青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

京都「嵐にしやがれ」最新京スイーツデスマッチ「まごまご嵐」嵐の城下町・京都編 ロケ地巡り②

晴明神社から、次には二条城へ。
『まごまご嵐』の「嵐の城下町」京都編で、智くんが翔くんやゲストの東ちづるさんと訪れた場所。


私も高校生のときに修学旅行で来た記憶あるし、FSⅡのとき京都を旅した際も通りがかったんだけど……そのときはちょうど改修工事の真っ最中だったんですね💦
なので、二条城はリベンジ(笑)


チケット売り場で入城料と二の丸御殿の観覧料を支払い、中へ。
入場料じゃなくて「入城料」ね(笑)。
あとから気づいたけれど、Webチケットを購入すると並ぶことなく入れるようです。


あっ、あとね、地下鉄・バス1日乗車券を持っていると二条城の入城料が100円割引になるんですけど、忘れた(笑)


「嵐の城下町」京都編のスタート地点。
石垣は全く変わっていないけれど、改修後は門に金の装飾があったりとちょっぴりゴージャスに。



もう今は看板のかかっていない案内所。
当時、智くんはこの中の人とお話していたものの、このときは無人……というか閉まってました。



智くんの歩いたとこら辺。



お山と東ちずるさんのトークしてた場所。
観光客が結構いたので、これがぎりぎり。



城内にて、二条城障壁画が展示されていたので、見ちゃうよね~。
200円だったし。



二条城で智友さんへのお土産を何にしようかと迷っていたのだけれど、こんなの見つけたら買わざるを得ない。


沖田総司の羽織りと愛刀・加州清光のミニチュア。
鞘だって綺麗な青色だし💙



でも、実際の加州清光の鞘はきっと青色じゃなかっただろうな~。


ググると『刀剣乱舞』の絵がいっぱい出てくるけれど、模造刀の加州清光が赤色の鞘なのはその影響もあってのことなのかな?


智くんの演じた沖田総司の衣装も赤だったし、本物の加州清光も赤色の鞘が似合いそう♪


(補足ですが、二条城のお土産屋さんの店員さんは、かなり感じ悪いです😅)


さてと、二条城をあとにして、次に向かったのは清水寺方面……なんだけどね~、二条城から一気にバスで行かないで電車に乗って近くまで行けば良かったと反省💦


二条城から清水寺までともなると、京都駅に近づいていることもあってか、バスの運行経路が複雑で。


バスの経路は数字で表されているのだけれど、そのあとに「甲」「乙」などつくこともあって、私は3回ぐらいバスを乗り換えたかなあ。


結局、電車よりもずっと時間がかかってしまいました。
目的地の「総本家 ゆどうふ 奥丹清水」さんはすでに営業終了の看板が💦
お店の人に断って、写真だけ撮らせてもらいました。



まごまご「嵐の城下町」では、このお店で翔くんと東ちづるさんが「ゆどうふ一通り」を注文していました。
智くんはプレゼンで選ばれなかったから、私と同じで食べられなかったんだよね~。


まあ、いいのだ。
今回はひとりだし、お店を予約するのも何だかな~と思っていたので、食事は飛び込みで運良く席が空いてたら入れてもらおうというスタンスです。


でも、ブログ書いていてふと思った。
晴明神社のおみくしで凶を引いちゃったじゃん!
「運良く」なんてあるわけないのだった💧


気を取り直して、歩いて5分ほどの次のお店へ向かいます。


八坂通で合ってるのかな? も観光客で激込みだったんだけど、その先の二年坂も平日だと言うのに人でいっぱい。



手前に映り込んでいる二人組のお姉さんは、おそらくレンタル着物の中国人の観光客の方。


着物だけで寒くないのかな?
殺生丸のような白いフワフワがあるとだいぶ違うと思うけれど。


この旅では中国の観光客をたくさん見かけたし、あちこちで中国語が耳に入ってきました。


人ごみをかいくぐってたどり着いたのは、こちらも「嵐の城下町」で智くんと翔くんと東ちづるさんが訪れたお店、「洛匠」さんです。



ここでも本当は1日乗車券を持っていれば割引してもらえるんだけど、安定して忘れる私であった~。


運良く!! ここではお座敷に通してもらうことができました♪
智くんもお座敷に通されていましたが、窓際の席は全て埋まっており、私は壁際の席へ。


でも、そこにあったのが、「嵐の城下町」で智くんたちがついていた四半円形のあのテーブル♪
直角の分度器のような形のテーブルです。



智くんたちはこれを2つを組み合わせて、テーブルを半円形にしてロケしていました。
つまり、2つ置かれている四半円形のテーブルのうち、どっちかが智くん席です。


木目が同じように見えるし、判別つかないな~(笑)
確率は2分の1です。


そう言えば、プレゼンに失敗していたけれど、智くんはこちらの「白玉あんみつ」召し上がっていましたよね😆


何と、私が訪れたときにはちょうど白玉を切らしており、残り1粒だけ(笑)
お店の人が50円引きしてくれました(笑)


