! 正直言って戸惑います。ひと昔前の、え~、女子高生のしゃべり方をする父ちゃんにどう対応すれば良いのかわかりません。大ちゃん、私は父ちゃんと電話するとき、どんな風にしゃべればいいですか?」


(BGM:Hit the floor)


(´・∀・`)「ぁあ〜、ここはね? もう、ぶりぶりでしゃべったっほうがいいよ。あえて突っ込まれるのは、父ちゃん怖れてるかもしんない。気づいてないか怖れてるかどっちかだから、ここは合わしていこう! 電話だけだからねえ」


(´・∀・`)「でもいるんだよ。ぶりっこじゃないけどお、僕ねえ、友達なんだけど誰だかわかんないんだけど、忘れたんだけどぉ。電話かかってきたのね、その友達、ほんで、出てぇ、会話は普通なの。ほんでぇ、その会話相手、と話してるときの、返事の仕方があ、おもしろい人、いるんだよね、いっぱい」


(´・∀・`)「『ああ、あれがさあ、あの件でさあ、そうそう、そんで、や、やればいいからさあ』のあと向こうの会話たぶん、繰り広げられてんだろうね。そのときのぉ、返しの返事が、『うぅ〜ん♡ うぅ〜ん ♡ ふぅ〜ん♡ うぅ〜ん♡ うぅ〜ん ♡ 』ってかいう人いるんだよ! ほんとに。き、あ、無意識なんだと思うんだよ」


(´・∀・`)「『ふぅ〜ん♡ うぅ〜ん♡ (スッ)んぅ〜ん ♡ うぅんっ♡ ああー、でさあ、じゃあ、あれはさあ、あっ、そうやればいいわけ? うぅ〜ん♡ うぅ〜ん♡ うぅ〜ん♡ ああー!』とか。ふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「あれちょっとねえ、女性が聞いたら、ちょっと、キュンとくんじゃないの? ああいうとこ。あれ男性、無意識だと思うんだよ。おいらも言ってるかもしんないけどぉ、良ぉく聞きと(聞くと)、あのそういう人いるから」


(´・∀・`)「うぅ〜ん♡ うん♡ うぅ〜ん♡ みたいな。ええー」


(´・∀・`)「まあ、街中でも電話してる人の会話とか(笑)、返事の仕方を聞くのも、よろしいかと、思いまあす!」


(´・∀・`)「ということで! 毎週金曜日は、いただいたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jpです。たくさんのメッセージお待ちしていまぁす。ではまた来週、大野智でした!」
(※現在、募集は行われておりません)


――こうして改めて過去のラジオの音源を聴いてみると、ほんとに幸せな時間だったな~って思い返されます……!


リスナーからのどんな質問も要望もしっかり受け止めてくれて、しかもユーモアを織り交ぜて返してくれる智くんが優しくて♡


あと、ほわほわしたトークと、そのバックで流れている智くんのフェイクだったりソロ曲だったりの色気とのギャップもすごい!(笑)


この回に限っては「うぅ〜ん♡」の破壊力がこれまた凄まじいものでしたが!!( *´艸`)


 



●「TSUTAYA×Filmarks 映画ファン賞2017」投票受付中

投票の対象となるのは2017年劇場公開作品。投票方法は、Filmarks(フィルマークス)にログイン(メンバー登録)後、日本映画か外国映画かどちらか1作品を選び、「#映画ファン賞2017」というタグを付けてレビュー投稿(Mark!)をすれば投票完了。さらに、投票していただいた方の中から抽選で100名様にTポイント1,000ptをプレゼントいたします。投票締め切りは12月25日(月)23時59分まで。今年一年の鑑賞記録を振り返って、あなたの2017年ベスト映画に一票を!


filmaga.filmarks.com


〔投票方法〕
(例)ユーザー登録後、『忍びの国』ロゴの下の「目」の形のマークをクリック。スコアで☆をつけ、レビュー書いたら、タグ「#映画ファン賞2017」をつけて投票します。更新(訂正)も可能。


filmarks.com