青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「マグロルアー投げてるときすごい美しいと思う」

おはようございます。


昨日のブログ記事にも書いた通り、現在お盆期間中にて、いつもは水曜に発売されているテレビ誌が1日ずれた今日の発売となっています。


このあと雑誌レポと感想を投稿予定です。
智くんのことたくさん載ってないかな~。



昨晩、また『魔王』を観ました。
多くのサトシックにとって夏の恒例行事となっているのではないでしょうか^^


今年は『魔王』10周年ということもあってか、2008年のことをよく思い返します。


でも浮かんでくるのは自分の出来事じゃなくって、智くんと嵐さんのことばかり(笑)
自分のこととなると何をやっていたか思い出せないんですよねえ。


ただ、あの頃に強く願っていた5つの夢があったんですが、それは今は全て叶っています。


それはほかの人からすると、きっとどうでもいいことだけれど、私にとっては叶ってすごく幸せなことばかり。


悩みまくっていた2008年の私に教えてあげたいな~。
その願い、10年後には全部叶っているよ……って。


不思議なもので、願いが全て叶うと、また新たな夢が生まれてきました。
また5つあるので、時間はかかるかもしれませんが1つずつ叶えて行こうと思います(^^)/


――智くんは今、どんな夢や願いを持っているかしら?
(絶対カジキ釣るぞ!! 思っているかもしんないね! 笑)


ARASHI DISCOVERY forever(音源2013/12/16・レポート2018/8/16)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「まんざらでもない!」


(BGM:P・A・R・A・D・O・X)


(´・∀・`)「まぁ〜ねっ、なるほど」


(´・∀・`)「これは、『必ずしも悪くはない』ということを意味する言葉です」


(´・∀・`)「例えを言いますか?」


(イケボ)エコー「その釣り好きの青年は、大物を釣るために、船に乗り込んだが、その日の釣果は……ゼロ。しかし、その日、たまたま一緒に乗り込んだ、絶世の美女が」


(絶世の美女)エコー「アナタのルアーのぉ~、投げる姿ってえ、ステキねっ」


(イケボ)エコー「と褒められ、まんざらでもない様子だった」


(´・∀・`)「ねっ? 僕に何をさせたいんだい。ふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「でもねえ、ルアーを投げる姿って俺自分で見たことないのよ。今度撮ってみようかな。ちゃんと見たことないかも」


(´・∀・`)「でもぉ、毎回投げ方違うんだよね。あのぉ~、遠くに飛ばしたいときとぉ、そんな飛ばしたくない、横投げとか、縦投げとか適当にやるからあ。斜め投げとか。ふふふっ☆彡 自己流なんですよ」


(´・∀・`)「ま、だ、見てみたいねえ。僕ねえ、体全体であんまやんないんだよ。手首でえ、ヒュッてやっちゃう」


(´・∀・`)「から、見てる人おもしろいと思うんだよね。いきなり投げるからあ」


(´・∀・`)「でもマグロとかぁ、大物……系の、竿とリールとルアーだったら、あれは、体でやんないとぉ、どっかケガしたり、壊したりする。重いし」


(´・∀・`)「だからねっ、僕ねっ、マグロルアー投げてるときすごい美しいと思う」


(´・∀・`)「あの、自分でも思うもん。足をどっしり構えて、ゆっくりこう、ゆっく〜りこう、テイクバックして。ほんで、ぎりぎりまでゆっくりやって、投げる瞬間に――パッて(エコー)」


(´・∀・`)「ふっ☆彡(フ~) 今音が良かっただけだね?(笑)」


(´・∀・`)「でもね、結構ね、見てて快感になると思う。すっきりすると思う」


(´・∀・`)「あ! 今度マジ撮ってもらおう。それを編集してだなあ、家で、お酒飲んで、見れるな。ねっ!?」


(´・∀・`)「どんだけ自分は(笑)、もうちょっとああやったらいいなみたいな。ちょっとやってみようっかなあ。うん。夏だな。来年夏……やります」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ!」


――今になって振り返ってみると、智くんに色んなことやらせようと、青木Dがあれやこれや台本に書いて楽しんでいたのが伝わってきます^^


青木D、ラジオが終わったあとに智くんには会えているのかしら?


ずっと月に何度か仕事していた人と、急に会わなくなるって寂しいですよね(´・ω・`)


智くんはほんとに、釣り竿を振る動作1つ見ても動きが美しいのです。


歩く芸術作品です♡


もちろん姿形が美しいっていうのもありますが、内面や才能を努力で磨き上げてきた感じがすごくします。


だからこんなにも人を魅了し続けるんじゃないかなあ。


 



●相葉雅紀くん雑誌情報


○8/16(木)
「QLAP!」9月号(音楽と人)
相葉雅紀「僕とシッポと神楽坂」「相葉マナブ」収録現場
(表紙 Sexy Zone)


QLAP!(クラップ) 2018年 09 月号 [雑誌]



●嵐さん雑誌情報


○8/16(木)
「ジュニアエラ」9月号(朝日新聞出版)
スペシャル企画「嵐のワクワク学校2018」


ジュニアエラ 2018年 09 月号 [雑誌]


○8/16(木)
「TVガイド」8/24号(東京ニュース通信社)
相葉雅紀×二宮和也 連載「週刊VS嵐ガイド」