青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『嵐にしやがれ』あっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ!

【お知らせ】


 ・5/10日(日) 9:30-10:00
 JAPAN COUNTDOWN(テレビ東京)
《【1~4月の総合TOP20】シングルチャート:嵐》


 ・5/10(日) 24:50-25:20
 魁!音楽の時間(フジテレビ)
《嵐の相葉雅紀が告知タイムをかけて自身にまつわるクイズに挑戦!》




こんばんは!
今晩放送のしやがれ、包丁を作る智くんの真剣な表情が本当にかっこ良かったー!!


素人がいきなりやってあれだけできるなんて。
難しいチャレンジだったのが返って良かったです。


リニューアル初回が縄文土器作りだったせいもあって、『はじめ人間ギャートルズ』の「♪ゴンゴンゴンゴン」という曲がすっかり大野さんのコーナーのテーマ曲になっちゃいましたね(笑)
今回の包丁作りのスポットCMも縄文土器のときみたいに「♪ゴンゴンゴンゴン」のBGMに乗せて、智くんの手元から顔のアップへと映し出されていました^^



そうそう。
何でも、相葉ちゃんが表紙の『別冊+act.』Vol.20にて、菅田将暉くんが大野さんのことをベタ褒めしてらっしゃるとのことで。
月曜あたり私も実際に本屋さんでチェックしてからブログ記事に追記したいと思います。


まだ夜会の録画は見れてないのですが、予告によれば次回のゲストはその菅田くんだそう。
大野さんの話が出れば嬉しいけど、それはないのかな~……。


土曜は春フェスのレポを書いたことも影響して、やっぱり相葉ちゃんのレコメンのレポはお休みさせてもらいました_(._.)_



【COUNT DOWN TV】
・週間DVD&Blu-rayランキングTOP10
 3位 ARASHI BLAST in Hawaii/嵐
(『A・RA・SHI』→『GUTS!』)


【JAPAN COUNTDOWN】
・1~4月の総合シングルチャートTOP10
 1位 Sakura/嵐


【サンデー・ジャポン】
・SUNDAY JAPON WEEKLY NEWS
 1位「嵐のワクワク学校」今年も入学希望者の嵐!?
(出演していた大吉さんが嵐について語っていました)


爆問田中さん「大吉くんは嵐の大ファンなんだって?」
博多大吉さん「あ、はい。あの、ファンクラブ入って。ただね、西川先生も」
西川先生「私だって好きですよ。そんなこと言ったら」
爆問太田さん「大吉、男の子だよねえ」
西川先生「嫌いな人、あまりいないでしょ、嵐のこと」
田中さん「ファンクラブ入ってるって、すごいね」
大吉さん「コンサートに行きたくて」
西川先生「乗っかっていこうってことでしょ?」
大吉さん「乗っかっていこうじゃないです(笑)」
テリー伊藤さん「チケット手に入んないでしょ?」
大吉さん「何かあの、抽選で当たったほうがやっぱ楽しめる」
田中さん「特に誰推しとかあるんですか?」
大吉さん「それもう愚問ですよ(笑) 嵐は嵐ですから、はい。誰がいいとかね? そういうのはあんまりないですよ」
太田さん「櫻井とかじゃないの?」
大吉さん「ない。ないです。全員が好きです」
田中さん「ハコ推しってやつですね、いわゆるね」
大吉さん「すいません。あの、気持ち悪い感じで」



●『Cut』編集部が嵐さんの巻頭特集について綴っています。


相葉ちゃんの『Cut』6月号(5/19発売)で、嵐のメンバー全員分の同企画での巻頭特集が実現したとのこと。


5冊合わせて読むと、また感動的です - Cut 編集部日記 (2015/05/10)| ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト


    


嵐にしやがれ(2015/5/9)


今週もカジュアルな衣装の嵐さんたち。
全員、シャツやパンツがデニムで、より砕けたスタイルですね。


智くんはカーキ色のミリタリージャケットに黒T。
ジーンズに茶色いブーツという服装。


翔くんがタイトルコールを言うと、
(.゚ー゚)「やったよー!」
と盛り上げるニノさん(笑)


ゲストは大阪から東京へ引っ越してきたばかりだというフリーアナウンサーの川田裕美さんです。


(`・3・´)「大野さん、おすすめの東京スポットないですか?」
(´・∀・`)「ふふっ☆彡」
と思わず噴き出し、うつむく智くん(←「俺!?」と言いたそう^^)


