青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「あっ! ここ魔王んとき来たんだ! みたいな」

おはようございます。
今日はキネ旬シアターで『忍びの国』音感応援上映が行われるので参集してきますよー!♪


おそらくは、これが本当の本当の本当の最後の応援上映になるでしょう。
(これまで何度もそう言って、結局最後にはなってなかったですが~)


しかもその最後の応援上映が音感上映でもあるんですから忍ばないなんてありません^^


まためいっぱい盛り上げてきたいと思います。
帰宅したらブログでご報告しますね。


それと昨日もブログに書いた通り、火曜に発売された週刊テレビ誌の雑誌レポも今夜アップ予定です(^^)/


ARASHI DISCOVERY forever(音源2010/5/3・レポート2018/3/21)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日は、地名の問題です」


(´・∀・`)「春ノ北海道旅行モ魅力的ダヨネッ! あのさあ、青森と北海道の間にある海の部分って何て言うんだっけえ~? ほらぁ~、石川さゆりさんの歌にもあったよねえ」


(´・∀・`)エコー「♪上野発の夜行列車、おねしゃてまじゃ~、はじゃまじゃ~じゃ……(?)」(←うろ覚えなので後半は鼻歌ですw)


(´・∀・`)「さてっ、北海道と本州との間にあって、日本海と太平洋とを結ぶ部分を、何と言うでしょか? 次の3つの中から選んでください」


(´・∀・`)「1っ!、津軽海峡。2、ドーバー海峡。3、顕微鏡」


(リスナー:解答/BGM:Monster)


(´・∀・`)「答えはぁ、1番の津軽海峡です」


(´・∀・`)「津軽弁の魅力を広めようと活動するっ、え~、『津軽弁の日やるべし会』は、1月に東京で開催したぁ『津軽弁の日in東京』、え~、番外編をっ収めたDVDを販売しています。テーマごとに、泣き笑いを詠んだ歌や、え、川柳を会のメンバーらが津軽弁で披露しました」


(´・∀・`)「なるほど。津軽、津軽海峡も行きてぇなあ! ねっ?」


(´・∀・`)「まぁ、でも最近もね~、そうですねえ、撮影やってますけどねえ」


(´・∀・`)「ロケも多いですね! え~、外ロケも。え~。だからこのまま行ったらあ……ねえっ、津軽海峡も行こうかな、ロケで」


(´・∀・`)「行かないかね! ええ」


(´・∀・`)「まぁ、でもねぇ、そう! おもっしろいのがねえ……最近撮影でロケとかやってますけどね。『何か俺見たことあんなぁ』ってのが多いんですよ、ロケで」


(´・∀・`)「ほんでえ、よーく考えたらね、僕2年前ぐらいにね、あのぉ、ドラマで『魔王』って言うドラマやったんですよね。そのねえ、撮影現場なんですよ」


(´・∀・`)「『あっ! ここ魔王んとき来たんだ!』みたいな。それがね、今回多いですね」


(´・∀・`)「でも、おもしろいですよねっ。あっ、何か違う~自分の役でね? また同じ場所で撮ってるって言うのはね、え~、逆におもしろいですよね」


(´・∀・`)「え~、そう言った意味も含めて……『怪物くん』、見てねっ!!♪」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした!」


――成瀬さんと太郎ちゃんのギャップったら果てしないですもんね!(*´Д`)


こうやって過去の音源を聴いているだけでも『魔王』と『怪物くん』には何かと縁があるなあ……。


『怪物くん』は『忍びの国』につながったわけだけど、今度はその忍びが何につながるのかがほんとに楽しみです!!(≧▽≦)


弁護士→怪物ランドのプリンス→伊賀忍者って系譜もすご~い!
すごすぎて次に何につながるのか予想もできないです(笑)


それにしても、昨日の夜もブログに書いたけど、智くんの映像記憶の良さったら……!^^