青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『VS嵐』矢の嵐・特別企画:スマホ早打ちしりとり「俺は12月の1か月は3か月ぐらいに感じる」

こんばんは。


今夜のVSは、特に「矢の嵐」の智くんがかっこ良かったですね!
めっちゃ弓矢上手かったあ!!(≧▽≦)


しかも、腕まくりしているから、素肌に直接アームカバーしているところがたまらんかったです///


来週の放送では、NEWS加藤くんやWEST小瀧くんが対戦ゲストとして出演するから、そちらも楽しみ。


そしてですよ、今日は番組の途中で、来年1月3日(金)放送のVS嵐3時間SPの予告も流れました!


三つ巴戦では、襟がメンカラになっている白い羽織りにグレーの袴という、例年通りの嵐さん。
智くんはキッキングスナイパーでご活躍の模様♪


さらにBABA嵐には、何と木村拓哉先輩が初参戦を!
いったいどんな勝負となるのでしょうか。
智くんとの対戦はあるかな!?


 

VS嵐(2019/12/5)

オープニングトーク


今週のOP、カメラが寄ったのは大宮から。
渋い顔つきで左腕をアピールしてみせる智くんです^^(かっこいい~♡)


嵐さんのチームカラーは紺色かな?
智くんは紺のかすり生地っぽい模様のついたシャツに、薄いグレーのTシャツと濃いグレーの緩めのパンツを組み合わせています。
靴も紺とグレーのスニーカーかな?


もちろんシャツは腕まくり♪


(`・3・´)「『12月ってどうですか?』っていうカンペ」
(‘◇‘)「ざっくり来ましたね」
ノノ`∀´ル「いや、忙しいよね」


(`・3・´)「どういうイメージ? どういうイメージ?」
ノノ`∀´ル「いや、やっぱり年末年始の、こう番組だったりとか、こう雑誌の取材をさせてもらったりみたいなことで、やっぱり重なってくるイメージだよね」
(`・3・´)「そうだね」


(`・3・´)「だからやっぱり五人でさ、紅白の司会をやらせてもらったときなんかさ、もうず~っと一緒じゃない。で、五人がそろうときってレギュラー番組、それこそ『VS嵐』の、あとに! 紅白の打ち合わせするとか」


(`・3・´)「だって、その時期NHKの人たち、この収録日のこと"嵐の日"って言ってたもんね」


(`・3・´)「大野さん、どうですか?」
(´・∀・`)「俺は12月の1か月はぁ、3か月ぐらいに感じる」
(`^3^´)(←爆笑)


(`・3・´)「あまりに色んなことがあるから」
(´・∀・`)「あるから」


(´・∀・`)「長いなぁ~と思って」
(.゚ー゚)「じゃあ、めちゃめちゃ歳取ってんじゃん、その間に(笑)」
(´・∀・`)「感覚はね?」


(´・∀・`)「ほんであの、1月年明けてぇ、雑誌とかでさ、自分らがこう和服着て載ってたりするじゃない? 年明け見て、あの、ニヤニヤする。『あ、あ、こんとききつかったなぁ~』って」
(`・3・´)「たいへんな期間があったなっていうね?」
(´・∀・`)「そうそうそう」


今週の対戦ゲストは狩野英孝さん率いる「狩野軍団」の皆さん。


プラスワンゲストは要潤さんと津田寛治さん。
ドラマ『悪魔の弁護士』の番宣としての登場です。


何か、このドラマのタイトルひとつで、天使の弁護士・成瀬さんや、アックマーが弁護士に……とか色々思うところが^^

ピンボールランナー


後攻の嵐チームのランナーは要潤さん。
指令台には津田寛治さんと磁石がいます。


ここで、津田寛治さんは嵐さんのことをずっと「らん」と呼んでいた……との話題が。


津田寛治さん「大野さんと『怪物くん』をやる頃には、もうちゃんと『あらし』さんって呼んで……」
(´・∀・`)「だいぶ遅いけど」
(きゃっ、太郎ちゃんの静止画が画面の隅に♡ アックマーも)


津田寛治さんによれば、横浜銀蝿のリーダーが嵐(らん)ヨシユキさんと仰るため、そのイメージがあったそうで。
津田寛治さん「あと、こう、『みんなで走ってる!』っていう、そういうイメージをかけて『らん』なのかな~」



さらには、津田寛治さんが嵐さんの名前を言うことになったのですが……。


まずは応援席に並んでいる順に、
津田寛治さん「松潤さん、相葉さん、大野さん」
そして指令台の隣にいる二人へ、
津田寛治さん「櫻井さん……」
と、ニノのところで詰まってしまいます。


