青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』タカミーにばったり

ここ数日のシゲの釣り爆弾投下で、日本全国の気象青担に波浪警報が出ていましたが、皆さん、ご無事でしょうか(笑)



BAY STORM(2012.9.2)〜


オープニングの一言↓
(.゚ー゚)「ニノフェス!」
(やっぱニノフェス好評だったみたいですね^^)


リアラのDisc2はソロ曲だという話に↓
(.゚ー゚)「そんな時代ありましたねえ。何でそうしてたんですかねえ。そんなに自信がなかったのかなあ(笑)」
「曲が多かったのかなあ」


1曲目は『On Sunday』です!!(ニノフェス、いいよね^^)



【我こそオンリーワーク】


アミューズメント施設でスタッフを教育しているというリスナーさん。ニノさんもお店の雰囲気を敏感に感じたりしますか?


(.゚ー゚)「マナー教室とか、ああいう、対、人に対して、ものを教えていくってのはやっぱ女性のほうが長けているんですかね。多いですよね」
「そのお店のレストランのシェフってほとんど男の人じゃないですか。男ってしゃべるの苦手なんすかね」


(.゚ー゚)「しゃべんないものと向き合うのが得意ですよね。色んなものを作る上のほうにいる人ってさ。でもその会社の宣伝部長とかがさ、女の人だったりするところもあるじゃない」


(.゚ー゚)「俺もそうなんですけど、ものと向き合う時間が長いんですよ。友達としゃべるとかってあんましない」
「メールとかもそうだもんな。そうなんだー、へー、って思って終わっちゃう」


・パソコン教室の講師をしているリスナーさん。人生を楽しむ手伝いをできるなど、人の役に立てる奥深いサービス業という気がするそう。


(.゚ー゚)「素晴らしい!! 自分の仕事にこうやって誇りを持てることは素晴らしいと思います」
「でも、そう考えると八百屋さんって夫婦でやってるとこ多いですよ」
「人それぞれなのかなあ。今、考えてたよ、ずっと」
STBY「さっきのね、メール」


(.゚ー゚)「でも、うちの商店街のお豆腐屋さんは、親父が作って、嫁さんが売ってる」
「パン屋もそう。旦那が作って、嫁さんが売ってる。レジに立って」
「割合的に女性が接客しているイメージが強いかな」


(.゚ー゚)「モーターショートとかもさ、行ったことないよ、俺はね。でも出会ったことあります? 男の人が説明している……」
「ゲームショーとかで、例えばどっかのブースにいる、男の人って、あんまり見たこともないかなあ」


(.゚ー゚)「ゲーム作ってる人とかでも、キャラデザで女性の人いること多いけど、エンドロール見てて。ほとんどやっぱり男の人が多いよね。ゲームはまた特殊なのかなあ」
「しゃべないものと向き合う技術ってすごいよ、と思うよ、男の人。女の人もすごいのかなあ。すごい人はすごいか」
「相対的にそういうイメージですね」


2曲目は『ココロチラリ』です。


【裏嵐】


・アラフェス開催中に『ウラ嵐マニア』が発売されますが、二宮くんはカップリングの中で特に好きな曲はありますか?


(.゚ー゚)「私も全部好きですよ、もちろん」
「私でも好きなのかけてるつもりですよ」
「突出してってのはないですねえ」


(.゚ー゚)「単純にね、カップリングだけで4枚組みのアルバム作れる人たちってすごいと思うよ」
「相当カップリング出してるんだね。後半立て続けに出てるもんね」


(.゚ー゚)「迷宮なんて4曲入ってるからね。すごくない?」
「思い出すよね、その時期を。みんなのほうが思い出すかもね。私けっこう思い出さないけど(笑)」


(.゚ー゚)「『DANGAN-LINER』とかもう歌い続けてるから、そのアルバムの中のって想いはもうないよ、もう。コンサートってことになっちゃうね」


・この間の『笑ってコラえて!』見ました。クイズで自分のことをどう思われているか知ったときはどんな気持ちでしたか? 撮影の裏話があれば教えてください。


(.゚ー゚)「嬉しくないですか? ああやって、印象があるってこと自体がありがたいことだと思います、私は」
「そんな明確なキャラクターがあるわけでもないですから、私は」(←ええっ!? ゲーマー、演技派とか! そもそも嵐さんはキャラの宝庫なのに!!)


(.゚ー゚)「だから、ああやってちゃんと明確に言ってもらえるとありがたいですよ。助かりますよ。ええ」(←あはは^^)


24時間テレビアルフィーさんのギターはもらったんですか?


(.゚ー゚)「いただきましたよ」
「で、24時間の次の次の日に、会ったんですよ、タカミーにばったり。偶然」
「『あのときはありがとうございました』つって、『ギターもいただいてすいません』って。『いいよいいよ』って言ってくれてね」
「俺、エレベーター乗ってて、タカミーが『いいよ先行って』つって、言われて。で、『ありがとうございました』つって、上がって」


(.゚ー゚)「次のエレベーターで相葉くんが一人で乗って、上がったらタカミーに会ったんだって。で、『高見沢さんに会った?』って言われて、『ああ、会ったよ』つって」
「『一応ね、挨拶したよー』とかって話したら、『今、高見沢さんに会って、何かあったらギターあげるから、いつでも言って、って言われた』って言うのよ」


(.゚ー゚)「『え? 嘘だろ? え? 相葉さんに?』つって。『うん、何か言われちゃったー』とか言って。心広すぎるでしょ、どう考えても」
STBY「いやあ、素晴らしい方ですねえ」


(.゚ー゚)「そうだねえ、あの人、何百本持ってんだろうねえ」
STBY「かっこ良かったですよ、あれは」
(.゚ー゚)「ほんとですか? ひたすら楽譜ガン見ですけど」


(.゚ー゚)「いやあ、決めどころだけ、はずさなくて良かったなって。やっぱ楽譜を読めるって素晴らしい技術だね!」
「すごい簡単なんだけどね」


STBY「ああいう大舞台でね、弾くわけですから、緊張もしますよね、ある程度ね」
(.゚ー゚)「あのね、舞台感では緊張しない。本人さんと一緒にやってるっていう」
「あと、この曲ですごく励まされて受験合格しましたっていう子のモチベーションね。その子の邪魔になったら最悪だなあって、もう(笑)」


(.゚ー゚)「その子の想いと本人さんとやってるっていうのが、私をああさせましたよね。ええ」


3曲目は『helpless』でした。


今回オンエアされた3曲は『ウラ嵐マニア』に入ってるってことで。
(.゚ー゚)「もう行ったら予約はできるんですか?」
STBY「もう終わってしまっていますね、予約は」
(.゚ー゚)「あ、終わってんすか?(笑)」
STBY「はい、終わってます」


(.゚ー゚)「あ、そうなんだ。じゃ、私買えないんだ、もう」
STBY「すいません。買えないですね」
(.゚ー゚)「本人なのに。本人ですよ、でも」
「5分の1でも買えないんですか、もう」
STBY「お客様、平等でございますんで」
(.゚ー゚)「そうか、じゃあ、アラフェスで楽しむしかないんですね、私は」
(ちょっとテンション下がって終了のニノwww)