青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』二宮和也誕生日企画

こんばんは。
14日の昼間は大野智くんの個展「FREESTYLEⅡ」のチケット申し込みがありましたね。
皆さんそわそわと過ごされたのではないでしょか。
私も済んだ頃にはぐったりしちゃいました。


完売2時間とも言われていますが、6万枚のキャパはファンの数からしてもやはり少なすぎたようです。
一般の方どころかファンでさえチケット入手が困難というのはやるせません。
グッズのロッピー販売も決定しましたし、今後も会期の延長や地方の巡回など期待したいところですね。



相葉ちゃん、今夜はトーキョーライブで生放送、明日は朝からフジのWSジャックと大忙し!
どうかお体大切に……。
『ようこそ、わが家へ』最終回を楽しみにしています。


(しやがれのレポ、残っていた分を日曜中に追加したかったのですができませんでした~。仕事もあるので月曜はトーキョーライブのレポはお休みになりそうです)


BAY STORM(2015/6/14)


(.゚ー゚)オープニングの一言「もうすぐ6月17日! お誕生日おめでとうございます!」


(メッセージ)もうすぐ6月17日ですね。実は私も6月17日生まれなんです。子供の頃は誕生日がいつも雨で6月生まれって好きじゃなかったのですが、嵐のファンになってから自分の誕生日が大好きになりました。
二宮くん以外にも6月17日生まれの有名人って多くて、風間くんや五関くん、二宮さんも共演された、麻生久美子さんや(鈴木)福くん。しやがれに出演された方だと、山寺宏一さん。モー娘の辻ちゃん。若手女優の波瑠さん。森川葵さん。プロ野球選手の菊池(雄星)……(いつも6月17日の情報を見ていますさん)


(.゚ー゚)「あっ、そうなの!? へえ~!」


(メッセージ)「大瀬良大地投手など、ほんとにたくさんの方がいらっしゃって嬉しい限りです。ニノさんも同じ誕生日の方とのエピソードがあれば教えてください」


(.゚ー゚)「そうねえ、でもね、6月生まれってねえ、や、あんまりこうやっぱ何か、あんまり喜ばれないよね。俺もねえ、クラスでね、俺一人二人ぐらいしかいなかったような気がする」


(.゚ー゚)「何かねえ、6月って疲れんすよ、旗日がないから。17日なんつったらもう、みんな学校すげえ飽きてる頃だからさ、もう。何のモチベーションもなく疲れちゃってみたいなさ」


(.゚ー゚)「何かもう、そこーだよねえ。な、疲れないかなあ? ゴールデンウイークの余ったやつでいいからちょっと欲しいんだ、6月に1個」
「だってほんとにバス(?)に旗立たないんだから。6月だけよ? ほかの月はほんとに刺さってる(笑) 1~2日刺さるんだけどお、6月だけだもん」


(.゚ー゚)「何か、で、6月のせいにされんの。6月生まれのせいに、何か、空気的に、小学校の頃って、何か」
「おまえたちがしっかりしろよ、みたいな空気になるのよ」


(.゚ー゚)「あ、でもこんないるんだあ。ね? この人もそうなんだもんね? でねっ」


(.゚ー゚)「そっかあ、今夜はね? ええ、二宮和也、誕生日企画ということで、え~、お祝いのメッセージも届いていると、いうことでございますのでね、え、ぜひとも皆さんにね、最後まで聴いていただきたいなと思います」


オープニングナンバーは青キミです。


 


【神が来た】


(メッセージ)この前、誕生日を6+1=7、で、覚えてもらうとありがたいという話をされていましたね。私の誕生日は11月2日なのですが、いつもあと1日ずれていたら文化の日で、しかも! 嵐さんのデビュー日と同じなのになあと思っていました。
でもラジオを聴いていて、自分の誕生日も足すと1+1=2になることに気づき、二宮くんと同じだ、神が来たと思いました。ちなみに私の結婚記念日は6月17日、旦那さんと付き合い始めた日なので、二宮くんの誕生日は我が家ではとても特別な日になっています(えりでもなくたけでもなくえりたけさん)


(.゚ー゚)「(紙をめくる音)これ先週話した問題ですよ。ね? これだから旦那さんとお付き合いを始めた日が6月17日だったので、ま、結婚もその日にしようってことになったんだね」


(.゚ー゚)「覚えてるもんですか? その付き合い始めた日って。お付き合いしていただけませんか? いいですよ。あっ、6月17日だね、っていう、合意でしょ? お付き合いしていただけませんか? こちらこそ、よろしくお願いしやす、っていうのが、ちゃんと取れてるから」


