青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

藤子不二雄(A)展 「(A)の変コレクション」鑑賞

こんばんは。


火曜はですね、藤子A先生の展示を鑑賞したあとに、町田慎吾くんの舞台『みどり色の水泡にキス』を観劇してきました!


まずは藤子不二雄A展のことをブログに書いて、そのあと町田くんの舞台についての記事をアップしようと思います。




藤子不二雄(A)展が開催されているのは、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)です。


もともと行こうと思っていた藤子A展だけれど、智くんから贈られた色紙も展示してあるということで、さらにワクワク♪


私は前日に前売券を購入して訪問しました。


前売券は普通のものと、ランダムで3種の缶バッジから1種がもらえる「オリジナルグッズ付きプレミアム前売券」もあり、そのうちの1種が怪物くん缶バッジなのですが……。


こういうのでお目当ての物が当たったことのない私はリスクを回避し、大人しく普通の前売券を購入(笑)


チケットは当日券も配布されており、平日限定で「変な割引」(一般料金より100円引き)が使えます。


「忍者ハットリくん」割では、期間中の火曜日に『藤子不二雄A展に来たでござる! ニンニン!』と受付に伝えるか、もしくは名字が"ハットリ"さんだと割引されるそう(笑)
これは祝日の火曜は対象外で、身分証明書などの提示が必要です。


「せぇるすまん」割は(自己申告により。笑)「セールスマンです」と言えば一般入場料から100円割引されるとのこと。



今回の展示は全作品が写真撮影OK・SNS投稿OKと何とも太っ腹。
そして何と何と……智くんが描いた色紙も撮影可&投稿可とのことなのです!!


会場に入ってすぐのエントランスに、智くんから贈られた、A先生が怪物くんの格好をしいてる絵の描かれた色紙が展示されていました♡





この腕を組むポーズは確かに太郎ちゃんのイメージ^^
(正面から撮影すると私の影が写り込んでしまうので、斜めから撮った2枚を掲載します)


先生のお顔と怪物くんの組み合わせのセンス、バランスもさることながら、何よりも似てらっしゃる!


智くんがA先生のお写真をジーッと見つめて、心を込めて描いたのだな~というのが伝わってきます。


こんな素敵な色紙が贈られてきたら、ぜひ大勢の方に観てもらったほうがいいって誰しも思わずにいられないくらい。


それにしても、相変わらずペンのタッチがすごくいい!!
ペンで描いて色鉛筆で彩色してあるんですね。


それでですよ、絵だけでなく、隣の「藤子不二雄A」の文字の達筆なことったらー!!


しかも、この文字、一見すると細い筆で描いたように見えますが、実はレタリング。
目を近づけて見てみるとペンで重ね塗りしているのが確認できました。


それにおそらく、「子」の文字の跳ね方とか、細い筆を使ったとしてもああはならないんじゃないでしょうか。


「A」の文字だけ明らかにレタリングですし、もしかすると同じ1本のペンだけ使って絵も文字も描かれたのかもしれません。


いや、ほんとにすごい、智くん。
メインはもちろんA先生の展示だけれど、この智くんの色紙を見せていただけたことに感動しました!!


先生に贈られた色紙、智くんは芸能人としての「大野智」のサインをしていますね。


アーティストしての智くんのサインも、もちろん絵もフィギュアも、また私は見たいし個展だって行きたいのです。
いつかぜひ、FSⅢが叶いますように……。




さて、展示会場は展望台になっているので見晴らしだって抜群♪


今回私は火曜に訪問したんですが、平日ということや会期が長いこともあってか、展示を比較的にじっくり落ち着いて拝見することができました!


智くんの色紙も見ている人がほかに誰もいないときが何回もあったので、長い間ひとり占めすることができました!!(≧▽≦)


エントランスではA先生もお出迎えしてくれます!(って、等身大フィギュア~^^)



『怪物くん』に関する展示もたくさんありましたよ♪







『怪物くん』以外で個人的にグッと来た展示がこちら。
"藤子不二雄"としてA先生が活動していた頃の4畳半の部屋を再現したものです。


1度でも漫画家を目指したり、漫画を描いた経験がある方なら、この展示はたまらないのではないでしょうか。
机の上には墨汁や雲形定規なども置いてありました。


この和風なお部屋、智くんのFSⅡの展示にも通ずるものを感じちゃいました^^


そして、この漫画用原稿用紙をご覧ください。
「藤子スタジオ」のオリジナルです!




全ての展示はTHE藤子Aワールドそのものという感じでした!
誰にもまねのできないような感性と、作品への愛情と、何よりもたっぷりのユーモアと。


グッズショップの「怪奇や」では、『怪物くん』の回転メタルキーホルダーとソフトケースを購入してきました。



ソフトケースはほとんど青色なところが気に入っています!
怪物くんグッズで黄色が入ってなくてほとんど青色のものってあまりなかった気がして。


藤子不二雄A展はかなり会期が長く、来年1月6日(日)まで行われるそうです。
ほかの地域の方々も、東京遠征の折などにぜひ訪問してみてください!!(^^)/


tcv-fujiko-a-ten.roppongihills.com