青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん嵐さん『ザテレビジョンCOLORS』BLUE・『アジポップ』105号・『Myojo』10月号・『ポポロ』10月号・『オリ・スタ』9/2号


今朝、開店30分後だったにも関わらず、本屋でラス1だったBLUE号をゲットしてきました!
帰ってきたらようやく『アジポップ』も家に届いていたので一緒にレポさせていただきます。



【日立CM広告情報】


・雑誌新聞広告
 『オレンジページ』9/2発売号( ジャー炊飯器広告カラー2ページ表2見開き)
 『家の光』9/1発売号(ジャー炊飯器広告カラー2ページ)
 『食べようび』8/20発売号(ジャー炊飯器広告カラー1ページ表2)
 『ESSE』8/7発売号(5人集合広告カラー2ページ)



※『ザテレビジョン』公式アカ
《【発売中!ザテレビジョンCOLORS BLUE】表紙は大野智さん。in銭湯、inベッドルーム、in 空の下といろんなシチュエーションで撮影。ベランダでの撮影では、柵にひょいっと乗る大野さん。柵は5センチくらいの細さだったものの、抜群の運動神経でボーっと海を眺めていました》



ザテレビジョンCOLORS vol.2 BLUE〜


翔くんのREDといい、まるで嵐さんのために創刊されたような『ザテレビジョンCOLORS』のBLUE号です。
青を基調とした一冊は表紙と裏表紙が一続きで、壁に富岳百景が描かれた銭湯の湯舟の縁に、白タンクトップとジーンズ、肩に手拭いをかけた智くんが腰かけています。
髪の毛は切ったばかりのような感じですね^^


見返しと目次も智くんで、背景は海。
白いシャツを着て、ブルーの長いオーガンジーの布を空に向かって広げています。
(智くん、またセルフカットしたのかな? 前髪まっすぐ……w)


大野智 青の旅」特集は14ページ。
最初の見開きでは表紙と同じ場所でポーズ取ってます(お風呂でも当然のように着衣の大野さん……)
青い瓶を片手に笑顔を見せているショットもそうだけど、BLUEのタンクトップは爽やかですね!


次から4ページは青いシーツやタオルにくるまる大野さんが色んな表情を見せています。
どれも素敵だなあ♡
そして手の血管がヤバイ///
とってもせつない表情の8p右下と、ポカンとしたかわいい顔の9左下の写真が私はお気に入りです♪


テキスト部分の大きい写真2枚は大人な雰囲気。
かと思うと小さな写真では両手を広げてクルクル回っているみたいで、かわいいですね^^
17pのブルーの電球に照らされている智くんが、青いジャケットもお似合いでこの雑誌の中では一番好きな写真です♡


写真もいいけれど、BLUE号はテキストがエクセレント!!
例え写真がついていなかったとしてもテキスト買いしていたことでしょう、これは^^


"嵐の中でのメンバーカラーで「青」をまとう彼は、流れる水のごとく淀みなく、凪いだ海のように広く穏やかだ"


そう表現された嵐のリーダーの子供時代とJr.時代のエピソードが、彼自身の口から詳しく語られています。
ラジオでもおなじみの幼なじみや、町田くんとの話もたっぷりと!


(´・∀・`)「あ、ジュニア時代の俺が悪そうに見えたんだったら、たぶんそれ町田のせいだ! 町田はね、ファッションにも興味ある男で結構ワルだったの(笑)」(←確かにファッショナブルなんだろうけど、人のせいにすんなよ〜、智www 町田くん、ブログか何かで反論期待してます・笑)


(´・∀・`)「町田と一緒にいたから俺まで怖いとか、思われたんじゃないの? 町田は怖い顔とかしてたもん。朝が苦手で、すごい不機嫌だったし(笑)」


町田くんにご飯に誘われ、振り付けをおさぼりするも、怒っていたはずの振付師さんから何のお咎めもなかった智(君ってやつはww)
(´・∀・`)「二人ともただ踊りたいって気持ちだけだったから、自分判断で良く団体行動から良くはみ出してたよ(笑) ダメだね〜」(←や、逆に物事に従順すぎるほうが問題だと思うから、そういう時期を経験するのは決して悪いことじゃないと思うよ〜)


(´・∀・`)「そういや町田って松潤みたいなとこある。何か普通じゃないんだよ。松潤って発想がすごかったりするじゃない? 町田もそういうタイプかも」


好きなことをしていたい自分と周囲の期待とファンの愛、これらにどう折り合いをつけているのか? という質問には。
(´・∀・`)「まずはファンの存在かな。絶対に裏切れない。何で俺見ただけで泣くの? って、未だに不思議ではあるんだけど、裏切れないよね」(ありがとう、智)