(.゚ー゚)「ま、でもなあ、でもそれって覚えてられるかなあ? ずっと」
「3年! いや、覚えてられる。3年。何かと重なってないとね。大事ですか、やっぱりその、付き合い、始めた日って」


(.゚ー゚)「いや~、や、これは、すごいな。そこにしようって、言ったほうがもう責任取ろうってことにしない? いいよ、って言った側にも責任あるっていうかもしれないけどもっ、ゆった側が、覚えておく、ことにしようって」


(.゚ー゚)「だってあんたも言ったじゃんって、ほんとになると思うんだよなあ(紙をめくる音)、ねえ?」


(メッセージ)3月末プロ野球が開幕して、まもなく、まだ先発ローテーションが読めない状況で、今度はゴールデンウイークに来ようねと友達と前売りを購入したのですが、先日その日が訪れたところ、何と先発が一番お気に入りの投手でした。
ガチでマジで神が来たと感激しました。これがどれだけ神なのかは、漠然と野球を見ていた2年前までは全くわかってませんでしたけどね(キャバ嬢にも武将にもなれるニノが好きさん)


(.゚ー゚)「最近女の人もこう、プロ野球を見るっていう習慣が、ねえ? あるみたいで」


(.゚ー゚)「そうね。ルールがわかればおもしろい。でもまあホームラン打ったら1点入る、ぐらいでいいと思うよ。うん。たぶん」


(.゚ー゚)「打った人が、打った場所に戻ってきたら1点って覚えておけばあ、どっちが勝ってるか負けてるかなんて、今もう文字情報がすごいじゃない、テレビ画面中でも。う~ん」


(.゚ー゚)「その選手のさあ、プロフィールじゃないけどさあ、そういうのとかもさあ、過去の映像とか何だとかさあ、こう色々さあ、略して(?)やってくれるじゃない」


(.゚ー゚)「だから何かあ、見ててもねえ、まあ、楽しいとは思うけどねえ。そう、一人だとねえ? そうなんだよねえ、わかるは。そうね、だから、スポーツ観戦バーみたいなね? でもそういうとこってサッカーだ、だいたいね」


(.゚ー゚)「サッカー、そう、サッカーとかやっぱ人気なんだろうな~。やっぱ国際試合だもんなあ。ねえ!? だから普段見ない人もやっぱりいっぱい見てるんだろうねえ」


(.゚ー゚)「でも女の人は増えたんだろうなあ。今行ったら全然違うんだろうなあ、景色が」


(メッセージ)『ゼクシィ』の新しいCMの曲が嵐さんに決まりましたね。テレビで流れているのを見ましたが、アップテンポでわくわくするような歌で、1度聴いて、大好きになりました。
ところで、あのCMのOAが5月22日からでしたよね? 実は5月23日発売の『ゼクシィ』に私の友達が四人も載っているんです。このタイミングで嵐さんの新曲が『ゼクシィ』のCM曲に選ばれたなんて神が来たと思いました(ちゃぺらさん)


(.゚ー゚)「すごいねえ。よく覚えてるよなあ、やっぱ、5月22日とか。そういう日が、次の日が発売されたってのが、ま、あったからなんだろうけど」


(.゚ー゚)「これでも『ゼクシィ』に載るってどういうこと、結婚したってことなんですかねえ?」
「四人も!? すごいね。へえ~。そんなことってあるんだ。いや、あったんだね」


(.゚ー゚)「たいへんだね。四人も結婚されちゃうとさあ、どれかあ、出たけど、どれか出ないとかだと、また面倒くさいしさあ」
「まあ、でもな~、ご祝儀も払わないといけないしさあ。ねえ!? ご祝儀出すのっがなあ~、四人もいるとたいへんだなあ。ねえ!? だって、ほら、18歳とかだよ? わあ、たいへんだあ」


(.゚ー゚)「今週は誕生日企画がありますので、ちょっといつもと流れが違うということで、引き続き! コーナーを音止めしましょう」


【裏嵐】


(メッセージ)今月の『nonno』の嵐のコーナーは、櫻井さんと学校での撮影でしたね。その際、二宮くんは、シャーペンとボールペンが合体したペンを使っていましたが、その写真でそのペンの上の消しゴムの蓋をはずして使っていたように見えたのですが、ああいう蓋は普段からはずして使ってるんですか?(まままのあんなちゃんさん)