(.゚ー゚)「(親指で隣の智くんをさして)ずっと東京に住んでんだから」
智くんはTシャツの裾のあたりを引っ張って服を直しています。


(`・3・´)「おすすめ、もしくはお気に入りの」
智くんは右手で耳にさわってから……、
(´・∀・`)「東京タワーですね」


失笑ぎみの磁石の二人。
(´・∀・`)「スカイツリーはまだですよ」
「僕だって行ったことないです」


(`・3・´)「ああ、あれ東京タワーからスカイツリーってあれ順番になってんすか?」
(´・∀・`)「順番になってます」(←断言!)
(`・3・´)「あ、そうなんすか……」
(.゚ー゚)「そうなの!?」


しかしすでに東京タワーに行ったことのある川田さん。
(´・∀・`)「あ、そうですか。わかりました。じゃ、スカイツリーに(と手を差し出す)」


【松本潤のTHIS IS MJ】


・紐をかっこ良く結びやがれ


まずはいつものようにVTRにて、MJの「かっこ良さ」についてのインタビューが流れました。


スタジオでは、
(‘◇‘)「紐ってだってほどけるものでしょ?」
という相葉ちゃんに、
ノノ`∀´ル「紐は、ほどきたいときにほどくものなんです。ほどきたくないときはほどけないようになるんです」
と松潤が力説。


指のサインで「MJ」のアルファベットを作ってV振り。


〔VTR〕


松潤は千葉県内房、安房勝山駅の前に。
ビシッと決まったグレーのスーツとのんびりした風景の対比がちょっとシュールなロケですね^^


結び文化研究所所長の小暮幹雄さんによれば、紐結びは200種類もあるそうで。
ノノ`∀´ル「俺、2つしか知らないけど」


小暮さんはさっそくスリッパー結びを伝授してくれました。


港へ移動し、係留杭を見かけると、松潤はそこに足を乗っけてお決まりのポーズ(笑)


「キング・オブ・ノット」(結びの王様)と呼ばれるもやい結びにチャレンジ。
(‘◇‘)ワイプ「これやったな」
「もう忘れたけど」
(何年か前、水兵さんの格好をした嵐さんたちが二人一組になってお互いをもやい結びしてたことありましたよね~)


「繋ぎ止めることを舫う(もやう)と言う」と説明する小暮さん。


しかし松潤、このもやい結びができずに何度もテイクを重ねることに……。
ノノ`∀´ル「あれ、これもやってねえな」


もやうこと1時間。
ノノ`∀´ル「ダメだ!(笑)」


小暮さんはインタビューにて、「色んな言い方あるけど、ま、不器用な部類に入るのかなと」
(`・3・´)ワイプ「優しい~」
(.゚ー゚)ワイプ「これ大丈夫?」


続いてダンボールの束の結び方を習うことに。
(`・3・´)ワイプ「ああ、俺これできねえんだよなあ」


二重巻き結びと外科結びの合わせ技で、ダンボールの束はしっかりと紐でくくれるそう。
ノノ`∀´ル「何がかっこいいって1つの結び方じゃないところがかっこいいよね。メドレーだからさ」


さらには紐で縄ばしごを作る結び方も小暮さんは解説。
手品のように紐に結び目が連続してできていきます。
ノノ`∀´ル「何でだ? 何だこれ!」


その結び目を作った紐を使い、防波堤を降りてみる松潤。
ノノ`∀´ル「エンターテインメント性がある」


ナレーション「MJは何せ紐に弱い」
と松潤はなかなか紐結びをマスターできなかったようす。
ノノ`∀´ル「(舌打ちし)イライラしてきた」


一方、AD田中さんは紐結びがメキメキと上達したとのことで、スイカまで紐でくくれるように(笑)


ノノ`∀´ル「おいおいおいおい、そんな今さら、俺をバッシングする気かい?」
「そんなこと言ったってさあ、俺だって一生懸命やったぜ?」
「いやだからもうだからあ、その紐結ぶ手元とかを、別の人で撮って、あとで俺、顔挿し込むから、それ」
スタッフさん「ダメでしょ」