今でも逃げたいという気持ちは正直あるものの、自分のために多くの人が考えていただける仕事を個人の好き嫌いだけで断ることはできないし、いい加減に行うこともできないと智くんは語っています(プロなんだなあって感じますね)


今後、個展はまたできればやりたい、とも。
(´・∀・`)「あとは、時間があって、そこでドラマ、映画、舞台、どれか好きなものをやっていい、って言われたら……そうだね。今なら、俺は舞台を選ぶかな」


"舞台上で目つきが一瞬にして変わる、熱い青い炎のような大野智。願わくばそんな機会がありますように"
テキストはこう結ばれています。


――智くんの情熱って、確かに青い炎のような気がする(ニノの映画が似たようなタイトルだけど)


智くん、もう何年も舞台のお仕事やってないですもんね。
以前、ひょっとしてオファーが来てるんじゃないかと思うぐらい舞台の話ばかりしていた時期があったけど、そのときもやりたいと思っていたのかもなあ。


チケット争奪戦がスター・ウォーズみたいな規模になりそうだけど(笑)、実際に観に行くことはできなくてDVDだったとしても、個人的には舞台上の大野智はもっとたくさん目にしてみたい。
青い炎をまとった彼を……。


――おっと、これでおしまいじゃないですよ。
続いて嵐さんの24時間テレビとアラフェスの特報が4ページ。
アラフェスは去年のおさらい。
智くん主演の『今日の日はさようなら』が特に大きく取り上げられ、耕太くんの写真も豊富です。


「Cinema Snap」に潤くんの『陽だまりの彼女』が2ページ、「秋のエンタメ Collars Selection」にはプラデDVD&Blu-ray紹介が半ページ。


最後のほうに再び智くんのグラビア。
白いシャツに潮風を受けながら、見開きいっぱいに広がる海のどこを見つめているんでしょうか。
編集者によれば、またも雨男が発動していたらしですが(笑)


最後の1ページも表紙と同じバージョン。
こっちが表紙でも良かったかな?^^



パソコン>>ザテレビジョンCOLORS vol.2 BLUE 21246‐10/6
モバイル>>ザテレビジョンCOLORS vol.2 BLUE 21246‐10/6



〜ASIAN POPS MAGAZINE 105号〜


嵐さんの『24時間テレビ36』制作発表会見、智くんの「チャリTシャツお披露目イベント言葉&表情集」、そして翔くんの『映画 謎ディ』が2ページにまとめられていました。
お披露目イベントの大野さんはやはり美しいですねえ♡
表情集というだけあって、色んなお顔の写真が載っていたところが心憎いです♪


それから「Pick UP Blu-ray」1ページが"高橋正尚プロデューサーによる「今『魔王』をふり返る」後編"です!!
一番大きく使われている写真は最終話のラスト、成瀬さんとしおりさんとのツーショット、弁護士事務所など。


5年経ってから担当が初主演したドラマの裏話を読むというのも感慨深いですね。
今回は編集や主題歌、劇伴、特典映像、カメラアングルなど、『魔王』というドラマの制作過程が良くわかるようなインタビューになっています。


・本番前のドライの段階で、大野さんも生田さんも泣いていたんですか?
高橋P「激泣きしてましたよ」(高橋Pも号泣してたそう)


・その段階で感情をそこまで出すと、本番で高まらなかったりしますよね。
高橋P「それは僕も少し心配でしたけれど、全くの杞憂でした。何ていうか、"お芝居"の域を超えてましたね」


色々な角度からカメラに収めるため、あの、息をすることも忘れるようなラストシーンで、智くんと斗真くんに同じ芝居を2回してもらった……という壮絶な撮影秘話も明かされています。


――ドラマ経験を豊富に積んだ智くんが、もしも今度また高橋Pのもとでを主役を演じることになったら、どんな作品が出来上がるでしょうね。
そんなことを思わされた記事でした。



パソコン>>ASIAN POPS MAGAZINE 105号
モバイル>>ASIAN POPS MAGAZINE 105号



〜Myojo 10月号〜


『今日さよ』紹介が1ページ。
耕太くん仕様の智くんがロケ先で腕組みしているワンショット。
テレビ誌に同じ衣装の写真が何度も掲載されていました。
テキストは既出です。


その次がチャリT黄色を着たニノがアップのグラビア&インタ2ページ。
ご自身の24hTV「二宮のニッポン調査企画」について語っておられます。
(.゚ー゚)「ディレクターが『ニノさん』でお世話になったディレクターさんだったから楽だった(笑)」


