青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕闘魂注入・冬の沖縄・「落ち込まないようにしてる」・カレーうどんと天とじ蕎麦

おはようございます。


いや~、昨日は夜遅くになってプチびっくりなことが。
何と、映画の上映もDVDの発売もすっかり落ち着いたこの時期に、『忍びの国』宣Pさんから超久々のツイートがあったんです!


いったい何事かと一瞬思いましたが、先日このブログでも紹介したイオンシネマ津南で行われる応援上映のお知らせでした!!(^^)


私はほかに予定があって三重までは行かれませんが、お近くの方はぜひ参集なさってくださいませ~^^





そしてですね、昨日はセクゾ中島くんが映画『ニセコイ』の完成披露舞台挨拶で智くんの話題を!


中島くんが「これから会う機会がある」って言っているのは、しやがれかVSの番宣ででしょうか???


それにしても智くん、きっと中島くんが「さとちゃん」なんて呼べないことわかってて楽しんでるんじゃないかと思う(笑)
かわいい小悪魔め~( *´艸`)

作品の内容にちなみ「これだけは無理」ということを聞かれた中島は「嵐の大野(智)さんのことをあるニックネームで呼ぶのだけは絶対ムリだと思いました」と先輩とのエピソードを紹介した。

「ある日、大野くんが俺のことをさん付けでもう呼ばなくていい、『ニックネームで呼んで』といわれた。僕が『ファンの方からは"おーちゃん"ですよね』と言ったら"おーちゃん"は嫌だと言われたんです。健人は別のにしてほしい、"さとちゃん"って言われたんです」と困惑したことを明かした。

「でも俺、急に嵐のメンバーの前で『さとちゃん』なんて言ったら、俺どうなっちゃうの……。でも大野くんは『さとちゃんって呼んで』って言われるので、絶対無理だなって。これから会う機会があるのでその時どうしようかな? トライしたほうがいいんでしょうか」と恐縮しきり。隣りにいた共演のDAIGOから「もし恥ずかしかったら逆に"ちゃんさと"から始めるとか?」とアドバイスを受け、「どうにか"ちゃんさと"から切り替えていくっていう……ドキドキするミッションです。できるかな? 無理っぽいけどな……」と最後まで迷っていた。


www.oricon.co.jp
news.mynavi.jp
movie.walkerplus.com



さらに、昨日はまだ嬉しいお知らせがありました♪


町田慎吾くんがレギュラー出演を続けている舞台『伊賀の花嫁』の第三弾、"その三「ズルい女」編"に、米花剛史くんの参加が決まったのです!


米花くんもTwitterで、「約6年半振りの共演」、「まさか共演出来るとは思ってなかったから」と喜びの報告をされていました。


これ、ひょっとして屋良っちは見学に行くことあるかな!?


この調子で、今度は町田くんと屋良っち、そして智くんとの共演も実現しますように……!!(>人<)


来年2月の『伊賀の花嫁 その三「ズルい女」編』の公演が楽しみです^^


hounangumi.info


ARASHI DISCOVERY forever(音源2011/12/2・レポート2018/11/9)


(BGM:迷宮ラブソング)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です! 毎週金曜日は、いただいたメッセージにお答えしていきます。さぁ、まず始めは東京都の大田区のまやさんから」


(メッセージ)「大ちゃん、おはようございます!」


(´・∀・`)「おはよう!」


(メッセージ)「12月2日は、学校の中間テスト、2日目なんです。教科は、え、数学・倫理・化学です。え~、私に、闘魂注入してください」


(´・∀・`)「わかりましたぁ」


(´・∀・`)エコー「まやへ!(前へ?) 行くぞっ!!(パーンと手を叩く音)」(←アゴをしゃくって、アントニオ猪木さんのものまねww)


(´・∀・`)「よしっ!」(←まだしゃくってますw)


(´・∀・`)「続いて、匿名の方から」


(メッセージ)「12月中旬に修学旅行で沖縄に、行きます。え~、冬の沖縄はどんな感じなのか? え、寒いのか暖かいのか。よくわからず、え~、着て行く服装に悩んでいます。大野くんは冬に沖縄行ったことありますか?」