それでも何とか出来上がった紐結びPVが流れると……。
(.゚ー゚)ワイプ「もうすでに不器用そうだ(笑) がんばれ! がんばれMJ!」
(`・3・´)ワイプ「これはせめて……」


瓶吊り結びを披露する場面では、一瞬瓶が倒れそうに。
(.゚ー゚)ワイプ「ふふふ、危ねえ(笑) 危ねえなあ」


〔スタジオ〕


(´・∀・`)「何個、覚えたの?」
ノノ`∀´ル「……えっと、スリッパー結びでしょ。で、もやいやって……」
(.゚ー゚)「違う違う。やったやつじゃなくて、できたやつ」
(´・∀・`)「できたやつ」


そこで実際にAD田中さんが紐を持って登場。
ノノ`∀´ル「彼はね、腹話術のときもそうだったんだけどお、いっぱい練習してえ、なぜか俺をつぶそうとする」


紐でくくったスイカを肩に担ぎ、ポーズを決める「THIS IS 田中」さんの画が(笑)
(成功バージョンの「THIS IS 田中」も見てみたいな~)


スタジオにて、相葉ちゃんに紐を回し、もやい結びを実践して見せる松潤でしたが……。
(‘◇‘)「これもやってます?」
ノノ`∀´ル「あれ? もやってねえな(笑)」


思わず立ち上がる大宮。
(.゚ー゚)「おいっ!!(笑)」


【大野智の作ってみよう】


〔VTR〕


神社らしき場所の奥で右手を振る、白い作務衣に黒Tの大野さん♪
(待ち合わせしているような感じで、始まりがいいな~^^)


(´・∀・`)「こっちだよー。こっちこっちー! おいでほら」
と手で来い来いしています♡


(´・∀・`)「(左手をポッケに入れて)今日、僕が作りたい物があるんで」
「聞きたいですか?」
(‘◇‘)ワイプ「朝早そう」
(あ、大野さんの後ろの鈴に神社名が……)


(´・∀・`)「包丁です」
川田さん(ワイプ)「これ難しいでしょうー」


(´・∀・`)「魚さばくときとかあ、それ用の、ね? 包丁あったらいいなって」
ナレーション「そう、大野はジャニーズ随一の魚釣り男子」
と、智くんが番組で魚を釣り上げた場面がVTRで少し流れました。


(´・∀・`)「いいっすか! 作って今日」


ロケ先は千葉県成田市。
あたりのようすをうかがいながら、やたらとテンポ良く野道を小走りしてくる大野さん。
(‘◇‘)ワイプ「今日テンション高いな」


(´・∀・`)「こんちは。どうも!」
と包丁鍛冶の石塚祥二朗さんの工房へ。


石塚さん「どんな感じの……」
(´・∀・`)「刺身を切る的な」
石塚さん「じゃ、柳刃包丁ですね」
(´・∀・`)「あ、柳刃包丁っていうんですか?」


さっそく作業場で、石塚さんと向かい合わせの椅子に座る大野さん。
(´・∀・`)「まず、何をどうしたらよろしいですか?」
石塚さん「あの、柳刃包丁の」
(´・∀・`)「はい」
石塚さん「母材になるこの鉄を……」
(´・∀・`)「あ……」
石塚さん「ちょっと細めにこれをさらにもう少し細く叩いてもらいます」
(´・∀・`)「ほあ~! これでやるんすね」
石塚さん「そうです」


地金と呼ばれる鉄を、コークスという燃料の中で熱していくそうで、その温度は何と1000℃!!
ノノ`∀´ル(ワイプ)「こんなんさ、免許なくていきなりできんの!?」


コークスの中からは真っ赤に焼けた鉄の棒を取り出す智くん。
ゴーグルの下で熱そうに顔をしかめています。
(´・∀・`)「うお~お! お~、あっつい! あっつい! あっつい! あっつい!」
ナレーション「普段は寡黙な大野だが、熱い場所に連れていくと別人のようによくしゃべる」


そしてハンマーでいきなり焼けた鉄を叩きだす大野さん。
石塚さん「もっと強く叩いたほうがいいです!」
(´・∀・`)「もっと!?」
石塚さん「はい、もっともっともっと、つぶれるぐらいどんどんどんどん」


(´・∀・`)「くっそ! 冷めやがったぜ!」(←言い方かっこいい~♡)
ナレーション「普段、釣り竿より重い物を持たない大野」
(´・∀・`)「あ゛~っ!!」
ナレーション「開始5分でこの表情」


