青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん「2018 ABC夏の高校野球」応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング『夏疾風』決定!

昨日26日、阪神甲子園球場にて嵐が記者会見を行い、テレビ朝日系『熱闘甲子園』(8月5日から放送予定)などのテーマ曲に『夏疾風』(なつはやて)が決定したことを発表しました!


作詞作曲は、ゆず・北川悠仁さん。
「第100回 全国高校野球選手権大会」のHPには、《6月1日応援ソング解禁!》とあります。


(もしもCDがリリースされるようであれば、予約がスタートした際には当ブログでもお知らせするようにいたします)


www.asahi.co.jp

高校野球の聖地・甲子園で行われた会見は、高校野球の熱心なファンである相葉を喜ばせる演出が盛りだくさん。まず、本物のウグイス嬢による場内アナウンスでメンバーを呼び込み、「1番、サード、相葉くん」「2番、セカンド、大野くん」「3番、ファースト、二宮くん」「4番、ピッチャー、櫻井くん」「5番、キャッチャー、松本くん」の順で、一塁側ベンチから登場。バックスタンドのスコアボードにもメンバーの名前が並ぶ徹底ぶりだ。

5人そろったところで、司会のヒロド歩美アナウンサー(ABC)による会見の開始が宣言されると、プレイボールを告げるサイレンが球場に鳴り響いた。高校野球の試合さながらの演出に5人は「おおー!」と声をあげて大喜び。とくに相葉は「スコアボードに僕らの名前が出るなんて信じられないですね。甲子園の砂をもって帰ります」と大興奮だった。ちなみに登場時の打順とポジションを決めたのも相葉。

「僕は、少年野球チームでサードをやっていた。大野くんは職人タイプなので2番。二宮くんはサウスポーなのでファースト。櫻井くんは以前、剛速球を投げていたので(ドラマ・映画『木更津キャッツアイ』の役)。松本くんは小学生の頃、少年野球チームでキャッチャーやっていた」と、こだわりの采配を明かした。

「バント」と「バウンド」を勘違いして笑いを誘った大野は「甲子園に来られること自体が特別なこと。僕のように野球にあまり詳しくない者がグラウンドに立っていいのかと(笑)。でも、今年はテーマソングを歌わせていただいていることですし、僕なりの応援ができればと思っていま」と、少し興味が沸いてきたよう。

発表会でメンバーに狙い撃ちされたのは、野球が苦手な大野さん。相葉さんから「バントって知っています?」と質問され、大野さんは「バントは知ってますよ」と答えたものの、今一つ自信がなさそう。会見中も大野さんは「僕は野球はあまり分からないんですけれど……」と正直に答えて、メンバーから「それ、言わなくていいから」と突っ込まれていた。

メンバー全員に「自身の高校野球の思い出を教えてください」と質問が飛ぶと、松本さんが「大野さんも(野球を知らないけれどコメントが)ほしいですか?」とちゃかしたり、甲子園の魅力を大野さんが「砂を持って帰る」ときちんと答えると、メンバーから「知ってるんですね」とからかわれるなど、大野さんは会見中、終始いじられていた。

www.oricon.co.jp
mdpr.jp
mantan-web.jp
mantan-web.jp


100回大会の熱闘甲子園テーマ曲に嵐「夏疾風」 - ジャニーズ : 日刊スポーツ


嵐・相葉雅紀「マジで興奮してます」テレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマ曲歌う : スポーツ報知


「4番・ピッチャー、櫻井くん」嵐・相葉の説明に櫻井「ピュアにもほどがある」 : スポーツ報知


嵐“スタメン”相葉が考案!4番ピッチャー櫻井「違う、違う」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)


嵐、新曲で高校野球100回目の夏を応援!ゆず北川悠仁が作詞作曲 (1/3ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)


嵐 夏の甲子園応援ソング歌う、作詞作曲は「ゆず」北川 聖地でお披露目― スポニチ Sponichi Annex 芸能


嵐 歌で夏の球児応援だ 「夏疾風(なつはやて)」高校野球応援ソング/芸能/デイリースポーツ online


嵐の夏の球児応援曲は初の「ゆず」悠仁提供曲/芸能/デイリースポーツ online