青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「自然と食べられる日が来る。もうピーマン美味いよ!」

おはようございます。


昨日は夜遅くなっちゃったけど、録画したVSしっかりチェックしましたよ!
智くんのカメラ目線も猫だましも、もうばっちりと♡


今夜あたり、改めてVSの番組レポを投稿するつもりです^^


何かさ~、お相撲さんと対峙する智くんのあの、体に余計な力を入れない体勢を目にしたら、無門殿と平兵衛の川を思い出しちゃったなあ。


猫だまし、昔から智くんの得意技ですよね!
ラジオでも舞の海さんが好きだったって言ってたことありました。


ニノが実写で出演したこともある『暗殺教室』の漫画かアニメを見たことある人いますか?


実写で取り上げられたか記憶ないんですが、原作では暗殺の才能を持つ潮田渚が猫だましを奥の手として使ってました。
正しい使い方をすれば、敵を一瞬フリーズさせることができるということで。


まあ、漫画の中の話ですけど、智くんが猫だまし使うのはかわいい上に、何だか本当に暗殺の才能ありそうな気がしてVS見てました~(^^)


ARASHI DISCOVERY forever(音源2010/11/15・レポート2019/5/10)


(´・∀・`)「今日はぁ、野菜の問題です」


(´・∀・`)「こらっ!! 智ぃ!! ちゃんと野菜、食べヤサイ! これはもしや、モヤシ? 僕は、イモ食べたイモ……。でも、シソも美味シソうだなっ」


(´・∀・`)「さてっ、カボチャ(笑)、ピーマン、ニンジンなど、βカロチンを豊富に含む野菜を何と言うでしょうかぁ? 次の3つの中から、選んでくださいっ」


(´・∀・`)「1っ! 緑黄色野菜。2、温野菜。3っ! 夏野菜」


(リスナー:解答/BGM:果てない空)


(´・∀・`)「答えはぁ、1番の、緑黄色野菜です」


(´・∀・`)「京都市のタキイ種苗が、え、苦みと独特の、え、臭みを抑えた、え、食べやすいピーマンを開発しました。名づけて、『こどもピーマン』。ナス科の中でもっ、え、激辛で知られる唐辛子・ハラペーニョの一種で、え、10年前に、え、突然変異で! え~、偶然見つかった辛くない個体を改良して完成した……ものです」


(´・∀・`)「はぁ~……これは大切です」


(´・∀・`)「あのねっ、僕もね、昔から思ってたんですよ。ピーマンっていうのは、絶対に大人の味ですから……。う~ん」


(´・∀・`)「僕は思ってたの。だって子供んとき、だって、食えなかったもん、やっぱり」


(´・∀・`)「で、あのぉ~、ピーマンの肉詰めとかね、あの、肉入ってるからイケるな! と思って食べたらやっぱりダメだった」


(´・∀・`)「でねぇ(笑)、どっかのね、遠足んときかな? あの、シシトウも似てるでしょう? 少し」


(´・∀・`)「ほんで、遠足んときにね、母ちゃんがね、入れるわけよ! そういう弁当に、そういう物を」


(´・∀・`)「遠足のとき、外だったから。今日はイケる気がする! っと思うわけよ。今日はシシトウ食べれる気がする。美味しい気がする……」


(´・∀・`)「そしたらねぇ、やっぱりダメだった。やっぱり無理なのよ」


(´・∀・`)「で、いつしかだよ。自然と、食べられる日が来る。もうピーマン、美味いよ! う~ん」


(´・∀・`)「意外に、苦いとも思わなくなって来た。だからピーマンは、え~、大人の味です」


(´・∀・`)「『こどもピーマン』、バンザイ!」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ!」


――お弁当持参の回のワクワク学校のときのことを思い出します。


お母さまが、どうにかして幼少時に食の細かった智くんに色々食べさせようとしていたか……^^


妹がニンジン嫌いだったために、うちの母もこっそりカレーにすりおろしたニンジンを入れていたと、私たちが大人になってから明かしていました(笑)


私もピーマンとかシシトウが苦手だったはずなのに、大人になってピーマンの天ぷらとか焼き鳥屋さんのシシトウを食べてからは大好物になりました♪


あと、ほうれん草ね。
給食のほうれん草のおひたしがどうしても食べられなくって、ひとりだけ居残りさせられたことあったな~。
今の学校だと、もうそんなこともないんでしょうね。


ほうれん草もバターで炒めたりすると美味しいし!
ファミレスに行くときは必ず頼むって、ずっと昔に智くんも話していたの覚えています。


あ、何かファミレスのほうれん草のバターソテー食べたくなってきちゃった(笑)