(´・∀・`)「これ、思った以上に重いからね」
女性スタッフ「見る限り何か、軽そう……」(←そんなわけはない、という前フリ?)
(´・∀・`)「いやいやいや! アホじゃねえか!? ほんとに」(←ぷくく^^ アホじゃねえか、だって。笑)
(`・3・´)ワイプ「仲良くしてよ、このディレクターさんと(笑)」


次は「刃金付け」といって、叩いた地金にもう1つ別の鉄をつけていきます。
これをすることで柔らかい地金と頑丈な鋼を組み合わせ、切れ味と丈夫さを兼ね備えた包丁になるのだとか。


ナレーション「先ほど叩き伸ばした地金に鉄粉をまぶす。これを接着剤としてその上から鋼を重ね、高熱を加えて接合していく」


(´・∀・`)「あっちぃ~!」
「おっ! ついた!」
石塚さん「まだ、ついてないんで」
(´・∀・`)「えっ!?」
ナレーション「そう、2枚をくっつけるためには、再び叩く」


石塚さん「真ん中じゃなく角っこだけです。角、角、はい」
(`・3・´)ワイプ「これ、難しいねえ」
川田さん「大野さん、こんなんやってんですねえ、すご~い」


手元側の鋼の角を叩き、先のほうも叩くと何とはがれてしまいました!
(´・∀・`)「やだやだやだ!」(←かわいい♡)
「叩いちゃった」
石塚さん「つけましょう(笑)」
(´・∀・`)「またあ!?」


鉄粉をつけ、再チャレンジするも、またも鋼がはがれてしまうという……。
(´・∀・`)「あああああーっ!! もうやだよ! やだよ、もう!」


(´・∀・`)「あっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ!」
三度、燃料で地金を焼きます。


ノノ`∀´ル(ワイプ)「これ何がやなの? 熱いのがやなの?」
(´・∀・`)ワイプ「めっちゃくちゃ熱い! いるだけで熱いの」


大野さん、地金から手を離してうなだれ、フリーズ……。


(´・∀・`)「く~っ!!」
(`・3・´)ワイプ「行け行け行け行け行け」(←こっちも熱そうな顔になってるし^^)


三度目の正直で、鋼が地金にくっつきました~。
トントンとハンマーで叩いてしっかり2つの鉄を密着させることに成功!


石塚さん「OKです」
(´・∀・`)「よっしゃついたぜ」
(`・3・´)ワイプ「そんなたいへんなんだ」
石塚さん「1回冷ましますか?」
(´・∀・`)「ハイッ」


ナレーション「持ち手の温度は、ときに100℃以上に達する」(←え~っ! 沸騰したお湯じゃん!!)
(´・∀・`)「あっちゃっちゃっちゃっちゃ!」


智くんが握っていた持ち手のほうを水に入れると、ジュ~ッと蒸気が上がりました。
(´・∀・`)「ほら、やっぱ熱い! こんだけ熱いんだ、ほら! 見た今!?」
(`・3・´)ワイプ「ほんとだあ」
(´・∀・`)「煙出たよ、先生。俺それ持ってたんだから!」


袖で額の汗を拭う智くんがいい男過ぎて倒れそう……♡
石塚さん「偉いですよ、今まで持ってて(笑)」
(´・∀・`)「すごいことだよ」(←すごいすご~い^^)
(`・3・´)ワイプ「自分で(笑) 自分で全部言っちゃった」


ナレーション「ここまでくれば、あとはひたすら鉄を鍛え、叩き伸ばしていく」
ハンマーでトントントントンと鉄を叩き続ける大野さん。
「うわ~、これたいへんなんだねえ」って言ったのは、ちょうどワイプに映っていた相葉ちゃんかな? それとも翔くんか松潤?