(´・∀・`)「なるほど……。あっ、でもね、プライベート(巻き舌)はないけどぉ、仕事で行ったことあるね」


(´・∀・`)「そんときは、何着てたっけな。でもそんな寒くなかったけどねっ」


(´・∀・`)「海に、でもね、俺2月に行ったんだけどねぇ。うん。ときに海入ったけどね。うん」


(´・∀・`)「でもね、慣れっちゃえばいいの。入って慣れちゃうからぁ。うん。だいじょぶじゃない?」


(´・∀・`)「あとね、太陽出たら、たぶん半袖でいいと思う」


(´・∀・`)「い、ま、あの、1個、ねぇ? う、あのぉ、ちょっとあったかい上着を持って行けばだいじょぶじゃないすかね。う~ん」


(´・∀・`)「気をつけて、行って来てくださいっ」


(´・∀・`)「続いて、あやさんから!」


(メッセージ)「先日仕事で落ち込んで、次の日も1日悩んでしまいました。大野くんは落ち込んだり悩んだときは、どうやって元気を取り戻しますか。いい方法があったら教えてください」


(´・∀・`)「なるほど」


(´・∀・`)「ま、落ち込んだらね、落ち込んだほうがいいよ。う~ん、その日は。うん」


(´・∀・`)「とことん落ち込んでっ、ほんで次の日、『はい、次!』って思って。ねっ、やればいいんじゃないですか」


(´・∀・`)「僕もね、落ち込む、落ち込むと言うかね、落ち込まなくなった。落ち込まないようにしてる。『も、しょうがねぇや』って。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「『はい、もういいや。はい、次!』って、なっちゃう。ねっ。ごめんなさいね、適当で(笑) ふふっ!☆彡」


(´・∀・`)「まあまあまあ! でも、まあ、そう言うね? 切り替えの早さは大切ですよ。う~ん」


(´・∀・`)「まぁ、でもほんとにね、え~、がんばれば、ちゃん……ねっ、何か、じゃ、かくりつ(確実)に実りますからだいじょぶです。はいっ」


(´・∀・`)「次! まきさんから!」


(メッセージ)「うどんか蕎麦か、私は、ど、どちらかと言えば、え、うどんが好きなのですが、大野くんはどちらが好きですか? え、関東風・関西風どちらの出汁が好きですか」


(´・∀・`)「なるほど」


(´・∀・`)「うどん、僕ねぇ……蕎麦派かな? ごめんね、まきちゃん! ふふふっふ☆彡」


(´・∀・`)「蕎麦だねぇ……。う~ん」


(´・∀・`)「ま、でもねぇ、どっちも基本好きだけどぉ。う~ん。よく食べるのは、やっぱ蕎麦になっちゃうかなぁ?」


(´・∀・`)「具ぅ? 具はねぇ、何だろう? 僕うどんはねぇ、あっ! うどん食べますね。カレーうどん。う~ん」


(´・∀・`)「うどんに関してはカレーうどんになるね。あれは最高に美味いね」


(´・∀・`)「あとはね、蕎麦で言ったらぁ、(スッ!)天とじ蕎麦とか好き。グジュグジュした感じ。ふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「僕ああ言うのが好き、基本。う~ん。で、あの~、唐辛子をいっぱいかけて、ほんで辛くして食べるのが好きですねぇっ。ええ~」


(´・∀・`)「あぁ、腹減ってきた!」


(´・∀・`)「ということで! 毎週金曜日はいただいたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jpです。たくさんのメッセージお待ちしていまぁ~す!」
(※現在、募集は行われておりません)


(´・∀・`)「では、また来週、大野智でしたっ!」


――何事も深刻に考えすぎるのは良くないことが多いものです。


悩みごとや落ち込むことがあると、ついそのことばかりグルグルと頭の中で巡らせてしまいがちですが、結局何の答えも出てこなかったりして。


それよりかはそんな心の重荷は手放して、前に進んだほうがずっといい。
思い悩んで落ち込んでいるよりも、行動を起こしたほうが解決の糸口にはなるでしょう。


智くんはたくさんの経験を重ねて、普通の人よりも気持ちの切り替え方を知っているのかもしれません。


ん~、私は蕎麦よりもうどんかなあ。
一番好きなのはねえ、鍋焼きうどん♪
寒いところで育ったせいかなあ?


智くんと同じく、カレーうどんも大好きです^^


ただ、私が結構衝撃だったのは、カレー蕎麦!
これが意外と美味しくて、最近よく自分で作ったりもします。


カレーパンに、カレーうどんに、カレー蕎麦。
もしかしてカレーって主食なら何にでも合うんじゃ……。
カレーパスタとか美味しいかも!?


 



●櫻井翔くん雑誌情報


○11/9(金)
「Casa BRUTUS」12月号(マガジンハウス)
櫻井翔 表紙 集中連載「櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。」特別編〈水庭〉


Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年 12月号 [建築を巡る旅。]