(.゚ー゚)「っふ(笑)、全く覚えてない。何の話をされてるのかすら全く覚えてない」
「いやいや、渡されたの、使ってるだけですよ? あんまねえ、シャーペンとか使わないんですよ。鉛筆。ああ、鉛筆じゃない、ボールペン」


(.゚ー゚)「や、いんだよ、そのシャーペンを否定しているわけじゃないよ、鉛筆をね。ひいては消しゴムを。あの、批判しているわけじゃないんだよ、私は。ええ。認めた上で、私はここに立っている」


(.゚ー゚)「ボールペンのほうがあ、俺はすごいいいなって思ってる利点はあ、書くじゃん、で、あ、これ間違っちゃったな、とか。もう必要ないな、っていうときにぃ、消せないじゃん。だからまあ、斜線なり線なり引くよね」


(.゚ー゚)「でもお、何か、どういう、経緯でそうなったかっていうのは、たどれんのは、ボールペンなのよ。そうすっとさ、消しちゃってさ、いわゆるその~、もう、簡潔にしていくわけじゃん、どんどんどんどん。だってそんな、ノートだって限られて、枚数限られてるし、大きさだって限られてるし。その効率良く使いたい! だから間違ったものとか、もう必要ないものは消して、そっから上書きしちゃおう、っていうのもよくわかるんだけどお」


(.゚ー゚)「これを、こう消していってえ、いらなくなった情報を、あとで見返したときに、これがあって、こうなって、で、今、残っているこの、一文がある、一節がある、っていうことになっていくわけじゃない」


(.゚ー゚)「そういうことで言うとお、あんまりこう消すっていう作業は、その、紙、から全部なくすっていうよりも、そこで線を引いて、もういらなくなった情報として、残しておく、っていうのが、俺は大事だと思って、やってんの


(.゚ー゚)「だから台本とかにもお、こう、台詞が変わりましたとかっていうときもお、その前の台詞を消して、その横に、新しいのを書き足していくわけだ。そこにこう何だろ、修正テープだったりとか修正液とかでわざわざ消して、っていうことはしないのね」


(.゚ー゚)「だぁ、前にこういうこと言っていたワードがそのままこっちに変わっている、っていうのを踏まえた上でこう、自分が変換していかないとお、こう、何か、説明っぽくなっていっちゃう、どんどん」
「っていうのがあるからあ、あんまりこう、シャープ、消えるものとかあんまり使ったことがないねえ」


(.゚ー゚)「そうなの。あと何か、こう、やってる感アピールできるじゃない、台本とかも。何か、あとで台本見せてくださいみたいな、取材が来たときに、何か(笑)、『汚くてすいません』みたいな。っていう読み込んでる感出るでしょ(笑)


(.゚ー゚)「そうなの。消しゴムで消えちゃったらもうそんなんやってたって、そう、その努力見せないと。努力は伝わらないんだから(笑) やってましたねえ、なんつって。いや、いつもより少ないですけどねえ、なんつって、多いとき。多いときに限ってそんなこと言っちゃう(笑)」


(.゚ー゚)「でも私でもそうなのよね。何か残しておきたいタイプなの、そういうの。そうそう」


(メッセージ)今、授業で創作ダンスをやっています。ダンスが一通り完成しても立ち位置やダンスを覚えるのに苦戦しています。改めて、ダンスを覚えてかっこ良く踊ってそろっている嵐の皆さんはすごいなあと思いました。
そこで質問なのですが、二宮さんはダンスを覚えるときメロディで覚えてますか? それとも踊りの流れで覚えてますか? また違う覚え方ですか。良かったら教えてください(ハンバーグが食べたいさん)


(.゚ー゚)「どういう覚え方!? いや、もう、あれですよ。ノリです。ノリノリ」
「何て言ったらいいの? どうやって日本語覚えてますか? みたいな、感じよね。もうそういう、善悪つく前からもう、やってきてることだから、な、何て言ったらいいんだろうね。もう何か覚えるとかっていう作業でもないのかもしれない、もはや。う~ん」


(.゚ー゚)「覚えるっていう作業でもないのかもしれない、もはや。かっこいいでしょ? だって(笑) 今かっこ良かったよね?」


(.゚ー゚)「だからこう、どう! そういうことですよ。どうやってえ、何だろ、日本語って覚えました? みたいな。やあやあ、生きてて、普通に、まあ、色んな人とあったりとか親とか、いや、気づいたらしゃべってるよねえ? みたいな……感じなんだよねえ」