ナレーション「しかし、そうこうしているうちに、再び持ち手は100℃に」
口を大きく開け、苦悶の表情を浮かべる大野さん。
額には汗が流れています。


無言で耐える大野さんでしたが、こらえきれずに右手を一旦持ち手から離します。


燃料の中に鉄を差し入れようとすると、
石塚さん「1回冷ましましょうか」
と言われて大野さんは先生のほうにそれを向けます。
先生もあわてたのか一瞬ドタバタする二人。


(´・∀・`)「あっちあっちあっちあっち!」
智くんは両手をギュ~ッと握って顔をしかめています。
(´・∀・`)「あああああ~っ!」
(`・3・´)ワイプ「手ぇ冷やしたくなる……」


ナレーション「普段の10倍のテンションでお送りしているせいで、披露感が隠せない」
ノノ`∀´ル(ワイプ)「そうだねえ~」
わ~、ちょっと小休憩を取っているのでしょうか。
ゴーグルをはずした大野さんの横顔の男っぷりったら///
ノノ`∀´ル(ワイプ)「こんなにしゃべるのも珍しい」


ナレーション「しかし、さらなる問題が発生」
石塚さん「真ん中の鋼が、はがれてそうな気もすんですけど……」
(`・3・´)ワイプ「マジで!? そんな難しいの?」


ナレーション「地金と鋼の間に隙間が!」
「一旦隙間を広げたあと、接着剤となる鉄粉を流し込み、再び過熱」
ワイプから「これはたいへん」という声がぞろぞろ。
(鍛冶してるとき、炎に照らされた智くんの髪の毛の色がとって綺麗だ~♡)


ナレーション「はがれた部分を接着するべく、叩いていく」


石塚さんがトントンとハンマーをふるうと、火花が智くんのほうへ!!
(´・∀・`)「あちゃ~っ!!」
(`・3・´)ワイプ「うっわ! すっげえ!」
ワイプの「危ない危ない危ない」って声は誰かな?


石塚さん「だいじょぶでした?(笑)」
(´・∀・`)「(顔を2度ほどさわって後ろを向き)先生痛いよ!(笑)」
「こっち飛んできたよ!」
顔に当たってないよね!?


ナレーション「しかし大野も黙っていない!」


足を大きく広げてハンマーで鉄を叩いていく大野さんの姿がとてもかっこいいなあと思っていたら、今度は火花が先生のほうへ!
石塚さん「あっつ!」
(´・∀・`)「お返しだあ!(笑)」
ノノ`∀´ル(ワイプ)「嬉しそうだなあ」
ハンマーで鉄を叩きながら、智くんは先生のほうをニヤリと笑って見ています―。


包丁の先端を整える智くん、集中している顔もすっごくかっこいい……。


(´・∀・`)「あちゃちゃちゃちゃちゃっ!」
ナレーション「そして、柳刃包丁の長さに切断」
(´・∀・`)「アッ! アッ! アッ! アッ!」
と掛け声と一緒に鉄を切断します。


(´・∀・`)「あ~、あっちゃっちゃ! やあ~っ!!」
と、よほど鉄が熱かったのか智くんはジタバタ。
(´・∀・`)「あっちゃ~!」
(`・3・´)ワイプ「めちゃくちゃしゃべってるじゃん」


ぐったりと椅子に座り込み、袖で額の汗を拭います。
(´・∀・`)「先生、やったあ……」
石塚さん「OKです」


ナレーション「こうして、柄になる部分を叩き伸ばせば」
(‘◇‘)ワイプ「あ~、包丁っぽくなってきた」
ナレーション「苦節3時間、柳刃包丁の原型が出来上がった」


続いて包丁の表面を荒く削っていきます。
やすりが回転する機械を使用し、そこに包丁の表面を当てている大野さん。
鉄からは摩擦で火花が!!
川田さん(ワイプ)「これがたいへんそう」
ノノ`∀´ル(ワイプ)「これをいきなりやるっていう(笑) 危なくねえ? だって」


石塚さん「上手です上手です」
(´・∀・`)「すごい! 光った!」
表面を削ると鉄に包丁らしい輝きが宿りました。


銀色に光る包丁越し、ライトを浴びて不敵に微笑む大野さん^^


次は熱した包丁を冷たい油の中にいれる「焼き入れ」の作業へ。
これにより鋼が硬く引き締まるとのこと。


石塚さん「急激に急冷することによって、堅さと、粘りが一気に出ますので」
(´・∀・`)「へ~」
石塚さん「そうすることで刃を薄くしたときに、切れ味が良くなるんですね」
(´・∀・`)「なるほど」


ナレーション「ここで最も難しいのが、熱した包丁を油に入れるタイミング」


石塚さん「ほんとは色で見るので、うちとかでやるときには夕方か朝方なです、実際焼き入れするのは」
(´・∀・`)「え~っ!?」
石塚さん「それはどうしてかっていうと、周りが暗いほうが」
(´・∀・`)「わかりやすいから」
石塚さん「色の温度がわかりやすい」