ニノは思わず腹パンチ!?(笑)
津田寛治さん「……二宮さん!! 二宮さん!! 言えると思ったら緊張しちゃって(笑)」


対戦ゲストにわずかに届きませんでしたが、こちらはまずまずの得点でした。

矢の嵐


(´・∀・`) < 続いての対決は~、矢の嵐!
隣で相葉ちゃんが、タイトルコールする智くんを指差ししてました^^


嵐チームは後攻です。
弓矢を使うために装着しているアームカバー、智くんは腕まくりしているから腕に直接つけているのが超かっこいー!!♡


天の声「嵐チーム、大野くん」
(´・∀・`)「はいっ」
天の声「どうですか? 自信は」
(´・∀・`)「いや、意外と嵐これ下手~なんすよ」
(`・3・´)「そう」


(.゚ー゚)「何か当たんない」
(´・∀・`)「何か当たんないからぁ、あんまりおもしろいイメージが全くない」
(`・3・´)「ネガティブ~!!」


要潤さんはニノにお願いが!?
実は共通の趣味として手品があるとのことで、ニノの新しいネタを教えてもらいたいという要潤さん。
(.゚ー゚)「えっ、今?」
ニノにマジックを教えてもらい、後半で要潤さんが披露することに。


さあ、「矢の嵐」が始まりました。
智くんは翔くんと交代でトップバッターを務めています。


1つ目のターゲットでは、まず10ポイントを獲得!
こちらはアンカーの相葉ちゃんまでに全部の的を落とし、パーフェクトに。


2つ目のターゲットは10ポイントが1つ残りました。


3つ目のターゲット、智くんはいきなり50ポイントを撃ち抜きます!!
きゃ~♡
矢を放った瞬間の右手も男前///
こちらも全ての的を落としてパーフェクトです。


4つ目は最後まで2つの的が残りました。


5つ目のターゲット……あらっ? 智くん、矢をつがえるのにちょっと手間取ってる?(笑)
って、笑顔で弓を構え、これまたいきなり100ポイントを撃ち抜きました~!!♪
かっこいい、かっこいい♡
こちらは的を1つ残して終了です。


品川祐さん「ちょっと話が違う!」
狩野英孝さん「めっちゃ上手いじゃないすか!」
ザキヤマさん「大野くん!」
品川祐さん「大野くん、めちゃめちゃ上手い!」


天の声「改めて、大野くん!」
(´・∀・`)「はい!」
天の声「このゲーム楽しくないですか?」
(´・∀・`)「めちゃくちゃおもしろいじゃないか」
(.゚ー゚)「良かった。良かったよ~」

特別企画:スマホ早打ちしりとり


もうすっかりおなじみの「スマホ早打ちしりとり」です。


(1回戦)お題:自分の弱点


・スタートワード:短期
・櫻井翔:気合いが足りない
・相葉雅紀:イカ墨が苦手
・要潤:手がでかい
・津田寛治:インチキにだまされる
・松本潤:ルールを守れない


ここでタイムアップ。
智くん、スマホを見つめてめっちゃ悩んでいました~。


天の声「大野くん!」
(´・∀・`)「はい」
天の声「出ませんでした!」


(´・∀・`)「いや、マジでほんとに、『い』がすげえからぁ~……。うん。ほとんど『い』になっちゃうんだな~と思ってぇ」
文章の最後が「い」で終わる人ばかりでした。


(´・∀・`)「でも、途中までやった。『やなことを……』」
(.゚ー゚)「やなことを?」
(´・∀・`)「『……をやることがやだ』みたいなこと」
(.゚ー゚)「『い』ばっかりだ」
ザキヤマさん「『い』多いな(笑)」


ここで嵐さんは席替えを。
(´・∀・`)「俺も換わったほうがいいっか」


これで、N・O・要潤さん・津田寛治さん・M・A・Sという並びに。


(`・3・´)「俺相葉くんから来んのか! お~! お~! ぞくぞくする~!(笑)」
(‘◇‘)「楽しみでしょう!?(笑)」
(`・3・´)「こ~れは楽しみだ~! いいね~!(笑)」


(2回戦)大興奮すること


・スタートワード:コンサート
・二宮和也:トークがうけること
・大野智:トトロ
・要潤:ロック
・津田寛治:車
・松本潤:松本城
・相葉雅紀:家


嵐チームはまたもここでタイムアップ。


智くんはトトロで大興奮!(^^♪
え、それはもしや翔くんが描いたやつじゃ(笑)


ノノ`∀´ル「松本城、興奮するでしょ!(笑)」
ザキヤマさん「同じMJだからね」
ノノ`∀´ル「同じ松本で城があるんですよ!」


(3回戦)芸能人として大切にしていること


・スタートワード:スタッフ
・二宮和也:普通に生活する
・大野智:ルックス
・要潤:スマートさ
・津田寛治:去り際
・松本潤:笑ったときの顔
・相葉雅紀:お金
・櫻井翔:寝る時間


