青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕石鯛魚人

【お知らせ】


 ・2/16(金) 18:00-19:00
 ザ少年倶楽部プレミアム(NHK-BSプレミアム)
《NEWS結成15周年企画、第1弾! ジャニーズをよく知る芸人が集結! … 吉村崇が見た嵐のチームプレー、KAT-TUN上田竜也のスター伝説とは!? …》




おはようございます。


朝になったら何か智くんのお仕事の発表があるかも~と毎日毎日ドキドキしています。
今日はなかったけど明日こそは……!(^^)


遅くなるかもしれませんが、また何か夜になったらブログを更新したいと思います。


ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/9/29・レポート2018/2/16)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! "今日の一言"、カモン」


(SE)


(´・∀・`)エコー「好奇心というのは、道草でもあるわけです。確かに、時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる」


(BGM:Hit the floor)


(´・∀・`)「んあ〜、なるほど〜」


(´・∀・`)「これは、『鉄腕アトム』、『火の鳥』、『ブラック・ジャック』などを生み出した日本の漫画家、手塚治虫さんの言葉です」


(´・∀・`)「他人の人から見たらぁ、時間の無駄に見えるかもしれませんが、好奇心から来る行動は、どんなことでも自分のためになっているものです。何事も好奇心を持って行動しよぉ〜じゃぁありませんか! 無駄なんて、ないないないっ!」


(´・∀・`)「そう書いてあんだもん。しょうがない。読むしかない。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「好奇心ねえ(カサッという物音) 好奇心はあるねえ、常に。だってさぁ~、あれやったらおもしろいんじゃないかとかもう~、やっぱ考えちゃうもんね! 自動的に。うん」


(´・∀・`)「最近でね、まだやってないけどぉ、やろうと思ってることあるよ。や、よくあのぉ〜、対馬の知り合い、から送ってくれる、魚! 石鯛を……送ってくれたって言ったじゃん。俺、その歯ぁ取っといてるの。結構鳥のくちばしみたいになってんの。3〜4cmぐらいあるかなあ。でかいんだよね」


(´・∀・`)「それをぉ、何か生かしたいなあと思って。で、ちょっとぉ、見えたのがあ、それでフィギュア作ろうかと。くちばしを、ま、口だよね、それは。でぇ、顔はちょっと人間の顔、目ぇとか近くしてえ、何かあの人面魚とかいたでしょ? 昔。あれの何かぁ、半魚人みたいなさ、うん。石鯛魚人みたいなぁ、何かやりたい」


(´・∀・`)「結構おもしろいと思うんだよ。でもっ、ちょっと気持ち悪いかなあと思うだけどお(笑) ま、好奇心ですよね? うん。そりゃもう粘土で、1点ものとして、扱おかと、扱おうと思ってます、わたくし」


(´・∀・`)「骨しっかしりてんだよ! もう。結構分厚くてえ、(クチュッ)あれね、結構歯、歯つっても、なぁんて言えばいいのかなあ。ほんと鳥のくちばしみたいになってっからあ、それをねえ、ちょっとだから、(チッチッ)どういう風にぃ、粘土で包んであげ、包んであげようかなあ」


(´・∀・`)「やっぱ、大事なのはもったいないもん、歯とか。うん。結構おもしろいから。で、それを今ちょっと考え中なの」


(´・∀・`)「う〜ん。じ、あったもんね、僕も歯。抜いたもんね。あれどこ行ったんだっけなあ(笑) ふははははっ☆彡 クククッ、フー!☆彡 あれたぶん実家にあんだよねえ」


(´・∀・`)「そうだねえ、あのぉ、あれ角にしようかな、じゃあ。ぁふふっ☆彡 根っこぉがあ角みたいになってっから。ああ、ちょっとあれ、こう、ちょ、実家帰ったとき探してきますわ。それも生かして、あげよう。うん。いつかお見せしますよ、それ」


(´・∀・`)「(カサッという物音)でも大事大事、そういう発想大事! そっから何かが生まれてくるからね。う〜ん。いやだからちょっとそういうのちょっとやりますんで。ええ。絵ぇ描きながらそれも同時に、や、やろうかなっ、この秋は。ええ〜、楽しみにしててくださいっ」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした!」


――FSⅡで石鯛魚人が水中からこちらを見つめていたときは、大阪だと結構白っぽくなっていたように記憶していますし、現在の保存状態が気になります。


我が家のちっこい石鯛魚人くんは、ブルーの瓶の中で今でも元気にしていますよ!^^


しやがれの書道の回のこともあるし、その後の智くんの創作活動のことが知りたいな……。
アートは間違いなく智くんの心の拠り所だったと思うから、また自然と創作への好奇心が湧いてくるといいですよね。


もちろん、アートとは別に釣りとか心の状態を健やかにする趣味があるなら、焦ったり無理することもないと思うので、そこは智くんの気が向いたときにでも楽しんで絵を描いたりフィギュアを作る時間をまた持ててくださってたらいいなあ。


お仕事も忙しいでしょうから時間はかかるかもしれませんが、智くんの3回目の個展に私もまたぜひ行かせていただきたいです!!(*´ω`*)