石塚さん「この(油)中入れたら、もうグルグルやっとけばいいですけど、途中で、ああ、色が冷め過ぎたなあと思ったら入れないで戻してください」
(´・∀・`)「ええ? それ判断できますけえ?」(←「かあ?」にも「けえ?」にも聞こえる~。笑)


ノノ`∀´ル(ワイプ)「す~げえ、火の粉」
その真っ赤な燃料から熱く焼けた鉄を出し、油に入れたところブワッと火柱があ!!
(´・д・`)「うわあ~!! わあああ~!!」


それでもひるむことなく油の中で鉄をグルグルと回し続ける大野さん!!
(`・3・´)ワイプ「(びっくりして)離さないでいけるねえ!」


石塚さん「離してもいいですよ、良ければ」
と先生に言われて、智くんはやっと油の中から鉄を取り出します。


しばし放心していた智くん。
次の瞬間にはホッとしたのか笑い出します。
石塚さん「だいじょぶ?(笑)」


(`・3・´)ワイプ「いや、すげえ画だな、今の」
鉄から手を離し、カチャンと床へ落とすと、智くんはその右手で先生の方をバシンとひと叩き(笑)
ノノ`∀´ル(ワイプ)「殴らない。殴らないよ」


(´・∀・`)「みんなびっくりしてたでしょ!? 今あ(笑)」(←笑顔素敵♡)


次の「焼き戻し」の作業では、150℃の油の中に包丁を40分沈めることで鉄に柔らかさが出るそうです。


焼き戻しの終わった包丁を智くんが顔の前に垂直に立ててみると……。
(´・∀・`)「今、こういって(先端が曲がって)ますね」


ナレーション「焼き入れによって生じた歪みを、叩いてまっすぐに直したら、いよいよ包丁作りはクライマックス」
再び顔の前にかざした包丁は、見事まっすぐになっていて、智くんもカメラ目線でニッコリ♪


「刃付け」では、鋼が立つように再び回転するやすりで鉄を削っていきます。
ナレーション「それによって、ただの鉄の板だった物が、鋭利な刃物へと変貌を遂げる」


出来上がった刃先を見て、
(´・∀・`)「かっこいい~」
と智くんも笑顔に。


続く「本研ぎ」では、最高級の砥石で出来上がった包丁を研ぎ澄ましていきます。
(わわわ、深くうつむいた智くんの顔が綺麗だ~。そして砥石の上で包丁を滑らせる手からはフェロモンを感じちゃいます♡)


(´・∀・`)「なめらかだ~」


ナレーション「カミソリのような薄さまで研ぎ上げれば、本研ぎ完了」


ナレーション「最後に、竹でできた柄に挿し込めば」
(´・∀・`)「おお~!!」
「いやあ、すげえ! できちゃったよお」


智くんが一から作った包丁は、鉄の風合いをあえて磨かずに残して完成。
(´・∀・`)「こんなの見たことあるう? 僕ないよ!」


(´・∀・`)「ここも超何か、い、い、意外と味になってる」
石塚さん「味になっとりますねえ!」
(´・∀・`)「途中、叩いてるときはずれたやつ……が、ここですよ(笑)」


包丁をアップにすると、刃先のそばにかすかに波型の模様が。
石塚さん「いい思い出になると思います(笑)」
(´・∀・`)「そうそう」
(もの作りにふれている人たちだから共感し合えるのかな?^^)


ナレーション「これまでになく苦労し作り上げたのは、鉄と火の芸術品」


包丁をギュッと両手で握りしめ、
(´・∀・`)「スタジオで、この包丁使ってみたいと思います!」


〔スタジオ〕


ジャケットを脱ぎ、Tシャツ1枚になった智くん、最高ですっ!
やっぱり薄着がいいな~。
二の腕、二の腕♡


(´・∀・`)「さあ、これがですねえ、僕が作った包丁です」
(‘◇‘)「かっこいい」
(´・∀・`)「ええ」


(´・∀・`)「まだね、あの、切ったことないんですよ」
(`・3・´)「へ~!」


(‘◇‘)「切れないかもしれないの?」
(´・∀・`)「可能性もある」
と相葉ちゃんのほうを向いて笑顔の智^^


(´・∀・`)「でも、見るからに切れそうですね」
(`・3・´)「切れそうだ」
(‘◇‘)「怖いね」
(´・∀・`)「こ、こう、ちょっと怖いんだよね」
川田さん「すごいいい色ですよねえ」