「洛匠」はお庭も綺麗で、池には立派な錦鯉も泳いでいて、長居したくなるお店でした。




「洛匠」を出たら、祇園四条駅を目指して、また歩きます。


その途中で通りがかった京の何気ない風景……と見せかけて(笑)、映り込んでいるのはこちらも「嵐の城下町」で智くんらが訪れた「祇をん かにかくに」さん。
舞妓さんのいるお店ですね。



ええ、閉まっていますし、敷居がエベレスト並みなので入るつもりは毛頭ありません。
いつかツテMonsterに頼めるときでもあったなら(笑)


祇園四条駅のそばには「MACCA HOUSE 抹茶館」があるのだけれど、ここも混んでたし、お店の写真を撮らせてもらっただけのシリーズに。



だけど思ったけど、今はテイクアウトもできるのかな?
お持ち帰りにすれば良かった~。
「MACCA HOUSE 抹茶館」は、あちこちに支店があるので、まあ、そのときにでも。


「MACCA HOUSE 抹茶館」は祇園四条駅のそばって言ったけれど、京都河原町駅のほうがもっと近いんですよね。


ただ、京都河原町駅は地下鉄ではないので1日乗車券は使えないんですけど、これに乗って烏丸駅まで移動します。
烏丸駅は地下鉄の四条駅と直結している駅です。


四条駅のすぐそばにあるのが、しやがれのデスマッチで紹介されていた「sketch.」さん。
クイズに正解した「黒コショウたっぷりのカルボナーラ」を智くんが召し上がっていました💙



でもね~、ここのお店は食べログで見ると予約必須って書かれてあったんだよね、確か。
金曜の夜でもあるし、全く期待してなかったけど案の定、満席でした~。


ですが、ここを訪れたのはほかにも理由があるのです。
って言うか、そっちがメインです。


この「sketch.」さん、地図を見てびっくりしたんですが、「丼」さんのお向かいさん!



昔のラジオで、智くんが京都時代、Jr.の同居人(町田くんではない方)と共に飼っていたシーズーの「丼」の名前のもととなったお店です、たぶん。
智くん、ラジオで確か「目の前にあったお店の名前からつけた」って言ってたので。


そう、智くんが京都時代に暮らしてらした四条マンションはこのお店のすぐそこ。


ここは昔、智くんが再訪して雑誌にも撮ったものが載っていたけれど、私が暮らしていた場所というわけではないし、現在は別の方々が居住しているためブログにマンションの写真を載せるのは自粛しますね。


当時とは「丼」さんの店構えもだいぶ変わってると思う。
昔の写真見たことあるけど、「Donburi」の文字だけじゃなくって、「丼」って文字が看板に書かれていたもの。


お惣菜とかお弁当を販売しているお店です。
せっかくなのでお店に入って、朝ご飯にできそうなお惣菜を購入しました。


さて、これにて1日目の旅は終わり!


ひとりなのと、嵐山のほうに用事があることもあって、以前に宿泊させてもらった「たき川旅館」さんにではなくて、普通にホテル泊です。
夜の阪急嵐山線・嵐山駅は情緒たっぷり。



「sketch.」さんで夕食を取れなかったので、ホテルの周辺でご飯にしようかと思ったら、阪急嵐山線・嵐山駅の周辺の飲食店がほとんど閉まっていて、予想外に人通りも少なくて、あてがはずれた形に。


もう1つ、嵐電のほうの嵐山駅があるから、そっちならご飯屋さんもまだ開いているかと思って、渡月橋を渡ろうとしたんですが……。


意外と暗いな、夜の渡月橋💦
怖くなって手前で引き返しました。


と思ったらですよ!
渡月橋と中州の手前にかかっている小さい橋、あとで調べたら「渡月小橋」と言うらしいのですが、そこの縁から川に落っこちそうになったじゃないですかー‼️


あわわわwww
いや、もうほんとに暗いので、目が悪い人は注意してください~💧


結局、阪急嵐山線・嵐山駅のそばにカフェを見つけて、そこでハンバーグを食べました。
ほんとはコンビニでおにぎりを買うつもりだったので、開いているカフェが1軒見つけられて良かったです。


晴明神社で大凶を引かなくて良かった~。
大凶だったら確実に川に落ちてました(笑)