これで嵐チームが勝利かと思いきや……。
(.゚ー゚)「『ん』ついちゃった」
(`・3・´)「あっ!!」


その間に対戦ゲストが打ち込みを終え、嵐チームは3回戦も落としてしまいました~。


ノノ`∀´ル「あれ、でも、『時間』と書いて"とき"でしょ?」
(J-POPあるある!? w)


天の声「皆さんの気持ちというのが、よく回答に出ているように思いました、この対決。大野くん」
(´・∀・`)「はいっ」
天の声「ルックス!」


腕を組み、智くんは渋めの顔つきで深くうなずいております^^
(´・∀・`)「やっぱりルックスは大事」
(活動休止中も体型維持を宣言してくれて、ありがとう♡)

ボンバーストライカー


後攻の嵐チーム、智くんは5番手を担当です。


対戦ゲストがあわや完全パーフェクトという高得点を叩き出しています。
嵐チームが勝利するためには910ポイントが必要というピンチの場面。


ここで「悪魔のような人」をテーマとしたエピソードトークが。


(.゚ー゚)「『悪魔のような人』ですよね? 全然そんなこと思ってなかったんだけど、よく『おまえは悪魔だ』って言われます」


(.゚ー゚)「ついに、この間、医療もののドラマやったときは、その、愛称が『オペ室の悪魔』だったんですよ」


(.゚ー゚)「で、プロデューサーさんに、『悪魔だもんね。ぴったりだよね』って言われて、全然しっくりきてなくて。そんなことなんかやったことなかったから」


(.゚ー゚)「『台詞とかももう自由に言っていいから』って言って。言ったら、めちゃくちゃ悪魔で。もう、ノーストレスでドラマ終わったもんね」


(.゚ー゚)「『すごい! そんなことよく思いつくね!』って言われて(笑)」


(.゚ー゚)「らしいです、私、意外にも」


(`・3・´)「当時ね、これ話せなかったエピソードだけど、時間経ったから、もう大丈夫かなって思って。言っちゃっていいかな?」


(`・3・´)「もう15年くらい前かな? あの、『WEST SIDE STORY』っていうミュージカルやったんですよ」


(`・3・´)「あれって、もうぎっちぎちに決まってて、本国の。ちょっとこう立ち位置変えちゃったりとか、台詞の言い回し替えちゃったりとか絶対しちゃダメだったんですよ」


(`・3・´)「その、最後のほうのシーンで僕ひとり、僕、トニーっていう役だったんだけど。相手役のマリアがいて、向かい合うっていうところがあるんですよ。もう本当に最後の夢の世界みたいな」


(`・3・´)「その、すごく幻想的なシーンの、こっち客席ですよ? 僕の目線の先に、もう出番を終えた大野智が、ものすごい長い半紙みたいなやつに、達筆な筆で、『笑って』ってこうやって」
と、満面の笑みでそのポーズを再現する翔くん(笑)


智くんは手を1つ叩いて爆笑~^^
(`・3・´)「俺はもう……!!」
って、笑いをこらえるしぐさをさらに翔くんは再現。
(.゚ー゚)「最低(笑)」
(`・3・´)「悪魔よ、もう! 何もしちゃいけないんですよ! その通りやんなきゃいけない」


(`・3・´)「だんだんね、日に日に、この文字が変わってくるんですよ! 最初は『笑って』だったんだけど。悪魔ですよ!」


(`・3・´)「舞台のメイクだから、結構濃いめのさ、メイクと、髪型ガッシャーってなってる状態でこうやって……」
(´・∀・`)「あったな~」
(`・3・´)「悪魔だよ! あれ。怒られるの俺だもん! だって(笑)」


ここで、番組前半にチラッとふれられていた、ニノから伝授されたマジックを要潤さんが披露していました。


さて、肝心の嵐チームのボンバーストライカーです。
嵐チームはパーフェクトを2つ逃した時点でゲーム終了となりますよ~。


1つ目のターゲット、残り1ピンの場面で、智くんが綺麗に投げたボールがヒット!
パーフェクトを取りました♪
(´・∀・`)「わ~!(拍手)」


2つ目のターゲットでも、また残り1ピンの状態で順番が回ってきた智くん。
しかし、今回は智くんも翔くんもピンを倒すことができず、パーフェクトを逃してしまいます。


3つ目でも同じことが~。
残り1ピンを智くんも翔くんも倒せずに、ここで試合終了となってしまいました……。

エンディングトーク


今週のED曲は『truth』です!!
プラスワンがお二人ともドラマで弁護士役であることなどにちなんだのかな~!?
やっぱり『魔王』をイメージしますよね^^

次回予告


クリフクライムのシーンで、
(´>д<`)「んはぁ~!」
って、いきなり智くんが体を揺らめかせていたけど、どうしたの!?(笑)


対戦ゲストは加藤シゲアキくんと小瀧望くんも登場のSPドラマ『悪魔の手毬唄』チーム。
プラスワンは小沢一敬さんと丸山桂里奈さんです。


「Xmas Song 音嵐」も行われます。