(.゚ー゚)「だぁ、システマチックに覚えてない感じ、だから。もっとフィーリングで? パッションで? やってます。ウッス」
「そりゃそうですよ(笑) もうもうだってそりゃ。表現方法なんだから。表現はパッションですよね?」


【誕生日限定お祝いメッセージ】


(.゚ー゚)「そしてっ! ここで誕生日限定のお祝いメッセージを紹介するわけですけども、ええ、昨年は、ええ、福士蒼汰くんでしたが、今年は誰から来ているのか。わかんないよ」


(.゚ー゚)「今年……。だからそういう仕事をしている? っていうさあ、流れをくんじゃうとさあ、いっぱいいる! いっぱいいるよ! あんま言わないほうがいいっしょ?(笑)」


(.゚ー゚)「いや、仮にね? いや何だろ。言わないほうがいいでしょ? いやっ、俺思う。でも当たんないと思う。俺今、俺の頭ん中にいる人じゃないと思う、たぶん」


(.゚ー゚)「まあ、じゃあちょっと、拝聴しましょう。ねっ? うん」


(誕生日限定お祝いメッセージ)「ヌルフフフフフッ、『BAY STORM』をお聴きの皆さん、こんばんは。そして、ニノさん! 誕生日おめでとうございます」


(.゚ー゚)「ありがとうございます(笑)」


山田涼介くん「Hey!Say!JUMPの山田涼介でーす。あのー、二宮くんにはこう、映画『暗殺教室』という映画でですねえ、たいへん、お世話になりまして。まああの、撮影ではちょっと、一緒になることはなかったんですけども。こう、アフレコのとき」


(.゚ー゚)「いや、あ(笑)、そうね!」


山田涼介くん「僕もサプライズで! こう、二宮くんが、殺せんせーの声をやるっていうのを、知ったので、ま、ほんとに、サプライズだったなという風に思いますし。まあ、アフレコのときも、二宮くんって僕全くわからなくて」


(.゚ー゚)「違う違う、俺の誕生日を祝う。何か映画の……」


山田涼介くん「ほんとにステージにこう、ね? 完成披露発表みたいなこと来てくれたときはびっくりしました」


(.゚ー゚)「違う違う、俺の誕生日……」


山田涼介くん「ええ~、ねっ、こう、初主演映画という形で、僕が主演させてもらった『暗殺教室』に」


(.゚ー゚)「違う違う、だから、俺の誕生日を祝うコーナーでしょ? これだって……」


山田涼介くん「こう先輩と、共演できたっていうのはほんとに……」


(.゚ー゚)「映画秘話みたいなことひたすらしゃべってる」


山田涼介くん「ま、プライベートでもこう、二宮くんと連絡先を交換させてもらって」


(.゚ー゚)「ああ、そうね!」


山田涼介くん「あの、『いつでも誘って~』って。『そしてご飯でも行こうよ』みたいな感じで」


(.゚ー゚)「うん。そうそう言って、普通に」


山田涼介くん「ちょっと行きたいな~なんて。ええ~、ケチな二宮くんと言われてますけどお!


(.゚ー゚)「そりゃあねえ、後輩と行くときは」


山田涼介くん「その日は、ちょっと美味しいご飯おごってください。お願いします」


(.゚ー゚)「もちろん、もちろん」


山田涼介くん「ええ、そして、先日、大阪のほうでも、ええ、楽しませていただきました。嵐のワクワクワ、ワクワク……(笑) 嵐のワクワク学校が、東京でもありますのでぜひぜひ、遊びに来て欲しいなという風に思います」


(.゚ー゚)「はいはい。もうその話だいじょぶ。俺の誕生日……」


山田涼介くん「嵐の皆さんとHey!Say!JUMPで、素敵な、嵐のワクワク学校を作り上げていきたいなという風に思っております」


(.゚ー゚)「俺の誕生日……」


山田涼介くん「まあ、そうそうたる、こうメンバーの方から誕生日コメントいただいてるので、今年は山田涼介でちょっと申し訳ないなっていうこともあるんですけど」


(.゚ー゚)「やっと来た(笑) いや~、ありがたいありがたい」


山田涼介くん「ご勘弁いただいて(笑) はい、すいません」


(.゚ー゚)「いいよ、そんなの、ありがたいよ」


山田「ええ~、最後になるんですけど、すいません、告知ぶっこみますー」


(.゚ー゚)「いやいや、もう全部じゃない」


山田涼介くん「6月24日ですね~、僕たちのニューアルバム、『JUMPing CAR 』発売となります!(拍手)」


(.゚ー゚)「全然祝わない、この人」


山田涼介くん「そして、8月からは全国ツアーもありますので、『BAY STORM』を、お聴きの皆さん、ぜひぜひ、もちろん嵐のライブも、もちろん行っていただき、そして、Hey!Say!JUMPのライブも、どんなもんなのかなって、見ていただけたら嬉しく思いますので、ぜひ皆さん、お越しください」