メンバーからの誕生日プレゼントとして、翔さんとリーダーからはサンダル、相葉ちゃんからはファーストミットをもらったという話も。
ちなみにJからはまだもらってないそうです。
(.゚ー゚)「けど、あの人、今尋常じゃない忙しさだから、それどころじゃないんだって!」


さらにボーダーTにデニムのハーフパンツをはいた相葉ちゃんのグラビアが2ページ。
テキストはアラフェスのグッズ監修のこと.
(‘◇‘)「実は去年から構想していて一年越しで実現したのが"不思議メガネ"」


また、この間五人でニューヨークに行ってミュージカルやライブを見たという話題も!!
(‘◇‘)「でも、自由な時間があんまりなかったから、買ったのはマネージャーさんへのお土産のキーホルダーぐらいだね。両替したお金、ほとんどそのまま持って帰ってきちゃった」(←これ、目情あったけど、結局何の仕事だったんっけ? まあ、あとからはっきりするだろうけど)


パソコン>>Myojo (ミョウジョウ) 2013年 10月号 [雑誌]
モバイル>>Myojo (ミョウジョウ) 2013年 10月号 [雑誌]



〜ポポロ 10月号〜


智くんの『今日さよ』密着レポが2ページ。
一番大きな写真はまるで楽屋の女優さんみたい……。


現場オフショットに掲載されているカルテによれば、耕太くんは身長166cm体重55kg。
父親役の三浦友和さんとは、『流星の絆』で共演したニノの話で盛り上がっているようです。
「社説」に"役者大野"の演技についても書かれています^^


その次がマナブくんキャンプの回の紹介が2ページ。
「アラフェス'13大予想SP」2ページを読みながら、一緒に今年の国立のセトリを考えるのもまた楽し♪


裏表紙に相葉ちゃんのラスホDVD&Blu-ray広告がありました。


パソコン>>ポポロ 2013年 10月号 [雑誌]
モバイル>>ポポロ 2013年 10月号 [雑誌]



〜オリ・スタ 9/2号〜


翔くんの『映画 謎ディ』大ヒット御礼舞台挨拶のレポが2ページ(テキストは既出だと思います)


「嵐の"24時間テレビ"見どころGUIDE」が4ページ。
各企画の紹介とタイムテーブルほか、嵐さんのインタビューと潤くんのサポートが掲載されていますがテキストは既出です。


あと、相葉ちゃんのラスホDVD&Blu-rayのお知らせが2ページ特集されていました。



パソコン>>オリ☆スタ 2013年 9/2号 [雑誌]
モバイル>>オリ☆スタ 2013年 9/2号 [雑誌]




    • 8/24(土)

日刊スポーツ(日刊スポーツ新聞社
大野智 連載「Saturdayジャニーズ」
(新聞社の都合や、地域によっては掲載されない場合あり)




  • 9/21(土)

「SODA」11/1号(ぴあ)
松本潤 表紙

パソコン>>SODA 2013年 11/1号
モバイル>>SODA 2013年 11/1号


  • 嵐さん雑誌情報(Amazon情報更新)



    • 8/28(水)

「with」10月号
嵐 表紙 大特集


パソコン>>with (ウィズ) 2013年 10月号 [雑誌]
モバイル>>with (ウィズ) 2013年 10月号 [雑誌]
予告>>with2013年9月号|雑誌 本誌紹介 | with online on ウーマンエキサイト


  • 近日発売の嵐さん雑誌情報



    • 8/24(土)

「TV navi」10月号(産経新聞出版
大野智「今日の日はさようなら」グラビア&インタビュー&現場リポート
相葉雅紀相葉マナブ」グラビア&インタビュー&収録リポート

    • 8/24(土)

「TV fan」10月号(共同通信社
嵐「VS嵐
相葉雅紀相葉マナブ

    • 8/24(土)

「TVガイド」10月号(東京ニュース通信社
国民投票

    • 8/24(土)

「月刊ザテレビジョン」(角川マガジンズ
嵐 連載「月刊 嵐」


  • 近日放送の嵐さんテレビ情報

 8/19(月)-22(木) 24:53-25:08
 8/23(金) 25:33-25:48

    • 8/23(金) 19:00-20:54

 ネプ&イモトの世界番付SP2時間スペシャル(仮)(日本テレビ系)
 相葉雅紀

    • 8/24(土) 15:30-17:00

 24時間テレビもうすぐスタート!日本全国のチャンレンジを生中継SP(日本テレビ

    • 8/24(土) 18:30 〜 8/25(日) 20:54 予定

 24時間テレビ36「愛は地球を救う」(日本テレビ系)
 テーマ「ニッポンって…? 〜この国のかたち〜」


   ・8/24(土) 21:00頃放送
 24時間テレビドラマスペシャル「今日の日はさようなら」
 大野智 主演