(´・∀・`)「ちょっとここにあるトマトで」
ノノ`∀´ル「何か実演販売みたい」
智くん、下だけの黒いエプロンしてますね♪


(´・∀・`)「どんくらい切れるか」
(.゚ー゚)「切れないやつはね、(トマトが)つぶれちゃったりするからねえ」


(´・∀・`)「行きます!」
包丁を引くようにして、スラッとトマトが切れていきます。
(‘◇‘)「すごい切れ味だ」


(.゚ー゚)「切ってる感じどう?」
(´・∀・`)「スムーズ」


スラッ、スラッとトマトを切り続け、
(´・∀・`)「わ、すごいわ」
「や、ちょっと怖いぐらい!」
(.゚ー゚)「しかし特殊なトマトの切り方しますね」


大野さんトマトを思うままにカット。
(`・3・´)「1つももらいたいと思えない」
(.゚ー゚)「最終的には(トマトが)四角になるっていう」


さらにスズキのお刺身も智くん自ら切っていきます。
(´・∀・`)「切れた」


(`・3・´)「味変わるの?」
(´・∀・`)「あ、でもねえ、細胞が、崩れないらしいっすよ」
「サッといくからあ。ちゃんと(美味しいところが)残ったまま」


(`・3・´)「いや、すっごい」
(`・3・´)「どう? 切り心地は」
(´・∀・`)「よく切れる」


(´・∀・`)「マジちょっと何か、勝ったみたい。勝った気分」
ノノ`∀´ル「勝った? 誰に?」
(´・∀・`)「無敵になれる感じある」


(´・∀・`)「できました」
とスズキのお刺身が完成~♪


「これは大野さん、一発目いったほうがいいんじゃないの?」、「そうだよ。せっかくだから」と言ったのは翔くんなのか松潤なのか。


(´・∀・`)「いやいやっ、僕はもう食べ慣れてるんでだいじょぶです!」
(.゚ー゚)「いやいや、食べてみなよ! 食べ慣れてる物とどう違うのか」


(大野さん、自分が作った包丁で切ったお刺身、早くみんなに食べてもらいたいんだろうな~^^)


そこで、まずは自分でスズギのお刺身をパクリ。
数度うなずいて、左手でサムアップ。
(.゚ー゚)「いいですか?
(´・∀・`)「めちゃくちゃいい」


ほかの皆さんも実食。
川田さん「ちゃんと細胞が残ってる」
(´・∀・`)「崩れてないですよね?」
ノノ`∀´ル「何かあれだね、舌ざわりが」
(.゚ー゚)「あ~、違う?」
ノノ`∀´ル「うん」
(‘◇‘)「ツルッとしてる、何かね」


(´・∀・`)「これポン酢で食べても美味いんですよ」
(`・3・´)「(エプロンを見て)完全に料理学校の先生じゃないですか」


(´・∀・`)「刺し身だったり塩焼きだったり」
「ま、煮付けてもいいけどもっ。ま、塩焼き刺し身が一番美味しいですね」
(`・3・´)「あのっ(笑)、包丁の情報もちょっとくんないかな!?」
「スズキ情報どんどん出てくるから(笑)」
(.゚ー゚)「確かに、こっちよね!」


ノノ`∀´ル「いや、何か3回目にして、こんなしゃべる大野智……」
(.゚ー゚)「やっぱ熱いとこに行かすといいのかもねえ」


(´・∀・`)「これから夏になりますから、もうどんどん行きますよ!」
(`・3・´)「気温によるのか(笑)」
(´・∀・`)「気温もあるから」


【嵐カレンダー】


・メイクの日


5月9日は「メイクの日」ということで、VTRで日本のメイクの歴史が紹介されました。


さらにスタジオには2015年最先端のトレンドだという「二日酔いメイク」をした大久保佳代子さんが登場。


「え?」「え?」「え?」「え?」「え?」と言い合う嵐さんと大久保さんw


(.゚ー゚)「でもね、大久保さんそっちのほうが俺かわいいと思うよ」
と、ニノはニヤニヤ。


・ザリガニの日


別名マッカチンと呼ばれるアメリカザリガニが日本にやってきたのが5月12日だそうです。
(ザリガニというと、智くんと智くんのおじいちゃんのエピソードを思い出しますねえ)


