青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「そしたら返事なかったからね」

おはようございます。


何度もブログに書いている通り、昨日、嵐さんのニューシングル『Find The Answer』の発売日が2月21日(水)だとの発表がありました。


松潤主演のドラマ99.9Ⅱの主題歌で、カップリング曲には翔くんがスペシャルキャスターを務める日本テレビ系 ピョンチャン2018テーマソングの『白が舞う』も。


Amazonなどの予約は今日こそスタートすると思うのですが……。
予約が開始された際には当ブログでもお知らせするようにいたします。


それにしてもやっぱりどうしても、どんなダンスなのかとか、智くんのパートがどのくらいあるのかとか気になっちゃいますね(^^;
もっと智くんの歌とダンスに溺れていたいな~。



そうそう、昨日から放送スタートした鈴木亮平くん主演の大河ドラマ『西郷どん』にて、『忍びの国』にも登場した飯高寺(平楽寺)が登場したとか^^


紅白といいつながっているようで嬉しいですね!


ARASHI DISCOVERY forever(音源2011/12/27・レポート2018/1/8)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です! "今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「しばらく、二人で黙ってるとっ、いい。その沈黙に耐えられるかどうか」


(BGM:迷宮ラブソング)


(´・∀・`)「おお~、何かいいなあ、これ、深いねえ~。これぇいいねえ! うん。やってみたいね」


(´・∀・`)「え、これはデンマークの哲学者、セーレン・キルケゴールさんの言葉です。友情・人間関係とはどういうもかをたとえたものです」


(´・∀・`)「なるほど。いやぁ、でもねえ、わかりますね。やっぱりぃ……ほんとに仲いい友達とかってのはね、沈黙なんかね、耐えられるか以前にもうそんなことはどうでもいいぐらいの。も、ほんと黙ってても、居心地はいいみたいなことでしょ? 合う人っての。うん」


(´・∀・`)「(チッ)ま、そういうのは、ま、基本僕も、ま、だいじょぶなほうですけどねえ(カサッという物音) う~ん」


(´・∀・`)「でもぉ、おもしろいのがぁ、ま、そのラジ友ですけども。久々出ましたけどねえ。ラジ友とはね、おもしろいもんでねえ、ま、よく、しょっちゅう飯食ったりするんですけど、沈黙がほとんどないんですよ。話題が尽きないという」


(´・∀・`)「パッってどっちかがしゃべると、それが、何? 化学反応的なものになって、新しいことを浮かんだりするわけですよ。う~ん」


(´・∀・`)「だからねえ、何かねえ! これ、気持ち悪い話なんだけどぉ、あのね(笑)(フッ)、ちょっと前にね、疲れてぇ、帰って来てぇ、何か、ちょ、わかんないけどもぉ(笑) ふふっ☆彡 ラジ友に『おやすみ』って入れたからね。はっはっは!☆彡(ハーッ)」


(´・∀・`)「何か……ふつ~な1日だったなあと思って、で最後に『おやすみ』って送ったの。ハートつって。ふふっ☆彡 うん」


(´・∀・`)「そしたら返事なかったからね。うん」


(´・∀・`)「え~、ま、そういうねっ? え~、友達は大切ですよねっ。ええ、皆さんもね、友達は大切にしていきましょう!」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたっ!」


――智くんのラジ友の話、懐かしいですね^^
きっと今もご友人であることに変わりないんでしょうけど、もうラジコンにハマっている気配はないし「ラジ友」とは呼ばなくなったのでしょうね。


今はお料理にハマってるようだけど、これはしばらく続く感じかな~?
智くんを見ていると多才で多趣味だな~って思うことがしばしばあります。
色んな感受性を持っている人なんだなあって♡


 



●嵐さんテレビ情報


 ○1/8(月・祝) 8:00-10:25
 ビビット(TBS系)
 松本潤(「月刊太一」コーナーVTR出演)



●「映画.com BEST10 2017 皆で選ぶ 映画BEST10」投票受付中


2017年、日本で公開された映画の中で最も心に残った作品を3本に絞って投票。
抽選でAmazon.co.jpギフトカード3000円分がプレゼントされます。
投票の受付は、2018年1月18日(木)まで。


eiga.com



●第41回「日本アカデミー賞 話題賞」投票受付中


第41回 日本アカデミー賞 話題賞


○投票締切:2018年2月2日(金)23:59まで

話題を集めたと思う映画の中から『作品』と『俳優』の2つの部門を投票を元に決定します。

この話題賞は、日本映画界最高の栄誉である日本アカデミー賞の中で唯一、一般の方が投票に参加できる賞となっています。

あなたがご覧になった映画のロードショー公開作品の中から、"一番話題になった"と思う「日本映画」を1作品、「俳優」を1名選んで、ご応募ください。