(.゚ー゚)「うん、それはね」


山田涼介くん「そして、二宮くんも、あの、お時間ありましたら、ぜひぜひライブのほう見に来てください。お待ちしてます」


(.゚ー゚)「うんうん、うん……」


山田涼介くん「ということで、二宮くん、ほんとに! おめでとうございます」


(.゚ー゚)「いや、ほんとにじゃないでしょ(笑)」


山田涼介くん「Hey!Say!JUMPの山田涼介でした!」


(.゚ー゚)「いや、だから、違う違う違う。俺の誕生日をぉ、祝っ……。あれ? 誕生日メッセージって書いてあるけど、お祝いメッセージって書いてあるけど」


(.゚ー゚)「何かさあ、あのぉ~、何て言うのかなあ、何か思い出みたいな話、ずっとするじゃん。でさ、で、仮に、え~、俺がだから例えばそうだなあ、相葉氏だったとしよう! ねっ? そうすっとこう誕生日祝ったことがあるからあ、昔、こんな誕生日のねっ? 迎え方、したよね、とか。二十歳のときはこういう誕生日だったねとか。そう、誕生日の思い出とかをさ、ま、話せるわけだよね? うん」


(.゚ー゚)「でも1回も祝ったことない、山田とね? 誕生日ってね? だから何かこう、誕生日おめでとうございます! っていう、Hey!SayJUMPの、山田涼介ですっていう、もう下は全部もう、自分の、持てる思い出をさ、話してたと思うんだけど、ちょっと悔しいなあ。やあ、悔しいなあ。何かもうちょっと祝ってもらえると思ってた、俺は」


(.゚ー゚)「何か宣伝、宣伝はいいよ! まあまあ言わなきゃいけないことだからねっ? それは。うちが宣伝になるんだったらどうぞって感じだけどお、思い出がな~、やっぱりな~、欲しかったよお」


(.゚ー゚)「何か今度改めて、お祝いさせてくださいとかさ、欲しかったな~。ご飯おごってくださいとかなっちゃんだな」


(.゚ー゚)「わかる? 俺の言いたいこと。うん。いいよ。何かその、宣伝に恐縮、しなくていい.。ただこう、『お兄さん、今度改めて、お祝いさせてください! すいません、今日は、声だけで、失礼します』っていうさあ」


(.゚ー゚)「そうだね~。『二宮くんとは~、暗殺教室っていう映画でえ、共演したんですけどお』、ってな、急な感じになっちゃってさ」」


(.゚ー゚)「ま、若手、若手が多いなあ。いや、だからこう、福士くん? とっ、いやそうだね、福士くんは嬉しかったなあ。うん」


(.゚ー゚)「あら!? 山田くんってラジオやってないんすか? 他局で。あ~。やってんだ。そっかあ、な、ん~……」


(.゚ー゚)「かっこ良かった? 会ってないの? あ、死神(スタッフさん)しか行ってないの? あ、そうなんだ。かっこ良かったよねえ。かっこいいのよ、シュッとしてて、やっぱり、うん。平成って感じするよね」


(.゚ー゚)「え~、何でしたっけ? アルバムが出る。あ、書いてましたね」
「6月の24日にリリースの、Hey!Say!JUMPニューアルバム『JUMPing CAR』! あっ、から、『キラキラ光れ』を聴いてください」
「ってこれもう曲紹介になってるもんね(笑) ハハッ、あ、そういうことなのね?」


  


(.゚ー゚)「めでたく! 3日後ですか? 32(歳)になります。ねっ。32になりまして、6月27日28日は東京ドームでのワクワク学校」


(.゚ー゚)「そして、我らがリーダー大野さんが、個展をやると! 上海と、表参道ヒルズと、やるということなのでね、ぜひともそっちのほう遊びに来ていただきないなあという風に、思います。私も行くでしょう、おそらく。ねえ?」(←^^)


(.゚ー゚)「ああ、そっかあ、もう7月の話してんのねえ。そうだね、もう誕生日だったもんね(笑) ああ、そっか~、下半期だね。ふ~ん」