鼻をザリガニのハサミで挟む「鼻ザリガニ」のプロとして、出川哲郎さんのインタビューがVTRとして流れました。
ノノ`∀´ル(ワイプ)「あのさあ! テイストが俺と一緒なんだけど(笑)」


ところがハプニング発生!
何と出川さんの乗った海外から飛行機が欠航となってしまったそうで、別のゲストとしてダチョウ倶楽部の皆さんが登場。


まずは鼻ザリガニの模範演技を見せてくれました~。
そして、パンチを空振りし合ってから肩を組む「友達で~きた~」のギャグを。
(.゚ー゚)「これ好き。これ好きなのよー」


まずはニノからチャレンジ。
ザリガニに鼻を挟まれて、
(.゚ー゚)「あ~! ああ~、師匠、ちょうどいいですねえ!」


ニノのときもパンチからみんなで肩を組むギャグに行くと思いきや、そこはニノさん、上島さんにボディブローをw


(`・3・´)「痛い痛い痛い痛い痛い!」
と翔くんの鼻ザリガニはひたすら「痛い!」を連呼。


松潤のときにはなかなかザリガニが鼻を挟んでくれません。
ノノ`∀´ル「くっさ!」
と痛みよりも臭さにダメージを受ける松潤w


さあ、智くんのチャレンジの番ですー。
眉をひそめ、口を開けて、やや遠くを見つめて待つ怯えた表情の智くん。


(´・д・`)「あっ、あっ、あっ。あっ、あっ、やだっ、やだっ、やだっ、うああ、うああ、うああ、うああ、あっ」
ふふ、ザリガニをチラッと見たり、鼻の穴が大きくなったり小さくなったり~///
そして何、この声ったら……♡


鼻をハサミで挟まれるととたんに顔をしかめて、
(´・∀・`)「いたたたたたたっ!」
と前かがみになって鼻を押さえています。


眉を吊り上げ、鼻をすすったり、さわったりと、やっぱり痛かったみたい……(でも眉を吊り上げた智くんの表情が大好物の私です~)


上島さん「やっぱりあとのリアクションがさあ、痛い痛い痛い、下向いちゃったダメなんだ、これ」
(´・∀・`)「すいませんした(お辞儀)」
上島さん「よーし! うん(お辞儀)」
(ホッ、もしかするとチューのコントに行くかもしれなかったから、胸をなでおろしちゃいました~)


鼻ザリガニ選手権のグランプリは相葉ちゃん!
鼻を挟まれたあと、両手の薬指を鼻の穴の中に入れてグリグリグリってwww


こちらは相葉ちゃんとダチョウ倶楽部さんで、パンチからの「友達できた~」の肩組みへ。


コントでチューしたのは上島さんと大久保さんでした~。
智じゃなくて良かった~(笑)


――次回のしやがれは相葉JAPANが綱引きでオリンピックを目指します。
ニノはホタルイカのスーツで『A・RA・SHI』を踊りシークレットライブ!?


超短距離1m走選手権、智くんの走り方は始まりはかっこ良くて、終わりはかわいい♡
八嶋智人さんがゲストなことも楽しみです^^



●相葉雅紀くん雑誌情報


○5/19(火)
「Cut」6月号(ロッキングオン)
相葉雅紀 表紙巻頭

Cut 2015年 06 月号 [雑誌]
予告>>相葉雅紀という正義 - Cut 編集部日記 (2015/05/08)| ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト



●嵐さんテレビ情報


 ○5/10(日) 12:45-13:15
 ニノさん(日本テレビ系)
 二宮和也くん


 ○5/10(日) 18:00-18:30
 相葉マナブ(テレビ朝日系)
 相葉雅紀


 ○5/10(日) 21:54-22:48
 トーキョーライブ22時(テレビ東京系)
 相葉雅紀


 ○5/11(月) 21:00-21:54
 ようこそ、わが家へ(フジテレビ系)
 相葉雅紀


 ○5/11(月) 23:00-24:09
 NEWS ZERO(日本テレビ系)
 櫻井翔